機種情報

icon

デビルマンⅢ-悪魔ノ黙示録-

facebook twitter
デビルマンⅢ-悪魔ノ黙示録-(パチスロ)のリール配列

設置店検索

ユーザー評価

1.95
(3件)
ART 天井有
メーカー名 エレコ
機械割 98.7%〜116.1%
導入開始日 2015/11/24(火)
機種概要 4G先の未来を示す黙示録…その斬新システムを擁するエレコの「デビルマンⅢ-悪魔ノ黙示録-」が登場。
出玉の主軸は1G純増約2枚のART機能で、主な突入契機はボーナスとCZ。これだけ聞くと別段真新しさは感じないが、本機は出玉にまつわる多くの抽選が先述の黙示録を介して行われるのが最大の特徴である。

ボーナス出現率

デビルマンⅢ-悪魔ノ黙示録-(パチスロ)のボーナス出現率
●ボーナス仕様
59枚超で終了(純増約37枚)

ゲームフロー

デビルマンⅢ-悪魔ノ黙示録-(パチスロ)のゲームフロー
通常ステージから屋上ステージへの移行は高確濃厚で、ここでチャンス役を引ければCZ当選期待度がアップ。デーモンステージは、ART直当りに期待できる特殊ステージだ。ARTは後半で敵のDPをゼロにできれば継続。ARTストックやボーナスに繋がることもある。

PR動画

icon

解析情報通常時

基本・小役関連

小役確率・各種当選期待度

黙示録・基本解説

通常時はチャンス役成立で黙示録開放のチャンス。CZ中、ART中は常に黙示録が表示され、アイコンと成立役の兼ね合いで展開が大きく左右される。なお、アイコンは下から順に消化され、チャンス役などを機にアイコンが変化することもある。

小役確率・状況別

黙示録・開放に関わる各種数値

黙示録発動状態は全9種類で、発動A~Cへ移行すると各役成立時に高確率で黙示録開放抽選。状態がBやCへ移行するとなかなかAに転落しないのも特徴のひとつで、ひとたび移行すれば黙示録連続開放に期待できる。なお、黙示録閉鎖中や開放中における各役成立時の各種抽選割合はご覧の通りだ。

黙示録・閉鎖中の内部カルマアイコン昇格抽選

昇格契機はスイカとチェリーで、1段階昇格する期待度はスイカの方が上、ただし、チェリーはひとたび昇格すると以降は高確率で1つ上の色に昇格するといった特徴がある。

黙示録・開放中の抽選

黙示録開放中の同色ビッグ成立時、奇数設定&設定6はセットストックのチャンス。紫アイコン時の成立は設定を問わずストックが確定し、奇数設定&設定6は複数ストックにも期待できる。

黙示録開放中は如何にして緑以上のカルマ時にベルやチャンス役を引けるかがポイント。CZ当選後はART&セットストック、ART当選後はセットストック抽選が行われ、紫は常に激アツだ。

ボーナス・JAC IN確率

白7を狙ってハズしたJACの種類によってその後の展開が激変。JAC1なら約8分の1で7揃い炸裂となるので大チャンスだ。また、JAC2成立後はチャンス役確率が大幅アップするので、こちらもアツい。

ボーナス当選関連

ボーナス重複詳細確率

ボーナス重複期待度・小役別

最も設定差があるのは単独orチェリー重複の赤赤白ビッグ確率で、偶数かつ高設定ほど優遇。分母が大きく即効性はないが、数度確認できれば設定6の可能性が高まる。スイカの異色ビッグ重複にも設定差がある点、基本的に奇数設定ならば白白赤ビッグ、偶数設定は赤赤白ビッグが当選しやすい点も把握しておこう。

AT・ART・RT関連

当選契機

各ステージ・突入率

CZへは高設定ほど突入しやすいが、これ以上に数値差が顕著なのがART直撃高確であるデーモンステージへの突入率。設定1と6とでは7倍以上の開きが生じているので、序盤で突入が確認できた場合はしばらく打ち続けておくべきだろう。

自力当選ゾーン

ゾーン中当選契機

CZ「崩壊STAGE」・基本解説

CZは最大30Gで、消化中は味方アイコンで小役を引ければ敵アイコンが消滅。敵アイコン時はやはり小役成立でバトル発展を回避でき、CZが長引くほどART期待度は高まっていく。もちろん、早期バトル発展でもチャンスあり。メーター色と対戦相手に要注目だ。

icon

解析情報ボーナス時

基本・小役関連

基本解説

ボーナス・基本解説

普段お目にかかるのは基本的に異色ボーナスのサバトチャンス。消化中は帯の色が変化するほどART当選に期待でき、7揃いはその時点でARTが約束される。同色7揃いやBAR揃いはART確定&デビルボーナスが発動。後者はプレミアムで、ART大量ストックが見込める。

