機種情報

icon

ぱちスロ必殺仕事人

facebook twitter

設置店検索

ユーザー評価

2.58
(19件)
ART 天井有
メーカー名 京楽
機械割 97.6%〜112.5%
導入開始日 2014/07/22
機種概要 晴らせぬ恨みを晴らす闇の仕事人・中村主水が京楽のパチスロで登場。
本機は「ぱちスロAKB48」の直系後継機であり、初当りが軽く初心者にも遊びやすい仕様はそのまま受け継いでいる。
しかしながら、出玉増加の主要因となるART抽選&継続システムは大幅に見直され、パチンコでいうMAXタイプにも匹敵する爆発力を実現している!

ボーナス出現率

ゲームフロー

本機のゲーム進行は上フローにある通り。基本的にボーナスを契機にARTに突入し、ART中に獲得した乱舞玉で継続バトルを行う。乱舞玉1個あたりの勝利期待度は約5分の1である。

PR動画

icon

演出情報

通常時

液晶演出

通常時・鍵となる演出

通常時は恨玉獲得の要となる「依頼ノ刻」と、前兆の役割を担う「仕事人ゾーン」が極めて重要。お馴染みの「豪剣フラッシュ」発動もアツい。

AT・ART・RT中

液晶演出

ART中・演出詳解

ART中に押し順ナビ以外の演出が発生したら乱舞玉を獲得する大チャンス。実写系は特にアツいので期待しよう。

プレミアム演出

ポイント

プレミアムフリーズ・基本解説

レバーONの瞬間に時が止まったら、衝撃のプレミアムフリーズが確定する。出現条件が厳しく滅多なことでは拝めないが、引けば特大ご褒美を貰える。

icon

解析情報通常時

基本・小役関連

基本解説

チャンス役の停止型

各チャンス役は基本的な役割がそれぞれで異なる。強チェリーや中段チェリーは特に期待大だ。

恨みメーター・基本解説

依頼ノ刻は1セット10G継続。消化中は毎ゲーム恨メーターが上昇するため、恨玉を大量に獲得するチャンスとなる。なお、最終ゲームのボタンPUSHに失敗した場合は画面が暗転する。

恨カウント&恨玉・基本解説

恨玉の獲得数は常にメーター上部に表示されており、恨一撃必殺チャレンジ発動時に恨玉の数だけ高確率でボーナス抽選を受けられる。残った恨玉はボーナス開始時にART抽選の優遇アイテムとして消費されるため、恨玉を貯めるほどART期待度も高くなる。

仕事人ゾーン・基本解説

●ボーナス期待度…70.0%(実戦上)

仕事人ゾーンはいわゆる前兆ステージであり、突入した時点でボーナスまたはフェイクとなる。液晶のエフェクト&真剣フラッシュで期待度が示唆され、連続演出の最後にX-フラッシュが発動すれば鉄板となる。

裏稼業フリーズ・基本解説

チャンス役の次ゲームは裏稼業フリーズ発生のチャンス。発生すれば乱舞玉が上乗せされ、出陣RUSH中の主水の裏稼業フリーズ発生は…出陣ボーナスが確定する。

依頼ノ刻・基本解説

依頼ノ刻は1セットが7G継続。消化中は毎ゲームの成立役に応じて恨ポイントを獲得し、終了時には依頼ループ移行抽選を行う(当選するとチャンス役を引かずに依頼ノ刻が連チャン)。また、依頼ノ刻の突入率は一定ではなく、高確中は低確に比べて依頼当選率が大幅にアップしている。

恨一撃必殺チャレンジ・基本解説

●ボーナス期待度約50%

■登場する仕事人別の期待度
加代&順之助<政<竜<おりく<主水

依頼ノ刻の最終ゲームから突入することが多いが、高設定になるほど通常時のチャンス役を契機に直接突入する頻度が増える。期待度を分けるポイントは登場する仕事人で、おりくはチャンス&主水は激アツキャラである。また、擬似連が続くほど期待度が高く、赤背景まで届けば貰ったも同然だ。

