ヘルプ

パチンコ・パチスロ特集

【実戦企画】パチスロ心中物語 第10回

特集一覧へ
あの男がお気に入り機種と心中!?

更新日: 2016/01/13

 

パチスロで勝つための王道「高設定狙い」。
下見やデータ収集を駆使し、高設定を狙うための立ち回りを検証。
例え挙動が悪くとも、自分の選んだ台を変えることは許されない…。
実戦時間は最低8時間以上。
高設定を掴むための労力が報われる瞬間に注目して頂きたい…。

 

しっかし、久しぶりに打ったんですが……びっくりですよ。
この頃からほんとパチスロ進化してねぇなって。ここが5号機の頂点だったんだなって。
今はむしろ退化してますよ。1ラインとかいうパチスロの基本をかなぐり捨てたマシンが横行している現状を考えてみてください。
進化したのではなく、簡略化が進んでむしろ退化した。
だからすぐ飽きられるんですよ。
さて、実戦はというと……朝イチはノーガックン!!
しかし通常弱チェからのコーラリアンモード直撃がいきなり発生!
低確ならこの時点で高設定の可能性がそこそこアップ!
テンション上がってきたぜ!!
そしてそこそこのハマリを食らいつつ、何とか下皿勝負に持ち込むことに成功。
この台、リリべが揃えば揃うほどART直撃のチャンス&コイン持ちアップとなるので、通常時が何だかんだでよく回る。

しかしこのリリべのおかげで通常時が全然ダレない。
引ければ1/2で6択チャンス到来とか甘すぎやしませんかね?
これなんですよ、このチョロそうな感じ。
今のパチスロにはこの2千円でなんか起こりそうな感が皆無なので受けないんですよ。
おっといけない、また愚痴が出ちゃいました。
今年は期待してますからね!! でもとりあえずAT機は絶滅しろ!!
さて、追加投資タイムに入ってしまい、これはきついか?という所でREG成立。
このREGの択当ても本機の魅力のひとつ。
勘さえ冴えていればART引けますからね。
そして今回は勘が冴えていた!
なんと4回成功!
しかもね、このREGのART抽選は最終ゲームに成功回数を参照して抽選するものではありません。

具体的に言うと、0PTではほぼART当選なし。
1PTでARTをそこそこの確率で抽選(設定差アリ)。
2PTでARTをなかなかの確率で抽選(設定差アリ)。
3PTでART1個以上当選。
4PTでART2or3or5個当選。
5PTでART3or5個当選。
PTは択正解やレア役成立で獲得することが可能です。
65536分の1のBAR揃いを引ければいきなりMAXである5PTをもらえます。
ここで重要なのが、先述したこの内部ポイントを参照して「毎ゲーム」抽選しているということ。
もし、5Gのうち、最終ゲームに択当てに成功した場合は……。
1G目…択当て失敗・0PTのテーブルで抽選
2G目…択当て失敗・0PTのテーブルで抽選
3G目…択当て失敗・0PTのテーブルで抽選
4G目…択当て失敗・0PTのテーブルで抽選
5G目…択当て成功・1PTのテーブルで抽選
ですが、1G目に択当てに成功していれば。
1G目…択当て成功・1PTのテーブルで抽選
2G目…択当て失敗・1PTのテーブルで抽選
3G目…択当て失敗・1PTのテーブルで抽選
4G目…択当て失敗・1PTのテーブルで抽選
5G目…択当て失敗・1PTのテーブルで抽選
同じ1PTでも序盤に成功しているかどうかで大きく変わって来ます。
そして、本機のREGは成立時に無条件で5PTを獲得できている場合もあるわけで。
いわゆる「初期5」。これが引ければ最低15連、最高25連というとんでもない連チャンが待っています。
通常時のREG当選時は0.09%、高確時は0.5%、超高確は0.99%とクッソ薄いですが。

さて、話は戻りましてREG中4回成功の内訳はこちら↓

○○○×○だから……4発確定!!
この択抽選システムは天才のそれだと思いましたね。
これでようやく波に乗れる!!
そう思っていたんですが、待っていたのはART終了後即ボーナス連発という何ともイヤ~な展開。
ART中のボーナスは次回ART確定なので、ちょっとヒキが弱いですね。
ただ、この台のARTって正直大した性能じゃないんですよ。
ボーナス間をコインを微増させながら繋ぐ役割の方が強いのです。
そう、この台はARTよりもボーナスの方が重要!!
そして赤7は300枚!
ぶっちゃけ、この赤7のヒキの方が圧倒的に重要です。
おら!! もっとボーナス引けや!!

おい待てこの機体はおい、これスピアヘッドじゃねーか!!
この機体が出撃すれば11発以上確定!!
でも…えっなんで?
薄めの5発引いたとか?
それかもしかして……初期5PT!?

12連…ここを超えれば初期5PTの可能性がある!!
でもなー、ジエンド出てきてないしなー!!
でも期待したいなー!!
ああ! このワクワク感! たまんねぇな!!
そして、はい、連続演出はフットサルミッション。
まぁ、そうだよね。
でも十分ですよ、ドキドキできただけ。
コインもそこそこ戻ってきたし、あとは流れに身を任せてマッタリと――

レバーONでけたたましい音とともに流れる次回予告の高速展開。
動かないリール。
おおー、これフリーズじゃーん。フリーズじゃーん。
やったぜ。
で、こんなにリアクション薄いのかというと、このフリーズの恩恵がそこそこしょぼいから。
赤7+ART5発ですからね。
かなりショボイです。1000枚出れば上等ですね。
まぁとりあえず6発確定させときました!!
その後、すぐにREGから2発乗せて結果はこちら。

十分ですよね。
頑張ったと思います。
枚数はアレですが、充実感がすごい。
コインを流すと2千枚ちょい。
でも体を包み込む超がつくほどの満足感。
2千枚出たから満足なんじゃない。
ボーナスとART、そして択当との戦い。
これら3つに必死になって立ち向かったからこその満足感です。

この演出強チェ以外で確定なんですよヒエーッ!! 中リール停止の時点で弱チェ確定ですからねヒエーッ!!

この台、どこから押しても12枚とか言うベルはないんですよ!?
ART中のベルは絶対ナビられるのにこの黄色ナビ!!
好き。

ビッグ中の逆押し7揃い1確目!!
一発で決まるこの感じが最高なんですよ。
いやぁ、ホント面白いなぁこの台。
当りも軽くて自力感もアリ、なによりボーナスの持つ価値がどれもしっかり高い。
こういう台をもっと出してくれてもいいのよ!?
というわけで、新年一発目は今年はこういう台が出てほしいなー、という願いを込めてのエウレカ実戦となりました。
次回はさすがに新台打つかなぁ……マジハロ5、気になるんだよなぁ……。

 

(C)2005 BONES/Project EUREKA・MBS (C)2009 NBGI (C)Sammy

この記事の関連情報

関連する機種

このページのトップへ