ヘルプ

来店レポート

icon

グリンピース吉祥寺店の来店レポート

店舗詳細
グリンピース吉祥寺店

実施店舗:グリンピース吉祥寺店

実施日:2019/11/30 10:00〜22:45

その他取材

 

@「グリンピース吉祥寺店

※本記事内で取材している機種は、全て2019年11月30日現在のものとなります。

 

2019年11月の最終日、すなわち11/30

 

この日は「ぱちタウンマニアックス」の取材日ということで、いつも以上にお客さんが多かったようだ。

 

2019年も残すところ1ヶ月、打ち納めに訪れた方もいたのかもしれない。

 

まだ打ち納めが済んでいない方、12月も「ぱちタウンマニアックス」取材が控えているので、まだ焦らなくても大丈夫。

 

いずれにしろ、店内では様々な機種が盛り上がりを見せていたので、いつも通りその模様をじっくりとレポートしていこう。

 

不動の人気を誇るマシンたちの活躍

 

台数は2台と少なめだが、しっかりとフル稼働状態で賑わっていた『パチスロディスクアップ』。

 

2台ともがヒザの上に持ち玉を乗せており、ダブルで好調だったのは間違いなさそうだ。

 

 

こちらの『ミリオンゴッド-神々の凱旋-』と『パチスロ モンスターハンター 月下雷鳴』が並びで設置されているコーナーも、大きな盛り上がりを見せていた。 

 

とくに『パチスロ モンスターハンター 月下雷鳴』は12月に撤去が決まっているため、まだまだ打ち足りないというファンが1打1打を噛みしめるように打っている姿が印象的であった。

 

 

12月に撤去が決まっているのは『バジリスク~甲賀忍法帖~絆』も同じ。

 

年配スロッターも撤去を惜しむかのように演出を楽しんでいた。

 

目に見えてバジリスクタイムの多い台も出現しており、まだまだ持ち玉の伸びが予想されるほど、力強い勢いに溢れていたのである。

 

 

マニアックマシンがマニアックな咆哮を

 

「グリンピース」での取材では、絶対に避けて通れないのがマニアック機種の動向

 

これが楽しみで当企画のレポートを読んでいる方も少なくないだろう。

 

取材班が最初に注目したのは、新台の固まっていたこちらのブロック。

 

 

ぱちスロ アベンジャーズ』『パチスロ マクロスフロンティア3』『パチスロ キン肉マン ~夢の超人タッグ編~』といった新台たちが出迎えてくれたのだ。 

 

そしてその奥には『闘魂継承 アントニオ猪木という名のパチスロ機』が「闘魂チャンス」を繰り広げている光景もあり、このブロックの盛り上がりはかなり秀でていたように感じた。

 

 

新台に負けじと、いまだファンの多いマニアック機種『パチスロ 貞子vs伽倻子』や『パチスロひぐらしのなく頃に祭』なども大奮起。 

 

マニアックなAタイプマシンでも存分に楽しめることを証明してくれた。

 

 

Aタイプにボーナスの雨あられ!!

 

マニアック機種とともにAタイプの活躍も知られている「グリンピース」。

 

それは「Aタイプの殿堂」という呼び名からもうかがい知れるというもの。

 

その証拠にこの日もAタイプが大活躍!

 

空き台がほとんどないほどビッシリと埋まっていた『ジャグラー』コーナー。 

 

取材中もあちこちの台からGOGOランプの光が漏れ、シマ中から続々とボーナスが生まれ続けていた。

 

 

アクロス系Aタイプの代表格でもある『ハナビ』も大盛況

 

満台状況となっており、持ち玉を確保している台も少なくなかったのだ。

 

 

『ジャグラー』シリーズやアクロス系に比べると稼働は控えめだったものの、『スーパープラネットSP』と『ニューパルサーSPⅡ』の並びもがんばっていて、リーチ目察知に勤しむスロッターの姿を目撃することとなった。 

 

 

取材を終えて

もうすぐ2019年も終焉の刻を迎える。

 

そして東京オリンピックの年、2020年が幕をあける。

 

それを祝うかのように、盛大な店内状況を披露してくれた「グリンピース吉祥寺店」。

 

今回同様、12月の取材でも素晴らしい光景を見せてくれるに違いない。

 

2020年も楽しませてくれる、と確信している方も多いはずだ。

 

 

【ぱちタウンマニアックスTOPへ】

 

 

このレポートの関連情報

関連する機種

icon

このレポート店舗の関連情報

特集

ブログ

このページのトップへ