2部構成のART・基本解説

前半はDPアイコン時にベル、後半はデビルマンアイコン時にベル&敵アイコン時にリプレイを引きまくるのが理想。チャンス役にはメリットがあり、例えば前半DPアイコン時なら大量DP獲得、後半敵アイコン時の成立は攻撃への切り替えなどが発生する。なお、ART中は異色ボーナスでもデビルボーナスとなる。

黙示録・基本解説

通常時はチャンス役成立で黙示録開放のチャンス。CZ中、ART中は常に黙示録が表示され、アイコンと成立役の兼ね合いで展開が大きく左右される。なお、アイコンは下から順に消化され、チャンス役などを機にアイコンが変化することもある。

小役確率・各種当選期待度

小役確率・状況別

AT・ART・RT当選関連

サバトチャンス・状態アップ率

サバトチャンス・ART当選率

AT・ART・RT中・上乗せ&ボーナス関連

ボーナス重複期待度・小役別

最も設定差があるのは単独orチェリー重複の赤赤白ビッグ確率で、偶数かつ高設定ほど優遇。分母が大きく即効性はないが、数度確認できれば設定6の可能性が高まる。スイカの異色ビッグ重複にも設定差がある点、基本的に奇数設定ならば白白赤ビッグ、偶数設定は赤赤白ビッグが当選しやすい点も把握しておこう。

DP減算抽選・ゼノンバトル

DP減算抽選・シレーヌバトル

DP減算抽選・サイコジェニーバトル

DP減算抽選・カイムバトル

DP減算抽選・ザンバトル

DP減算抽選・サタンバトル

DP減算抽選・アラクネバトル

DPアイコン獲得抽選・ART準備中&アーマゲドン

ボスDP抽選・成立役別

バトル・オブ・アポカリプス中のアイコン出現率

アモンバトル・各種数値

ボーナス終了後

モード関連

黙示録発動モード移行率・サバトチャンス後

icon

設定推測ポイント

内部状態・モード関連

サバトチャンス・状態アップ率

ボーナス関連

ボーナス重複詳細確率

ボーナス重複期待度・小役別

最も設定差があるのは単独orチェリー重複の赤赤白ビッグ確率で、偶数かつ高設定ほど優遇。分母が大きく即効性はないが、数度確認できれば設定6の可能性が高まる。スイカの異色ビッグ重複にも設定差がある点、基本的に奇数設定ならば白白赤ビッグ、偶数設定は赤赤白ビッグが当選しやすい点も把握しておこう。

各ステージ・突入率

CZへは高設定ほど突入しやすいが、これ以上に数値差が顕著なのがART直撃高確であるデーモンステージへの突入率。設定1と6とでは7倍以上の開きが生じているので、序盤で突入が確認できた場合はしばらく打ち続けておくべきだろう。

機械割

機械割

●機械割
設定1… 98.7%
設定2… 99.7%
設定3…102.3%
設定4…105.4%
設定5…110.3%
設定6…116.1%

icon

天井ゾーン止め時

狙い目ゾーン・天井・止め時

天井突入条件

1…ボーナス&ART間999G+前兆。2…ART間1666G+前兆。

天井仕様

ARTに突入。

リセット仕様

リセット時 天井までのゲーム数…クリア。 黙示録発動状態…再抽選。 液晶ステージ…街ステージ。 カルマアイコン…再抽選。 プチRT…クリア。 電源OFF/ON時 天井までのゲーム数…引き継ぐ液晶G数は0に。 黙示録発動状態…再抽選。 液晶ステージ…街ステージ。 カルマアイコン…再抽選。 プチRT…引き継ぐ。

icon

打ち方朝イチ

打ち方・小役

打ち方&チャンス役の停止型

●千円(50枚)あたりの平均消化ゲーム数…41.5G

まずはBAR絵柄を目安に左リールにチェリーを狙い、上段までスイカを引き込んだ時のみ中リールにもスイカをフォローすればOK。チャンスチェリーやチャンスリプレイ時はリールがフラッシュするので、見逃す心配はない。

ユーザー評価詳細

一覧へ

  • 最近はこの台ばかり状態の見極めが難しい

    3.00

    タナトス

シリーズ機種

一覧へ

この機種の関連情報

動画

ブログ

このページのトップへ