ヘルプ

機種情報/演出・解析情報

あばれんぼうしょうぐんかいだん

CR暴れん坊将軍 怪談FPF

facebook twitter
CR暴れん坊将軍 怪談FPFの筐体画像

設置店検索 CR暴れん坊将軍 怪談FPFの設置店

ユーザー評価

3.17
(1件)
ハイスペック(MAXタイプ) ST機
メーカー名 藤商事(メーカー公式サイト)
藤商事の掲載機種一覧
大当り確率 1/399(通常時) 1/74(高確率時)
ラウンド数 実質4or実質12or10or16R×9カウント
確変突入率 60%/120回転まで(ヘソ) 100%/120回転まで(電チュー)
賞球数 3&5&10&14
大当り出玉 約460or1170or1400or1870個
電サポ回転数 100or120回転
導入開始日 2015/02/02(月)
機種概要 V確ロングSTを引っさげて今度は妖怪退治で江戸を守る!
120回転のSTは恐怖感を味わえる「怪談」と原作映像を楽しめる「活劇」の2種類を選択可能だ。

撤去日カレンダーはこちら

CR暴れん坊将軍 怪談FPF設置店舗はこちら

大当り詳細

(ヘソ)
実質12R確変(電サポ120回転)…50%
実質4R確変(電サポ120回転)…10%
実質12R通常(時短100回転)…40%

(電チュー)
16R確変(電サポ120回転)…65%
10R確変(電サポ120回転)…35%

ゲームフロー

CR暴れん坊将軍 怪談FPF(パチンコ)のゲームフロー
三・七図柄揃い以外で発生するST突入を賭けたVチャレンジは3種類あり、出現する内容で成功期待度が変化する。失敗時は100回転の時短に突入。

演出・解析情報

icon

ボーダー情報

ボーダー

ボーダー

●一回交換(回/千円)
2.5円…28.2
3.03円…23.3
3.33円…21.2
3.57円…19.8
4.0円…17.7

●無制限(回/千円)
2.5円…22.1
3.03円…20.2
3.33円…19.3
3.57円…17.8
4.0円…17.7

初当り1回あたりの期待出玉

初当り1回あたりの期待出玉

約5660個

ボーダー

ボーダー

●一回交換(回/千円)
2.5円…28.2
3.03円…23.3
3.33円…21.2
3.57円…19.8
4.0円…17.7

●無制限(回/千円)
2.5円…22.1
3.03円…20.2
3.33円…19.3
3.57円…17.8
4.0円…17.7

止め打ち関連

電サポ中

電サポ中の止め打ち

電チュー開放は2パターン。3回開放の右ランプ点灯時は1回目が閉じたら止め、3回目が開いたら打ち出し。4回開放の左ランプ点灯時は3回目が閉じたら止め、4回目が開いたら打ち出しでOK。

icon

演出情報

通常時

大チャンス演出

通常時・四ヶ条演出の見どころ

通常時に注目したい激アツ演出は以上の4つ。液晶を斬るように出現するド派手な役モノや、リーチ終盤まで期待が持てる暴れん坊ボタンにも注目だ。

予告

通常時・主要演出のポイント

保留先読みや連続予告も多く、「怪談」がテーマにあることから、おどろおどろしい演出の数々を搭載。

リーチ

通常時・主要リーチのポイント

確変・ST中

基本解説

成敗の刻「怪談モード」・基本解説

幽霊を成仏できれば大当りとなる。メインとなる中盤の幽霊討伐では、神刀ギミック完成で発展する「吉宗幽霊討伐リーチ」は激アツだ!

成敗の刻「活劇モード」・基本解説

原作同様に悪人たちを成敗できれば大当り。中盤の殺陣編では「吉宗討入りリーチ」が大当りのメインを担う。発展時に出現する勝利期待度にも注目。

リーチ

ST中・注目リーチ

icon

解析情報

通常時

予告信頼度

通常時・主要予告信頼度

リーチ信頼度

通常時・主要リーチ信頼度

確変・ST中

予告信頼度

ST中(怪談/幽霊即撃)・主要予告信頼度

ST中(怪談/幽霊討伐)・主要予告信頼度

ST中(怪談/幽霊接近)・主要演出信頼度

ST中・モード共通演出信頼度

ST中(活劇/疾走編)・主要演出信頼度

ST中(活劇/殺陣編)・主要演出信頼度

リーチ信頼度

ST中(怪談/幽霊討伐)・主要リーチ信頼度

ST中(活劇)・主要リーチ信頼度

大当りラウンド中

Vチャレンジ・演出別成功率

Vチャレンジは3種類あり、内容で期待度が変化。殲滅なら激アツ、牡丹灯篭ならST突入濃厚だ。

icon

設定判別・推測ポイント

準備中

icon

遊タイム

非搭載

ユーザー口コミ・評価詳細
CR暴れん坊将軍 怪談FPF

一覧へ

  • 全然面白くないけど、なぜかめっちゃ当たる。

    3.17

    3310

シリーズ機種
CR暴れん坊将軍 怪談FPF

一覧へ

このページのトップへ