ヘルプ

パチンコ・パチスロ特集

【実戦企画】勝利の境界線 第4回

特集一覧へ
回る=勝てるの方程式に迫る!!

更新日: 2016/01/13

この回転率を守れば負けることはない…それがボーダーラインである。
ボーダーを1回転以上越える台を実戦し、理論値で勝てるのかを証明していく。
基本ルールだけでなく、止め打ちは保留4個止めなど最低限のみといったルールも加え、誰でも実行可能なルールでの実戦を敢行。
理論に基づいた立ち回りをすれば結果は必ずついてくる…。

 

負け組…現状のメガネというプレイヤーを表現するのであれば、この言葉ほど適切なものはない。彼女と別れてから女性には縁がなく、実戦では大負け、職場の後輩たちにはどう考えてもご飯係と見下されている…。
そして今回、この状況から脱却すべく、目をつけた作戦が…ナンパである。数を打つことが極意とされているこの作戦は、彼女探しだけではなく、ボーダー越えの台探しにおいても有効な手段だ(どちらも一発必中が理想ではあるが…)。
しかし、オタク系メガネ男子にとって、何の準備もなく女性にいきなり声をかけるという行動はハードルが高い。
ということで、先に実戦で勝利して大人ならではの最強の武器を手に入れることにした。

実戦機種の選択肢の幅が広がるため、まずピックアップしたのは設置台数の多いホール。ただし、数が打ててもボーダーを超える台がないと話にならないので、前日の下調べも入念におこなった。
視界に入る女性に片っ端から声をかけるのとは違い、ある程度の品定めが必要となる点がパチンコの難しいところだ。

そして実戦当日。朝イチはパチスロを含めて70名ほどの並びがあったが、実戦する機種にはいくつか候補があるのため、焦りを感じることもなく入場開始。抽選によって入場の順番が遅くなるなどの不運なアクシデントに見舞われた場合でも、臨機応変に対応できるということも数を打つこと(=お目当ての機種が複数ある)を念頭においた作戦の利点である。

新台を中心とした実戦機種の候補のなかで、まず最初に確保したのは「CR三國志〜英雄集結〜」。稼働が上がってくると移動も難しくなるので、とりあえず台の確保後はすぐに実戦開始する。
打ち始めてから500玉の投資まではボーダーを超えていたものの、750玉を使用した時点でボーダー以下の回転率になってしまったので台移動。
ボーダーを超えそうな台が多いため、今回はとにかく見切りを早く、数をこなす。これくらい次々とアタックできれば彼女もすぐできるだろうか…。

 

機種を変えてみたものの、心を奪われるような回転率の台には巡り会えなかったので、スタート地点・「CR三國志〜英雄集結〜」に帰還。
そして、通算5台目でこの日の最初の大当りを獲得したのだが、ボーダー+1回転以上という本命には未だに出会えていない…。
差玉的にはプラスの領域に足を踏み入れているが、勝利の境界線を超える台を見つけるまでは油断は禁物だ。
そんなわけで、また違う台にアタックすることを決意。このダメでも諦めない不屈の心がナンパの成功にも通じる…気がする。
しかし、昨今のホール事情からいって、ボーダーに近い台をこれだけ打てているのに移動するというのは、魅力的な女性を取っ替え引っ替えしているリア充のような気分になるな(リア充の気持ちは知らないが…)。

 

次に移動した機種は「ぱちんこCR北斗の拳6 拳王」。最新台というわけではないのだが、新台入れ替えに合わせて、このホールに大量に増台された機種である。
また、稼働が良かったという点もこの機種を選んだ理由の1つだ。一概には言えないが、多くのプレイヤーが遊技しているのは、ただ機種の人気があるだけではなく、回転率などの満足度も高いからだと推測できる。
まぁ、予想の域をでないので、小心者のメガネは前回と同様に、他人の後ろからじっくりと250玉あたりの回転率を調査したあとに台を確保したのだが…。

遊技を開始した台は最初の250玉で17回転、つぎの250玉で19回転と良い感じの回り。ときおり不安になるくらい回らないこともあるが、平均で見てみるとボーダー+1回転を超えているので投資を続ける。
2500玉を使った時点でもボーダー以上をキープ。総回転数的にも250玉あたりの回転率的にも、まだ安心できるようなレベルではないが、移動を繰り返したことによって閉店までの時間が少なくなってきたので、とにかくいまは打ち続けるのみ!

パチンコはボーダーを超えていれば絶対に勝てる…というわけではない。もちろん、理論値の話をするのであれば、その数値通りにしっかりと回っていれば勝てるはずなのだが。
とにかく、なぜ突然こんな話を持ち出したのかというと、大当り確率以内(235回転目)で初当りを獲得し、4連チャンしたのにも関わらず差玉がプラスになっていないからである。理論値通りの平均連チャン数に届いてないとか、理論値通りの平均獲得出玉に届いてないとか、そんなことは関係ない。チャンスをものにできないと負け組から脱出できないのだ!
まぁ、感情的になったところで持ち玉が増えるわけではないので、期待値(笑)を信じて打ち続けるしかない。

 

持ち玉がなくなりそうになった265回転目に2回目の初当りを獲得。
250玉あたりの回転率がボーダーと同じだった場合は、追加投資をするところだった…。
勝利の境界線…ボーダー+1回転を超えている台の重要性を地味に痛感しました、すみません。理論値バンザイ! 期待値バンザイ!!
この連チャンが伸びて差玉も一気にプラスになったので、あとはナンパに使う大人の武器をどれだけ増やせるかが問題だ(話術には自信がないので)。

初当り3回目も持ち玉がなくなるギリギリのところで獲得。しかも通常大当り…。こんな持ち玉がなくなる境界線で戦いたくはないんだけれど…。
初当り4回目は、軍資金がなければ、もう彼女探しは諦めたほうがいいかと思い始めた時短終了後のわずか12回転目。ストーリー系・トキリーチから獲得。これが本日最高の8連チャンを達成し、差玉もプラスとなったとこで実戦終了!

最終的にはボーダー台であっても勝てる展開となったが、ボーダー+1回転以上の台を打つことによって、より多くの出玉を獲得することができた。さらに期待値を伸ばすのであれば、ボーダー+1回転以上の台にもっと早く辿り着くことも重要となってくるだろう。
さて、わずかだが大人の武器を手に入れたことだし、つぎは愛をとりもどしにいくか。

 

この日、もっともテンションがあがったのは、持ち玉がある状態で250玉あたりの回転率も上がってきた瞬間。ここに大当りが重なれば絶頂を迎えられたのだが…。
逆にもっともテンションがさがったのは初当り3回目。出玉を獲得したうえに、時短が付いてチャンスと思えるポジティブな人間なら良かったのだが、メガネは「通常」という言葉のほうが強く印象に残ってしまった。まぁ、持ち玉がいっぱいある状態だったら気にならなかったのかもしれないけども。
しかし、時間とともに回転率が下がるのをハッキリと体感できる実戦だったな…。

この記事の関連情報

関連する機種

このページのトップへ