通常時・小役確率

※表中の印はフリー打ちで取りこぼしが発生する小役

小役確率・各種当選期待度

リールロック・チャンス役別発生率

※0.0%は0ではないが限りなく低い数値

リールロック発生時にはSUが進むほど各種抽選値が優遇されるが、ショートロックで終了したらチャンス役告知の役割となる(優遇抽選はナシ)。

裏稼業フリーズ・チャンス役別発生率

裏稼業フリーズには対応役があり、政=スイカ、竜=チェリー、おりく=強チェリーorチャンス目に対応。また、リールロックと裏稼業フリーズが同時発生した際は裏稼業が優先される。

恨球メーター・獲得ポイント

チャンス役成立時や連続演出失敗時に恨メーターが上昇し、11pt貯まると恨玉を1個獲得。

依頼ノ刻中・抽選数値

■ボーナス本前兆中は抽選が行われない
■ボーナスのフェイク前兆中の当選はフェイク終了後に依頼ノ刻に突入する
■依頼ノ刻の本前兆中は強系小役でも依頼ノ刻抽選が行われる
→強系小役の50%で当選する

依頼低確時はチェリー・スイカ成立時のみ突入抽選を行うが、上位モードに移行するとハズレや押し順ベルでも依頼ノ刻を抽選する。チャンス役を引けずとも可能性はある。

モード関連

天国モード移行割合・各状況終了時

■天国モードは32G・64G・96Gのいずれかで「規定ゲーム数消化後のチャンス役」でボーナスに当選
■高設定ほど天国モードに移行しやすい
■ボーナス・ART終了後は即ヤメせずに挙動をチェック(空き台などのボーナス挙動もデータ表示器で確認)

天国モード滞在中は規定ゲーム数消化後のチャンス役で必ずボーナスに当選する。天国モード移行率は高設定ほど優遇されており、中でも設定5&6は別格の数値を誇る。高設定は純粋に当たりやすいのだ。

モード移行率

■依頼低確時の抽選
共通ベル成立時…20%で依頼高確へ移行
押し順ベル成立時…3.3%で依頼高確へ移行

■依頼高確時の抽選
ハズレ時…6.6%で依頼低確へ移行

■依頼ループ時の抽選
ハズレ時…6.6%で依頼高確へ移行

依頼ノ刻はモードで管理されており、ボーナス・ART終了時および上記の役が成立すると移行抽選を行う。殲滅ボーナス終了後は依頼高確が確定する。

内部状態関連

通常時・液晶ステージ基本解説

通常時の液晶ステージは、闇が深くなるほど高確滞在の期待度がアップ。闇夜ステージ移行時は前兆の可能性もあるので、ヤメる際には少なくとも昼ステージになるまで様子を見た方がいい。

CZモード移行率・必殺ボーナス時(ART非当選時)

CZモード移行率・殲滅ボーナス時(ART非当選時)

CZモード移行率・CZ初当り時

CZモード・ポイント解説

モード移行契機はART非当選の両ボーナス、およびCZ初当り時。モード昇格率は奇数設定よりも偶数設定の方が優遇されているが、中でも設定6は圧倒的に昇格しやすくなっている。

ART直撃チャンスゾーン高確・詳細数値

ART直撃チャンスゾーンに移行したなら、おとつチャレンジor集結チャレンジ当選の期待大。この間はハズレを含む全役でCZ抽選を行うので、何が何でもチャンスをものにしよう。高確ゲーム数の上乗せ抽選もある。

ボーナス当選関連

ボーナス直撃抽選

■リールロックや裏稼業フリーズの有無で期待度が変わる
■前兆は最大で38G
■直撃ボーナスは約40%が必殺ボーナス約59%が殲滅ボーナスに振り分けられる

ARTがロング継続すると、通常ゲームを消化できないため必然的にボーナス出現率が下がる。夕方から打つ際はデータカウンターや出玉スランプグラフの情報をもとに台選びをしよう。

自力当選ゾーン

突入契機

チャレンジゾーン・基本解説

ボーナスやARTを自力で引き寄せるチャレンジゾーンは上記の3種類。おとつチャレンジと集結チャレンジの発生率はあまり高くないが、成功したならダイレクトでARTが発動する。

チャレンジゾーン・基本解説

これらはボーナスやARTを自力で引き寄せるチャレンジゾーン。恨一撃必殺チャレンジ、おとつチャレンジには比較的に入るが、集結チャレンジは滅多に突入しないので注意しよう。そのぶん、突入時はアツいことこの上ない。

