ヘルプ

パチンコ・パチスロ特集

君は、パチンコ生まれの最新競技「iスポーツ」を知っているか?

特集一覧へ
パチンコホールから世界へ。日本発祥の新競技「iスポーツ」の秘密に迫る!

更新日: 2021/05/14

 

 

世の中にはさまざまなスポーツの形があります。

 

野球、サッカー、ラグビー、テニス、バスケットボール……etc。身体を動かすスポーツだけではありません。昨今話題のeスポーツもあれば、チェスや将棋が頭脳のスポーツと呼ばれることもありますよね。

 

昨年末、そんなスポーツの世界に産声を上げた日本発祥の新競技が「iスポーツ」です。では iスポーツとは、いったいどんなスポーツなのか。iスポーツの公式サイトにはこう書かれています。

 

 

 

 

そう、パチンコ由来のスポーツなんですね。

 

なるほど……と思った後に、なぜパチンコ機の取付けスピードを競わせようと思ったんだろう。そんな素朴な疑問が浮かぶはずです。

 

そして次に浮かんでくるのは、当然こんな疑問でしょう。

 

「i」ってなんだ?

 

パチンコ(pachinko)由来なら「pスポーツ」が自然ですし、取付け(toritsuke)のスピードと正確性を競うなら「tスポーツ」という線もあったはず。

 

それなのに、なぜ「i」?

 

偏見かもしれませんが、頭に「i」がつくものといえば、iPad、iPhone、iモードなど、インターネットやデジタルに関連するものと相場がきまっているんです。ええ、間違いなく。

 

とにかく、まだ生まれたてのスポーツなので、疑問がいっぱい。そんな謎多き iスポーツについて、代表理事の大原弘氏にお話をうかがってきました。

 

 

一般社団法人 日本iスポーツ機構 代表理事

大原 弘


パチンコ業界歴約20年。オンライン囲碁とウォーキングが趣味。

 

 

iスポーツが生まれるきっかけ

 

「まずは、 iスポーツを立ち上げようと考えたきっかけを教えていただけますか?」

 

「閉店後にホールスタッフの皆さんが遊技機の入れ替えをしますね。私、あれを見て、せっかく皆さんが頑張って作業されているでしょ。新台入れ替えのたびに発生する作業をするうえで、何かはげみになるようなことがないかなと考えたんですね」

 

 

iスポーツ立ち上げを思いついたきっかけを、キラキラした目で語る大原氏。

 

「ルールを決めて競技化しましてね、賞金を獲得できるような場を作れば、頑張って技術を向上させて賞金を稼ぐぞと。そんな現場のやる気につながればいいと思ったんですよ。その結果、取付けのスピードが速くなれば、台の入れ替えにかかる時間も抑えられますしね」

 

なるほど。まずはホールの現場スタッフに光を当てたいという想いからだったんですね。

 

そして、賢明な読者の皆さまならお気づきでしょう。大原氏のコメントの中に何度か出てきた「入れ替え(irekae)」。これが iスポーツの「i」に違いないと。

 

そろそろ正解をうかがいますか。

 

「すみません。ちょっと気になったんですが、iスポーツの『i』って何なんでしょうか」

 

「ああ、それはですね。『遊技機の取付け』を競技化したものですので『取付け』の英訳、『install(インストール)』の『i』です」

 

インストール!!!  想定外の由来!

 

あ、もちろん入れ替えの「i」も含まれているとのこと。半分正解でしたね。

 

iスポーツの祭典「GENNOUカップ」

 

そんな iスポーツのお披露目会ともいえる「GENNOUカップ」が、5/15(土)に開催されます。

 

 

 

 

優勝賞金 20万円! 程よく生々しい賞金額でいいじゃないですか。

 

さて、大会名にもなっているGENNOUというワード。耳慣れないかもしれませんが、漢字で「玄翁」と書きます。カナヅチの一種で、パチンコ機を取付ける際に使用する道具のことなんですね。

 

ちなみに玄翁という名前は、「人々に悪さをする殺生石をカナヅチで叩きこわした玄翁和尚」に由来するそうですよ。うん、ぶっそうぶっそう。

 

「iスポーツを象徴するものって何かなと考えましたらね、やっぱり玄翁ですよ。取付けの際に必須の道具ですから。そしてね、iスポーツの競技者全般を『Genner(ゲンナー)』と呼称することにしています」

 

eスポーツをやるのはGamer。iスポーツをやるのはGennerとおぼえてください。

 

「Gennerは本名で活動する必要はないんです。実はね、私にもGennerネームがありましてね」

 

そう言って、おもむろに立ち上がりポーズをとる大原氏。

 

 

「パッション・ヒロです!」

 

あ、はい…そうなんですね。なんかそうなんじゃないかなあと思っていました。

 

 

 

さて、GENNOUカップなどの各種 iスポーツ競技大会に出場するための資格として、「iスポーツ健康アドバイザー」。さらにその上級資格として、競技大会の審判やインストラクターとして参加できる「iスポーツ健康マスター」が用意されているとのこと。

 

まずは iスポーツ健康アドバイザーの資格を取って、第2回GENNOUカップに備えてみてはいかがでしょうか。

 

資格取得は公式サイトから申し込めますので、気になった方はのぞいてみてください。

 

 

公式サイトではiスポーツの基礎知識が学べる動画も公開中!

 

 

さてここからは、iスポーツのルールと競技の流れをざっくり紹介していきます。

 

「大前提として、取付けのスピードを最も重視します。取付けのタイムを競うわけですね。つぎに正確性。設置した際の傾きを測定して、ベストの垂直からどれだけ傾いているかを算出します。それをタイムに換算し、ペナルティとして追加すると」

 

ルールを決定するまでにはいろんな議論があったそうですが、シンプルにわかりやすいタイム勝負に落ち着いたそうです。

 

競技の流れはこんな感じ。

 

 

競技用に用意されたシマから
台枠ごとパチンコ機を一旦取り外す

 

 

パチンコ機を台枠から外す

 

 

角度を意識しながら台枠を再びシマに固定する

 

 

パチンコ機を設置して電源を入れる

 

この一連の流れのスピードと台固定の正確性を競うわけです。

 

競技の流れとルールの詳細は後日、GENNOUカップの激闘の模様を紹介する記事をアップするので、そこでチェックしてください。

 

いつかは世界中にiスポーツの輪を広げたい

 

コロナ禍に産声を上げた iスポーツ。第1回GENNOUカップ開催に至るまでの道のりは、決して平坦なものではなかったと思います。

 

せっかくパチンコに関連するスポーツが生まれたわけですから、今後どう発展していくのか見守っていこうじゃないですか。

 

ちなみに、4月末の時点で iスポーツ健康アドバイザーの資格取得者数は100名を超え、日々増加中とのこと。

 

 

「いずれは世界に iスポーツを広めていきたいんですよ。そして、プロGennerがお茶の間の人気者になる日が来ればいいですね」

 

遠くを見つめながら、そう語るパッション・ヒロ氏。

 

荒唐無稽な与太話だと人は笑うかもしれません。

 

でも、いつかそんな世間の認識を入れ替えて、新しい常識をインストールしてしまえばいいんですよ! アーイ、ア、アーイ、エヴィバディパッション!

 

このページのトップへ