ヘルプ

パチンコ・パチスロブログ

ハヤタ君

読めば面白さ頂級!P押忍!番長2

記事一覧へ

公開日: 2019/01/14

どうも、ハヤタです。

今回は稼動記事ではなく機種紹介の記事になります!

その機種とは・・「P押忍!番長2」でございます。

 

 

設定付パチンコで登場した番長2ですが

ハヤタ的にかなりオススメしたい機種なので記事にしました。

 

 

そして記事にするもう一つの理由が・・

現時点ではまだ設置が少なくバラエティに1台あればいいという位です。

それですと実際に高設定が使われる率というのは極めて低く

本来の楽しさが分からないまま放置、または消えていってしまうなんて事もあります。

 

 

これを見て少し挑戦してみたり、または増台希望を出して島にしたり←

設定付で初めて可能性が見えた台だと僕は思っています。

今回の記事では基本的な部分と分かりにくい箇所などがあると思うので解説していきます。

 

 

★基本スペック★

・大当り確率

設定1 1/239.2
設定2 1/230.0
設定3 1/220.0
設定4 1/189.4
設定5 1/179.6
設定6 1/149.6

 

確率的にはライトミドルタイプの位置づけで設定6は1/149と軽い仕様になっています。

 

 

そして!

ここが他の設定付パチンコと違う所なのですが・・

右打ちの確率が何と約1/6の1種2種混合機となっており設定差がありません!

 

可能性を感じたのはこの部分ですね、設定付パチンコは初当り確率に設定差を設けた場合右打ち時の確率にも設定差がつきます。

 

なので確変継続率60%だとしても低設定では更に落ち、本来の楽しい時間も厳しい戦いになってしまうのです。

その点番長2は右打ちに設定差がなく初当りさえ取れれば引き次第で伸ばせるタイプなためワンチャンスを狙う機種にもなりえる事になります。

 

しかも1でも1/240かつ一撃で1万発以上を狙えるなら打てますよね(・∀・)

 

 

★通常時注目すべき部分(設定差のある所以外)★

 

 

 

 

今までのぱちんこ番長シリーズと違い通常時がパチスロの番長3ベースな演出となっています。

なので基本的なフローとしては

 

リーチ前演出(前兆・予兆)⇒リーチで対決リーチへ(対決)

敗北し特訓(特訓)⇒特訓明け対決に勝利で番長ボーナス

 

というスロットの流れを踏襲した作りになっています。

 

もちろんいきなり特訓や対決が絡まないリーチもありますが、基本ベースは上に書いた流れですね。

なので「何経由で特訓へ行くのか」や「特訓中の期待度」、「対決の種類」などが注目するポイントとなっています。

 

 

 

 

 

マチ子先生を絡めた演出で対決や特訓へ行けば熱く、ステージ変化で商店街に行くのもチャンスアップですね!

 

 

 

 

他にもスロットにはない対決ZONE(真や激などもあり)を経由しての対決もあるので他の演出と絡めて期待度が上がっていきます。

 

 

 

 

 

特訓中は☆マークを貯めていき期待度を上げていく演出となっています。

☆3個が一番期待度低となっており、逆にそれ以外だと期待度50%以上となるので☆3個以外を祈りましょうw

 

 

 

 

対決へ突入する前に白いビジョンから液晶が縦になり「押忍!番長!」と画面が鳴れば激熱です!

実戦上100%当たりましたw

 

 

 

 

対決も番長3を踏襲しており弱・中・強の3パターンあり期待度が変わっていきます。

 

ザックリですが

弱対決(約10%)
中対決(約20%)
強対決(約70%)

と言われれおり、もちろん他のチャンスアップが絡めば弱対決でも当たる仕様ですね。

 

 

 

 

 

番長の王道激熱演出といえば次回予告!!

 

今作でも激熱なので安心して見ていられます・・外れた泣きましょうorz

 

★番長ボーナス、頂チャージ、頂ジャッジ★

 

 

 

 

初当り時は番長ボーナス or 番長ボーナスEXとなります。EXとはなんぞや? となりますがまとめてご説明します。

 

この台は初めに言った通り1種2種混合機となっているので、右打ち時は約1/6で大当りします。

その際にEXが選択された場合何と時短が90回もらえるので実質次回大当り濃厚となります!

なので番長ボーナスEX=次の当りまで補償されるボーナスと思ってもらってもOKです。

 

 

 

 

頂ジャッジで見事大当りした際は赤7or青7or絶頂RUSHが表示されます。

赤7でも最低2000発が保証され青7だと3000発が確定するので一度にガツッと出玉がもらえる状況となります。

 

簡単に出玉の流れを書くと

初当り→頂ジャッジ突破で2000発→頂ジャッジへ

突破率をきちんと計算していませんが、5回転で約1/6なので60%くらいとして

60%⇒100%(2000発or3000発)⇒60%⇒100%(2000発or3000発)

の繰り返しをする認識でOKです

※番長は1回の当りで約1000発獲得なので時短90回により次回当り濃厚=2000発獲得という意味です。

※青7は保留内に当りが既に2個ある場合などに起きたりします

 

 

 

 

大当り終了後はラウンド中に貯めた福引を使ってBGMを当てる演出へ移行します。

ここで本機の設定推測要素となる「銅銀金カード」の出現がありますので要チェック。

設定推測関連は記事の下にまとめて書きますね。

 

 

 

頂チャージは右打ちで保留を貯める時間です、他機種でいう某絶唱系の最終決戦になります。

 

 

 

 

この間に選んだキャラクターによって演出が異なりますが、保留を貯め終えたら打たなくてOKです。(ほぼ無駄玉です)

ですが、打ち込むと先に大当りが潜んでいる事が分かる場合があるので知りたい!

