ヘルプ

来店レポート

icon

グリンピース新宿本店の来店レポート

店舗詳細
グリンピース新宿本店

実施店舗:グリンピース新宿本店

実施日:2019/02/03 10:00〜16:00

専属タレント

 

ぱちタウンマニアックス、今回はつばさが担当させていただきます。

 

2/3、節分の日にお邪魔したのは「グリンピース新宿本店」さま。

 

 

グリンピースさんで節分の日を過ごすだなんて、なんとも縁起が良いですね。

 

 

 

さて今回の実戦機種はこちら。

 

 

 

クレアの秘宝伝 女神の夢と魔法の遺跡』(以下「クレア3」と呼びます)。

 

 

『クレア』シリーズをこよなく愛する私です。

当然、この『クレア3』も結構打ち込みましたよ。

 

しかし解説などを披露する場もなく、早数ヶ月…。

 

 

遂にこの時がやってきました!

今回もとことん語らせていただきます。

 

 

まずは今までの『クレア』シリーズから大きく変わったところ。

 

・4段階設定

・ボーナスの払い出し枚数(これは規制によるもの)

・リール配列

 

こちらの3点を挙げておきます。

 

 

まずは4段階設定について。

 

『クレア3』は設定1、2、5、6の4段階設定で、中間設定がありません。

 

5.9号機である故にボーナスの払い出し枚数が減ってしまい、設定6の機械割は約108%となっております。

 

歴代のクレアは設定6で115%くらいあったので、これは大きな変化ですよね。

 

今までは高設定を掴んで一生懸命ブン回す、RT機の中では破格のハイスペックマシーンでした。

 

『クレア3』は実機カスタマイズで多彩な演出を長期で楽しむ、まったり遊べるRT機です。

 

後述しますが、今作は実機カスタマイズがとても楽しい。

 

機械割は劣ってしまいますが、ボーナスが重なったときの瞬発力爽快感は過去の『クレア』シリーズに匹敵します。

 

 

 

さて、話を戻して。

『クレア3』は4段階設定なので、設定推測が簡単になったのでは? と思われるでしょう。

 

ところがどっこい、小役の出現率に設定差が(ほぼ)なくなったので余計難しくなりました・・・。

 

ベルは正直8000G程度ではアテにならないので、実戦する際はチェリーのみカウントでOK

 

今作の設定推測ポイントは当選契機を正確に把握すること。

 

そのためにはチャンス目の種類を正確に把握する必要があります。

 

私の実戦上ですが、左リールの押す位置が悪い(下段に地図が停止する)とチャンス目Cとチャンス目Dの見分けがつかなくなります。

 

高設定ほどチャンス目CとDで大きな設定差があるボーナスが出現しやすいので、通常時は常に左リールにBARを狙ってくださいね。

 

設定推測が難しいとはいえ、法則性はあるのである程度は見えてきます。

 

同時当選での設定推測要素

 

偶数設定クレア頭のボーナスが多い

設定5赤頭のボーナスが多い

設定1クレア頭赤頭のボーナスがほぼ均等

 

 

今作も単独ボーナスがありますが、分母が大きいのでそこまで頻発しません。

 

一日を通してどっち頭のボーナスが多いかを見るだけで偶奇はわかりそうですね。

 

推測するの簡単じゃん! って思うでしょ・・・?

 

高設定っぽい台でも途中えげつないハマりが頻発して、サンプル不足になりがちなんですよね。

 

どうしても心が折れる…。

 

設定差のないボーナスもきちんと分母通りに引けないとだめですね。

 

 

一気に1,000枚以上ノマれてから、悲しみのREG…。

 

 

ではでは、今回の実戦データをどうぞ。

 

 

ボーナス21回のうち16回が赤頭

 

 

後半でハルト&マーヤが出ているので設定2以上濃厚

 

打つ価値のあると見て間違いないでしょう!(※差枚がショボいのは私の実力不足…)。

 

でも序盤に、

 

 

金カードや、

 

 

高設定示唆が頻発していなかったらヤメていたところでした…。

 

投資は少なかったものの、1,500ptくらいあった持ち玉がほぼ全ノマれで実戦終了とはもってなさすぎますね。

 

最後の最後で同色BIGが引けなかったのがイタい。

 

差枚は少なかったけれども、勝ちは勝ち!

