ヘルプ

機種情報/演出・解析情報

じゃんぐるますたーこんぐだむ

ジャングルマスターコングダム

facebook twitter
ジャングルマスターコングダムの筐体画像
ジャングルマスターコングダム(パチスロ)のリール配列

設置店検索 ジャングルマスターコングダムの設置店

ユーザー評価

1.89
(3件)
RT
メーカー名 山佐
山佐の掲載機種一覧
機械割 97.3%〜108.5%
導入開始日 2019/05/07(火)
機種概要 テトラリールによる多彩な演出に加え、おなじみのナビ矛盾がさらに進化した「ジャングルマスターコングダム」がボーナス+RTで登場。
ボーナスは最大300枚のBIGとRT貫通式のREGがあり、BIG後は20GのRT・ナイトモードに突入。滞在中に昇格リプレイを引ければ、100Gor999G継続のロングRT・ジャングルタイムに移行する。ボーナスとRTの連鎖からコング級の出玉を生み出すことも可能だ。

ボーナス出現率

ジャングルマスターコングダム(パチスロ)のボーナス出現率

ゲームフロー

ジャングルマスターコングダム(パチスロ)のゲームフロー

演出・解析情報

icon

設定判別・推測ポイント

ボーナス関連

BIG中の小役確率

【リプレイ絵柄揃い否定で設定2以上】

BIG中の予告音発生時はリプレイフラグがたっており、順押しで左リール上中段付近に7番の緑7(下側の緑7)をアバウトに狙い、中右リールをフリー打ちした時の出目で設定を示唆。

リプレイ絵柄揃いがデフォルトとなり、中段リプレイ・リプレイ・プラムなら設定2以上、左リールに緑7/ベル/緑7が止まった時点で設定5以上だ。

 

●BIG中のリプレイ確率

高設定ほど予告音自体の発生率が高いため、シンプルにリプレイ(予告音発生)を引くほど高設定に期待できる。

 

「出目ごとの示唆内容」

[設定2以上]

 

[設定5or6]

緑7/ベル/緑7が停止すれば設定5or6!

 

●BIG中のハズレ確率

複数回確認できれば設定6の大チャンス!

 

※数値等は独自調査値です

小役確率関連

ナイトモード中のハズレ確率

【ナイトモード(最大20G)中は高設定ほどハズレが出やすい】

 

●ナイトモード中のハズレ確率

 

※数値等は独自調査値です

ベルとチェリー確率

【ベルとチェリー確率に設定差あり】
ベルは高設定ほど、チェリーは偶数設定が優遇されている。

 

●ベルとチェリー確率

 

※数値等は独自調査値です

設定差のある小役確率

ベルとリーチ目リプレイ確率は高設定、チェリー確率は偶数設定かつ高設定ほど優遇。

ナイトモードからジャングルタイムへのRT移行リプレイは通常時ならリーチ目リプレイとなり、ボーナス濃厚+高設定ほど出やすい!

 

●設定差のある小役確率

ベルとチェリーは要カウント!

※数値等は独自調査値です

icon

打ち方朝イチ

打ち方・小役

通常時の打ち方

「最初に狙う絵柄」

左リールにチェリーを狙い、チェリー停止時とベル非停止時は中右リールをフリー打ちでOK。

左リールにベルが停止した時は、ハサミ打ちで右リールをフリー打ち、ベルがテンパイした場合のみ中リールにベルを狙おう。

 

「ベルテンパイ時のみ目押し」

 

「ボーナスの当選契機」

小役はすべて同時当選する可能性アリ!

 

※数値等は独自調査値です

リーチ目

【リーチ目の総数は1568通り!】

リーチ目だけでなく、テトラリール演出の法則による1確や2確なども楽しめる。

 

「リーチ目」

 

「テトラリールとの法則でリーチ目となるパターン」

 

※数値等は独自調査値です

ボーナス判別手順

【最大2手でボーナスを揃えられる】

 

「最初に狙う絵柄」


逆押しで右リール中下段にBARを目押しし、BARが下段に止まった場合はREGを狙い、REGが否定されたら緑BIGを狙おう。

赤7が上段までスベった場合は、赤BIGを狙えばOKだ。

 

[BAR下段停止時]


緑7/緑7/BARとBAR揃いは同フラグ。

BAR絵柄狙いでもOKだ。

 

[REG否定時]

順押しで小役狙いをしつつ、緑BIGを狙おう!