チャレンジゾーンorボーナス当選率・チャンス役成立時

実戦上、弱チェリー&スイカ成立時は設定の高低&ステージを問わず万遍なく依頼ノ刻に突入しているが、恨一撃必殺チャレンジの当選率は明らかに高設定の方が高い。恨一撃の抽選契機としては強チェリーが最も強いと思われる。

おとつチャレンジ・基本解説

●ボーナス期待度約25%

おとつチャレンジ中はリプレイ成立時にART抽選を行う。継続ゲーム数が3G前後と非常に短いぶんリプレイを引けば大チャンスとなり、ボタンPUSHでお宝を発見すればチャレンジに成功する。成否のポイントは掛け軸の文字で、あやしい<ちゃんす<激熱の順に期待度が高い。

集結チャレンジ・基本解説

●ART期待度50%

加代&順之助→政→竜→おりくの順に仕事人メンバーが出陣し、最終的に主水が出陣すれば全員集結=チャレンジに成功となる。失敗しても連チャンすることがあるので即ヤメは厳禁だ。

恨一撃必殺チャレンジ・突入率

恨一撃必殺チャレンジは恨玉が10個になると当選。通常時は恨玉が貯まるほど当選しやすく、依頼ノ刻は8G目にチャンス役を引けば再継続する。なお、2個以下での当選は発動時に「3個」に補填される。

直撃チャンスゾーン・当選するまでのチャンス役規定回数

モード移行時は最初にチャンス役の規定回数を決定。それに到達するとART直撃CZに当選するが、モードA〜Cは到達前にボーナスに当選することが多く、結果的にCZ当選率は下がる。

ART直撃チャンスゾーン・当選時振り分け

ART直撃チャンスゾーンに当選すると、おとつチャレンジと集結チャレンジに上記の割合で振り分けられる。設定5のみ集結チャレンジの選択率が若干高いが、基本的におとつチャレンジが発動すると考えて問題ない。

ART直撃チャンスゾーン高確・詳細数値

ART直撃チャンスゾーンに移行したなら、おとつチャレンジor集結チャレンジ当選の期待大。この間はハズレを含む全役でCZ抽選を行うので、何が何でもチャンスをものにしよう。高確ゲーム数の上乗せ抽選もある。

ゾーン中当選契機

恨一撃必殺チャレンジ・キャラ選択率&対応役

恨一撃必殺チャレンジで登場するキャラにはそれぞれに対応役がある。その組み合わせは上記の通りだが、基本的に竜以下の期待度はそれほど高くはない。おりくや主水が選ばれると一気に期待度がアップするが、その場合でも恨みレベル3=背景が黄色以上は欲しい(主水はレベル3以上が確定)。

恨一撃必殺チャレンジ・最終ジャッジ時のボーナス当選率

恨みレベルは1(白)からスタートして5(虹)までアップする可能性があり、継続抽選に漏れた時点でキャラレベルと累計ポイントを参照して最終ジャッジを行う。虹or100pt以上なら鉄板だ。

おとつチャレンジ中・成立役別当選率

おとつチャレンジ中は毎ゲームの成立役に応じてART抽選を行う。リプレイまたはチャンス役を引けば激アツだ。

集結チャレンジ中・詳細数値

集結チャレンジは基本10G継続。チャンス役を引かなくてもご覧の割合で集結するため、運の要素も非常に大きい。

icon

解析情報ボーナス時

基本・小役関連

基本解説

ART「必殺モード」・基本解説

本機のARTは1セット40G継続のループ式。消化中に獲得した乱舞玉を使って継続抽選を行うため、乱舞玉の少ない時にいかに効率よく勝利するか…が大連チャンの条件となる。

ボーナス・基本解説

殲滅ボーナス中は忍者軍団との対決演出が発生し、恨玉の数に応じてART抽選が優遇される。必殺ボーナス中はリバースロック発生でチャンス到来。X絵柄揃いでARTが確定する。

ART中・ポイント解説

ART中は乱舞玉の獲得が重要。内部状態と成立役に応じて獲得抽選を行い、上乗せ特化ゾーンに突入すれば乱舞玉を稼ぐチャンスとなる。出陣RUSH中は出陣ボーナスにも期待できる。

