ヘルプ

アミューズメントパーク JURAKU2の来店レポート

icon

アミューズメントパーク JURAKU2の来店レポート

店舗詳細
アミューズメントパーク JURAKU2

実施店舗:アミューズメントパーク JURAKU2

実施日:2014/12/08 10:00〜22:45

REAL取材

アミューズメントパーク JURAKU2

 

12月8日、東京都北区にある「アミューズメントパーク JURAKU2」にてREAL取材を敢行した。

9時30分からの入場抽選に並んだプレイヤーは60人以上。抽選時にはホールからの無料ドリンクサービスがあり、嬉しそうに選んでいるプレイヤーの様子が印象に残っている。

 

開店するとパチンココーナーへ大勢の人が流れていった。

新台を目当てとしていたプレイヤーが多いようで、4円パチンココーナーにある「CRヱヴァンゲリヲン9」のシマへ行くと、すでに立ち見がいるほどの人気ぶり。「打てなくても演出を見たい」、「空いたらすぐに座りたい」と思っているのか、台の様子をチラチラと伺っている人が数人いた。

その他にもミドルとライトミドルの2スペックが導入された「CR黄門ちゃま超寿 日本漫遊2700km」や「CR特命係長只野仁」も多くの人を集めていた。

 

パチスロコーナーは「バジリスク~甲賀忍法帖~絆」と「ヱヴァンゲリヲン~決意の刻~」が満席。ジャグラーシリーズもシマが人で埋まっていた。これまでの取材時と同じく開店直後に空席がなくなっていたため、これらの機種に対するブレのない支持の高さが感じられる。

 

14時を過ぎると、さらなる活気を見せた「アミューズメントパーク JURAKU2」。

4円パチンココーナーでは最新台の「CRヱヴァンゲリヲン9」と「CR黄門ちゃま超寿 日本漫遊2700km」が満席で、朝イチから打っているプレイヤーが何人もいた。プレイヤーが変わっていないということは、期待していた通りの遊技ができているということだろう。

「CRヱヴァンゲリヲン9 」ではコアトリガーボタンを押して一喜一憂しているプレイヤーなどがおり、機種の魅力を余すことなく味わっているようだった。

 

1円パチンココーナーや1.25円パチンココーナーといった低貸し玉のパチンココーナーも盛況。

1円パチンココーナーでは特に海物語シリーズのシマが人でいっぱいになっていた。コーナーには「CRギンギラパラダイス 情熱カーニバル強ミドル259バージョン」や「CR大わんわんパラダイス」といった海物語フレンズと呼ばれる機種も揃っており、ラインナップは豊富だ。

 

1.25円パチンココーナーは遊パチ・MAXタイプなどスペックを問わず、幅広い機種が広く遊技されていた。

なかでも目を引いたのが「CRぱちんこAKB48 バラの儀式」のシマで、ほぼ満席状態。MUSIC RUSHに突入させて、幸せそうな表情で打ち続けるプレイヤーも多数確認した。

 

パチスロコーナーではジャグラーシリーズが人気で、シマ全体の4分の3以上の席が埋まり「アイムジャグラーSP」は満席状態。ホールに対する期待度がとても高いからこそ、多くの機種がありながらジャグラーシリーズが圧倒的なプレイヤーの数を誇っていたのだろう。

 

朝から多くの注目を浴びていた「ヱヴァンゲリヲン~決意の刻~」には開店直後から打ち続けている人もいた。期待通りの展開をしているということか、小役カウンターを覗きつつ納得の表情をしている姿が見られた。

「パチスロ モンスターハンター 月下雷鳴」や「バジリスク~甲賀忍法帖~絆」も好調で、にこやかにATを消化する姿からは満足感に満たされていたのが分かる。

 

話題の新台から取材のたびに注目され続けている機種まで、嬉しそうな様子で遊技しているプレイヤーが多数確認できた「アミューズメントパーク JURAKU2」。とくにパチンココーナーでは低貸し玉料金のシマが多いなかでも、4円パチンコには目を奪われるような活気のある光景が見られた。

今回の取材からは、「アミューズメントパーク JURAKU2」がプレイヤーの求めるパチンコ・パチスロの面白さ堪能できる場だということがREALに感じられた。

 

このレポートの関連情報

関連する店舗

このページのトップへ