機種情報

icon

パチスロ 天元突破グレンラガン極

facebook twitter
パチスロ 天元突破グレンラガン極(パチスロ)のリール配列

設置店検索

ユーザー評価

2.67
(4件)
RT 技術介入
メーカー名 スパイキー
機械割 97.6%〜114.1%
導入開始日 2018/06/04(月)
機種概要 ボーナス後にRTに突入するボーナス+RTタイプ。RTは100G、200G、無限の3種類があり、RT突入時の出目でRTのゲーム数がわかる。BIGは約308枚獲得できるので、RTとループすれば大量出玉の獲得も十分に可能だ。
ボーナスは残り10枚未満(フリーズ+暗転)になったら逆押し3連V狙いを終了まで実践しよう。

ボーナス出現率

パチスロ 天元突破グレンラガン極(パチスロ)のボーナス出現率

ゲームフロー

パチスロ 天元突破グレンラガン極(パチスロ)のゲームフロー

icon

解析情報通常時

基本・小役関連

告知モードの選択

【メニュー画面でモードを変更可能】
通常時、RT中ともに告知タイプを変更可能。
切り替えは任意でおこなえるので、どちらのモードでも遊技を楽しめる。

 

[チャンス告知]

おもに連続演出経由でボーナスを告知する。

 

[完全告知]

リール左右の花が咲けばボーナス!

通常時・連続演出紹介

【演出成功でボーナス濃厚】
バトル系の演出はチャンス!
ダイガンザン強奪作戦がもっとも期待度の高い演出。

「ガンメンを倒せ!」

 

「リットナー村を守れ!」

 

「ヨーコたちを救出しろ!」

 

「ヴィラルを倒せ!」

 

「ラガンVSゴズー」

 

「グレンVSカオパ=ジール」

 

「顔が2つたぁナマイキな!!」

 

「ダイガンザン強奪作戦」

全連続演出共通で、タイトル色が赤くなれば期待度がアップする。

基本解説

通常時・演出発生率とボーナス期待度

【ボーナスに期待できる演出をしっかりとチェック】

●前兆ステージ移行率と期待度

 

●ショートフリーズ期待度

基本的には強レア役に対応した演出。
弱レア役やリプレイ、ベルならボーナス当選濃厚だ。

 

●カットイン発生率と期待度

発生するカットインは種類ごとに対応役があり、矛盾すればボーナス濃厚!

ラガンのカットインなら、スイカorチャンス目B成立でボーナス濃厚。

 

●擬似連演出発生率と期待度

どちらも発生した時点で激アツ!

 

●連続演出発生率と期待度

 

●連続演出のタイトル色別・トータル期待度

タイトル画面でのPUSHボタン出現は激アツ!
マグマ柄と金はボーナス濃厚。

 

●その他演出発生率と期待度(設定1)

小役確率・各種当選期待度

小役確率

【ベルをしっかりとカウント】

●小役確率

9枚ベルの設定差がかなり大きく、設定推測の重要な要素になる。6枚ベルもそれなりの設定差があるので、ベルをメイン、チャンス目(とくにチャンス目B)やチェリーをサブ要素としてカウントしておくと、さらに精度は上がるはずだ。

※左リールBAR狙い時は9枚ベルは斜め、6枚ベルは平行に揃いやすい。

 

●ボーナス内部中のリプレイ確率
赤V…1/2.43
白V…1/2.43
青7…1/2.98
REG…1/2.43

ボーナス内部中は、通常時に比べてリプレイ確率が約3〜4倍にアップ。レア役後などにリプレイが連続すれば、ボーナス当選に期待が持てる。

同時当選期待度

【ボーナス当選のメインはチャンス目と強チェリー】

●同時当選期待度

リーチ目役はボーナス濃厚。
スイカとチャンス目Bは、とくに同時当選期待度の設定差が大きい。

 

●実質ボーナス確率(設定1〜6)
チャンス目A…約1/1200〜約1/740
チャンス目B…約1/1170〜約1/560
弱チェリー…約1/8000〜約1/7750
強チェリー…約1/960〜約1/780
スイカ…約1/7100〜約1/2000
中段チェリー+スイカ…1/16384(全設定共通)

ボーナス当選時の約5割がチャンス目、約3割が強チェリーと割合の多くを占めている。

単独ボーナス確率

【単独ボーナスは設定3以上のチャンス】

●単独ボーナス確率

設定1&2と設定3〜6がそれぞれ共通。
リーチ目役との判別が難しいうえに、そこまで大きな差があるわけではないので、契機不明のボーナスは高設定の期待度がアップするくらいに考えておこう。

