特集

icon

【パパ何?】chapter04.夢の世界的祭典×世界最大の卸売市場=空虚なる箱 @都庁&豊洲

特集一覧へ

更新日: 2017/10/12

 

 

 

あの僕…ファースト対象外なんですが?

 

サッカー日本代表のW杯出場が決まった瞬間、家の中で大はしゃぎしたら嫁にガチギレされたモツ平峯でございます。

試合終了のホイッスルが鳴るまで、みんなよく走ってくれました。ハリルJAPAN、ありがとう! ドゲさんももちろん見てましたよね?

 

「拙者もサポーターの1人として嬉しい限り。しかし、槙野と遠藤しか代表に呼んでもらえんし、しかも控えやし、西川はもうお呼びがかからんし……浦和サポとしちゃ忸怩たる思いも抱えとるのよ」

 

野球はホークスなのに、サッカーはアビスパとかギラヴァンツじゃないんですね。

 

「両チームとも福岡に移転してきたの、拙者が上京したあとなんで。そらそうと、ロシアに気を取られるのもいいが、その後に控えた世界的イベントに備えて国内にも目を向けるべきなんじゃないの?」

 

その後……あ、東京オリンピック&パラリンピックですね!

約半世紀振りに日本で開催される祭典を盛り上げる1人になろうではないか。ということで、ドゲさんに今回指定された集合場所は東京都庁

なんで都庁⁉ 鹿児島県民としては「都民ファースト」って言葉には、「他道府県後回し」的な含みを感じてしまい納得がいかないんですけど(妬み乙)。

 

 

場違い感丸出しでドゲさんのあとをついていった先には「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」なるブースが。聞けば、不要になった携帯電話などの小型電子機器を回収して、東京オリンピック&パラリンピックで使われるメダルへと生まれ変わらせるのだとか。

 

リサイクル大国の日本だからこそ為せる、このエコプロジェクト!

回収は都庁だけでなく日本各地で行ってるそうで、携帯電子機器以外にも対象はいろいろとあるようなんで、皆さんもぜひご協力を!

 

僕の提供したタブレットでできたメダルをあの選手が受け取って涙するのか…なんて想像すると、まだまだ先の話ですが超絶楽しみになりますね! まぁ、提供したのは全部ドゲさんの私物ですが。

 

最後にお礼として、都知事の名前入り感謝状とピンバッジをもらえました。

 

 

 

都庁をあとにして向かったのは、オリンピックのメイン会場となる予定の新国立競技場。駅のすぐ横に隣接とか便利すぎる……けど、本大会中、ものすごく大混雑しそうな気がするのは僕だけでしょうか。だって世界中の人が集まるんでしょ?

 

「最寄駅がひとつだと思ってんの? 他線からのアクセス考えたらJRの千駄ヶ谷からくるヤツのが多いだろうよ。銀座線の外苑前からも来れるし。土地勘うんぬん以前にちったぁググるなりしてからだな……」

 

迂闊なこと言おうものなら、こうやってすぐドゲさんから容赦ないツッコミが飛んできます。この人本当、僕に対してだけは寛容さのカケラもないな……。

 

リオの時のように建設に遅れなんてことはないでしょうが、さすがメイン会場とあって敷地もデカい。おまけにフェンスで完全シャットアウト、ビル並みにデカいクレーンしか見えません。ちょっとぐらい見せてくれたっていいのに。

 

どこか覗けるところはないものかとウロウロしましたが、半周も歩かないところで諦めました。新国立競技場さん広すぎぃ! ドゲさん、歩き疲れたから今日はもう帰りましょうや……。

 

 

 

歩けずともレバーは叩けるボタンは押せる

 

案の定、翌朝起きると僕の足は筋肉痛でパンパン。石段往復@愛宕神社の悪夢再び……。

 

おかげで起きるのに手間取って朝メシ食う時間なかったじゃないですか。今日はもう歩く体力ないから汗かきながらの散策よりも、まったりと涼みながら打ちましょうよ。こんなこともあろうかと、黙ってコッソリ下見も昨日の帰りに済ませておいたし。

 

「昨日見た通り、あれだけの競技場建設には巨額の費用がかかるので、東京にお金落として行こうと言うわけか。殊勝な心掛けよな」

 

打ってもいいけど負けるの前提って話かよっ!

こちとらメシ代稼がないといけないの。言っときますけど、この企画以外だとボチボチ負けてるんですからね。貪欲に勝ちに行かせてもらいますよ。……今日は勝っても黙っとこう。

 

入店と同時にドゲさんと(計画的に)別れた僕はガチで狙っていた『バジリスク~甲賀忍法帖~絆』が取れず、『II』で勝負することに。ドゲさんは……まぁ、おそらく導入して間もない“アレ”に一直線で向かったことでしょう。愛の力って凄いですね。

 

 

前回同様、今回も朝から絶好調。あれ? 初回以降負けてないような気が。東京のホールとの相性が良いのかも……ってまたこんなこと言ってたら「鹿児島を捨てた」とイジられそうなので、これ以上はヤメときます。鹿児島の皆さん、僕は一生鹿児島ラブですよ!

