ヘルプ

アスカ杉戸店の来店レポート

icon

アスカ杉戸店の来店レポート

店舗詳細
アスカ杉戸店

実施店舗:アスカ杉戸店

実施日:2014/10/19 10:00〜22:45

REAL取材

アスカ杉戸店

 

今回の舞台となったのは埼玉県北葛飾郡にある「アスカ杉戸店」。ここでは初となるREAL取材を10月19日に行った。

朝は9時10分から整理券を配っており、この日に受け取った人数は60人前後。開店直前にきたプレイヤーも合わせると朝の並びは70人前後だ。

基本的には整理券を受け取れば再整列の時間までは自由となるが、ホールの前で楽しそうに会話しているホールスタッフやプレイヤーが見られたことから地域との強い繋がりがうかがえた。

 

開店後の様子を見てみると、4円パチンコでは「CRスーパー海物語IN沖縄3」と「CRぱちんこ仮面ライダーV3 GOLD Version」がもっとも注目されていた。

「CRAトキオデラックス」や「CRAビッグシューターX」などに向かうプレイヤーもおり、朝イチから羽根モノを楽しんでいる姿は印象に残った。

 

1円パチンコはミドル・MAXタイプコーナーには空き台が多かったが、羽根デジや海物語シリーズの羽根デジタイプで構成されたコーナーは朝イチから大きく賑わっていた。

 

20円パチスロでは「パチスロモンスターハンター月下雷鳴」や「SLOT魔法少女まどかマギカ」など人気機種が好評。

増台されて44台(10月19日現在)と大規模になった「押忍!サラリーマン番長」を確保するプレイヤーも多い。

 

「スロット バットマン」や「押忍!サラリーマン番長」など新しい機種が多く設置されている5円パチスロは、10分も経たないうちにほとんど空き台がない状態となっていた。

 

14時を過ぎた頃の4円パチンコは「CRスーパー海物語IN沖縄3」と「CRフィーバーKODA KUMI LEGEND LIVE」が盛り上がっており、思わず笑みがこぼれてしまうといったプレイヤーも多かった。

朝イチと変わらずに羽根モノを堪能している姿も見られ、プレイヤー同士で会話しながら遊技している様子からは心から楽しんでいるというのが伝わってきた。

1円パチンコはミドル・MAXタイプを含めてすべてのコーナーが大盛況。ここでも羽根モノの人気は高いようだ。

 

20円パチスロは「押忍!サラリーマン番長」やジャグラーシリーズなど、空き台がほとんど見られないような機種が複数あった。

「アナザーゴッドハーデス」ではプレイヤーの数こそ多くはないが、遊技しているプレイヤーの大半が満足そうな表情をしていた。

5円パチスロはほぼ満席状態で、朝イチの様子をさらに盛り上げたような光景が広がっていた。

 

設備も充実しており、レストコーナーには雑誌や漫画以外にパソコンやマッサージチェアもあるため遊技の間には存分にリフレッシュできるだろう。

また、タバコの煙が苦手なプレイヤーのためにパチンコとパチスロの台間に分煙ボードが付いているのも魅力だ。

全台に分煙ボードが付いているということもあり、通路と同様に台間は大きくとられ、ホール全体が広々と感じられる。このような気持ちよく遊技できる環境も「アスカ杉戸店」でREALな笑顔が見られた理由の1つなのかもしれない。

 

このレポートの関連情報

関連する店舗

このページのトップへ