ヘルプ

機種情報/演出・解析情報

かいぶつくんでーもんのけんさんびゃくきゅうじゅうよんたいぷ

ぱちんこCR怪物くん〜デーモンの剣〜394type

facebook twitter
ぱちんこCR怪物くん〜デーモンの剣〜394typeの筐体画像

設置店検索 ぱちんこCR怪物くん〜デーモンの剣〜394typeの設置店

ユーザー評価

1.97
(10件)
ハイスペック(MAXタイプ)
メーカー名 奥村
奥村の掲載機種一覧
大当り確率 1/394.8(通常時) 1/107(高確率時)
ラウンド数 実質1or実質4or実質15or5or16R×5or7カウント
確変突入率 52.5%(ヘソ) 100%(電チュー)/1/809の確変抽選に漏れるまで
賞球数 3&10&15
大当り出玉 約10or390or400or1470or1480個
電サポ回転数 -
導入開始日 2015/02/02(月)
機種概要 怪物くんの特徴は継続率約87%のバトル。高い継続率だけでなく勝利は全て約1500個の出玉を得られるぞ。

大当り詳細

(ヘソ)
4R確変…47.5%
突確…3%
潜確…2%
15R通常…47.5%

(電チュー)
16R確変…88%
突確…12%

ゲームフロー

ぱちんこCR怪物くん〜デーモンの剣〜394type(パチンコ)のゲームフロー

PR動画

演出・解析情報

icon

ボーダー情報

ボーダー

ボーダー

●一回交換(回/千円)
2.5円…29.4
3.03円…24.2
3.33円…22.0
3.57円…20.6
4.0円…18.4

●無制限(回/千円)
2.5円…24.4
3.03円…21.7
3.33円…20.5
3.57円…19.7
4.0円…18.4

初当り1回あたりの期待出玉

初当り1回あたりの期待出玉

約5370個

ボーダー

ボーダー

●一回交換(回/千円)
2.5円…29.4
3.03円…24.2
3.33円…22.0
3.57円…20.6
4.0円…18.4

●無制限(回/千円)
2.5円…24.4
3.03円…21.7
3.33円…20.5
3.57円…19.7
4.0円…18.4

潜確判別

液晶判別

潜確判別のポイント

・モード再突入で潜伏の可能性大!

通常時は僅かながらも潜確の可能性がある。怪物城ゲートアタック演出がその合図であり、ここで確変に昇格することも!? なお、通常背景に完全に戻った場合はいつヤメても取りこぼす心配はない。

icon

演出情報

連チャンモード中

基本解説

バトルモード・登場キャラのポイント

バトルモード・バトルのポイント

図柄がテンパイすればバトル開始。登場する味方キャラや敵、競り合い…と王道のバトル演出となる。敵が繰り出す攻撃の内容にも注目しよう。

バトルモード・モード中の流れ

バトルに負ければさようなら(=転落)ということで、一般的なバトルタイプ以上にスリリングな展開を楽しめるのが本機の魅力。いち早く安心するためにも上に挙げた4つのチェックポイントを確認してほしい。また、バトルで引き分けた場合は、電サポ中の12%を占める突確であり、そのままモードが継続する。

予告

バトルモード・保留変化のポイント

バトルモード・キャラ別のテンパイ図柄傾向

回転中の背景キャラはテンパイ図柄を示唆。フランケンや怪物くんがいる時にテンパイ成立を祈ろう。

その他

バトルモード・見どころ

●バトル継続率約87%

プレミアム演出

ポイント

プレミアムキャラ・パトマントン

奥村のオリジナルキャラがパトマントンだが、初登場は『CRアシュRUSH』で、この時はまだ連続演出時に出てくる程度だった。現在ではプレミアムキャラとして本機以外の機種でも活躍している。

超激アツパターン

大当り濃厚となる代表的なプレミアムパターンは上記の通りで、ポイントとなるのは虹色演出。目にも鮮やかな虹色が出現したら、期待していいぞ。

icon

解析情報

通常時

予告信頼度

通常時・主要演出信頼度

疑似連が成立した時点から激アツとなる3.2.1.ドッカーン連続演出を筆頭に、怪物集結チャンス(怪物くん登場時)や群など、怪物くんが絡む派手な演出が発生すれば高信頼度となるのが特徴。

リーチ信頼度

通常時・主要リーチ信頼度

連チャンモード中

リーチ信頼度

バトルモード・バトル勝利期待度

バトルモード(9連以降)・バトル勝利期待度

大当りラウンド中

チャレンジボーナス・バトルモード突入期待度

icon

設定判別・推測ポイント

準備中

icon

遊タイム

非搭載

ユーザー口コミ・評価詳細
ぱちんこCR怪物くん〜デーモンの剣〜394type

一覧へ

  • 須貝隼斗

    3.00

    須貝隼斗

  • 兎に角、奥村はこの台でトドメだった。高確中の104分の1があまりにもかったるく爽快感のかけらもない。

    2.50

    ダダ

このページのトップへ