特集

icon

『CRF革命機ヴァルヴレイヴ』特集第2回は「通常時演出」編! ニンゲンヤメて腹を斬ったら激アツ!?

特集一覧へ
通常時リーチ演出のパターンを早くも完全網羅! チャンスアップ次第ではどんなリーチでも大当りが期待できるだけに、事前に知っておけば楽しさ倍増間違いなし!!

更新日: 2018/02/09

毎度どうも、土下座右衛門です。

 

先週末、引きこもって狩猟に勤しんでましたら、土日に1円も使わないまま月曜日を迎えてしまい「パチンコ打たなければ金貯まる一方じゃね?」と気付きました(今さら)。

 

土台無理な話ですが、ちょっと待てよ、と。

こうやって新台紹介や試打記事に注力していれば、パチンコを打ちたい欲求も薄れるわ、読者の皆さんにも多少は喜んでもらえるわで、オールウィンな気がしないでもないな、と。

 

いや、新台をホールで自腹切って打たないとか、やっぱどー考えてもありえないですね。

仕事もパチンコも、両方頑張れば何も問題ないのです! ないはずです!!

 

 

……えーと、さて、今回はSANKYOのCRフィーバー革命機ヴァルヴレイヴの通常時演出についてです。

 

 

「ニンゲンヤメマスカ」とか「ハラキリとか、原作を知らない人からすれば何事かと思うようなワードが飛び交いますが、説明すると長くなるので割愛します。気になる方はグー●ル先生にでも訊いてください。

 

 

 

 

■チャンス目ゲットで武器強化  

 

キーとなる、いわゆる「三大演出」が存在しますが、それより何より大当りに絡みやすいのは、ズバリ「出目ルギーシステム」です。

 

 

わかりやすく言えば「チャンス目前兆予告」で、その種類と出現回数によって武装レベルが上昇。高ければ高いほどアツいという、非常にわかりやすいものとなっています。

 

 

レベル5でもノーマルリーチハズレがあり、大当りを期待できるのは7が目安になるかと。ただし、信頼度的に激アツと呼べるのは9以上なので、複合する演出が重要となってきます。

 

 

チャンス目は「同図柄2個並び、3個同色、順目、中図柄V停止、語呂合わせ」の5種類。逆順目だとレベルが一気に6も上昇しますが、一番アツいのは中図柄V停止(5レベル上昇)になります。

 

それぞれのチャンス目のレベル上昇値は以下の通り。2個並びや同色には3D演出が複合することがあり、その場合はさらにレベルが1上乗せされます。

 

2個並び(青図柄)…+1

2個並び(赤図柄)…+2

3個同色(青図柄)…+3

3個同色(赤図柄)…+4

順目(1回目)………+1

順目(2回目)………+2

順目(3回目)………+3

逆順目…………………+6

中図柄V停止…………+5

語呂合わせ……………+1(次変動チャンス目出現濃厚)

 

 

「前兆」というぐらいなので、変動をまたいだ先読みでの発生がメインです。ところが、変動開始時や変動中に高レベルへと一気に跳ね上がるパターンも確認しており、そのまま当たることも珍しくありません。

 

また、通常時8個保留ゆえ、ガセ前兆がやや頻発するのは確かですが、ゆめゆめ油断なされぬよう。ボタンバイブやタイマー出現が変動開始時に起きたら、それだけで十分期待するに値します。

 

要は「先読み待ち」の機種ではないってことです。保留変化も3種類だけですしね。

 

 

 

 

■三大演出は「噛み付く・ヤメる・斬る」  

 

発生すれば大チャンスとなる三大演出は、原作でもキーとなるワードをモチーフとしたものとなっています。

 

その1 「カミツキ」

 

 

「カミツキ」とは「神憑き」であり「噛み付き」でもあり。

演出としては、主人公ハルトの表情アップから自らに噛み付くアニメーションが発生。そのまま図柄がテンパイします。

 

三大演出の中ではもっとも信頼度低めな印象ですが、図柄テンパイ時に発生することもあり、大当りするかはその後の展開次第といった感じでしょうか。

 

 

その2 「ニンゲンヤメマスカ」

 

 

ヴァルヴレイヴを操縦するためには不老体である「マギウス」となる必要があり、ハルトが初搭乗時にガイドプログラムから問われたのがこの「ニンゲンヤメマスカ?なのです。

 

液晶下部にある「ニンゲンヤメマスカ」ランプが点灯。その後は変動中ずっと3Dビジョンによる専用エフェクトがかかります。

 

