ヘルプ

パチンコ・パチスロ特集

北の大地の雄。駅直結の「ひまわり札幌駅前タワー店」が増床増台でお出迎え。プレミアム空間でゆったり遊技

特集一覧へ
見せかけの「出玉」に頼らないサービスの追及で、ぱちんこ文化の原点を見た。

更新日: 2015/07/28

北海道の政令指定都市、札幌。

新千歳空港から札幌までは、外に出る事なく移動が可能だが、更にその札幌駅から直結し、ダイレクトに行ける店舗が「ひまわり札幌駅前タワー」だ。

言わずもがな、札幌市内では最も駅に至近となり、JR線、札幌市営地下鉄南北線・東豊線と3路線が使用可能で、道内へのアクセスの拠点。 

そして駅前でありながら駐車場を200台分も確保しているという便利さも兼ね備えている。

今回は、日夜賑わう北海道札幌の大型店舗「ひまわり札幌駅前タワー」に潜入してみた。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

23:00、 閉店後のひまわり。駅前だけに、深夜でも交通量は多い

 夏本番を目前に、北海道も気温が高くなってきた。

外を少し歩くと汗ばむくらいの陽気だが、札幌駅から直結した快適な地下街を通り、オーロラタウン方面へ足を向ける。

 と、にわかに店舗入り口が見える。

自動ドアをくぐると地下1階には明るい賞品カウンター。

ここには多くのアイテムが陳列され、人気機種のオリジナルキャラクターも所せましと並んでいる。

「ひまわりオリジナル賞品にも力を入れているんです」

声をかけて来たのは、この「ひまわり駅前タワー店」店長

コーヒーやおつまみ等オリジナルのプライベートブランドまで用意しているそうだ。

店長のもっているのはオリジナルの烏賊のおつまみ

挨拶もそこそこに店内を子細に見ていると

「こちらのフロアは、デジハネ専門なんです」と案内してくれた。

なるほど、地上6階を誇る堂々たるタワーだけに、床面積を生かした専門フロア作りをしている。

中央通路は、通常の島間のおよそ2倍。閉塞感は微塵も感じられず、広々とした空間は健気なおもてなしの精神が見て取れる。

そして、まずは6月に増設したばかりの「5階」へエレベーターで上がる。

エレベーターは札幌駅、そして駅前の商業ビル「ESTA(エスタ)」も眺める事が出来る開放的なガラス張り。店内側に振り返ると各フロアも見ることが出来た。

そして、営業フロアの最上階ではカワイイ女性スタッフがお出迎え。

一面のは、天井の照明・装飾も凝っており、島上のランプ類、装飾も期待感をくすぐる。

 ここが新装されたフロアか。まるでサーカスでもはじまるようなムーディーな内装は、ノーマルAタイプマニア垂涎だろう。

そして驚くべきことに「ゴーゴージャグラーKK」が80「ニューアイムジャグラーEX」50台「マイジャグラーⅡ」40台「マイジャグラーⅢ」10台など、その他の「ジャグラー」シリーズも合わせ、なんとジャグラーシリーズだけで206台も揃っている用フロアだそうだ。

 ちなみに、今は10台だが「マイジャグラーⅢ」は8月にファンの声に応えてさらに増台するらしい。

これはジャグファンにとっては朗報だ!

さらに、中央の通路端にはタッチパネル式の液晶端末が用意され、各台の状況も一目でわかる。

もちろん、店内にはWi-Fi設備も用意してあるので、『ぱちタウン』『ひまわり』オリジナルのアプリをダウンロードすれば、閉店後も明日の狙い台情報をいつでもどこでも閲覧可能だ。

これならハイエナする為に闇雲に店内をウロウロと右往左往する必要もなく非常に便利に違いない!!

 また、シートも座り心地の良いエルゴノミクス(人間工学)に基づいていて、長時間の遊技でも疲れにくい上に、肘置きも設置されるなど気の利いた設備が多い。

この椅子はいいっす!!

そして各台には分煙ボード、島上には、空気清浄機も装備され、スロット用の各台計数器も付いているという快適な「住空間」ならぬ「遊空間」を演出。

上:マイナスイオン空気清浄機e-CYCLONE(イーサイクロン)。空気より質量の軽い埃やタバコの煙をキャッチする

下:スロット用各台計数器と分煙ボード

 また、ディフューザーも設置されており、3か月ごと、つまり四季折々にマッチした芳香で来店者を愉しませてくれるという。

 

この季節は「オーシャン」という爽やかな香りで暑さも和らげてくれている。

ちなみに、このディフューザーの香りは、店内の女性スタッフにアンケートを取って決めており、女性ファンの人気も上々だそうだ。
島上のディフューザー。タバコの煙は上へ上るが、液体を粒子化したディフューザーは空気より質量が重いので下へ。空気清浄機との両立が可能

