お知らせ クーポン ヘルプ

パチンコ・パチスロ特集

G侵食役が全てを支配する! 注目の新台『L ゴジラ対エヴァンゲリオン』登場!!

特集一覧へ
パチンコでも話題となったあの『ゴジエヴァ』が遂にスマスロに! 気になるゲーム性を徹底解説!

更新日: 2024/02/18

 

 

 

 

皆さん、こんにちは。この原稿を執筆中に映画館で「ゴジラ-1.0」を観た石橋ベンゾーです。いやぁ、面白かった! まだ観ていない方がいらしたら是非オススメします。

 

というわけで、世間的なゴジラブームに則って、2月5日から全国導入が開始された注目台をご紹介したいと思います! 映画を観た高揚感が残っているワタクシにもピッタリの1台です(笑)。

 

 

 

 

その名も『L ゴジラ対エヴァンゲリオン』!!

 

一昨年の暮れにパチンコで登場したあの奇跡のコラボレーションが遂にパチスロにも降臨! しかも、今回はスマスロでの登場となるので、どんな機種なのかめちゃくちゃ気になりますよね。

 

そこで今回は、ワタクシこと石橋ベンゾーが本機の魅力やゲーム性、叩き所などをガッツリ紹介していきます。最後までお付き合いのほど、よろしくお願いします!

 

 

スマスロ『ゴジエヴァ』の魅力はココだ!!

 

まずは本機の魅力となるポイントを3点ほど語らせてもらいましょう!

 

奇跡のコラボレーションがスマスロでも実現!

 

 

 

前述の通り『ゴジエヴァ』は一昨年パチンコ化されましたが、特撮ビッグコンテンツである「ゴジラ」と社会現象を巻き起こした「エヴァンゲリオン」が同じ舞台に立つというのはそれだけで興味がそそられるもの。

 

両者が織りなす世界観と迫力満点の映像がパチスロでも味わえるのは楽しみでしかありません。

 

「普段はパチンコがメイン!」という方も、ぜひ遊技してみてほしいですね。

 

 

ATはゲーム数管理型×高純増!!

 

 

 

本機はAT×ゲーム数上乗せタイプで純増約5枚/Gと出玉増加スピードは高め。

 

100G上乗せすれば500枚、200G上乗せしたらその時点で1000枚ですから、高純増だけど差枚数管理型でATが何もできずにすぐ終わってしまう…みたいなケースの心配はご無用(笑)。システム的にもマッチした仕様になっていると思います。

 

 

ゲーム性はシンプル!

 

 

 

AT機の場合もうひとつ気になるのが、「AT突入までどれくらいの壁を突破しなければいけないのか?」だと思いますが、本機の場合はボーナス中に「RUSHチャレンジ」を獲得後そのチャレンジで成功すればOK(成功期待度は約57%)&もちろんAT濃厚のボーナスもアリ。

 

RUSHチャレンジは5G+αで次回予告が発生すればAT確定となります。予告発生時の気持ち良さは抜群ですよ!

 

 

ゲームの流れを解説

 

では、ここからはゲームの流れを状況別にそれぞれご紹介していきます。

 

 

通常時はまずボーナスを目指す!

 

 

 

 

まず通常時に目指すのはボーナス当選になりますが、それには主に2つのルートがあります。

 

ひとつ目はレア役や小役連で「ゴジラ襲来ZONE」に移行し、連続演出で告知されるルート。

 

もうひとつはCZ経由でのボーナス当選で、スイカの一部でCZが抽選され、当選するとCZ「アスカVSレイ」に突入します。

 

CZは10G+α継続し、滞在中に“小役を2G連続”で引けばOK。期待度は約53%なので、2回に1回以上はボーナスに期待できるでしょう。

 

なお、チャンスステージとして「インファント島」「火山」がありますが、「インファント島」はボーナスの高確示唆、「火山」はボーナスの超高確示唆となります。

 

また、後述するG侵食役の“宇宙変異”などから突入し、ボーナスに当選すればATも濃厚となる特殊ステージの「宇宙」も存在。10G+α継続し、レア役だけでなくベルやリプでも抽選が行われるので、ATもついてくることを考えると、まさに叩き所です。

 

 

3種類のボーナスはAT突入の架け橋!

