ヘルプ

ファルコン近江八幡1番館の来店レポート

icon

ファルコン近江八幡1番館の来店レポート

店舗詳細
ファルコン近江八幡1番館

実施店舗:ファルコン近江八幡1番館

実施日:2017/09/30 10:00〜22:45

その他取材

 

9/30の店内は、パチ7割・スロ7割という

高稼働を記録したファルコン近江八幡1番館

その人気は前回の良好な結果

おそらくは起因しているのだろう。

その勢いに乗り、今回も目をみはる

ような光景を量産したのだろうか?

 

ビッグスター機種としてトップバッターを

飾ったのは全20台のパチンコ北斗シリーズ。

北斗の拳7転生は人気が高く、空き台を

見つけるのも困難なほどの稼働状況。

 

兄弟機の真・北斗無双(1/319ver.)

稼働は北斗7に劣るものの、大当り16回を

記録する台が2台出現するなど、

こちらもなかなかの盛り上がりぶり。

 

また新台導入されたばかりの1/219ver.

真・北斗無双満台で、早くも人気機種として

メキメキと頭角を現していたのだ。

 

同じくビッグスター機種のスロ北斗シリーズは

転生強敵新伝説創造の3機種・計19台。

最も稼働が高かったのはやはり新伝説創造

ART47回を記録する台もあったぞ。

 

移動台の強敵はビッグスター機種と

バレていたのか、空き台はわずか2台。

どの台もコンスタントに激闘乱舞

楽しんでいたようだ。

 

4台の転生は残念ながら他の北斗兄弟に

お客さんを取られたようで、稼働は1台のみ。

しかし空き台の履歴には好調なスランプ

残っており、優秀台放置の可能性もアリ。

 

根強い人気を見せつけたのはGⅠ優駿倶楽部

4台中3台が座られていたのだが、

3台ともが見事な右肩上がり

さらに3,000pt超えの記録も確認済みだ。

 

サクラ大戦は4台中1台のみの稼働。

しかしその1台はART初当りも悪くなく、

2,500ptほどの持ち玉を確保していた。

 

突出した記録はないものの、満遍なく

当たっていたのはセイグリッドセブン

優秀台の有無は不明だが、3名ともが

粘っていたことから察するに、

状況は悪くなかったのかもしれない。

 

トリを飾るのは、強烈な記録を残した

笑ゥせぇるすまん3~笑撃のドーン~

なんとART92回、7,071ptもの記録を

今まさに更新中だったのだ。

 

改めて店内状況を見渡すと、今回も

優秀台を匂わす台が数々あった。

やはりスター機種には無限のチャンス

眠っていると考えて良さそうである。

次回10/29もスター機種にチャンスあり!?

 

このページのトップへ