という方は貯めるのもありですね(・∀・)

 

・薫頂、操頂

 

 

 

 

薫頂ジャッジは・・・カツラが取れれば当りですw

1回しかまだ選んでいないのであれですが、あっちっちタイムより超あっちっちタイムの方がチャンスアップですね!

 

 

 

 

 

操頂ジャッジでは操の曲を聴きながら図柄聴牌を目指します。

聴牌する図柄の個数が増えれば熱くなるというシンプルなモードですね。

 

 

 

 

 

また曲選択時にDistanceがあれば保留内に当りがある事が確定!

 

 

 

 

この名曲を聴きながら大当りを待てる・・最高や('ω')

 

 

★設定推測要素★

番長2は設定付パチンコという事で設定を推測する要素が散りばめられています。

その中でもハヤタ的に実戦で使えるなと思うものを書いていきます。

 

 

・BGM福引による偶奇判別、高設定示唆

 

 

 

 

BGM福引は大当り終了ごとにサンプルが取れるものなので、一番推測には使いやすいと思っています。

銀カードは1枚のみだと奇数示唆、2枚だと偶数示唆

ALL銀カードやALL操などで設定〇否定などがありますが・・

そこよりも重要なのは金カードですね!

 

 

 

 

偶奇示唆の強パターンとして金カードのdistance(奇数強示唆)、金カードの男の花道(偶数強示唆)があります。

 

1回くらいではサンプルにはなりませんが、3回から4回同じカードが出れば差が開けてきます。

これに加えて通常時の対決リーチ発展ハズレ時のテンパイ図柄の比率を合わせれば偶奇判別は容易だと思います。

 

 

 

 

エムブレムや金カードのミーモなど456確、6確演出もしれっと出るので見逃し厳禁ですよw

 

・ファイナルジャッジ時セリフ演出

 

 

 

 

右打ち大当り時にはファイナルジャッジというボタン長押しする状態があります。

 

ここで青→緑→赤と色が変わるのですが、青と緑背景の際に出現するセリフに推測要素が含まれていますので出てきたセリフはちゃんと確認しましょう!

 

赤背景の際は無視で大丈夫です。

 

 

・頂ジャッジ終了画面

 

 

 

 

頂ジャッジ終了時の画面での示唆は番長3同様に出にくいのかもしれません。

初当り10回近く取って出現したのは2以上確定のみでした(4以上確定台で)

 

通常時にサンプルが取れるものとしてチラシ子パンダと対決リーチハズレのテンパイ図柄ですが、子パンダに関してはノーカウントでもいいかもしれません。

 

分母が1/14~1/12なのとリーチがかかった際などは除外しないとかもです、先日に4以上かつ6かなーという台で1/22とかでしたw

 

★打つ上での小ネタ、得の仕方★

・無駄玉をなくそう

 

 

 

 

右打ち時に次回当りが濃厚となっている際は右打ちで電サポを貯めるのですが

上画像のように轟が「漢の頂天いただくぜぇ!」と顔が映ったら打ち出しを保留4つためたらストップ!

 

 

 

 

そこから射程が頂を3つ出してきて当たりますので、打ち出すのはヤメて待ちましょう。

 

 

 

 

更に頂チャージも実は保留が既に4個貯まっていることが多いです。

 

その場合は頂ジャッジの画面が表示された時の電サポ保留の個数(液晶上にある小さい数字)が4だった場合はチャージなどせず打たなくても抽選は受けられます。

 

不安だという方は球を6発ほど打てばパネルは表示させることができるので少ない球でやりすごしましょう。

 

・赤保留が本当に熱い

 

 

 

 

番長2は保留変化待ちな台ではないのですが、赤保留が来た時点で激熱です!

期待度約80%ありますからね、最近の台にしてはかなり珍しいほどの期待度ですw

鷹柄も同様に80%以上!・・・もはや当たりますw

その分緑保留などでも演出によってはしっかり当たるのでバランスとしては良いですね。

 

・気になったら触る轟タッチセンサー

 

 

 

 

液晶上に白く光っている轟マークですが、実はタッチセンサーになっています。

対決開始時に触るとチャンスアップなボイスが流れたり、特訓突入時に触ると色が変わったりします。

おそらく他にも隠しボタン的な位置づけであると思うので気になった際にタッチするのも面白い発見ができるチャンスかもしれませんね

 

 

 

 

駆け足で書いてきましたが番長2いかがでしだでしょうか?

 

こんな一撃を僕でも出せちゃう台となっています\(^o^)/

 

パチスロの番長を打ったことがある人なら非常に入りやすい演出となっており、性能としても1種2種な点を使い爆発力もある仕様となっています。

 

絶頂RUSHに当選すると何と一撃4000発以上が確定するらしいのでいつかホールで引いてみたいですなw

 

まだまだ設置が少なく打てる環境が少ないかもしれないですが

今後の機械などを見て使い方によっては化ける可能性が十分にある台だと思っていますので是非打ってみて下さい!

 

ではまた次回ーノシ

この記事の関連情報

関連する機種

ライター・タレントランキング

このページのトップへ