 

枚数以上に嬉しい結果もあったんです。

 

 

やりました!

 

ついにダイトモコレクションをコンプリートです。

 

最後の1曲がなかなか出なかったものの、今回怒涛のREG連で無事に回収。

 

回収した後に気付いたのですが、コンプリートしたパスワードは全て共通なんですね。

 

でもでも、ネットで探さないで是非自力でコンプリートしてください。

 

たとえ実戦内容が良くなくても、もの凄い達成感が得られますから(笑)。

 

 

さて、ここからは『クレア3』の面白ポイントの紹介です。

 

①カスタム切り替え方法

面白くもなんともないのですが、いったんメニュー画面に戻っている方が多いので書かせてください。

 

 

通常時:全リールが止まっている状態でこの十字キーを左右に押すだけでカスタム切り替え完了。

ボーナス終了時:BIGボーナス消化後の枚数表示画面で十字キーを左右に押すとRT変更可能。

 

せっかくシークレットRTが出たのに使えなかった方はお試しあれ。

 

 

私はこのRTがお気に入りです。シャロン可愛い。

 

②『クレア2』でも使えた小ネタ

 

 

対決演出中にボタンプッシュで枠の色が変化。フラグ判別が終わっていたら適当打ちできるのでとってもオススメ。

 

③通常時オススメカスタム

 

ギラギラ爺サマーがオススメ。なんでかと言うと、レア小役をこぼし難いから。

 

 

レア小役は灼熱女神サマー演出(画面端の文字が浮かぶやつ)で完全告知。

 

ほとんどがレバーオンで告知されますが、チャンス目の場合は第一停止後から始まるパターンもあり。

 

第一停止からの方がアツいです。

 

 

文字のパターンは複数あって、基本は「好機注意報!?」です。

 

踊娘大集合!!」で高確率へ、「激熱注意報!?」は期待して良し!

 

ごく稀にハズレますが…。

 

 

あの“憎きサメ”も健在です(笑)。

 

くのいちが保留玉を変える演出も受け継がれていますよ。

 

懐かしいですね~。クマノミ!

 

④フラグ判別

正直に言うと、『クレア3』のフラグ判別(ボーナス察知)は難しいです。

そこで私が思う最も簡単な手順をご紹介します。

 

 

まず左リール下段に地図を狙い→上段に赤7停止で右リール下段にBARをビタ押し→テンパイしたボーナスを揃える(赤REGがハズレたら赤7同色確定)。

 

 

左リール下段に地図が停止したら中・右リールは適当打ち。

 

 

今度は右リール下段にBARを狙い、

→BAR停止で黄REG狙い

→クレアまで滑ったらクレア同色狙い

 

上記手順で揃わなかった場合、クレア異色(黄・黄・赤)狙い。

 

 

この手順が一番失敗しないので、私はこの判別方法で実戦しています。

 

目押しが達者な方は2手順で網羅できるかと思いますが、苦手な方は焦らず3手順からいってみましょう。

 

クレアに限らずですが、ノーマルタイプ(RT機含め)で一番大事なのは「コインロスを抑えるために目押しを失敗しない」ことです。

 

慣れも必要ですが、得意・不得意も絡んでくる要素です。

 

様々な打ち方を試して自分にあった判別方法で実戦してくださいね。

  

さて、今回のレポートは思った通りにとても長くなってしまいました。

 

今回「グリンピース新宿本店」さまで実戦させていただきましたが、打った台の挙動はとても良く、なによりダイトモコンプができて大満足でした!

 

次の取材は何を打とうか、今から楽しみにしておきます。

 

 

【ぱちタウンマニアックスTOPへ】

 

 

 

このレポートの関連情報

関連する機種

icon

このレポート店舗の関連情報

特集

ブログ

このページのトップへ