機種情報

icon

パチスロおそ松くん

facebook twitter

設置店検索

ユーザー評価

3.00
(3件)
ART 天井有
メーカー名 D-light
機械割 97.8%〜119.2%
導入開始日 2017/04/17
機種概要 4号機時代に爆裂機として人気を集めた「パチスロおそ松くん」がA+ART機として登場する。
出玉増加のメインとなるARTは純増約2.0枚(ボーナス込み)。ART開始時に突入するおそ松チャンスは最高継続率89%となっており、ゲーム数上乗せ特化ゾーンへの契機のひとつにもなっている。約300枚を獲得できるボーナスも搭載されているなど、大量獲得への夢を多くの面から感じられる1台だ。

ボーナス出現率

ゲームフロー

icon

演出情報

共通

三種の試練の法則

ドキドキシェーフォール中の演出期待度(一部)

CZ中の演出出現率とART期待度

演出法則集

通常時

ミッションと三種の試練出現率と期待度

上表の数値はあくまでも演出そのものの成功期待度。ベル以上の小役を引いた場合は成功が確定するため、期待度の低いミッションや試練でも成功の可能性は十分にある。

高確示唆演出

基本解説

ステージと宝玉ミッション発生期待度

W宝玉システム紹介

宝玉はレア役以外に111Gや222Gといったゾロ目ゲーム数でも獲得できる。
宝玉が貯まっている時はもちろん、ゾロゲーム数は最低でも宝玉を獲得、CZやART当選のチャンスでもあるため、狙い目だ。とくに、111G、333G、666Gは各種抽選が優遇されているぞ。
また、宝玉ミッションで宝箱を獲得した次のゲームにレア役が成立した場合は、ART直撃の可能性がある。

CZの突入契機と概要

三種の試練のART期待度は約20%とやや低めだが、40%弱でドキドキシェーフォールへと突入するため、失敗してもチャンスが続く可能性がある。

AT・ART・RT中

ART中の法則

おそ松チャンス中の演出

おそ松チャンス中は毎ゲーム演出が発生し、六つ子の発見期待度を示唆。
絵合わせは、成功すれば2人以上の発見が濃厚となる高期待度の演出となっている。

ART中の演出出現率と各種期待度

おそ松チャンス中の演出と期待度

シェーラッシュ中の演出期待度

基本解説

おおまかなARTの紹介

六つ子の発見人数が3人以下の場合は、継続率と発見人数に応じて継続か終了かを抽選。
4人&5人発見時は継続以上が確定となるだけでなく、おそ松チャンス自体の継続率アップ抽選をおこなっている。
また、1人も発見できなかった場合はシェーラッシュ以上確定!?

強力な上乗せ特化ゾーンを紹介

倍倍シェーラッシュ突入時の初期配当は5だが、シェーラッシュから昇格した場合は獲得していたゲーム数を初期配当として引き継ぐため、大量上乗せのチャンス。
ちなみに、倍率はどちらの場合も共通で1からのスタートとなる。

ファイナルザンスはART引き戻しのチャンス

ART中のバトルと勝利時の報酬

ボーナス中

ボーナス中の演出期待度

基本解説

ボーナス紹介

ボーナスを引くタイミングは超重要。とくにART中はタイミングによってはおそ松チャンスと倍倍シェーラッシュのダブル継続率89%が確定となるなど、大量出玉への足がかりとなり得る。上記のタイミングでボーナスを引けた場合は、おおいに期待したいところだ。

プレミアム演出

ロングフリーズの確率と恩恵

icon

解析情報通常時

基本・小役関連

基本解説

宝玉ミッション発生確率

通常時の宝玉獲得のメインとなる宝玉ミッションは内部状態によって発生確率が大きく異なる。
高確中なら約1/6で発生となるため、高確濃厚となるお城前に移行した場合は、毎レバーに気合いを込めよう。

小役確率・各種当選期待度

小役確率

モード関連

内部モードとテーブルでゾロ目ゲーム数の恩恵を決定

ゾロ目ゲーム数到達時の恩恵は、3種類のモードによって決められる24種類のテーブルによって決定。 ART当選に大きく関わるモードのため、しっかりとチェックしておこう。

設定変更時は設定の奇偶に多少影響を受けるが、ART終了時は全設定共通で抽選される。
モードCは111Gが天井となるテーブルYとZの選択率が約66%もある強力なテーブル。さらに、約80%でループするため、1度選ばれてしまえば同一モードをロングループする可能性も十分にある魅力的なモードとなっている。
ちなみに、上表の抽選がおこなわれないゾロ目ゲーム数ではCA玉を獲得するため、いずれのゾロ目もチャンスであることに変わりはない。

内部状態関連

高確上乗せモードの昇格抽選

高確ゲーム数の加算

基本的にLOWは中央広場、MIDDLEは歓楽街、HIGHはお城前に滞在している。
モードによって小役当選時に獲得できる高確ゲーム数に差があるため、上位のモードほど高確期待度がアップ=ミッション当選率もアップといった仕組みだ。

裏モード移行抽選

内部状態には、高確上乗せモードを管理する裏モードというものも存在。裏モードが高いほど高確上乗せモードが転落しにくいため、結果的にミッションの発生やCZ、ARTの当選に期待が持てるといった仕組みとなっている。