 そして4階もスロットコーナーだがこちらにはART・AT機の大人気の機種が目白押し。

この記事が目に触れる時には新台も相当数入っている予定なので、期待して欲しい。

フロア全体は5階とは異なり、コーポレートカラーのライムグリーンを基調としていて目に優しい。

 呼び出しランプも超大型液晶付で、天井までのゲーム数も瞬時に確認出来る。

台により各フロアの設備も変更する等、細部にまでこだわるサービス精神は頭が下がる思いだ。

 そして、3階から下はパチンコで統一されているのだが、まず3階は1.25円/玉の低貸パチンコ。

低貸といってもまだまだ話題の人気機種も多数導入されており

十分楽しめるはず。

 時間が限られるチョイ打ちや給料日前の運試しには持ってこいのレートで安心して楽しめる。

もちろん、万年金欠の筆者が打つなら、自慢ではないが迷わずこのフロアを目指すことは言うまでもない。

当然、パチンココーナーもパチスロコーナーに負けじと十分なスペースを確保し、台間・島間とも窮屈さを感じさせない。

 更にパチンコは全台「玉積みなし」を追及しているので快適だ。

これは、見せかけの「出玉感」を廃し、ファンの快適さに貢献している証拠だろう。すべてとまでは言わないが、玉箱をいくら積もうが、「上げ底」を使う店も散見され、また、「特定日」「特定の取材」にかこつけた完全なる「メッキ」で、目先の利益を追求するような店舗とはまるで考え方が違う。

玉積み、別積みがないので、床上の案内表示も見やすいはず

それに、実際打ち手からすれば、店員を呼ぶ煩わしさもなくなり、快適に遊技に専念出来るのは各台計数器に他ならない。

いくら出玉が出ていようが、それは先客の出玉。自分が出せるとは限らない、自分が単なる「養分」になるだけかもしれないのだから。

話を店内に戻そう。

2階には根強い人気のMAX機、ミドル機が4円で勢揃い。ちなみに1階から5階までの地上部分は、開放感のあるガラス張りのエレベーター同様、解放感のあるエスカレーターで移動が出来る。

1階は鉄板の「海」シリーズ、「花の慶次」が設置されており、2階同様に普通のコインロッカー、冷蔵コインロッカーも設置されている。

 と、ここで何より驚いたのが「車いす」が置かれている事。

いやはや、多くのホールを見てきたつもりだが、「車いす」が標準装備というのには、ついぞ聞いたことも見たこともなく驚いた。

もちろん、店内はバリアフリー化されているので、来店するすべてのファンに優しい店づくりがなされている。

実際、利用するファンの頻度はわからないが、いざという時の為、ファンへの細やかな心配りをする姿勢というのは評価出来るのではないか?

そして、再び地下の賞品カウンター前に戻ると、閉店後まで働く元気な美人女性スタッフが・・・。

そう、約10年前にひまわり宮城岩沼店の取材でも早々に各台計数機を導入していたのだが、従業員の負担を極力なくすことでより良いサービスを追及している。「お客様第一主義」を社是にしているだけあり、スタッフに余裕を持たせてさらに「上」のサービスを追及している。

それがこのスタッフの表情に表れているのではないだろうか?

更に、37店舗を誇る「ひまわりグループ」では「パチンコホールサービスマイスター」と言う接客サービスの認定制度があり、サービスの「質」の向上を独自に図っている。

出典:パチンコホールサービスマイスター協会資格試験実施委員会 HallStaff Way(ホールスタッフウェイ新シングルスター)

 また、先に記した玉積みがないという事は地震や火災等の有事の際には、広い島間スペースと合わせて、避難誘導の導線確保にも一役買う事になるだろう。

この「ひまわり札幌タワー」は、同37店の中でもフラッグシップを名乗るだけあり、初の1000台オーバー。

選べる台も選り取り見取りとなる。

何より、これだけの快適空間、そしてこの元気で綺麗なスタッフに会えるとなると、自然に行きたくなるのが人の性。

そして、駅前一等地でありながら、大名商売に甘んじることなく、弛まぬ努力をしている姿勢は、見せかけの「出玉」に頼らぬ真摯な「サービス」の証ではないだろうか?

このトータルのサービスこそが、リピーターのファンに圧倒的な支持を受けている同店の将来を見据えた施策だと、店長は締めくくった。

店舗前のワゴン車で、飲食も楽しめる。連日、老若男女に大人気とのこと

 

この1106台を擁する札幌の銘店、足を運んでみるべきだろう。

写真/文 パパラッチョ●野

この記事の関連情報

関連する店舗

この記事に関連する店舗の来店レポート

このページのトップへ