ヘルプ

グリンピース池袋西口店の来店レポート

icon

グリンピース池袋西口店の来店レポート

店舗詳細
グリンピース池袋西口店

実施店舗:グリンピース池袋西口店

実施日:2019/12/29 10:00〜22:45

その他取材


 

@「グリンピース池袋西口店

※本記事内で取材している機種は、全て2019年12月29日現在のものとなります。

 

指折り数えて令和2年まであと3日

 

そう、取材班は12/29に「グリンピース池袋西口店」に訪れていた。

 

目的はもちろん「ぱちタウンマニアックス取材」のためである。

 

大掃除や年末の挨拶回りなどで忙しいこの時期にも関わらず、たくさんのスロッターが遊びに来ていたのは、やはり多くの常連さんが期待しているからに他ならない。

 

それではいつものように、「グリンピース池袋西口店」の店内の様子をレポートしていこうか。

 

ニヤリ。

 

人気マシンたちの活躍に刮目!


 

開店と同時に常連スロッターの方々が向かったのは、おなじみの人気マシンのシマ。

 

ソッコーで埋まったのは、新台の『パチスロ交響詩篇エウレカセブン3 HI-EVOLUTION ZERO』であり、2台設置ということもあって、競争率はかなり高かった模様。

 

手探り状態で演出を楽しみつつ、持ち玉を増やしていたぞ。

 

 

3台が設置されている『パチスロ北斗の拳 天昇』では、3台並びの真ん中の台が好調を地で行くウハウハ状態

 

すでにAT「真・天昇ラッシュ」は96回を数えており、その成果は台上の持ち玉にしっかりと現れていた。

 

また、そのお隣の台もAT50回を超えていたことを鑑みるに、空き台だった残りの1台にもチャンスが潜んでいたのではないだろうか。

 

 

全国的に稼働が低下傾向にある『SLOT劇場版魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語』だが、「グリンピース」であれば話は別。

 

設置されている2台はともに座られており、AT「マギカラッシュ」も揃って24回を数えていた。

 

すでに両台とも台上に持ち玉を飾っていたが、この様子であればまだまだ持ち玉量は増加したに違いない。

  

 

レア台バラエティーが本領を発揮!

 

グリンピース」と言えばレア台

 

それを立証するかのように、様々なレア台が盛り上がっていたこの日。

 

他店ではお目にかかれない『まめ』を筆頭に、

 

 

パチスロ マブラブ オリタネイティヴ トータル・イクリプス』や新台の『マジカルハロウィン7』、

 

 

さらには『パチスロラブ嬢Ⅱ』や『パチスロ北斗の拳 修羅の国篇 羅刹ver.』などなど、実にありとあらゆるレア台たちが猛威を振るっていたのである。 

 

 

これぞ「グリンピース」が「レア台の聖地」と呼ばれている由縁なのだろう。

 

Aタイプの盛り上がりを見てみよう

 

さて最後はAタイプコーナーのパワフルな活況をご覧いただこうか。

 

まずはアクロス系Aタイプの中でも根強い人気を誇っている『バーサス』。

 

フル稼働なのは当たり前、その稼働率に比例してボーナスもたっぷりと生まれていた。

 

 

そして意外な伏兵として尖った結果を残していた『ハナビ通』。

 

女性スロッターが楽しそうに打ち込んでいる姿から察するに、本当にこの台が好きなのだろう。

 

それだけにこの好挙動はさぞかし嬉しかったはず。

 

 

Aタイプで忘れてはいけないのが『ジャグラー』シリーズ。

 

この日最も盛り上がっていたのは『ファンキージャグラー』で間違いないだろう。

 

設置は4台と多くはないものの、かなりの活気に満ち溢れており、常にどれかの台がボーナスを消化していたのだ。

 

 

取材を終えて

2019年を締めくくるに相応しい光景をこれでもかと披露してくれた「グリンピース池袋西口店」。

 

打ち納めに来られた方も大満足で帰途につかれたことと思う。

 

それだけに、年明けの「ぱちタウンマニアックス取材」にも大きな期待がかかるというもの。

 

その期待にしっかり応えてくれるのがこのお店だ。

 

 

【ぱちタウンマニアックスTOPへ】

 

 

このレポートの関連情報

関連する機種

icon

このレポート店舗の関連情報

特集

ブログ

このページのトップへ