変動中やリーチ後のSP発展時など、さまざまなタイミングでも発生する可能性があり、かなりの信頼度の底上げが期待できます。

 

 

その3 「ハラキリリーチ」

 

 

「ハラキリ・ブレード」は、わかりやすく言えばヴァルヴレイヴI(ヴァルヴレイヴはIからVIまであります)の必殺技です。

 

本機のリーチ演出は各種チャンスアップによって信頼度が上下します。そんな中、この「ハラキリリーチ」が偉いのは、リーチ中のチャンスアップがないこと。つまり、展開に左右されることなく発生した時点で激アツです。

 

逆に言えば、大当り濃厚となるプレミアムパターンもないので、最後まで安心はできません。ただし、信頼度はかなり高く、大当りにも絡みやすい王道演出と言えます。

 

 

 

 

■タイマー&発進演出の発生に期待!  

 

その他の注目演出ですが、リーチ前予告では最近いろんな機種で定番となりつつある「タイマー予告」がアツいですね。

 

 

タイマーがゼロになると文字が出現。「ハラキリ」や「激熱」はもちろんのこと、「ライン増加」でも十分期待できます。

 

 

リーチ後予告では「発進演出」に注目。通常パターンでもそれなりにアツいですが、「次回予告」ならさらに激アツです!

 

 

最後に付け加えておくと、レバブル(レバー振動)はどこで発生してもだいたいアツいです。

 

 

 

 

■リーチはチャンスアップ次第!  

 

前述したように、各リーチではそれぞれチャンスアップが発生します。展開不問でアツい「ストーリーリーチ」以外は、チャンスアップによる信頼度差が結構大きいようです。

各リーチのパターンをまとめておきますので、しっかり予習しておきましょう!

 

 

キャラクターリーチ

 

 

【パターン】

・ライン数……シングル/ダブル

・変動パターン……超低速/左右が同時変動

・警報発生……なし/あり/あり+ヴァルヴレイヴ出現

・ボタン連打ロゴ色変化……紫/赤/虹

・エルエルフカットイン……なし/あり/あり+レバブル

 

 

エルエルフのカットインはリーチ開始時のキャラカットインではなく、リーチ終盤の煽り時に発生(上の画像)する方です。レバブルなしでも激アツ!!

 

 

楽曲リーチ

 

 

【パターン】

・楽曲……Preserved Roses/革命デュアリズム

・ライン数……シングル/ダブル

 

 

シングルラインだと「革命デュアリズム」の方がアツいようですが、ダブルなら差はないようです。

 

 

からくり5ラインリーチ

 

 

【パターン】

・ライン数……シングル/ダブル

・群予告……なし/あり/あり(プレミアム)

 

 

直当りするには群予告の発生が必須レベル。確変潜伏中なら群なしで当たることも?

 

 

バトルリーチ

 

 

・対戦キャラ……アードライ/カイン

・ライン数……シングル/ダブル

・タイトル色……通常/フルーツ柄

・テロップ色……通常/赤

・警報……なし/あり

・役物作動……なし/あり

 

 

アードライよりもカインの方が1.5倍ぐらいアツい印象。ただし、カインは発生率が低いので、実際はアードライの方が大当りにはよく絡むかもしれません。

ライン数とテロップ色が重要で、警報と役物作動はそれほど信頼度に影響しないようです。

 

 

ストーリーリーチ

 

 

【パターン】

・タイトル……通常/フルーツ柄

・テロップ色……通常/赤

・警報……なし/あり

・役物作動……なし/あり

・当落演出……ボタン/Vコン

 

 

タイトルの赤はチャンスアップではなく、これが通常パターン。

チャンスアップが弱パターンだとしても、ほぼ影響がないぐらいアツいですが、当落演出が通常ボタンだとちょっとヤバイかも?

 

 

 

 

各演出・チャンスアップの信頼度は鋭意調査中です。おそらく、ホール導入日の3月5日(月)ぐらいにはお披露目できるんじゃないかなーと。

 

次回更新は2月9日(金)、「革命の刻」&「革命RUSH」の演出を中心に紹介していきます。

 

 

 

第1回「スペック」編へは コチラ から。

第3回「電サポ時演出」編へは コチラ から。

 

 

 

 

 

 

※掲載した数値及び情報はDMMぱちタウン独自調査によるものです。

©SUNRISE/VVV Committee,MBS

icon

この記事の関連情報

icon

関連する機種

このページのトップへ