ヘルプ

パチンコ・パチスロ特集

マジハロ8(マジハロToT)の設定差は【これを見ればOK!】同時当選・スランプグラフ・モード

特集一覧へ
有利区間3000G対応機種として注目された『マジカルハロウィン~Trick or Treat!~』の設定差があるポイントを徹底網羅。本まとめをチェックして立ち回りに活かそう。

更新日: 2021/11/27

 

 

マジハロシリーズ最新機種『マジカルハロウィン~Trick or Treat!~』の設定差のあるポイントが出揃ってきた。高設定のシグナルを見逃さないようにしっかりチェックしよう!

 

 

機械割

 

機械割
設定 数値
1 97.3%
2 98.4%
3 100.0%
4 103.2%
5 105.1%
6 107.0%

 

 

本機は最高設定の機械割でも107.0%ゆえに機械割自体が高い機種ではない。設定狙いなら最低でも設定5以上は必要だろう。

 

 

設定差のある小役

 

設定差のある小役確率
設定 共通3枚コイン 共通8枚コイン
1 1/107.8 1/106.4
2 1/103.5 1/102.2
3 1/99.6 1/98.4
4 1/92.6 1/91.5
5 1/86.5 1/85.6
6 1/76.4 1/75.8

 

 

カウントするべき小役は共通の3枚コインと8枚コイン。ただし、通常時は判別できないので、ART中のみカウントしよう。なお、弱チェリーにも設定差があるが、僅少なので設定推測ポイントにしなくてOKだ。

 

 

ボーナス同時当選期待度

 

ボーナス同時当選期待度
設定 リプレイ 共通
3枚コイン
共通
8枚コイン
弱チェリー
1 0.4% 1.3% 2.6% 3.0%
2 0.4% 1.3% 2.5% 3.2%
3 0.4% 1.2% 2.4% 3.5%
4 0.5% 1.1% 2.2% 4.0%
5 0.5% 1.1% 2.1% 4.2%
6 0.5% 0.9% 1.8% 4.4%

 

実質のボーナス確率
設定 リプレイとの同時当選 弱チェリーとの同時当選
1 1/2730.7 1/2730.7
2 1/2520.6 1/2520.6
3 1/2340.6 1/2340.6
4 1/2048.0 1/2048.0
5 1/1927.5 1/1927.5
6 1/1820.4 1/1820.4

 

 

ボーナス同時当選期待度自体は高くはないが、実質のボーナス確率で見ると上表のようになる。完璧に見抜くのは中々難しいかもしれないが注視しておこう。

 

ちなみに共通3枚コインのボーナス同時当選実質確率は1/8192.0、共通8枚コインのボーナス同時当選実質確率は1/4096.0。全設定共通だ。

 

 

ART中のハズレ確率

 

ART中・ハズレ確率
設定 確率
1 1/8192.0
2 1/5461.3
3 1/4096.0
4 1/2730.7
5 1/2340.6
6 1/2048.0

 

 

ART中に小役狙いをして何も揃わなければそれ即ちハズレ。一度でも出現すれば期待が持て、数回出現すれば設定4以上の可能性が高まるといったところか。

 

 

カボモードと結界モード移行率

 

リプレイ契機でのカボモード・結界モード移行率
設定 カボモード 結界モード
1 0.8% 0.3%
2 1.5% 0.5%
3 3.2% 1.1%
4 6.0% 2.0%
5 6.6% 2.2%
6 8.8% 2.9%

 

  

ボーナスや天井到達時にカボモードに滞在していればカボチャンス確定、結界モードに滞在してれば結界防衛ゾーンが確定する。カボモード、結界モードともに高設定ほど移行しやすい。

 

なお、示唆演出はこちらをチェック!

