ヘルプ

パチンコ・パチスロ特集

【ひぐらし祭2狙い目解説!】天井期待値・狙い目・恩恵・ハイエナ条件を徹底網羅!

特集一覧へ
技術介入機としてのイメージが強い『パチスロひぐらしのなく頃に祭2』(オーイズミ)。そのため天井狙いが盲点になっているものの、正しい知識があればそれなりに美味しい思いをできることも!

更新日: 2021/09/16

 

ひぐらし2天井1

 

 

パチスロひぐらしのなく頃に祭2』の天井情報を総まとめ。少しクセのある手順だけに、これを機にしっかりと身につけておこう。

 

 

天井CZ発動条件

 

ひぐらし2天井2

 

天井発動条件
項目 内容
天井発動条件 運命分岐モード(CZ)終了(失敗)後200Gor400G消化
※天井ゲーム数は運命分岐モード失敗時のリプレイ時に
技術介入成功で200G、失敗した場合は400G

 

 

天井の発動条件は、前回の運命分岐モード(CZ)終了から200Gor400G消化。

 

前回CZ終了時のビタ押しに成功すれば200G、失敗した場合は400Gで発動する。

 

発動するのはあくまでもCZであり、ART「運命の解」に必ず突入するわけではないことを覚えておこう。

 

運命分岐モードの詳細はコチラ

 

 

◇有利区間の点灯/消灯タイミング

 

ひぐらし2天井3

 

 

有利区間ランプは、クレジット表示の左上の小さいランプ。通常時は基本的に消灯している。

 

■有利区間ランプ点灯条件

ボーナス揃い時またはCZ突入時。あくまでも点灯のタイミングであって、ランプ消灯中でも、それ以前から有利区間には突入している。

 

■有利区間ランプ消灯条件

ほとんどの場合、CZ失敗時に有利区間ランプは消灯するが、以下の条件を満たした場合は有利区間が引き継がれる。

 

1 CZで1度もARTに突入せず→有利区間が必ず継続

2 CZで1回以上ARTに突入→33%で有利区間継続

 

引き継がれた有利区間は50Gor100G消化で終了するが、その間にボーナスを引いて再びCZに突入すると、前回の回避ナビポイントと「カケラ回想」発動までのゲーム数を引き継ぐのでチャンスとなる。

 

設定変更(リセット)時は非有利区間になり、同一有利区間内で1500G消化or2400枚獲得しても非有利区間に移行するが、すぐさま有利区間に突入する。

 

 

◇設定変更時の挙動 / 電源OFF→ON時の挙動

 

設定変更後 / 電源OFF→ON時 詳細
項目 設定変更後 電源OFF→ON
CZまでの
残りゲーム数
引き継ぐ 引き継ぐ
内部状態 再抽選 引き継ぐ
有利区間 非有利区間へ 引き継ぐ
ステージ 鬼隠し 鬼隠し

 

 

特筆すべきは設定変更(リセット)時の、天井CZまでのゲーム数だ。普通はクリアされそうなものだが、本機の場合天井の対象があくまでも(出玉増減に直接的には関係ない)CZなため、リセットされてもそのまま引き継ぐ。

 

 

ひぐらし2天井4

 

 

天井恩恵

 

ひぐらし2天井5

 

天井到達時の恩恵
項目 内容
天井到達時の恩恵 CZ突入

 

 

天井到達でCZに突入。

 

重ねて言うが、あくまでもCZであり、必ずARTに突入するわけではない。

 

 

天井期待値&狙い目

 

天井期待値は、自身の目押し力次第で機械割が激変するゲーム性のため詳細算出は不可能。ただし、いずれにせよそこまで期待値は高くない。

 

次回CZまで50Gを切っているなら、等価交換・5.6枚(現金投資/持ちメダル)交換ともプラスに期待できると思われるので、この次回CZまで50Gを狙い目ラインとしよう。

 

50G切りというと随分厳しい条件に見えるが、そもそも天井恩恵自体が弱いので妥協する必要はなし。

 

 

天井到達までの想定投資額・想定時間

 ひぐらし2天井6

 

最大天井到達までの想定投資枚数&想定時間
打ち始めG数 投資枚数 時間
0G〜 約600枚 約30分
50G〜 約550枚 約25分
100G〜 約450枚 約21分
150G〜 約400枚 約18分
200G〜 約300枚 約14分
250G〜 約250枚 約11分
300G〜 約150枚 約7分
350G〜 約100枚 約4分

※投資枚数…50枚あたり39Gで算出
※想定時間…1分あたり14Gで算出
※前回CZビタ押し失敗時のもの。成功時は、失敗時の200G経過時点から打ち始めると考えればOK

 

 

最大でもCZ間400Gなので、大した金額にはならない。

 

想定時間は打ち方もポイントとなってくる。推奨するのは最も高機械割に期待できる「中押し白7狙い」だ。

 

マシンの性格上、本機のシマは上級者がひしめき合っているケースも少なくないわけで、その中で効果がやや控え目な天井狙いをするのだから、やはり万全を期す必要がある。

 

すべてのリールを目押しするケースも多く、現役マシン屈指の“1Gを4.1秒内に収めるのが難しい台”だけに、表内の目安はあまりアテにせず、自身の消化能力と相談した方が吉。表内数値は「ひぐらし祭2上級者」のものだ。

 

打ち方詳細はコチラ

 

 

ヤメ時

 

CZ失敗後に、有利区間ランプ消灯を確認してから即ヤメでOK。ランプが継続して点灯している場合は粘ってみるのもアリだ。

 

なお本機は設定示唆系の演出も多いので、設定4以上確定画面が出ていたら、時間の許す限り目押し力を駆使して打ち続けよう。

 

画面系の設定示唆の詳細はコチラ

 

 

まとめ

 

ひぐらし2天井7

 

 

“CZまで残り50Gを切っていたら打ち始める”という条件が曲者の本機。それが前回CZ時のビタ押し次第で、150G~なのか350G~なのかが変わってしまうからだ。そのうえ天井恩恵も弱い。

 

というわけで本機の天井狙いは

 

・(そもそもの機械割が高い機種だけに)打ち始める時のきっかけにすぎず、天井狙い終了後も打ち続ける

・天井狙いをしつつ、むしろ主目的は目押し力の向上

・未練打ち

 

など、天井狙い以外の要素も含んでおくのが正解だろう。

 

 

この記事の関連情報

関連する機種

このページのトップへ