 

 

 

続いてボーナス当選後の流れですが、基本的には紫7揃いでのエヴァンゲリオンボーナスまたは赤7揃いでのゴジラボーナスとなります。

 

エヴァンゲリオンボーナスは消化中にAT突入高確率ゾーンである「RUSHチャレンジ」を抽選。もちろんレア役は優遇されますが、リプレイ1回だけでも約1/8で当選するので、RUSHチャレンジを獲得できる可能性は高め。

 

ゴジラボーナスはRUSHチャレンジがすでに確定している状態で、消化中はリプレイやレア役などでRUSHチャレンジの継続ゲーム数を上乗せ抽選しています。

 

ちなみに、もうひとつのボーナス「G覚醒チャレンジ」については当選した時点でATが確定。チャレンジに成功すると上位ATからスタートするという特典があるので、もしも引けた場合は是が非でも成功させたいところ。全身全霊でレバーを叩いてください(笑)。

 

そして、無事RUSHチャレンジを獲得できれば、ボーナス後にチャレンジへ突入。5G間、全役でATを抽選するAT高確率ゾーンとなります。

 

チャレンジ中はベルなら約12.5%、リプレイなら約18.8%でATに当選。レア役なら漏れなくAT確定といった仕様なので、気合いの入れ所と言えるでしょう。

 

 

AT中はゲーム数を上乗せしてロング継続を目指す!

 

 

 

RUSHチャレンジ成功後は、AT「ゴジエヴァRUSH」に突入しますが、まずは「ゴジエヴァアタック」で初期ゲーム数を決定。最低50G、最高で600Gもの上乗せが可能です。

 

また、AT中はゲーム数上乗せをしてロング継続を目指すことになりますが、上乗せ契機は「直乗せ」「バトル上乗せ」そしてCZ「殲滅作戦」の成功による上乗せの3種類が存在します。

 

レア役や小役連による上乗せは直乗せやバトル上乗せになりますが、1契機でこの2つのどちらも抽選しているのが特徴。

 

CZ「殲滅作戦」に関しては通常時のCZ同様にスイカ契機で突入し、バトルに勝利すれば上乗せ確定&追撃チャンスパートへ移行。バトルはCZ開始時に勝敗を抽選していて、消化中の成立役に応じて勝利書き換えが抽選されます。

 

追撃チャンスパートでは全役で追撃抽選が行われ、当選すれば上乗せゲーム数が10倍にアップするため、AT中の殲滅作戦には特に注目してください。

 

なお、使徒とのバトル勝利期待度は約50%、追撃成功期待度も約50%となっていて、追撃チャンス中の成立役ごとの成功率は、ベル=20%、リプレイ=12.5%、レア役=100%です。

 

 

キングギドラに勝利すれば上位AT突入&高継続でループ!

 

 

 

 

AT「ゴジエヴァRUSH」終了後は、キングギドラが出現する可能性あり&出現時は上位AT突入のチャンスで、見事勝利できれば上位AT「G覚醒RUSH」に突入します。

 

G覚醒RUSHは高継続ループタイプのATになっていて、RUSH終了時に再びキングギドラとのバトルが発生し、勝利すれば次セット継続という流れ。

 

ゴジエヴァRUSH終了時のバトルは勝利期待度約55%ですが、G覚醒RUSH突入後のバトルは勝利期待度約77%となっているので、一度上位ATに突入してしまえば約77%でループしていくことになります。

 

加えてG覚醒RUSHの初期ゲーム数は100G以上のため、キングギドラに勝利=大量出玉獲得の大チャンスです。

 

なお、G覚醒RUSH中はCZ「殲滅作戦」の成功期待度がゴジエヴァRUSHよりも高いなどの優遇ポイントもあり。突入したらしっかり活かして出玉を伸ばしていきましょう。

 

 

ボーナス当選やATの上乗せをサポートする“G侵食役”

 

ゲームの流れをひと通り解説したところで、本機をプレイする上で欠かせない「G侵食役」についてお伝えしましょう。

 

 

小役連を作り出す「増殖変異」!