 

[赤7上段停止時]

同一フラグのため、左リールの赤7はどちらでもOK。

 

※数値等は独自調査値です

ボーナス中の打ち方

【BIG中の打ち方】

獲得枚数をアップさせる技術介入と、予告発生時におこなえる設定推測が存在。

技術介入は予告音がない時のビタ押しで9枚役を2回獲得、設定推測は予告音発生時に順押しで左リールに緑7を狙ってリプレイが揃わなければ設定2以上だ。

9枚役を2回獲得したあとの予告音なし時は、順押しフリー打ちで消化しよう。

 

「9枚役の獲得方法」

逆押しで中右リールをフリー打ちし、左リール上段に17番の赤7(上がチェリーの赤7)をビタ押しすればOK。

ビタ押し成功時は右下がりに赤7/プラム/プラムが停止する。

技術介入は予告音がない時ならいつでも挑戦でき、失敗しても損はしないので2回成功するまでチャレンジしよう。

 

「予告音発生時の打ち方」

予告音(テトラリールが回転)発生時はリプレイフラグが成立。

順押しで左リール上中段付近に7番の緑7(上がベルの緑7)をアバウトに狙い、中右リールをフリー打ちしよう。

基本的にはリプレイ絵柄が揃うが、それ以外の停止型なら設定2以上確定だ。

 

[リプレイ絵柄揃い以外なら高設定のチャンス]

中段リプレイ/リプレイ/プラムなら設定2以上、左リール緑7/ベル/緑7が停止すれば設定5or6!

左リール緑7/ベル/緑7停止時はリーチ目のような停止型をとりやすい。

 

 

【REG中の打ち方】

REG中は1回だけ9枚役を獲得すれば、最大の84枚をGETできる。

技術介入は毎ゲーム挑戦でき、失敗しても損はしない。

9枚役獲得後は左リールに緑7を避けつつ消化すればOKだ。

 

「9枚役の獲得方法」

逆押しで中右リールをフリー打ちし、左リールに緑7をアバウトに目押し。

中段に緑7/プラム/プラムが揃えば成功だ。

 

[9枚役獲得後に緑7付近を押した時の対処法]

左リールに緑7付近を押した場合は、中右リールにベルを目押しすることで13枚を獲得できる。

フリー打ちすると9枚になる可能性があるので注意しよう。

※狙うベルは青・赤のどちらでもOK

 

※数値等は独自調査値です

icon

解析情報通常時

演出

テトラリール演出

【テトラリールのナビ矛盾でボーナス濃厚】

テトラリールの役割は小役ナビがメインとなり、演出パターンは967種類と多彩。

通常時やジャングルタイム中のナビ矛盾はボーナス、ナイトモード中ならボーナスor昇格リプレイとなる。

小役ナビではなく、チャンスキャラの出現時は停止キャラに注目だ。

 

「テトラリールのキャラ」

小役ナビのキャラは基本的に1体だけ停止するが、上下段に2体が停止するダブルナビもある。

 

「チャンスキャラの序列」

 

「テトラリールのチャンスパターンをチェック」

始動音変化…テトラリールの始動音がいつもと違う

再始動…1度止まってから再始動

逆回転…リールが下から上に回る

遅れ…テトラリールだけ回転するのが遅れる

ストロボフラッシュ…停止したキャラがチカチカする

振動…リールが小刻みに揺れる

バウンドストップ…リール停止時にバウンド

 

上記のパターンが発生すればナビ矛盾の可能性がアップ!

 

[ステップアップを伴えばさらにアツい]

テトラリール可動時にリール上部のランプが点灯するほどチャンス!

 

※数値等は独自調査値です

連続演出期待度

●連続演出のボーナス期待度
ノーマルリーチ(弱)…2.1%
ノーマルリーチ(中)…8.1%
7図柄でスロー…21.3%
停止ボタンを押すごとに回転方向チェンジ…22.6%
停止ボタンを押すごとにスロー…29.8%
逆回転カメレオン越え…48.3%
コマ送り…59.1%
カメレオンステップアップ…80.6%
途中消灯…100%
コマ送りプレミア(旧コングダム)…100%
全員集合…100%
ビッグコングの激アツ…100%

 

「演出のパターン数」

連続演出含む全総数…967パターン

テトラリールの遅れ発生/非発生との組み合わせ数…2435パターン

演出の総組み合わせ数…906816パターン

 

※数値等は独自調査値です

裏ボタン紹介

「ボーナス当選ボイス」

テトラリールに小役キャラが止まっている状態で全リール停止後にチャンスボタンを押すと、ボーナスが当たっている場合は告知してくれる。

 

「目押しモードに変化」

テトラリールにカメレオン(赤)かコングが止まった状態で全リール停止後にチャンスボタンを押すと、発展だ!の掛け声とともに1G限定のテトラリールの目押しモードに変化。

次ゲームで各リールを止めるタイミング(3回チャンスあり)にあわせて、テトラリールに7・BAR・7を狙うと、ボーナス内部中なら7・BAR・7がビタ止まりする。

 

「環境音のOFF/ON」

音量調節ボタンの間にある丸いボタンを押すと、環境音のOFF/ONが可能。

 

※数値等は独自調査値です

通常時・演出期待度

●テトラリール演出の発生率と期待度(設定1)

 

「テトラリール演出のポイント」

通常回転…予告音を伴えばチャンス

Wナビ…ナビキャラが振動していれば激アツ

ストロボフラッシュ…1つの絵柄をナビをすれば激アツ

逆回転・スーパーウェイト音…ナビキャラの振動やバウンドストップが複合すれば激アツ

 

「ステップアップ演出」

●期待度…★★

ステップ3まで行けばリーチに発展!

