機種情報

icon

ぱちんこCR聖戦士ダンバイン

facebook twitter

設置店検索

ユーザー評価

3.21
(28件)
ミドルスペック(ミドルタイプ) 朝イチ特典あり ST機
メーカー名 サミー
大当り確率 1/319.7(通常時) 1/32.4(高確率時)
ラウンド数 3or4or8or12R×8カウント
確変突入率 50.8%/80回転まで(ヘソ) 100%/80回転まで(電チュー)
賞球数 3&1&7&13
大当り出玉 約300or400or800or1200個
電サポ回転数 80回転
導入開始日 2015/04/20(月)
機種概要 1983年にテレビ放送され、好評を博した聖戦士ダンバインが遂にパチンコ化を果たす。
本機最大の魅力は約92%でループするST・ダンバインRUSH。ST中は「sonic」と銘打たれ、高速で展開される。さらに、大当りは全て右打ち&ゼロアタッカー消化により、究極の爽快感を実現。

大当り詳細

(ヘソ)
実質4R確変(電サポ80回転)…50.8%
実質3R通常(時短50回転)…49.2%

(電チュー)
12R確変(電サポ80回転)…15%
8R確変(電サポ80回転)…35%
4R確変(電サポ50回転)…50%

ゲームフロー

ぱちんこCR聖戦士ダンバイン(パチンコ)のゲームフロー
単純明快なゲーム性も大きな魅力。潜確などは一切なく、時短も必ず付くことから実質のST突入率は5割を超える、遊びやすさも兼ね備えたハイスペックマシンなのだ。

PR動画

icon

演出情報

通常時

大チャンス演出

通常時・4大チャンス演出

サミー史上最高を誇る演出クオリティにより、通常時も大いに盛り上げてくれる。中でも上記4大演出は、何れも初当りの鍵を握る激アツ演出。お馴染みのキリン柄やビルバイン登場なら大チャンスだ。

予告

通常時・主要予告のポイント

・キリン連続なら期待度7割超! 3連続なら約4割!

予告の核となる連続演出は、強力な先読みと疑似連続が絡むことで王道パターンとなる。とりわけ連続予告は、何れも3連続でチャンス。激アツ柄のキリン連続なら突入時点で灼熱だ。

リーチ

通常時・主要予告のポイント

・ビルバイン系リーチは40%over! ダンバイン系でも20%が大当りに!

SP時に伴う役モノにより発展先と期待度が激変。青色を基調としたダンバインよりも赤色のビルバインの方が格上となり、半数近くが大当りへと結びつく。

確変・ST中

基本解説

ST「ダンバインRUSH」・基本解説

■ST連チャン率…約91.9%
■1回転を最速約0.7秒で消化

初当りの約半数で突入するダンバインRUSHは、回転数によりモードが三段階に変化。それに伴い消化スピードも変化し、最高速は1回転あたり何と約0.7秒を誇る。また、そのスピード感を損なわない多彩な演出も大きな見所。極限まで高められた継続率と消化速度が融合したST連を体感せよ。

予告

ST中・演出の見どころ

icon

ボーダー情報

ボーダー

ボーダー

●無制限(回/千円)
2.5円…26
3.03円…23
3.33円…22
3.57円…22
4.0円…19.9

初当り1回あたりの期待出玉

初当り1回あたりの期待出玉

約4010個

ボーダー

ボーダー

●無制限(回/千円)
2.5円…26
3.03円…23
3.33円…22
3.57円…22
4.0円…19.9

ユーザー評価詳細

一覧へ

  • 困った時はオーラロードで勝負

    4.33

    トウリュウ

  • 神台。

    4.67

    お座丸

  • これ打つしか無いっしょ(≧∇≦)

    4.67

    ピサロ

  • ダンバインをリアルに見ていた世代には「ダンバインとぶ」の主題歌が流れると感涙もの。初めて打ちましたが、連チャン、連チャン、また連チャンで驚きました。合計で90回以上連チャンしたのではないでしょうか。

    3.67

    @たか

  • 連チャンの爽快感、期待感は半端なし。回れば戦える台。

    3.17

    siro11

  • 楽しいのは楽しい!

    3.50

    チェリ三

  • 回れば全然打てるし粘れる!ただ店が回すはずないよね…009もそうだけど台が良くても店側がダメにする。。こういう台はもっと大切に使ってほしいですね!

    2.83

    ペガサス1.5

  • ラッシュ最高

    3.00

    パトラッシュ

  • 通常時耐えれば神台

    3.83

    あしさが

  • 今更ですがハマってます。 RASHの爽快感は半端ない。 40連とか平気でするから堪らないです

    4.00

    KZM

シリーズ機種

一覧へ

この機種の関連情報

動画

ブログ

このページのトップへ