お知らせ クーポン ヘルプ

来店レポート

icon

オーギヤ磐田店の来店レポート

店舗詳細
オーギヤ磐田店

実施店舗:オーギヤ磐田店

実施日:2023/09/30 09:00〜22:30

全国バラエティ

 

 

9月ラストの「5の日」調査
『エヴァ15』で+7万超!


全国各地で急速に秋が深まっていく中、今回は9月最後となる30日(土)、「オーギヤ磐田店」で行った「ぱちタウンBOOST」データ調査の結果をお届けしよう。

 

今回で満7ヵ月の調査を積み重ねており、そこから導き出した重要ポイントが以下の2通り。

 

・パチスロ・パチンコ共に「0のつく日」「5のつく日」が高い稼働率となっている

・上記の日に、プラス台割合の高いor飛び抜けた好成績台がいくつも見受けられる、同店の核となる機種が複数存在する

 

このデータ調査もいよいよ丸1年間継続が近づいている中、これまで「看板」となるマシンの入れ替わりが生じてきたが、密着した機種が数々の素晴らしい数値を成し遂げているのは過去のレポートの通りだ。

 

ここからは、9月最終のデータ調査日に優秀台を輩出した、パチスロ・パチンコの状況に迫る。

『北斗』『マイジャグ』が高水準

 

定例だが、まずは20スロの模様を追っていこう。

 

9月末の同店において、連日の様にハイレベルの出玉を示しているのは6機種。ジャグラーシリーズでは『マイジャグラーⅤ』『ゴーゴージャグラー3』『アイムジャグラーEX』『ファンキージャグラー2』、スマスロでは『スマスロ北斗の拳』、6.5号機では『パチスロ甲鉄城のカバネリ』の計6つだ。

 

いつもの様にジャグラーシリーズ4機種からチェック。前々回・前回の調査に引き続いて4つ全てが機種トータルプラスに成功した。

 

+1万9千超と、4機種の中で唯一プラス5桁を達成したのが『マイジャグ』20台。9月25日調査の+2万オーバーには及ばなかったが、プラス台の割合は75%(15台)は前回より上昇、その中で1,000overは8台、+3千6百弱の866番台を筆頭に+2千超が4台と、シマは好況に沸いた。

 

 

『マイジャグ』に続く合計ptとなったのが『ゴージャグ』20台。プラス率は60%(12台)、1,000overは6台とあまり多くはなかったが、最優秀の922番台が+5千1百弱の差枚数を叩き出した。

 

 

同店では2番目の設置台数となる『アイムジャグ』40台もトータルプラスで終了。台数の多さから判断すると合計ptは伸びなかったが、プラス率は約63%(25台)と高い水準を見せ、+2千超は2台という結果となった。

 

 

『ファンジャグ』20台はなんとか合計ptをプラスで終えることができた。その中でもコーナートップの842番台が+2千9百弱&プラス台の割合は45%(9台)と、戦えない状況ではなかったことが分かる。

 

 

『マイジャグ』を超える成績となったのが『スマスロ北斗』20台。全6機種の中で最も高い合計ptを弾き出し、シマナンバーワンの758番台は+6千4百超&20スロ全台の中で2位となった。またプラス率は65%(13台)、+5千超×1&+3千超×1&+2千超×5と、台上カウンターには輝かしい数値がいくつも並んだ。

 

 

『カバネリ』10台も合計ptでプラス、平均ptでは6機種中3位となった。プラス台の割合は70%(7台)、1022番台が+3千9百弱と、こちらもプレイヤーがその力を充分に発揮した。

 

これら以外の好調台として、『回胴式遊技機 グランベルム』1011番台の+7千1百弱、『スマスロキン肉マン~7人の悪魔超人編~』732番台の+5千6百超、『パチスロ傷物語 始マリノ刻』1001番台の+5千3百弱、『沖ドキ!GOLD』697番台の+4千9百弱、『パチスロ からくりサーカス』783番台の+4千2百超が挙げられ、幅広いラインナップでハイスコアが咲いた。

+7万超を含め『エヴァ15』に好記録続出

 

お次は4パチにズームイン。

 

9月終盤の同店において、好調機種としてデータ調査の対象となるのが『新世紀エヴァンゲリオン~未来への咆哮~』『P大海物語5』『P大海物語4スペシャル』『P大海物語4スペシャルBLACK』の4つ。

 

今回トータルプラスは2機種と、些か寂しい結果に終わった。

 

 

今回合計ptで+2万7千超を残したのが、9月中旬で40に増台した『エヴァ15』。台数を増した後はデータ調査日になかなかトータルプラスとならない結果が続いていたが、今回やっと念願を果たした。また、シマトップの196番台による+7万超を始めに、+4万5千弱・+3万8千超・+3万6千超と、大量獲得に成功した台がいくつも見られた。

 

 

『大海5』10台も機種トータルプラスで結んだ。151番台が+2万5千弱の記録を残し、4機種によるベスト5にランクインした。

 

 

合計ptではプラスを逃した『大海4SP』20台。プラス5桁となったのが2台で、135番台は+2万4千超の差玉を見せた。

 

 

前述した通り、4機種によるトップ5は『エヴァ15』が4位までを占有。その中で『大海5』が5位に滑り込んだ。

 

上に挙げた以外では、『Pフィーバー 機動戦士ガンダムユニコーン』204番台が+5万4千超、『P Re:ゼロから始める異世界生活 鬼がかりver.』233番台が+4万5千超、『Pバキ319ver.』509番台が+3万7千弱と、ベテランマシンにビッグヒットが数々飛び出す結果となった。

総括

 

ここまで、オーギヤ磐田店で9月30日に調査を行った「ぱちタウンBOOST」の結果をお送りした。

 

今回も締め括りとして、20スロ・4パチの全台トータルデータに注目しよう。

 

20スロ全361台のトータルは勝率が約47%と前回9月25日より3%近くアップしたものの、合計ptではプラスには届かなかった。

 

一方、4パチ全414台では勝率約40%と前回調査時より約8%上昇し、+4万5千弱の合計ptでフィニッシュとなった。

 

20スロのトータルは少々残念な結果となってしまったが、これまで記した優秀台の出玉データを見ればお分かりの通り、今回の「0の日」も各機種のポテンシャルを活かすことができる1日だったのではないだろうか。

 

10月に入り、オーギヤ磐田店の「ぱちタウンBOOST」データ調査はまだまだ続行する予定。好調出玉を維持し続ける同店、これからもありのままとなる姿を見つめ続けていきたい。

 

icon

このレポート店舗の関連情報

特集

このページのトップへ