ヘルプ

パチンコ・パチスロ特集

【実戦企画】勝利の境界線 第5回

特集一覧へ
回る=勝てるの方程式に迫る!!

更新日: 2016/01/13

この回転率を守れば負けることはない…それがボーダーラインである。
ボーダーを1回転以上越える台を実戦し、理論値で勝てるのかを証明していく。
基本ルールだけでなく、止め打ちは保留4個止めなど最低限のみといったルールも加え、誰でも実行可能なルールでの実戦を敢行。
理論に基づいた立ち回りをすれば結果は必ずついてくる…。

 

将来の夢は公務員になることです! …なんて思ったことはないけど、やはり安定した生活というものには憧れるものだ。
まぁ、そうなるためには、学生時代の努力や苦労が必要になってくるわけだが、遊ぶことしか考えず、二次元の世界に逃げ込んでいたメガネにとってはほど遠い理想…。
しかし、そんな辛いREALとは違って、パチンコにおいてはボーダーという勝利の境界線さえ超えていれば、働かずに生活できる夢が待っている。
そこで、今回の実戦で目をつけたスペックが羽根デジタイプだ。
MAXタイプのような破天荒な環境に身を置くのはヤメて、安定した勝利、ついでに温かい家庭も手に入れる!

とはいっても、最近のホール状況を見てみると、とにかく羽根デジタイプはキツい。
ボーダーを超える可能性が高い新台も、MAXタイプやミドルタイプが主流なため、ホール選びは慎重かつ念入りに行う必要がある。
そのため、「すぐに実戦開始!」とはいかなかったが、ホームページなどのネットや知り合いからの情報、さらに自分の足でも何度も通って、ボーダー+1回転を超えそうな羽根デジタイプが何台も設置してあるホールを見つけることに成功した。
しかし、この努力を昔からできていたら、いまごろはマイホームパパになっていたのでは…と余計な考えも頭を過ったが、いまは忘れておこう。

実戦当日は多数のプレイヤーが先に並んでいたが、実戦をする台の候補はいくつもあったので問題ナシ。むしろ、羽根デジタイプに注目しているプレイヤーが多かったので、ボーダー+1回転を超える台への期待は大きくなった。

開店後は、まず「CRジューシーハニー」を確保。ボーダー自体は甘いとは言えないが、とりあえず自分の見る目を信じることにした。決して台に出演しているセクシーな女優に目を付けたわけではない。
回転率のほうはというと、最初の250玉で23回転と好調なスタート。そして、回転率も大幅に落ちることなく、迎えた133回転目に大当りを獲得! 何事もなくSTはスルーしたものの、残っていた電チュー保留で大当りを獲得し、これが5連チャン。
セクシーな女性がワイワイと踊っている液晶を見て、テンションもアゲアゲ!! …なんて思っていたけど…持ち玉を使い切った時点で回転率はボーダー以下に…。
回転率が上がる気配がないうえに気持ちも冷めてしまったので、とりあえずチェンジ(台移動)で。

 

次に選んだ機種は、「CRジューシーハニー」の隣に設置されていた「CRぱちんこAKB48 バラの儀式 SweetまゆゆVersion」。
ボーダーが甘いということに加えて、遊技をしていたプレイヤーの様子をチラチラと見ていたら250玉あたり18〜19回転前後回っていたことが移動を決意した理由の1つだ。
最近のこの立ち回り、「ハイエナに似てるな…」とも思ったが気にしている場合ではない。
実戦開始直後はわずか27回転で大当りしたのだが、回転率がボーダー以下となってしまったので早めに移動を開始。
より安定した勝利を求めるならば、確実にボーダー+1回転の台を打つ必要があるのだ。

 

これまでの実戦からも新台はボーダーを超える可能性が高いということがわかっているので、このホールでは導入されたばかりの「CRぱちんこ よしもとタウン Light Version」に移動。
回転率のほうは1250玉を使ったところで平均20回転。
さらに、112回転で獲得した大当りが6連チャンと出玉も確保したため、しばらくはこの台を打つことにした。
あとは回転率も含めて、一発屋のように華やかな展開がこれで終わらないことを祈るばかりだ。

 

決して前振りをしていたわけではないのだが、4回目の初当りが300回転で単発、5回目の初当りが200回転で単発と笑えない状況。ボーダー+1回転はしっかりと超えているので、あとは初当りと連チャンの数値が理論値通りに推移してくれればいいだけなのだが…。

そして、250玉あたりの回転率を計ることだけに幸せを見出し始めた70回転目、コントSPリーチから獲得した6回目の初当りが7連チャンを達成! この勢いで一気にスターダムへの道…ではなく差玉をプラス領域にもっていく!! と思っていたのもつかの間。やはり、夢は夢でしかなく7回目の初当りは単発。栄光を掴むには運の要素も必要なのだろうか…。

今回の実戦ホールには計数カウンターが付いているため、250玉あたりの回転数がかなり正確にわかるが、この展開だと逆に自分自身の不甲斐なさを痛感してしまう。「俺が悪いんじゃない、世界が、いや台が悪い」なんて中二病的ないい訳ができる状況でもなく、このままでは勝利の境界線を超えられないのはメガネのせいに…。

さらに、出玉もすべてノマレて負け犬キャラとしてやっていこうと思ったのに、最後の最後で中途半端に初当りと連チャンを獲得して実戦終了。
いや、メガネ的には負けが多少なりとも少なくなって嬉しいんだけど、オチもつけることのできない芸人を見るように、後輩たちの自分を見る目が冷たいことだけが問題である。

 

結果的には負けてしまったが、ボーダー+1回転を超えていることによって、ボーダー台実戦時との差玉の違いはハッキリと見えただろう、いや見えたはずだ。
ちなみに、今回の実戦のメインとなった「CRぱちんこ よしもとタウン Light Version」は電チュー優先消化となっている。そのため、大当り後は電サポ終了後まで止めることなくしっかりと打てば、通常時に戻ったあとに、大当り前に貯めておいた保留を消化可能(スルーや電チューの状況にもよるが…)。些細なことではあるが、羽根デジタイプのような初当りを多く獲得できる機種を1日中、遊技した場合には回転率にも影響してくるので、しっかりと実行しておこう。

この記事の関連情報

関連する機種

このページのトップへ