AT・ART・RT関連

通常時のステージ

【ステージ移行にも注目】
基本ステージ4種類と、おもにボーナスの前兆として移行する2種類、合計6種類のステージが存在。
テッペリンへの移行率には、何か秘密があるようだ。

「基本ステージ」

 

「前兆ステージ」

謁見の間はボーナスの大チャンス!

icon

解析情報ボーナス時

基本・小役関連

エピソードBIGとエンディングBIGの発生条件

【どちらも発生するのはRT中のみ】

「エピソードBIGの発生条件」
・RT中
・チャンス告知を選択中
・バトル演出勝利でBIGを告知

※獲得枚数が2000枚を超えると、エンディングBIGが発生

条件をすべて満たした場合、勝利したバトルの相手(四天王+ロージェノムの計5種類)に応じたエピソードBIGが発生する。

 

「エンディングBIGの発生条件」
・獲得枚数が2000枚を超えた状態でのBIG

条件は厳しいが、発生するのはアニメ最終話の結婚式シーン。
エピソードBIGとエンディングBIGの発生条件を同時に満たした場合は、エンディングBIGが優先される。

RTのゲーム数比率

【BIG後よりREG後が無限RTに当選しやすい】

●RTゲーム数比率
[BIG後]

 

[REG後]

設定6はRT200Gの比率がかなり低いため、複数回200Gを引いた場合、設定6の可能性が下がってしまう。

BIG中のムービー紹介

【BIGを引いた状態によってムービーや楽曲が変化】

通常時かつチャンス告知選択中に引いたBIGの場合、総集編ムービーは設定2以上、女の子ムービーなら偶数設定が濃厚となる。

 

「チャンス告知中・ムービー」
[通常時]
・アニメ1部オープニング
・総集編ムービー(設定2以上)
・女の子ムービー(偶数設定濃厚)

 

[RT中]
ロージェノム撃破前
・アニメ2部オープニング

ロージェノム撃破後
・アニメ3・4部オープニング

四天王撃破時
・ビャコウエピソード
・セイルーンエピソード
・シュザックエピソード
・ゲンバーエピソード
・ロージェノムエピソード

ロージェノム(ラゼンガン)は設定6の一部を除き、四天王すべてを撃破した後にのみ出現。エピソード終了後はアニメ3・4部のオープニングへ移行する。

 

[2000枚以上獲得]
・最終話エピソード+アニメ3・4部のオープニング

BIG中の残り枚数10枚未満
・アニメ1部ED

 

「完全告知中・ムービー」
全状態共通
・パチスロオリジナル女の子ムービー

完全告知選択中は状態を問わず、オリジナルの女の子ムービーが流れる。
設定示唆の女の子ムービーは完全告知だと流れないため、設定推測を重視するならチャンス告知をオススメ。

 

●設定を示唆するムービーの出現率

両方出た場合、偶数設定濃厚かつ設定6の期待度もアップ。
そこそこ現実的な数字で流れるので、設定推測のためにはチャンス告知を選ぶようにしよう。

小役確率・各種当選期待度

RT中の演出発生率とボーナス期待度

【演出発展でボーナスに期待】

●RT中の演出発生率と期待度

 

●発展するとチャンス(激アツ)となる演出の期待度

 

●連続演出発生率と期待度

発展系の演出はボーナス濃厚。
バトル系のラゼンガンは設定6の一部を除き、四天王すべてを撃破した後にのみ発生する。

RT開始時の敵がラゼンガンなら設定6濃厚。

 

●矛盾バトル発生期待度
内部的に勝利時…6.25%

バトル発展時のキャラとバトル中のキャラが矛盾したらBIG濃厚!
矛盾した場合、必ずタイトルが虹色になる。

 

●内部的にバトル勝利時・タイトル色振り分け
通常…93.75%
虹…6.25%

AT・ART・RT当選関連

RTゲーム数の比率

【BIG後の約60%がRT200G以上】
RTのゲーム数は100G、200G、無限の3種類。
BIG後かREG後かによって、RTゲーム数の比率が異なる。

●RTゲーム数の比率

BIG後は200Gの比率が多いため、RT中にボーナスを引ける可能性がアップ。
期待獲得枚数は、初回のボーナスがBIGなら約500枚、REGなら約230枚となっている(いずれも設定1の場合)。

icon

設定推測ポイント

その他

テッペリンステージ移行率

【ステージ移行パターンに設定差あり】

ステージは、ジーハ村郊外→リットナー村→温泉→(テッペリン)→ジーハ村郊外…の順に移行。温泉後のテッペリン移行率に、設定差が設けられている。

 

