機種情報

icon

パチスロ うみねこのなく頃に

facebook twitter

設置店検索

ユーザー評価

3.71
(15件)
メーカー名 オーイズミ
機械割 102.2%〜114.7%(完全攻略時)
導入開始日 2014/01/27
機種概要 フル攻略なら設定1でも機械割100%オーバーという激甘スペックに加え、5号機屈指の秀逸なリール制御で多くのプレイヤーから支持された「パチスロ ひぐらしのなく頃に祭」。その正統後継機たる『パチスロ うみねこのなく頃に』がついにオーイズミから登場。本機も前作同様、ボーナス+RT搭載のマシンとなっている。

ボーナス出現率

●各ボーナスの払い出し枚数
バトラビッグボーナス・ベアトリーチェビッグボーナス…439枚超で終了(純増最大314枚)。
ビッグボーナス…299枚超で終了(純増最大216枚)。
REGボーナス…59枚超で終了(純増最大48枚)。

icon

演出情報

通常時

液晶演出

キャラの表情の対応役

連続演出の期待度

カットインが発生する演出

プレミアム演出

ポイント

フリーズ演出は2種類

フリーズ演出は2種類用意されており、レバーON時に発生すればバトラ・ベアトリーチェビッグが確定。第3停止フリーズはチェリー重複時に発生する可能性があり、ビッグ以上が確定する。いずれにせよ、嬉しい瞬間となるのは間違いない。

icon

解析情報通常時

基本・小役関連

基本解説

RT「真相究明モード」

真相究明モードは完走型のRTとなっており、1Gあたり約0.75枚でコインが増加。残り10Gから発生する「因縁バトル」で勝利できればボーナス、失敗した場合は運命分岐モードへ移行する。

ベルor転落リプレイが成立した場合は難易度を選択!

転落リプレイよりも先にベルかチェリーが成立すればRT突入が確定。ベル成立時は中→左→右の順に押せば約75%で50G獲得となるが、ビタ押しを駆使することで50Gを狙い打つことも可能だ。

ボーナス当選関連

ボーナス重複期待度

icon

解析情報ボーナス時

基本・小役関連

基本解説

ボーナス中の技術介入要素

ボーナス中は一度だけ9枚役を獲得することで枚数アップが可能。予告音が発生したら中&右リールを先に止め、左リール上段に白7をビタ押しすればOK。下段に白7が停止すれば成功だ。

 

ボーナス中のハズレはベルンカステルランプ点灯のチャンス。ランプ点灯なら、運命分岐モードでレベルアップナビ(RT50G)の発生に期待できる。なお、REG中は7揃いで消化後のRTが約束される。

icon

設定推測ポイント

ボーナス関連

設定差のある演出

ビッグ終了時キャラセリフ発生率
設定1…40.0%
設定2…44.0%
設定3…48.0%
設定4…52.0%
設定5…56.0%
設定6…60.0%

ステージチェンジ時の時間は設定の偶奇に対応しており、ビッグ終了時のセリフは高設定ほど発生しやすくなる特徴がある。サンプルが増えれば推測材料となるだろう。

まとめ

設定差のある数値

設定差が設けられている通常役はベル・スイカ・チェリーの3役となっており、いずれも高設定ほど確率がアップ。ベルは奇数・偶数設定で強ベル比率が異なる特徴もあるので、併せてチェックしておきたい。単独ボーナスの設定差も大きいが、RT中に成立した場合は契機を特定することが難しいため、補足的な要素と捉えておこう。

機械割

機械割

●機械割
設定1…102.2%
設定2…104.1%
設定3…106.6%
設定4…109.0%
設定5…112.7%
設定6…114.7%
(完全攻略時の値)

icon

天井ゾーン止め時

狙い目ゾーン・天井・止め時

天井突入条件

前回の運命分岐モードでレベルアップに成功した場合はそこから250G消化。前回の運命分岐モードでレベルアップに失敗した場合はそこから500G消化。

天井仕様

運命分岐モードに突入。

リセット仕様

リセット時 天井までのゲーム数…引き継ぐ。 液晶ステージ…本館前ステージに移行。 電源OFF/ON時 天井までのゲーム数…引き継ぐ。 液晶ステージ…本館前ステージに移行。

icon

打ち方朝イチ

打ち方・小役

打ち方

●中押しDDT打法
中リール中or下段に青7を狙う

※チェリーを取りこぼした場合は「赤7or白7・リプ・ベル」の9枚役が揃う

 

●順押しDDT打法

左リールの青7を目安にチェリーをフォロー。枠内にスイカがスベってきた場合のみ、中&右リールにもスイカを狙えばOKだ。順押し手順だと1枚役を獲得することはできないが、最小限の目押しで済むためより多くのゲーム数を消化することができるだろう。

アツい場面では青7を枠下にビタ押し

目押しが正確なら、白7頭のボーナスをイチ早く察知することが可能となる。毎ゲーム行うのは効率が悪いため、ここぞという場面で活用すると面白いだろう。ちなみにパターンDで赤1枚役が揃わなければ、白7頭の単独ボーナスの成立が濃厚となる(チャンス役の次Gを除く)。

ボーナスを最速で揃える

中押しDDT打法ではすべてのボーナスをリーチ目で察知することができないため、チャンス役が成立した次ゲームからはボーナスを積極的に狙っていきたい。この手順を駆使すれば、ボーナス成立から最長でも3G以内に揃えることが可能となるのが最大の魅力である。ボーナス成立後のコインロスを最小限に抑えるためにも、必ず実践したいテクニックのひとつだ。

この機種の関連情報

特集

このページのトップへ