お知らせ クーポン ヘルプ

来店レポート

icon

オーギヤ磐田店の来店レポート

店舗詳細
オーギヤ磐田店

実施店舗: オーギヤ磐田店 PR

実施日:2024/01/20 09:00〜22:30

全国バラエティ

 

 

4パチトータル+45万弱!
『シン・エヴァ』が絶好調!!


1月も残すところ、あと数日。「オーギヤ磐田店」の「ぱちタウンBOOST」データ調査、今回は1月20日(土)の模様をお届けする。

 

同店では2023年3月から当調査が開始されているが、その中で以下2つの大きな特徴が明らかになっている。

 

・パチスロ・パチンコ両者共に「0のつく日」「5のつく日」の稼働率が他日に比べ非常に高い

・上記該当日に、トータルプラス率が高いor突出した好成績台を数多く生み出す、同店の核となるマシンが複数控えている

 

2023年~2024年1月上旬まで、各回で採取された台データの数値は高いレベルが示されていた。前回1月15日の結果では少し息切れ感もあったものの、総じて見ればこの1ヵ月間は高水準をキープしている。今回もそこに続くことができるのか。

 

ここからは、当日に飛び出したハイスコア台の詳細にスポットを当てていこう。

『アイジャグ』が合計+3万オーバー

 

最初は20スロから見ていく。

 

2023年1月時点における同店のメインは6つのマシン。ジャグラーシリーズでは『アイムジャグラーEX』『ゴーゴージャグラー3』『ファンキージャグラー2』『マイジャグラーⅤ』、スマスロでは『スマスロ北斗の拳』、6.5号機では『パチスロ甲鉄城のカバネリ』となる。

 

まずはジャグラー4機種にスポットを当てよう。今回は4つ全てが合計ptで5桁のプラスを果たした。

 

 

+3万3千超と、今回最多の機種トータルとなったのが『アイムジャグ』40台。プラス率は65%(26台)・1,000overは18台と両者共に高く、911番台の+4千超を筆頭に+3千超×2&+2千超×7と、シマはお祭り騒ぎと言っても差し支えのない好況を誇った。

 

 

『ゴージャグ』20台は+2万が見える合計ptを達成。プラス台の割合は75%(15台)とこちらもハイクラス。また1,000overは6台、コーナートップの930番台は+4千1百超となり、その他+3千超×1&+2千超×2がカウントされた。

 

 

『ファンジャグ』20台は合わせて+1万4千超に達した。こちらのプラス率も75%(15台)と上2機種と競り合い、1,000overは7台、+3千3百超が1台&+2千超が2台と、盛況を見せた。

 

 

『マイジャグ』20台も『ファンジャグ』に迫る数字となった。当機種もプラス台の割合は75%(15台)と上3機種に肉薄、1,000overは10台と2桁を刻んだ。しかし+2千超×3と、もうひと伸びがあればさらに上の位置に行ったはず。

 

 

12月終盤から快進撃を続けていた『スマスロ北斗』20台は、今回合計ptでは首位には及ばなかった。しかしプラス5桁の維持は立派の一言。

 

プラス率は60%(12台)とジャグラーシリーズには離されたが、1,000overは8台、+5千超が2台&+4千超が3台&+2千弱が1台と、引けを取らない内容の高さを成し遂げた。

 

 

『カバネリ』14台は6機種で唯一トータルプラスに失敗。プラス台の割合が約36%(5台)と低かったのがその原因だろう。しかし上表の4台が1,000overを成就し、ナンバーワンとなる1026番台が+3千3百超と、歯が立たない状況ではなかったことが分かる。

 

今まで紹介した以外では、『スマスロモンキーターンV』745番台が+1万6千弱のメガヒット&748番台が+7千6百超と好記録が続出。その他、『SLOTとある科学の超電磁砲』972番台が+7千2百弱、『Lゴブリンスレイヤー』789番台が+5千超と、上に挙げたメイン機種にも負けない躍進となった。

『シン・エヴァ Typeレイ』が驚きの出玉

 

お次は4パチについて。

 

同店で連日に渡り他機種を抜きん出る盛り上がりを見せているのが5機種。『ぱちんこ シン・エヴァンゲリオン Type レイ』『P大海物語4スペシャル』『新世紀エヴァンゲリオン~未来への咆哮~』『P大海物語5』『P大海物語5 ブラック』の5機種となる。

 

今回は5つ全てが合計ptをプラスで終えることができた。

 

 

『シン・エヴァ Typeレイ』20台のトータルは驚愕の+27万4千超に到達! 1台あたりの平均は+1万4千弱と、とんでもない次元の高さを見せつけた。全体の75%(15台)と多数がプラス、5桁プラスは11台、最優秀の171番台が+5万8千弱に至り、下で紹介する5機種によるトップ5を独占した。

 

 

『大海4 SP』20台は合計+7万6千超の合計ptで勝利。プラス率は55%(11台)と半数強、プラス5桁は7台、さらに2台が+2万超となった。

 

 

『エヴァ15』20台はトータル+3万7千超で、平均ptを4桁で結んだ。こちらもプラスは11台と『大海4 SP』と同数字、5桁のプラス差玉は6台、その中で+2万オーバーは3台となった。

 

 

『大海5』10台の合計ptは惜しくも+1万を切った。ちょうど半分の5台がプラス、156番台が+2万1千オーバー、もう1台が+1万5千超で続いた。

 

 

『大海5』10台はトータルプラスを死守。『大海5』と同じくプラス率は5割(5台)、+2万超が1台&+1万超が2台と、上に比べても見劣り感はなかったもののマイナス台の負債額が大きかったことによりこの数値に落ち着いた。

 

 

前述した通り、主軸マシン5機種によるトップ5は『シン・エヴァ Typeレイ』が全てを占有。+6万に近づく台に続き、+4万超&+3万超が2台ずつと、この一角が出玉で溢れていたことが伝わってくる。

 

また他にも、『Pとある魔術の禁書目録2』220番台が+6万8千超弱、『e Re:ゼロから始める異世界生活 season2』264番台が+5万6千超、『Pギンギラパラダイス 夢幻カーニバル 319ver.』527番台が+4万4千弱、『スマートぱちんこ ソードアート・オンライン』258番台が+3万8千弱と、大量獲得台が量産されていた。

総括

 

ここまで、1月20日のオーギヤ磐田店における「ぱちタウンBOOST」の調査結果をお伝えした。

 

今回も20スロ・4パチのトータルデータでまとめよう。

 

20スロ全401台では勝率約45%と前回1月15日より約4%アップしたものの、その合計では惜しくもプラスに届かず、涙を飲んだ。

 

一方、4パチ374台は勝率約46%とこちらも約12%と大幅な上昇となり、合算では+44万5千弱と、リニューアルオープンで叩き出した出玉に次ぐ成果を上げることができた。

 

20スロ全体としては少し寂しい結果となったが、ここまでピックアップした台の数字を見れば、今回の「0の日」も勝機がそこかしこに秘められていた1日だったと言える。

 

早くも2024年最初の月が終わろうとしているが、同店の「ぱちタウンBOOST」によるデータ調査は1月では残り2回のレポートを予定している。1ヵ月前のリニューアルから好調を維持しており、いつまでもその調子が継続することを祈るばかりだ。

 

このレポートの関連情報

関連する店舗

icon

このレポート店舗の関連情報

特集

このページのトップへ