●テッペリン移行率

温泉からもっとも移行しやすいのは設定5。
RT終了後は示唆内容が異なり、高設定ほど移行しにくいのが特徴だ(RT後はジーハ村郊外とテッペリンのいずれかに移行)。

 

●通常時・滞在ステージ比率

決戦直前と謁見の間は、おもにボーナス示唆として移行。移行頻度はかなり低いが、ボーナス期待度は高い。

小役確率関連

設定差のある小役確率

【ベル確率を優先的にチェック】

●設定差のある小役確率

メインでカウントしたいのはベル。とくに9枚ベルにはしっかりと気を配っておこう。
レア役では、比較的差の大きいチャンス目B確率が設定推測に使える。

 

「小役の停止形(左リールBAR狙い時)」

ボーナス関連

BIG中のムービー

【いつもと違うムービーが流れれば?】
BIGを引いた状況によって、消化中のムービーが変化。
基本はアニメのオープニングやエピソードだが、通常時かつチャンス告知選択中に総集編ムービーや女の子ムービーが流れれば設定1を否定する。ムービーがいつもと違えば高設定のチャンスと覚えておこう。

 

「示唆内容」
総集編ムービー…設定2以上濃厚
女の子ムービー…偶数設定濃厚

総集編ムービーと女の子ムービーが流れるのは、チャンス告知選択中の通常時にBIGを引いた場合のみとなっている。

 

●設定を示唆するムービーの出現率

両方出た場合、偶数設定濃厚かつ設定6の期待度もアップ。
そこそこ現実的な数字で流れるので、重要な設定推測要素となる。

ボーナス終了時のエンドカード出現率

【全員集合出現で設定6濃厚】

選択している告知モードやボーナス当選時のゲーム数で、エンドカードの振り分けが変化する。
500Gを超えた状態でのボーナスは、高設定示唆系の出現率が1.4倍〜2倍にアップするので、期待しておこう。

 

「チャンス告知選択時・エンドカードの示唆内容」
・シモン&ヨーコ&黒の兄弟…デフォルト
・ヴィラル…偶数設定示唆
・四天王…設定2以上
・ヴィラル&四天王&ロージェノム…設定4以上
・シモン&ニア(大人)…設定5以上
・全員集合…設定6濃厚
・ヨーコ1人(青白背景)…設定6濃厚

 

「完全告知選択時・エンドカードの示唆内容」
・女の子ムービー専用画面…デフォルト
・ヨーコ1人(レンガ背景)…設定2以上
・ヨーコ1人(青白背景)…設定6濃厚

ヨーコ1人(青白背景)は設定6濃厚!

 

 

●チャンス告知選択時・エンドカード振り分け
[1〜499GでのBIG当選時]

 

[500G以降のBIG当選時]

 

●完全告知選択時・エンドカード振り分け
[1〜499GでのBIG当選時]

 

[500G以降のBIG当選時]

500G以降のBIGは、設定6なら約12%で設定2以上濃厚画面が出現!

 

●REG終了時・エンドカード振り分け(告知方法不問)
[1〜499G]

 

[500G以降]

デフォルトパターン以外が出現した時点で、設定2以上が濃厚だ。

JACハズシ時のアイキャッチ

【アニメ16話のアイキャッチ出現で設定4以上濃厚】

BIGの残り枚数が9枚以下になったタイミングでJACをハズすと、アイキャッチが出現。BIG終了までJACをハズすたびに何度でも出現するが、1度でもハズシをミスすると同一BIG内では出現しなくなる。

 

●アイキャッチ振り分け

アニメの奇数話が奇数設定、偶数話が偶数設定を示唆する(1話はほぼデフォルトとして出現)。設定4以上濃厚となる16話以外は大きな差がないので、そこまで気にしなくても問題ない。
16話は、1〜15話までのアイキャッチが16分割されて出現する(Aは味方側、Bは敵側のキャラ)。

 

「アイキャッチ一覧」

AT・ART・RT関連

RT中の獲得枚数表示

【○○枚OVERの表示も設定示唆ポイント】
RT中の獲得枚数表示にも設定示唆要素が存在。
500枚突破時に456枚OVER、1000枚突破時に666枚OVERが出現すれば、高設定濃厚だ。