必殺乱舞・基本解説

・乱舞玉1個あたりの勝率は約20%

必殺乱舞は1G完結型の継続バトル。まずは仕事人と極悪人の組み合わせが表示され、第3停止時に豪剣フラッシュが発動すれば仕事人の勝利となる(Xフラッシュで出陣RUSHへ)。出現キャラと成立役に応じてチャンスアップがあるが、X絵柄が揃えば問答無用で勝利が確定する。

各ボーナス・ポイント解説

ボーナス告知後の「狙え!」演出発生時には、第2停止リールをビタ押しで狙ってみよう。その際、必殺ボーナスがテンパイして主水の「ぞくぞくしてきたぜ」の台詞が流れれば設定4以上が濃厚となる。ただし、ビタ押しをせずにテンパイ音声が流れた場合は設定推測の精度が落ちるので注意。

小役確率・各種当選期待度

必殺乱舞・勝利期待度(実戦値)

殲滅ボーナス中・詳細数値

殲滅ボーナス中は毎ゲーム成立役に応じて撃破抽選を行い、累計撃破数をもとに35G目にART抽選を行う。1000人以上撃破した時点でART当選が確定するが、内部的な撃破抽選は続いているので気を抜かないように。

ボーナス中・チャンス役確率

AT・ART・RT中・モード関連

仕事人ランク・基本解説

・乱舞玉上乗せ当選率&上乗せ個数振り分けおよびチャンス役出現率に影響する

ART当選時に決められる仕事人ランクは5段階。上位ランクほど1セットごとの内部状態選択率が優遇→乱舞玉獲得期待度が高まる。

AT・ART・RT中・内部状態関連

必殺モード中・ステージ解説

必殺モードには複数の内部状態があり、各セット開始時のステージによって乱舞玉の上乗せ期待度が変化する。上位ステージ中はチャンス役の出現率もアップする!?

AT・ART・RT中・上乗せ&ボーナス関連

上乗せ特化ゾーン

乱舞玉の上乗せ特化ゾーンは全4種類。X-RUSHと激凍アタックは特に高性能だが、乱舞玉の獲得期待度が非常に高いぶん突入率は非常に低いと思われる。従って、必然的に特化ゾーンのメインは激闘チャンスとなる。突入時は7G間で乱舞玉7個獲得を目標にレバーを叩こう。

乱舞玉獲得ポイント

ART中のチャンス役は乱舞玉の獲得抽選に加えて、上乗せ特化ゾーン突入抽選も行われる。最も期待できるのは中段チェリーだが、強チェリーやチャンス目もアツい。

出陣RUSH・基本解説

出陣RUSHは10G継続。消化中のチャンス役で必ず乱舞玉が上乗せされるが、チャンス役の出現率そのものも約2.5分の1にアップしているので激アツだ。真出陣RUSHに昇格すれば毎ゲーム上乗せが発生する。

激闘チャンス・基本解説

激闘チャンスは1セットは7G継続。消化中はリプレイを含む全役で乱舞玉の上乗せ抽選を行うが、突入率が高いぶん大量上乗せはあまり起こらない。数で勝負する特化ゾーンなので、7G消化後の再継続に期待しよう。

激凍アタック・基本解説

出陣RUSH中に出陣ボーナスに当選すると、激凍アタックが発動する可能性あり。出陣ボーナス入賞後のフリーズで突入し、以後はレバーONで出陣絵柄が揃うたびに乱舞玉の上乗せが発生する。

X-RUSH・基本解説

カットイン発生時にX絵柄を目押しして揃えば乱舞玉の複数上乗せが発生する。X絵柄が揃わなかった時点で終了するが、突入後は最低2回以上のX絵柄揃いとなるので即落ちはない(実戦上)。

乱舞玉上乗せ割合・チャンス役成立時(実戦値)

チャンス役成立時は乱舞玉獲得に期待。レアな役ほど期待度は高く、実戦上、強チェリーやチャンス目からの当選は乱舞玉2個以上の獲得も十分見込める。

ART中・直乗せ&特化ゾーン告知演出

乱舞玉獲得や上乗せ特化ゾーン突入時は前兆を経て告知されることが多く、実写系演出などは各種当選に期待できる。

乱舞玉上乗せ抽選・ボーナス中のART当選後

ボーナス中にART告知が発生して以降は、チャンス役成立時に乱舞玉の上乗せ抽選を行う。乱舞玉が多いほどART連チャン期待度も高まるので、初期個数が増えればしめたものだ。チャンス役に引き損はないのである。

