ヘルプ

有楽町UNOの来店レポート

icon

有楽町UNOの来店レポート

店舗詳細
有楽町UNO

実施店舗:有楽町UNO

実施日:2015/07/07 10:00〜22:55

REAL取材

有楽町UNO

 

7月7日、東京都千代田区にある「有楽町UNO」でREAL取材を行った。

このホールの貸し玉料金はパチンコが4円、パチスロが20円の1種類ずつで、設置台数はパチンコが401台、パチスロが163台の合計564台。JR有楽町駅の目の前にあるホールとなっているので、初めての来店する際にも見つけやすいだろう。

また、目の前には系列店の「有楽町DUO」もある。こちらでのREAL取材も行ったので、「有楽町DUO」のレポートもご覧いただきたい。

取材日の当日は七夕ということもあり、店外には笹の葉が用意され短冊に願い事を書いていく通行人の姿もみられた。

 

15時過ぎの店内では、オフィス街ということもあってか店内にはサラリーマンの姿が多く、20円パチスロが大きな支持を集めていた。

機種でみると、「パチスロ バイオハザード6」や「ヱヴァンゲリヲン・希望の槍」、「パチスロ北斗の拳 転生の章」がとくに注目されていた。どの機種も魅力的な展開をみせており、遊技をしているプレイヤーは心の底から楽しそうであった。

アイムジャグラーがボーナスタイプのなかでとくに盛況。ジャグラーシリーズの特設コーナーには「有楽町UNO」が独自に考えたと思われる「ジャグラーあるある」があり、ユーモアを感じられるシマとなっていた。

 

4円パチンコでは「CR三國志~英雄集結~」や「CRスーパー海物語IN沖縄3」、「CRヱヴァンゲリヲン9」など、さまざまなスペックが人気を集めていた。どのシマを見ても楽しげな雰囲気が漂っており、満足度の高さも伝わってきた。

ひときわ大賑わいしていたのが「ぱちんこCRあしたのジョー」。ポテンシャルを最大限に発揮し、プレイヤーには笑顔が広がっていた。

 

取材を行った7月7日は七夕ということもあって、店外には短冊を飾り付けた笹があり、店内にはパチンコやパチスロに関連した七夕川柳が掲載されていた。いずれもプレイヤーが投稿したものが多く、さまざまな思いが綴られていた。参加するだけでなく読み手としても楽しい企画に「新橋UNO」のユーモアを感じた。

短冊の願いごとにはパチンコ・パチスロを心ゆくまで楽しみたいというものが多かった。今回のREAL取材を振り返ると、その願いを叶えられたと思われるプレイヤーばかり。織姫と彦星が出会えたかのような、幸福感に満ちていた取材であった。

このレポートの関連情報

関連する店舗

icon

このレポート店舗の関連情報

特集

このページのトップへ