 

「○○枚OVERの示唆内容」
500枚突破時に456枚OVERが出現…設定4以上濃厚
1000枚突破時に666枚OVERが出現…設定6濃厚

 

[456枚OVER]

 

[666枚OVER]

RT中の設定推測要素

【RT中には多数の設定推測要素が存在】

●地上ステージスタート時の上位RT期待度

200G以上のRTでも、約10%〜20%で地上ステージからスタートする。
基本的に、RTのゲーム数は突入時の出目で判別できるので、あえてフリー打ちして楽しむのもアリだ。

 

●RT開始時の敵キャラ振り分け

ビャコウ以外のキャラからスタートすると、若干だが高設定の期待度がアップ。
いきなりラゼンガンが出現した場合、設定6濃厚となる。

 

●特定獲得枚数表示出現率

500枚突破時に456枚出現で設定4以上濃厚。1000枚突破時に666枚出現で設定6濃厚だ。

 

●バトル前兆発生時の期待度(シミュレーション値)

icon

打ち方朝イチ

打ち方・小役

ボーナス中の打ち方(RT突入のための手順)

【ボーナス終盤の打ち方をしっかりとチェック】
ボーナスの残り枚数が9枚以下になると、ショートフリーズが発生し、画面が暗転。暗転後はボーナス終了まで逆押し3連V狙いで消化しよう。
 

「基本は順押しフリー打ちで消化」
ボーナスは、JACゲームと通常ゲームを繰り返して消化。JACは順押しフリー打ちで入賞するので、スイカのナビが出た時以外は、順押しフリー打ちで問題ない。

 

「残り枚数が9枚以下になったら逆押し手順をスタート」
残り枚数は画面左上に表示されている。残り9枚以下(基本は残り1枚)になると手順スタートの合図として、ショートフリーズが発生し画面が暗転する。

 

[残り9枚以下の手順]
残りが9枚以下になり、ショートフリーズ&画面が暗転したら、ボーナス終了まで逆押し3連V狙いで消化しよう。

最後は通常ゲーム中にベルorスイカ(どちらも9枚)を獲得して、ボーナスを終了させる。
小役ナビは画面の左下に出現。スイカは取りこぼす可能性があるので、フリー打ちしないように注意しよう。

打ち方

打ち方とレア役の停止形

【基本は順押しBAR狙いをオススメ】
順押しBAR狙いで小役をしっかりと取りつつ、アツい演出発生時やレア役後は変則押しでボーナスを察知するのもアリだ。

 

「順押しBAR狙いはオーソドックスなチェリー落とし」

基本の停止形であるBAR下段停止時は、中・右リールフリー打ちでOK。

 

[中段にチェリー停止]

ボーナス濃厚。
中段チェリー+スイカ(払い出しは9枚)の可能性があるため、中リールにスイカを狙う。右リールはスイカをこぼさないので、フリー打ちでOK。

 

[角にチェリー停止]

中・右リールをフリー打ちし、右リール中段にベルが止まれば弱チェリー。ベル以外なら強チェリー。

 

[スイカ停止時]

中リールにスイカを狙い、右リールをフリー打ち。
スイカがハズれればチャンス目B。

 

「おもな小役の停止形(小役狙い時)」

中段チェリーはスイカが揃わなかった場合、リーチ目。

 

「リーチ目紹介」

スパイラルタイム中(RT突入時)の打ち方

【RTのゲーム数は出目で判別可能】

ボーナス後に移行するスパイラルタイムで成立したRT突入リプレイの出目で、RTのゲーム数を判別。『!』ナビが出たら順押しでBARを狙い、スイカまでスベってくれば無限RT濃厚だ。
フリー打ちでもRTには突入するが、『!』はレア役成立時にも発生するため、取りこぼしを回避する意味でもBAR狙いが無難。3連Vを狙い、枠内に停止したVの個数で判別する方法もある。

 

「BAR狙い時・RT突入リプレイの停止形」

中・右リールはフリー打ちでOK。

 

「変則押しでの左リール3連V狙い時・RTゲーム数の判別法」

左リールを最後に止めた場合、赤Vの停止個数でゲーム数を判別できる。

ユーザー評価詳細

一覧へ

  • RTが長いのでいい。

    4.17

    ひまわり

  • RTが長くて連チャンする。RTは説明見たら誰でも入れられる。

    3.67

    joe

このページのトップへ