ボーナス終了後

内部状態関連

ART&ボーナス終了後/ART準備中・ポイント解説

ボーナスやART終了後は上位モード滞在などの可能性があるので、即ヤメ厳禁。ART準備中はチャンス役成立で乱舞玉獲得抽選が行われる点も、併せて把握しておこう。

ボーナス終了時の画面・パターン別の特徴

ボーナスの終了画面には様々な示唆要素が隠されている。メインは設定の偶数奇数の示唆だが、高設定濃厚パターンやART中の仕事人ランクが確定するパターンもあるのでキャンセル厳禁だ。なお、仕事人ランクは加代&順之介<政<竜<おりく<主水の順に乱舞玉を獲得しやすい。

AT・ART・RT終了後

内部状態関連

ART&ボーナス終了後/ART準備中・ポイント解説

ボーナスやART終了後は上位モード滞在などの可能性があるので、即ヤメ厳禁。ART準備中はチャンス役成立で乱舞玉獲得抽選が行われる点も、併せて把握しておこう。

icon

設定推測ポイント

小役確率関連

設定差のある小役確率

弱チェリー&スイカにはご覧のような設定差があり、DDT打法で消化すれば設定推測要素になる。ボーナス中やART中は弱チェリーリプレイ&スイカリプレイが頻繁に停止するので、払い出しの有無を必ずチェックしよう。

通常時・小役確率

※表中の印はフリー打ちで取りこぼしが発生する小役

内部状態・モード関連

天国モード移行割合

ボーナス関連

必殺&殲滅ボーナス終了画面

ボーナス終了画面は示唆要素の宝庫である。上記の4種類は設定示唆画面だが、せん&りつなら天国モードが確定。おとつと田中様はチャレンジゾーン天井を示唆する。

AT・ART・RT関連

ART初当り確率

●ART初当り
設定1…1/489.0
設定2…1/454.9
設定3…1/452.4
設定4…1/390.7
設定5…1/388.3
設定6…1/318.0

機械割

機械割

●機械割
設定1… 97.6%
設定2… 98.7%
設定3…100.2%
設定4…104.5%
設定5…107.8%
設定6…112.5%

icon

天井ゾーン止め時

狙い目ゾーン・天井・止め時

狙い目ゾーン

本機の天井は999G。これに到達すると前兆を経由して無限集結チャレンジに突入する。また、天井に届かなくても700G以降のボーナス当選は必殺ボーナスor出陣ボーナスが約束されるので、ハマリ台を狙う価値は十分にある(600G以上がひとつの目安)。もちろん、恨玉が多く貯まっている台を狙うのもいい。

天井突入条件

1…ボーナス&ART後700G以降のボーナス。2…ボーナスorART間999Gハマリ。

天井仕様

1…必殺ボーナスor出陣ボーナス確定。2…出陣RUSH当選。

リセット仕様

リセット時 天井までのゲーム数…リセット。 モード…調査中。 液晶ステージ…3つの通常ステージからランダムで抽選。 電源OFF/ON時 天井までのゲーム数…引き継ぐ。 モード…引き継ぐ。 液晶ステージ…3つの通常ステージからランダムで抽選。

icon

打ち方朝イチ

打ち方・小役

打ち方&チャンス役の停止型

まずは左リール枠上~中段に出陣絵柄の下にあるチェリーを狙い、停止型に応じて残りのリールを押し分ける。左枠内にチェリーが停止したなら中フリー+右に出陣絵柄を要目押し、スイカは中&右に出陣絵柄を狙ってフォローしよう。

朝イチ・宵越し

朝イチ挙動

CZモード移行率・リセット時

リセット時のモード移行率はご覧の通り。ここでも偶数設定が優遇されており、設定6は各モードへの移行率が均等になっている。朝イチに10回以内のチャンス役で直撃チャンスゾーンに当選したら以後の展開に期待しよう。

ユーザー評価詳細

一覧へ

  • 個人的には、甘いかも?と思います。初めて打って、フリーズ5回も引きました。リールが見えにくいのでなれるまで、子役だしずらいかも?

    3.83

    矢神洋

  • 無双に一回でも行けば、設定6?かも

    3.67

    ハニマル

この機種の関連情報

特集

ブログ

このページのトップへ