 

これも(パパ何限定で)継続中濃厚の愛宕神社効果なのしょうか。引きたい時に引けるってのは快感ですよね。強チェリーさんに巻物さん、仕事してくれてホント助かります。

 

 

しかしまぁ、朝メシ抜いた影響か、腹が減ったなぁ。上乗せの度に響き渡るウーハーのせいで、胃液が踊りっぱなし。たしか通り道に美味そうなラーメン屋があったはず。人気店っぽかったし、ドゲさんに箱使ってるの見られる前にこっちから昼メシへ誘おうっと。さて、ドゲさんは何処にいるかなっと。

 

……えぇ、知ってましたとも。この萌え武者は相変わらず公私混同しまくりやな。しかも毎度毎度、お布施のごとく投資しやがって。ささ、ドゲさん、流れ変えるためにメシ行きましょ!

 

 

 

行列のできる店がマズかろうはずもなく、店のチョイスは大正解。

弾力のある麺と半熟卵の絡み具合が絶品。大盛りにすべきだったと後悔しちゃいました。そりゃあお客さんも並ぶワケで。これだけ並ぶ店なんだから、さぞ経済に貢献しているんでしょうなぁ。

 

ちなみに、経済で思い出したんですけど、オリンピックだけでなく豊洲市場も結構お金使ってるってニュースがよく耳に入るんですよね。なんでもウン千億って費用が眠りについたままだと聞きますけども。

 

と、たまに社会派ぶって雑談を振ったのが運の尽き。

「じゃあ見に行こか。拙者、負け分取り戻せる見込みもないし」

 

えっと……見に行きたいとは僕は一言も言ってない気が……。口は災いの元ということわざが、これほど身に染みたことはありません。

 

 

 

話題性と集客力は必ずしも比例しない

 

好調気配の実戦をいとも簡単にブッタ切られ、豊洲市場へ。あ、新橋からゆりかもめ一本で行けるのね。

初めて乗ったんですけど、ゆりかもめって運転手さんが不在なんですね。正直、いきなり動き出したんでビビりました。まさか自動往復運行だとは……東京は未来都市ですわホント。

 

 

また、逆の意味で衝撃だったのは、豊洲市場の人気(ひとけ)のなさ。市場前駅では誰1人降りないし、周辺にはコンビニすらない上、自動販売機すら設置してないっていうね。閑静にもほどがありますて。

相当の予算をブチ込んで作った箱が、このまま移転中止になったら諸々ヤバいような。僕が都知事だったらって思うと考えただけで震えが止まりません。

 

 

ランニングコースに最適な河川敷も、現在立ち入り禁止ですって。こんなロケーションを歩けないなんてもったいない!

 

 

実際に目で見ると、ニュースで聞くのとはやはり印象が違うということは分かりましたけど……。うーん、前回の旅と比べたら何か物足りないといいますか、若干肩透かしというか。オツムが足りない僕に社会勉強系は難しすぎたのかもしれません。

 

 

 

待てあわてるな これは孔明の罠だ

 

「箱だけあって実際何もないのはわかってたことなんで、その反応は予想の範疇。ということで、移転前の市場も見ておくべく、築地に海鮮を食いに行きます!」

 

築地イイじゃないですか! 新鮮な魚介類を食べて疲れた心と体を癒そうって算段ですね。あ、もちろん割り勘ですよね?

 

 

一度見てみたかった市場の競りは、さすがにこの時間帯ではやっておらず。肩透かしって意味じゃ豊洲とあんまり変わらなかったですね(汗)。

こうなると、行きつく先はただひとつ。宴を始めるとしますか!

 

 

……って、なんで孔明いんの?

酒の匂いを嗅ぎつけたとか言ってるけど、僕にGPSとか埋め込んでないよね? 最近ドゲさんからいろいろ仕事回してもらってるみたいだし、あわよくば企画乗っ取ろうとしてないか!?

 

くそぅ、割り勘でこの場を逃れたいけど、孔明は一応後輩……。昼間も勝ったし、ここは先輩面して良いトコ見せますか。孔明よ、この恩は7代先まで語り継いでね。

 

「ゴチでーす!」

「ゴチでーす!!」←?

 

し、しまった。一番バレたくない人にバレてしまったやないか。おのれ孔明、そして土下座右衛門……僕より高そうなのを頼みおってからに。そっちも美味そうやないか、一口ちょうだいよ。

 

 

ウニにイクラ、中落ちに中トロと盛りだくさんの海鮮丼達に思わず大興奮! こんなん絶対美味いに決まってるじゃないですか。うん、普通に美味い!

 

 

箸を休ませることなく、一気に完食。

それにしてもこの画像……運動不足と歳のせいか、顎周りの贅肉がやたら気になるなぁ。デカい顔がさらにデカく見えちゃうじゃないですか。ドゲさん、フォ◯ショ加工の手配を頼んでもよかですか。

 

 

 

鹿児島に帰郷後。

モツ家では毎回、帰宅後は嫁に報告会を行うわけですが、「ピンバッジ貰って、ちょっと肥えて帰って来ただけやないか」となぜか詰められまして。あんな筋肉痛になるまで歩き回ったのになんでや!

次回は1グラムでもスリムになって帰って来ようと、ひっそり胸に刻んだ次第であります。

 

 

 

 

 

 

©️山田風太郎・せがわまさき・講談社/GONZO

©️UNIVERSAL ENTERTAINMENT

©️macy

icon

この記事の関連情報

icon

関連する機種

このページのトップへ