 

※数値等は独自調査値です

基本・小役関連

チェリーの同時当選期待度

●チェリーの同時当選期待度

 

●チェリー+ボーナスの実質確率

チェリー+ボーナス確率は高設定ほど優遇!

 

※数値等は独自調査値です

小役確率

●小役確率

通常時にナイトモードからジャングルタイムへのRT移行リプレイが成立するとリーチ目リプレイとなりボーナス濃厚。

チェリー確率は偶数かつ高設定が、ベルとリーチ目リプレイ確率は高設定ほど高い。

 

※数値等は独自調査値です

ボーナス当選関連

ボーナス比率

●ボーナス比率

奇数設定は緑BIG、偶数設定なら赤BIGの比率が高い。

BIGとREGの比率は高設定ほど均等になる。

 

※数値等は独自調査値です

icon

解析情報ボーナス時

RT/ナイトモード・ジャングルタイム

ナイトモード中のハズレ確率

●ハズレ確率

ナイトモードは最大20G継続し、高設定ほどハズレが出やすい。

 

※数値等は独自調査値です

ジャングルタイムの移行率

最大20G継続するナイトモードからジャングルタイム(JT)への移行率は、BIGと設定で異なる。

 

「JT移行率の特徴」

[赤BIG後]

・JT移行率は約28%

・移行時はほぼ100G

 

[緑BIG後]

・JT移行率は約24%

・赤BIG後よりも999Gの割合が高い

 

●BIG別・JT移行率
[赤BIG後]

 

[緑BIG後]

 

●JT移行時のゲーム数割合

緑BIG後でも999Gの割合はそこまで高くないが、赤BIG後の約10倍移行しやすい。

 

※数値等は独自調査値です

RTの概要

【2種類のRTを搭載】

BIG後は20GのRT・ナイトモードに必ず突入。

ナイトモード中に移行リプレイを引ければ、100Gor999GのRT・ジャングルタイムに突入する。

 

「ナイトモードの基本情報」

突入契機…BIG

継続ゲーム数…20G

 

ナイトモード中は移行リプレイ成立時にもナビ矛盾が発生するため、通常時よりもナビ矛盾率がアップ。

赤BIG後はジャングルタイムへの移行率が緑BIG後よりも優遇され、緑BIG後は移行率こそ赤BIG後に劣るが999Gの可能性が高い。

 

●ジャングルタイムへの移行率

 

「ジャングルタイムの基本情報」

突入契機…ナイトモード中の移行リプレイ

継続ゲーム数…100Gor999G

999G時の期待獲得枚数…約750枚

 

REGが成立した場合は、REG消化までの間もRTのゲーム数は減算されるが、RTのゲーム数が残っていれば再びRTに復帰する(ナイトモード中も同様)。

 

「移行リプレイ入賞直後にゲーム数を告知」

移行リプレイはRT100Gと999Gでフラグが異なるが、入賞直後にRTのゲーム数は告知されるのでわかりやすい。

 

※数値等は独自調査値です

小役関連

ジャングルタイムへの移行リプレイ確率

BIG後のナイトモード(20G)中に移行リプレイを引ければ、ジャングルタイム(100Gor999G)に突入。

理論上ナイトモードで移行リプレイを引ける割合は、赤BIG後なら約28%、緑BIG後なら約24%だ。

 

●ジャングルタイムへの移行リプレイ確率

赤BIG後のジャングルタイムはほぼ100G。

緑BIG後なら移行リプレイ成立時の約6%が999GのRTへ!

 

※数値等は独自調査値です

演出

RT中・演出期待度

●テトラリール演出の発生率と期待度(設定1)

ジャングルタイム中のみ激アツのジャガーが出現する。

 

※数値等は独自調査値です

ボーナス

BIG中の小役確率

●BIG中の小役確率

BIG中のハズレは1度出れば設定5以上のチャンスとなり、複数回確認できれば設定6の期待大。

予告音発生時はリプレイフラグが成立しており、左リールに緑7を狙った時の停止出目で設定を推測することが可能。

出目がリプレイ絵柄揃いならデフォルト。

中段にリプレイ/リプレイ/プラムが停止すれば設定2以上、左リール緑7/ベル/緑7が停止すれば設定5以上だ。

 

※数値等は独自調査値です

ユーザー口コミ・評価詳細
ジャングルマスターコングダム

一覧へ

  • ボーナス99回消化した段階でとりあえずの評価です。レギュラー40 赤26JT5 緑33JT5内PJT1 差枚プラス約5400枚 初代にあった0確が出なかったのですが、無いのかな?

    3.33

    kanba

この機種の関連情報
ジャングルマスターコングダム

特集

このページのトップへ