 

 

ボーナス確定画面&終了画面

 

 

 

 

ボーナス確定画面と終了画面のアリスインワンダーランドは設定示唆をしている。確定画面のみだと「高設定示唆」。終了画面のみだと「設定1否定」、両方の場合は「設定5以上確定」となる。

 

 

REG開始時の季節

 

 

 

ART中のREGは背景の季節に注目! どの季節から始まるかで設定差が設けられているので要チェックだ。

 

 

REG開始時の季節振り分け
設定
1 12.50% 37.50% 25.00% 25.00%
2 12.50% 25.00% 37.50%
3 15.63% 35.62% 23.75%
4 18.75% 22.50% 33.75%
5 21.88% 31.88% 21.25%
6 25.00% 20.00% 30.00%

 

 

春スタートは高設定ほど優遇。夏スタートは奇数示唆、秋スタートは全設定共通、冬スタートは偶数示唆となるぞ。なお、REG2回目以降は1回目で選択された次の季節からスタートとなるので、勘違いしないように注意。

 

 

獲得枚数表示

 

 

獲得枚数は250枚刻みで250、500と表示されるが、ここでも設定示唆が存在する。「222枚突破!」が出現すれば設定2以上、「444枚突破!」が出現すれば設定4以上、「666枚突破!」が出現すれば設定6確定となる。

 

 

まじかるちゃんす発生率

 

BIG中のまじかるちゃんす発生率に設定差があるので要チェック!

 

 

[BIG中]レベル別・まじかるちゃんす発生率
設定 レベル0 レベル1 レベル2 レベル3 レベル4
1 1/1000 1/252 1/58 1/42 1/32
2 1/811 1/248 1/58 1/42
3 1/520 1/227 1/58 1/42
4 1/334 1/145 1/50 1/37
5 1/300 1/138 1/50 1/37
6 1/257 1/128 1/50 1/37

 

 

レベルによって発生率が異なるが、まじかるちゃんすレベルが「0」と「1」滞在時でかなりの設定差が設けられている。REGは全設定共通1/20なので注意。

 

 

まじかるちゃんすレベル振り分け
レベル スイカ契機以外 スイカ契機
通常中 高確以上 通常中 高確以上
0 99.6% - - -
1 - - 75.0% -
2 - 93.8% 23.4% 81.3%
3 - 4.7% 0.8% 12.5%
4 0.4% 1.6% 0.8% 6.3%

 

 

まじかるちゃんすのレベル振り分けについては上表の通り。レベルはスイカ契機かそれ以外か、また通常状態か高確かによって異なってくる。

 

例えば、あきらかに高確でなくスイカ以外の契機でBIGに当選したのにまじかるちゃんすが発生したとなれば高設定に期待が持てる…ということになる。

 

 

実戦データ

 

設定6

 

 

 

設定6・実戦データ
項目 内容
総ゲーム数 2908G
ボーナス出現率 18回(1/161.6)
通常時のゲーム数 1723G
ART初当り出現率 4回(1/389.0)
差枚数 +410枚

 

 

ボーナスは引けるものの序盤からARTがうまく伸ばせずマイナス域をさまようも、なんとかプラス域に浮上。この手のタイプの機種はボーナスとARTがどれだけ噛み合うかが肝となる。 

 

 

設定1

 

 

 

設定1・実戦データ
項目 内容
総ゲーム数 4115G
ボーナス出現率 18回(1/228.6)
通常時のゲーム数 1974G
ART初当り出現率 6回(1/311.3)
差枚数 +140枚

 

 

一時、マイナス1000枚まで落ち込んだものの持ち直して辛勝。ARTの初当りが6回もあったのが踏みとどまった要因か。このデータは4000Gほど消化しているのでここまでくればある程度、高設定か否かが見えてこよう。

 

 

まとめ

 

 

 

設定推測の流れとしてはまずボーナス成立時の同時当選役とカボモードや結界モードに滞在していたかどうかをチェック。

 

ボーナス中は、BIG中においてはまじかるちゃんすが発生するかどうかを見ておき、REG中においては背景の季節をチェック。あとは、設定示唆系の演出を見逃さないように!

 

もちろん、高設定が入りそうなホールの選定も必須と言える。優良ホールを見つけ出してこれからのマジハロライフを有意義なものにしてもらいたい。

 

 

執筆者:いのせんと
■出生地:福岡 ■生年月日:1985年10月30日 ■Twitter:@Innocent_Hp 21歳でP業界の門を叩き、気づけば業界歴15年目の編集者。東京都在住。社畜生活の合間に年間150日ほど稼働するため、機種知識や業界のトレンドなどへの造詣は深い。「パチ&スロは楽しくて脳汁の出る最高の遊び」をモットーに、勝ちより楽しさを優先することも多いため年間収支は大体トントン。

この記事の関連情報

関連する機種

このページのトップへ