P-STATIONの来店レポート

icon

P-STATIONの来店レポート

店舗詳細
P-STATION

実施店舗:P-STATION

実施日:2018/02/25 08:00〜23:30

注目店特集

Re:パチンコの「ほっ」とステーション、《P-STATION》の一日に密着してみた

来の宮城・仙台――。

魅力が多い街だけに、毎回魅せてくれるその彩り(光景)は異なる。

もちろん、この日のターゲット・仙台駅前スグのパチンコ駅《P-STATION》でも同じだ!

例え、場所(ホール)も曜日も時間も人も、全てが同じ条件でも…。

 

だからこそホール特徴を、クセを、魅力を・・、この記事をよく観察して見極めて欲しい!

まず、今回2月25日(土)のダイジェストがコチラ!!

 

を彩る全800台(パチンコ492台、パチスロ308台)の軌跡!

ココから一日の一部始終をお見せしよう!!

 

まずは朝一の盛り上がり!

朝早くで人の往来がまばらな半面、目立つのはホールの開店を待つファンの行列。その賑わいはご覧の通り!

時刻は朝7時半。仙台駅前の活気は、いつもここから作られていく!
入場は毎日変わらず!8時30分ジャストで開始!
店内に響くスタッフの声!その溢れる元気が、ファンのモチベーションをさらにアゲる!

 

手早く埋まっていく人気機種たち!

足取りも軽快に、いち早く満台機種が急増していくパチスロフロア。

 

その一方、緩やかに、クロスワードパズルのように着実に埋まっていくパチンコフロア。

 

 

店内で刻一刻と変化する状況は、駅前店ならではの光景だ。

 

そんな駅前が、朝一から賑わっているワケは明瞭!

前日までのデータが、期待値の高さ付ける!!

 

そして、期待に応えるかのように店内の状況は更に動きを魅せる!

あちらこちらで冴える彩り、ファンは一層テンションをアゲていく。

 

お昼が近づくにつれて、移り変わっていく状況。

流石は駅直結の好立地。これまでの取材と同様、店内を行き交うファンの姿がしにして

スタートしたばかりのLINE@の会員数もうなぎのぼりの模様!

 

これだけのファンが来店するだけあって、寄せられる声は多い。

ホールの、スタッフのおもてなし絶賛するをはじめ…、

高齢者も多いパチンコフロアには血圧計。観光者が多いからこそのクロークサービス。乾燥しがちな店内環境に合わせて加湿器を常時稼動…等々。かゆいところに手が届くサービスもファンには好評だ。

 

たなニーズに対する要望もい!

あの機種が打ちたい」、「お弁当サービスを導入して欲しい」、「店内がアツい」…といったより快適に過ごしたいという欲求は尽きない。

要望ひとつひとつ。漏れなくスタッフから返信。その答えは、どれも前のめりの姿勢!来店の際はチェックしてみよう。

 

そんな声が多いほど、求めるからこそ、えていきたいのが

いまこの瞬間は応えられないものの、時間の経過と共にモリモリられていく理想郷もそのひとつなのだ!!

これも、《P-STATION》というパチンコ駅ならでは!!!

 

仙台駅の乗降客と同じように、訪れる人々目的(楽しみ方)はそれぞれ。

例えば、ガチガチに狙いに行くガチファンーー。

 

例えば、自分のスタイルを貫き、楽しむエンジョイ勢――。

 

例えば、陽が落ちるまで一日を楽しむ姿勢のまったり系ファンまでーー。

 

そう、しみ

朝から晩(営業時間8:30~23:30)まで一日中みっちりしめる宮城パチンコ市場!

その堪能したいなら、まずはパチンコ「ほっ」ステーション《P-STATION》にいってみようじゃないか!!

写真/文/出演 矢ナリー

icon

このレポートの関連情報

icon

関連する店舗

icon

このレポート店舗の関連情報

特集

このページのトップへ