ヘルプ

パチンコ・パチスロ特集

【実戦企画】勝利の境界線 第6回

特集一覧へ
回る=勝てるの方程式に迫る!!

更新日: 2016/01/13

この回転率を守れば負けることはない…それがボーダーラインである。
ボーダーを1回転以上越える台を実戦し、理論値で勝てるのかを証明していく。
基本ルールだけでなく、止め打ちは保留4個止めなど最低限のみといったルールも加え、誰でも実行可能なルールでの実戦を敢行。
理論に基づいた立ち回りをすれば結果は必ずついてくる…

 

今、メガネの年齢も1つの境界線を迎えようとしている。
それは、もう少しで20代が終わってしまうということだ。
とくに飲み会! クラブ!! 合コン!!! なんて華々しい生活はしてこなかったが、そろそろ年齢に見合った落ち着きがある大人の行動を身につけていかなければならない時期だろう。体力も低下してきたし…(パチンコばかり打っていて体を動かさないことも原因だが)。

今回の実戦においても落ち着いた立ち回りをしていきたいと考え、もっとも重要視したことは…ホール選びである。
日も昇りきらないうちから並ぶというナウでヤングな行動をしなくとも、ある程度、余裕を持って行けばボーダー+1回転を越える台を確保できるホールを狙いたい。
そこで候補に挙げたのが設置台数の多い大型店だ。選択肢が多ければ冷静な大人な対応もできるだろう。
ただし、単純に設置台数が多い=ボーダー+1回転を越える台がある、とはならないので事前のホール調査は必要だが…。

ぱちタウンに掲載された情報や知り合いへの聞き込みを含めた結果から選んだ実戦の舞台は、パチンコだけでも設置台数が500台を超える超大型店。
開店時の入場方法は並び順で、受け取った整理券の番号は70番…、早い番号とは言えないが、落ち着きのある大人はここで焦ったりはしない。下調べの段階でボーダー+1回転を越える機種の候補はいくつかあったから問題はないだろう(決して寝坊したわけではない)。

まず、入店後に目をつけたのは、このホールに導入されてから日の浅い機種。
そのなかでも、とくに気になったのが『CR機動警察パトレイバー』だ。
とにかくボーダーが甘い。さらに、玉のこぼれがほぼない超優秀なアタッカーを搭載しているため、出玉もほぼ理論値通りに獲得できる。
ボーダーを越えていても、1回あたりの大当り出玉が理論値より少ないということが多々ある(出玉はボーダー算出と密接に関係するため、この場合はボーダーを越えているという表現は正しくなく、実際のボーダーはより辛くなる)が、その心配がないというのは機種を選ぶうえでの大きなポイントだろう。
ということで、シブい大人とは対照的な甘いモノ(機種)で実戦を開始。

 

まずは、投資250玉で17回転、500玉で39回転と順調なスタート。
1250玉を使用した段階で91回転と回転率は良好だ。むしろ、ボーダーが甘いということを加味すれば抜群に良い回転率といえるレベルである。
あとは大当りを獲得する、それだけだ。

正直、たった1250玉を使用しただけで浮かれすぎていた…回転率は下がることのほうが多いということも忘れて…。
投資が5000玉になるころには250玉あたりの回転率が17回転までダウン。さらに、大当りも獲得できないと最悪の状況。
トータルで5375玉を使ったところで3連チャンするも、回転率がボーダー+1回転をきりそうだったので移動を決意した。
見切りを早く付けることも大人になる、いや勝つためには必要なことなのだ。

 

大型店というのは移動するうえでもメリットが多い。
選択肢の幅が広いということはもちろん、他のプレイヤーの動向を観察すれば注目されている機種…つまり、ボーダー+1回転を越える可能性の高い機種を見つけやすいのだ(移動しないで済むのが1番いいのだけれど)。

そこで、次に選んだのは『CR真・花の慶次』。
根強い人気を誇る機種ということに加え、このホールでもっとも稼働率が高い。そして、後ろから見ていると回転率がボーダーを越えていそうだったということが決め手となった。

台の確保後にさっそく回転率を計ってみると125玉で15回転、250玉で25回転。
投資を重ねても250玉あたりの回転率は20回転前後を維持し、2500玉を使用した時点でトータルの回転数は202回転とかなり調子が良い。
本当に信用できる相手を見極めるのには時間がかかるように、すぐに安心することはできないが、とりあえず回転率が大きく下がるまでは続行。

5000玉を使用した時点でも250玉あたりの回転率は19回転以上となっているのだが、大当りに絡むような演出がまったく出ていない。
回転率を計っていくという地味な作業が続いているため、演出くらいは派手に傾いてくれないと華がない実戦になってしまう。というか、負ける。

トータルの回転数は投資7500玉で575回転、投資10000玉で760回転。
1日を通した投資がすでに15375玉と流れは完全に負け戦となっているなか、250玉あたりの回転率がボーダー+1回転を守れていることだけが最後の希望だ…。

戦いは理論通りにはいかない、なんて泣き言を言いながら実戦を続けること892回転、ようやく獲得した初当りは…単発。
どこにもぶつけられない怒りを飲み込みつつ、雀の涙ほどの出玉を獲得する…。

 

「惚れ申したー!!」という花の慶次シリーズ屈指の捨丸の名セリフが、メガネの心境を表す適切な言葉だろう。
初当りまでの流れが嘘のように、時短突入後のわずか3回転で月に語る慶次から傾奇者リーチで引き戻し。さらに、止まることなく城門突破(大当り)をする慶次の活躍に惚れない漢はいないはずだ(男が好きというわけではない)。
最終的に初当りを含めて連チャン数は14回まで伸び、差玉も一気にプラス領域へ!
そして、ST終了後に即ヤメをして実戦を終了!!

『CR真・花の慶次』だけを見ると快勝だったが、1日のトータルではボーダー+1回転を越えていることにより、差玉がプラスになったと言える。
実戦の展開的にもメガネの気持ち的にもまったく落ち着きのない結果だったが、仕事を完璧にこなしたという意味ではしっかりとした大人になれたに違いない。

 

トータルの回転数が少ないうちは平均でも多少のブレが見られたが、最終的にはボーダー+1回転に落ち着いた。また、打ち始めからしばらく250玉あたりの回転率が20回転(ボーダー+2回転)を越えていたことが打ち続けた最大の理由だ。

ちなみに、『CR真・花の慶次』のようなV入賞を確変突入の契機としたスペックでは、電チュー入賞時の大当りが確変確定もしくは確変突入率が高い場合がほとんどなので、電サポ終了時もしっかりと電チューの保留を残していれば、回転率の上昇とともに大当りした場合もお得。もちろん、これは始動口で確変割合の異なる機種ならば、すべてに該当するので覚えておこう。
小さなことでも、やらないよりマシ…なのだ。

この記事の関連情報

関連する機種

このページのトップへ