ヘルプ

パチスロひぐらしのなく頃に祭2の発表会/内覧会レポート

発表会/内覧会レポート
パチスロひぐらしのなく頃に祭2

2020年10月21日、株式会社オーイズミは新台『パチスロ ひぐらしのなく頃に祭2』のオンライン発表会を開催した。

 

 

 

 

完走型ARTを搭載し、ゲーム性は初代を完全再現!

本機は完走型のART(純増約1.0枚)を搭載したA+ART機で、ボーナス合算確率は約1/197~約1/173。

 

5号機シーンでの技術介入を浸透させ、多くのユーザーを虜にした『パチスロ ひぐらしのなく頃に祭』のゲーム性や技術介入、リール制御などを完全再現していることが本機最大の特徴となる。

 

 

 

 

本機のゲーム性は3種類のボーナスとARTを絡めて出玉を増やす初代のシステムを再現し、ART突入か転落かを決定するお馴染みのCZ「運命分岐モード」も同様に搭載している。

 

「オヤシロボーナス」と「ひぐらしボーナス」は必ずARTへ突入するため、初当り時の期待枚数は「オヤシロボーナス」なら約420枚、「ひぐらしボーナス」は約370枚、「富竹ボーナス」は必ずARTに突入するわけではないため、約150枚の初当り期待枚数となっている。

 

 

 

 

新要素「回避ナビポイント」を搭載!

 

 

さらに今作では、「運命分岐モード」中の転落回避ナビ発生率に関わる「回避ナビポイント」を新搭載し、ボーナス中のビタ押し成功時やボーナス終了後に突入する「カケラ紡ぎ」で回避ナビポイントを獲得。「富竹ボーナス」後でも回避ナビポイントを100%獲得できればART突入確定となる。

 

また、回避ナビポイント超高確率ゾーンの「カケラ回想」も新たに搭載し、突入時はARTストック&回避ナビポイント大量獲得のチャンスとなる。

 

 

リール制御や新規書き下ろし映像など魅力満載!

 

 

中押しで全役をフォローできるリール制御はそのままに、『パチスロ うみねこのなく頃に』のリール制御も採用したことにより、中リール枠下白7狙いの「ひぐらし打ち」、中リール青7狙いの「ひぐらし打ち」と、遊技性の幅が広がった点も本機の魅力の1つとなっている。

 

また、演出はすべて新規書き下ろし映像となっていることも、ひぐらしファンにとって見所の1つだろう。

 

 

 

 

導入日

6号機でありながら初代に匹敵する最高のスペックを搭載した『パチスロ ひぐらしのなく頃に祭2』は2020年12月導入予定

 

⇒『パチスロ ひぐらしのなく頃に祭2』公式サイト

 


 

 

このページのトップへ