 

本機はレア役や小役連で通常時のボーナスを抽選しますが、リプレイやベルでの抽選は3連以上となっていて、少し敷居は高め。

 

 

 

 

具体的には液晶下にある小役履歴内でリプレイ3連やベル3連が表示されれば抽選するという感じになりますが、それをサポートしていく役と演出存在します。

 

 

 ※上記出目は小役狙い時の一例

 

 

それが本機ならではの特殊レア役「G侵食役」で、リール上で「G揃い」「BAR・G・G」「紫7・G・G」が入賞すればG侵食役となります。

 

 

 

 

このG侵食役が揃ったゲームやG侵食役後に小役履歴に「G」図柄が残っている状態でリプレイやベルを引いた際、画像のように「増殖変異」が発生すれば、履歴内に分裂して2連や3連を作り出していく仕様。

 

つまりは、G侵食役が小役連でのボーナス当選をサポートしてくれるのです

 

 

AT中の大量上乗せトリガーは「G細胞活性化」と「画面分裂」!!

 

 

 

 

G侵食役は通常時だけでなくAT中も大活躍。特にG侵食役契機で発生する「G細胞活性化」と「画面分裂」はAT中に大量上乗せするトリガーとして要注目です。

 

「G細胞活性化」は逆押しBAR狙いが高確率で発生しやすくなり、G侵食役やレア役が揃って小役連を作り出し上乗せを誘発します。

 

「画面分裂」は文字通り画面が分裂するので抽選も2倍。例えば、分裂時にCZ「殲滅作戦」が両画面ともに成功し、さらに追撃も成功して3桁ゲーム数が倍!なんてケースもあり。分裂での上乗せはテンションが上がること間違いなしでしょう。

 

もちろん、これら以外にもG侵食役が活躍する場面は多数存在。とはいえまずはG侵食役を引かないことには始まらないので、とにもかくにも鍵を握るのは「G侵食役」ということを忘れないで下さい!

 

 

狙い目ポイント

 

それでは最後に、本機の狙い目ポイントなどを解説して締めとしましょう。

 

 

AT終了後70Gは引き戻しのチャンス!

 

AT終了後は液晶上部に赤いエフェクトが走りますが、この間にボーナスを引けば必ずATがついてきます。もちろん、直前のATが上位ATだった場合は、引き戻し=上位AT確定。

 

ちなみに、70G以内にレア役や小役連を引いて前兆に入り、70G以降でボーナスが確定しても引き戻しは有効。いずれにせよ、AT終了後の70G間は即ヤメ厳禁です。

 

 

“希望の羽ポイント”が溜まっていそうなら様子見を!

 

 

 

本機には“希望の羽ポイント”が存在し、「レア役」「G侵食役」「小役連」などでポイントを獲得し、AT当選でもリセットされない特徴があります。

 

そして、規定ポイント到達後のボーナスはAT確定の「G覚醒チャレンジ」に突入するため大チャンス! …というわけで、規定ポイントの示唆演出「羽根エフェクト」もしっかりとチェックするのがオススメ。

 

現状では貯まったポイントを判断する術はありませんが、いつもと違う示唆がでたり違和感を覚えたりした場合は、ヤメずに様子を見た方がいいでしょう。

 

 

天井は2種類!

 

本機の天井は2種類。ひとつはボーナス間天井でボーナス間1000Gで到達します。設定変更時は700Gに短縮される特徴もあるので、朝イチ台やハマリ台は狙い目です。

 

もうひとつはAT間天井で、こちらは1~9回という振り分けがあり、最大9回のボーナスの中で一度もATに突入しなければ天井に到達。次回のボーナスで必ずAT突入します。

 

こちらの天井も設定変更時は最大5回に短縮されるという特徴があるため、ボーナスのみが続いている台は狙い目だと覚えておきましょう。

 

 

もちろん高設定はブン回し対象!

 

 

 

本機の設定6は114.9%という機械割を誇り、設定5でも110.7%と高いため、やはり高設定台に座ることが勝利に近づくのは間違いありません。

 

スペック表の通り、ボーナス初当りにもAT初当りにも設定差があるので、まずはこの2点をしっかりチェックするのが大事。詳細は判明していませんが、ボーナスやAT終了画面にも示唆画面があるようなので、そちらも見逃さないように注意しましょう。

 

というわけで、設定推測要素などの最新情報は機種ページをチェックしつつ、ホールでじっくり堪能しながら勝利を目指していきましょう!

 

執筆者:石橋ベンゾー

■出生地:広島

■誕生日:11月16日

■ X:@benzo_ishibashi

10年ほどパチスロ雑誌制作に携わった後、パチ・スロメーカーに6年在籍。そこから機種の魅力を伝える側として活躍すべくフリー編集&ライターに舞い戻る。最近は光モノ系機種にご執心。

この記事の関連情報

関連する機種

このページのトップへ