ヘルプ

来店レポート

icon

グリンピース池袋東口店の来店レポート

店舗詳細
グリンピース池袋東口店

実施店舗:グリンピース池袋東口店

実施日:2019/05/19 10:00〜22:45

その他取材

 

@「グリンピース池袋東口店

※本記事内で取材している機種は、全て2019年5月19日現在のものとなります。

 

令和元年を迎え、平成という響きがすでに過去のものとなりつつある5月中旬。

 

元号が変わろうとも、「グリンピース」のほとばしる勢いに変化はないだろうが、そのあたりを心配し、メシも日に三度しかノドを通らない方々のために、取材班が足を運び、アナタたちが日に五度はメシを食べられるよう、しっかりレポートしていきたいと思う。

 

調査するのは、5/19の「グリンピース池袋東口店」!

 

マニアック機種が大暴れ…!?


まずはいつも通り、マニアック機種コーナーから。

 

パチスロガールフレンド(仮)~聖櫻学園メモリアル~』が大当り12回、そのお隣の『パチスロ ロード オブ ヴァーミリオン Re:』は大当り20回となかなか好調な様子。

 

両台ともに持ち玉を飾っていたことから、右肩上がりまっしぐらだったのは明らかだ。

 

 

こちらの『まめ』は、パネルに「グリンピース」のイメージキャラクターそらまめくんが描かれているレアパネル。

 

まだ大当り回数はこれからといった状況だが、座っていた方が楽しんでいたのは間違いない。

 

 

バラエティー機種の『SLOTバジリスク~甲賀忍法帖~Ⅲ』も好調まっさかりで、台上には持ち玉アリ。

 

その奥の『パチスロ モンスターハンター~狂竜戦線~』を打っている方も、持ち玉プレイをしていたことから、いい狩りをできたことが想像できる。

 

 

もっとマニアックな機種たちも…!

 

それでは引き続きマニアック機種の動向を紹介していくが、今度はさらにマニアック度の深い機種を。

 

俺たちのオーイズミ」と銘打たれた自慢のオーイズミコーナーは予想以上の盛況ぶり。

 

マニアック心をくすぐる機種たちの演出に、みな一喜一憂していたようだ。

 

 

2台並びで持ち玉を飾っていたのは、『十字架3』と『ぱちスロAKB48』。

 

今では全国的にもあまりお目にかかれない両機種だけに、お二方とも腰を据えて大当りを楽しんでいたようだ。

 

 

根強い人気を誇っているのは、こちらの『ツインエンジェル』シリーズも同じ。

 

歴代シリーズが肩を並べる中、ニコニコ顔でレバーを叩いているスロッターの姿が印象的であった。

 

 

Aタイプの華麗なるボーナスラッシュ!

 

「グリンピース」を語る上で外せないのがAタイプの活躍だ。

 

この日も当たり前のように、様々なAタイプからたっぷりのボーナスが生まれていたぞ。

 

アクロス系Aタイプと聞いて、この機種を思い浮かべる方も少なくないだろう。

 

 

おなじみ、『クランキーセレブレーション』である。

 

手前の台はボーナス計26回、その隣の台は計17回と、ボーナス状況はヨシ!

 

打っている方はスマホでリーチ目を調べながら、じっくり出目を堪能していた。

 

そして、同じくアクロス系の『アレックス』や『ハナビ』のコーナーでは、女性スロッターの姿を目撃。

 

男女問わず愛されているのが、「グリンピース」のAタイプなのだろう。

 

 

アクロス系に負けじと奮闘していたのが山佐のAタイプマシンたち。

 

懐かしの『パチスロ ケロット3』や『ニューパルサーSPⅡ』コーナーで、カエル図柄の揃う瞬間をたっぷりと拝ませてもらった。

 

特に『パチスロ ケロット3』にはボーナスが矢継ぎ早に訪れており、持ち玉2つを所有するほど快調だったようだ。

 

 

取材を終えて

令和最初の取材でも、やはり店内に渦巻く活気は健在。

 

マニアック機種を中心に、様々な機種がパチスロの醍醐味を教えてくれた。

 

どうやら令和元年も、「グリンピース」での楽しさは安泰と言っていいだろう。

 

 

【ぱちタウンマニアックスTOPへ】

 

このレポートの関連情報

関連する機種

icon

このレポート店舗の関連情報

特集

ブログ

このページのトップへ