ヘルプ

サンコー一之江店の来店レポート

icon

サンコー一之江店の来店レポート

店舗詳細
サンコー一之江店

実施店舗:サンコー一之江店

実施日:2014/10/26 10:00〜23:00

REAL取材

サンコー一之江店

 

10月26日に行ったREAL取材の舞台となったのは「サンコー一之江店」。東京都江戸川区にあり、都営新宿線の一之江駅から徒歩1分とアクセスが便利な駅前店だ。

50台の駐車場も併設されているため車でも来店が可能。朝イチは駅から近いため徒歩のプレイヤーが多いと予想していたが、開店と同時に車から出てくる姿も複数見られた。開店前は並んでいたプレイヤーと車内から出てきたプレイヤーを合わせた20名以上がホール前に集まっていた。

 

開店直後のパチンココーナーは、4円・1円・0.5円と3種類ある貸し玉料金のなかで1円と0.5円に向かうプレイヤーが多かった。

1円パチンコでは「CRA大海物語スペシャルWithアグネス・ラム」や「CRAスーパー海物語IN沖縄3」など定番機種の海物語シリーズが人気。「CRぱちんこAKB48バラの儀式」に注目しているプレイヤーもいた。

20円と5円、2種類の貸し玉から選べるパチスロコーナーはパチンコと同様に低貸し玉が好評。20円パチスロでは人気機種の「押忍!サラリーマン番長」や最新台の「スーパービンゴネオ」が注目されていた。

 

14時を過ぎても人気を集めているコーナーは朝イチと変わらず、低貸し玉が支持されているのがわかる。また、ホール全体で見てもプレイヤーの数は大幅に増えていた。

 

パチンココーナーでは1円パチンコと0.5円パチンコがほぼ満席。どちらも計数カウンターが付いているため台の移動や景品交換などがスムーズに行えるが、この日は移動するのが難しいほどコーナー全体が賑わっていた。

 

4円パチンコでは「CR牙狼 金色になれ」が1番盛り上がっていた。なかには笑顔でハンドルを握る姿もあり、表情から満足しているということが伝わってきた。

 

5円パチスロにもほとんど空き台はなく、「パチスロ蒼天の拳2」ではATの魅力を存分に堪能しているプレイヤーもいた。「やじきた道中記乙」も目立っており、スペックの性能を十分に発揮しているような台があった。

 

20円パチスロで活気があったシマはジャグラーシリーズと「押忍!サラリーマン番長」の2つ。ジャグラーシリーズは全ての台で遊技している姿があり、笑顔になっているプレイヤーも複数いた。「押忍!サラリーマン番長」は空き台こそ見られたが、機種の持つパワーを最大限に引き出しているプレイヤーが目についた。

 

気温の移り変わりが大きい季節だが、ホール内は温度調整がしっかりされていたため心地よく遊技できるように思えた。BGMなどの音量も大きすぎず、ホールスタッフによるアナウンスが聞き取りやすかったのも印象に残っている。

「サンコー一之江店」は機種の魅力だけではなく、プレイヤーの目線に立った環境作りができているからこそ、じっくりと楽しみたいプレイヤーから高い支持をうけているのではないだろうか。人気機種だけでなく、低貸し玉のコーナーが活気にあふれていたことからもプレイヤーの楽しむ環境が整っていることが感じられた。

 

このレポートの関連情報

関連する店舗

このページのトップへ