ヘルプ

グリンピース池袋西口店の来店レポート

icon

グリンピース池袋西口店の来店レポート

店舗詳細
グリンピース池袋西口店

実施店舗:グリンピース池袋西口店

実施日:2019/11/24 10:00〜22:45

その他取材

 

@「グリンピース池袋西口店

※本記事内で取材している機種は、全て2019年11月24日現在のものとなります。

 

いよいよ2020年の足音が聞こえ始めた11月下旬。

 

頰に当たる風も厳しさを増し、街を歩くのもツラくなってきた今日この頃。

 

そんな時期であっても「グリンピース池袋西口店」は平常運転。

 

相も変わらず、期待を胸に抱いて訪れたスロッターたちを存分に楽しませてくれたようなので、その模様をしっかりとお届けしていこうと思う。

 

皆さんもいつも通り、を正し、正座で読み進めていただけることだろう。

 

 

店内に踏み入った取材班の目に止まったのは新台の『パチスロ北斗の拳 天昇』。

 

期待の6号機として4台が導入された同機は、たくさんの「激闘ボーナス」を生み出していた模様。

 

かなり調子よく持ち玉を増やし、台上に大量の持ち玉を確保しているスロッターも確認済みだ。

 

 

『パチスロ北斗の拳 天昇』の勢いに負けじと奮闘していたのは、12月に撤去の決まっている『バジリスク~甲賀忍法帖~絆』と『アナザーゴッドハーデス-奪われたZEUSver.-』の2機種。 

 

あと数週間でいなくなるとは思えないほど、現役さながらの活躍を見せてくれたぞ!

 

この様子なら、最後の1日までしっかりとがんばってくれるのは間違いなさそうだ。

 

 

 

「グリンピース」ファンであれば、レア台の動向を知りたいと思うのは当然の話。

 

皆さんの予想通り、この日もレア台バラエティーコーナーは快進撃を続け、メジャーマシンにひけを取らない存在感を見せてくれたのだ。

 

まだ比較的新しい『パチスロラブ嬢Ⅱ』や『闘魂継承 アントニオ猪木という名のパチスロ機』は当たり前のように元気モリモリ。

 

軽快にATを織り交ぜながら、見せ場をたっぷりと用意してくれた。

 

 

こちらではAタイプの『SLOT魔法少女まどか☆マギカA』と『ヱヴァンゲリヲン・魂を繋ぐもの』が揃って快調にボーナスを吐き出す光景を目撃。 

 

各台のボーナス合算確率も悪くない数値であった。

 

 

レア台バラエティーコーナーの隅では、『パチスロ ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているのだろうか』が小気味よくボーナスを吐き出しており、堅実にプラス域をキープ。

 

またその隣では、『パチスロ ルパン三世 世界解剖』も「ヒーローズロード」で持ち玉を増やしていたようだ。

 

 

 

Aタイプがいつでも打ち頃なのが「グリンピース」全店の特徴だが、この日はアクロス系Aタイプが伸び伸びとそのポテンシャルを解放していた。

 

フル稼働だった『アレックス』。

 

期待できそうな挙動の台が非常に多かった!

 

 

座られている台の半数近くが持ち玉プレイだった『ハナビ』。

 

 

履歴を見た限りでは、優秀なデータが残っていた『バーサス』。

 

 

いやはや、さすがは「Aタイプの殿堂」と呼ばれるお店である。

 

本格的な寒さをモノともせず、今回も寒さを吹き飛ばすような結果を残してくれた「グリンピース池袋西口店」。

 

特にレア台バラエティーアクロス系Aタイプの活躍に目を奪われた方も多かったのではないだろうか。

 

 

【ぱちタウンマニアックスTOPへ】

 

 

このレポートの関連情報

関連する機種

icon

このレポート店舗の関連情報

特集

ブログ

このページのトップへ