高確上乗せモードの転落

滞在している裏モードに応じて、リプレイ成立時に高確上乗せモードの転落抽選をおこなう。
上位の裏モードほど転落しづらいため、ミッションの多発など、裏HIGH滞在が望めるような場合はしばらく遊技を続けたい。
ちなみに、ミッション中や宝箱開放中、CZやRT状態中は転落抽選をおこなわないため、このタイミングはリプレイをどれだけ引いても転落の心配はない。

ボーナス当選関連

小役同時当選時のボーナス選択割合

AT・ART・RT関連

三種の試練はエピソード発生のチャンス

三種の試練の最終ゲームでは、各試練の成否に応じた報酬の抽選と小役によるエピソード発生の抽選をおこなっている。短い区間ではあるが、レア役を引けたらエピソードの発生に期待しよう。

当選契機

CZ玉MAX時のART抽選

通常時の宝玉獲得のメインとなる宝玉ミッションは内部状態によって発生確率が大きく異なる。
高確中なら約1/6で発生となるため、高確濃厚となるお城前に移行した場合は、毎レバーに気合いを込めよう。

ゾロゲーム数のレア役はチャンス

三種の試練中の抽選詳細

3回の試練で獲得した勝利ポイントの合計で、獲得する恩恵を抽選。3つ合わせて3ポイントに達すればおそ松チャンス(ART)当選が確定し、4ポイント以上なら倍倍シェーラッシュ直撃が確定する。
2ポイント以下でもドキドキシェーフォール(CZ)のチャンスがあり、CZに非当選でもCZ当選に関わる裏モードや高確上乗せモードのアップ抽選をおこなっている。

自力当選ゾーン

宝玉ミッション中の抽選

CZ中のART抽選

icon

解析情報ボーナス時

AT・ART・RT中・上乗せ&ボーナス関連

倍倍シェーラッシュ中の配当&倍率獲得抽選

ART中の上乗せ抽選

シェーラッシュ中の上乗せ&昇格抽選

おそ松チャンス中・六つ子発見抽選

6G間で4人見つけられれば、少なくともおそ松チャンスの継続は確定。つまり、ベルのみでも4回でOK。レア役が1回でも絡めば、継続以上の可能性はぐっと高まる。
3人以上の発見が確定となる強トト子や強チャンス目を引いた際は、是が非でも倍倍シェーラッシュをものにしたいところだ。
ちなみに、おそ松チャンス中にボーナスを引いた場合は問答無用で倍倍シェーラッシュ突入が確定する。

おそ松チャンスの発見人数別抽選

発見人数による抽選は継続率不問でおこなわれるが、非継続時の復活抽選は継続率が高いほど優遇されている。89%継続なら約80%で継続となるため、ツールドおフランスへ移行する前から十分な出玉やゲーム数の獲得に期待できる。

ゲーム数の直乗せ抽選

ART中のバトルは特化ゾーンのチャンス

ART中も三種の試練はチャンス

準備中の宝箱獲得抽選

宝箱開放時の恩恵

icon

設定推測ポイント

その他

CA玉の振り分け

高設定に期待できる(確定)パターン

小役確率関連

基本的には松をカウント

ボーナス関連

ボーナス関連の設定推測ポイント

松とボーナスの同時当選は約0.9%〜約2.4%(設定1〜6)と、2.6倍ほどの差があることも合わせて覚えておこう。

AT・ART・RT関連

ART復帰時の倍倍シェーラッシュ突入率

icon

天井ゾーン止め時

狙い目ゾーン・天井・止め時

天井突入条件

第1天井…ART間666G消化。第2天井…ART間999G消化。

天井仕様

第1天井…CZorARTに突入。第2天井…ARTに突入。

リセット仕様

天井ゲーム数…短縮抽選をおこなう。内部状態…高確移行抽選。ステージ…中央広場。

ヤメ時・狙い目

ゲーム数・モード・内部状態

ヤメ時となるゲーム数の目安

ゾロ目ゲーム数はCZやART直撃の可能性があり、111G、222G、333Gはテーブルを問わず選択される可能性が高いため、狙い目のひとつだ。
また、111GでARTもしくは倍倍シェーラッシュに当選した場合はモードCの期待度が大幅にアップ。モードCは約80%でループするため、確認した場合は最低でも111Gまでは回そう。余裕があれば333Gまで回しておくと、モードBとCで振り分けの多いART直撃までしっかりとフォローできる。

icon

打ち方朝イチ

打ち方・小役

打ち方とレア役の停止形

朝イチ・宵越し

設定変更時の挙動

設定変更時はゲーム数と試練玉、CA玉がそれぞれ抽選され、内部的に見た目よりも多い状態からスタート。
仮に試練玉2個を内部的に持っていた場合、見た目上は0スタートだが、1つ獲得した時点で三種の試練が発動する。このため、試練玉やCA玉の獲得個数などがズレてCZやARTが発動したり、数十ゲームしか回していない状態でゲーム数がズレていた場合でも、据え置き確定となるわけではない。

このページのトップへ