ブログ

かまた雑煮

息子の日

記事一覧へ

公開日: 2018/02/13

ゴマって少しイヤラしくないですか? 見た目じゃなくて名前の響きが。とぱちタウンのお偉いさんと先輩に話したら理解してもらえませんでした。

思春期現役なのはボクだけだったんでしょうかね。少しだけ寂しくなりました...。

 

 

はい、そんな話は置いときます。というより今回のブログとは全く関係ないので有明海にでもポイッと投げておきましょう。

 

いやー、今年もアレの時期が来ましたね。世の中の男子達が1日中ソワソワしちゃうアレですよ、アレ。バレンタインデー。

 

かくいうボクだって毎年期待に満ち溢れてソワソワが止まりません。

 

...否!

 

嘘です。どーせバレンタインデーなんてチョコ貰えないんだから嫌いです。きらいー!

 

かまた雑煮のバレンタインデーなんてパチスロで言うなら完全に設定は1です。事故らない1です。

 

はぁ、もしボクが竹内涼真くんだったら完全に6は固いのに...。

竹内涼真くんだったら「いっぱい出るんだからドル箱なんてめんどくさいよねー。各台計数機にしてくれなきゃ打ちませんよー!」という余裕を見せれるんでしょうけどね。

いいなー、竹内くん。女子ともいい思い出が沢山あるんだろうなー。

 

ボクが記憶にある女子との思い出なんて1つしかないのに。

中学時代、体育授業の帰りに腕がぶつかった女子が「気持ち悪い、サイアクー!」とボクに触れた腕を水道水でジャブジャブ洗っていたのを目撃してしまうというイヤ~な思い出なのに。

まぁ、泥水じゃなく水道水で洗ってたということは泥水よりかはマシだったとポジティブにとらえておきましょう!

 

そして、これ以上女子との思い出を書くと涙が止まらなくなるのでこの話はやめときます! コチラも有明海にポイッ!

 

ということで今回はバレンタインデーに貰ったチョコの数を書いていきます。

ちなみに中学時代のイヤな思い出と思春期は先ほど有明海に投げたので高校時代からカウントしていきます。

さらに厳しくするためにお母さんからの母チョコもカウントに入れません!

 

・チョコ①

スーパーの店員さん。

400円払って購入したチョコですが、店員さんは女性。2月14日でしたしバレンタインチョコ扱いにします! 1個ゲット。

 

・チョコ②

コンビニの店員さん。

300円払って購入。これまた女性店員さんだったのでバレンタインチョコ扱いです! 苦情は受け付けません。1個ゲット。

 

 

・チョコ③

ファーストフード店員。

普段はバニラシェイクを注文するボクですが、バレンタインデーだったのでチョコシェイクを購入。シェイクでもチョコはチョコです。当時は105円です。1個ゲット。

 

 

・チョコ④

ホールスタッフ。

実戦では負けたけど帰りに女性店員さんから景品で貰ったクリスピーチョコ。この日もバレンタインデーだったので含めます。1個ゲット。

 

 

・チョコ⑤

アルバイト先のÝ子ちゃん。

全員のロッカーに義理チョコを入れるというマメであり魔性の女Ý子ちゃん。

しかし思い返してみればボクのロッカーにだけ入ってなかった...。入れ忘れかなー。マメだったんだけどなー。...とりあえずこれはノーカウント! ノーカンです。

 

 

・チョコ⑥

お母さん。

母チョコは含まれません! と思いましたがあまりにも少ないので、やっぱり含めることにします。雑煮の発言と政治家はコロコロ変わるもんなんです。仕方がないことです。お母さん毎年ありがとう! てことで母チョコ10個ゲット。

 

割愛したけど店員さんでの個数カサ増し方法は毎年使ってる技だし、ざっくりだけどプラス10個くらいにしておこーっと。

 

 

はい、結果は24個! 母チョコの大きく助けられてしまいました。

感謝です。もはや2月14日は母の日にしてもいいくらい。いや、母から息子に~、なので息子の日のほうがしっくりくるかもしれません。

 

...ちなみに本命は0個。

 

しっかりとチョコを貰ったことないボクからみればバレンタインデーなんて悲壮感しかありません。

 

...だからバレンタインデーなんて嫌いなんだ。

なくなってしまえー! 息子の日に変わってしまえー!

ムキーーッ‼

ライター・タレントランキング

このページのトップへ