ブログ

名波誠

沖パラ初打ち

記事一覧へ

公開日: 2016/06/30

初打ちの前に追加情報。

 

前回のブログにて

『1900年頃(明治33年頃)にイギリスからフランスへ伝わった「マシン・ア・スー(小銭を楽しむ機械)」が、フランスでは1935年(昭和10年)に全面禁止になった』

と書きましたところ。

 

すぐさま、現在のフランス事情に詳しい(=仕事で何度もヨーロッパに行っているらしい)読者さんからメールをいただきまして。その内容は…

 

『フランスでは現代のスロットマシンのことも
マシナスー【machine à sous】
と呼んでいて、スマホ向けの無料アプリもあるんですよ』

とのことでした。

 

パチンコ的な古い機械は姿を消したけど、「マシン・ア・スー」はスロットマシーンの呼称として名前を残している、ということでしょうか。

 

 

情報を送ってくれた「コケコケコッコー仮面」さん、ありがとうございました。

 

名前のクセがすごい
(´・ω・`)

 

 

 

 

本題。

6月27日(月曜)から本格導入が始まった「沖ドキ!パラダイス」を初打ちする機会がありまして。その報告をチラリと。

 

前作「沖ドキ!トロピカル」からの変更点は

・通常時のボーナス当選確率がアップ(モード別の詳しい抽選確率は現時点では不明)

・ボーナス1回あたりの獲得枚数が減少
 BIG一発で約120枚
 REG一発で約30枚
 (´・ω・`)

・天井は700G

 

共通点は

・モードが8種類

・天国以上に移行するまでモードダウンなし

・天国準備モードは次回BIG確定&天国モード以上へ移行

 

 

ボーナス1回あたりの獲得枚数が減っているということで、そのぶん、これまで以上に連チャンしやすくなっているのかどうか。気になるところです。

 

そんなこんなで某日のお昼頃、某5・5枚交換店の新装初日(朝9時オープン)に突撃。

30台導入のドリームハナハナ30は大人気で空き台がありません。同じく30台導入の沖ドキ!パラダイス30のシマに行ってみると、半分ぐらい空いてました。

空いているのは連チャン消化直後の状態の台です。いくら新装初日といえども、やっぱり敬遠してしまいますよね。

 

…んっ?

本日、まだ一度も連チャンしていない空き台がありました。

 

沖パラ1

【0-3・現在66G・総932G】

本日の二発目で、さっそく天井をくらってますね。設定が良くないんでしょうか?

コイン持ちの良い機種とはいえ、1000枚ぐらい吸い込んでいます。

 

おそるおそる座ってみましたらば。

 

投資3000円、スイカが揃った次のゲームでハイビスカスランプが

初代の沖ドキならドキドキモードへの移行に、ほんのり期待したくなるところですが…

 

んんっ!

右下がりのラインでREGが揃いましたよ。もしや?

 

沖パラ5

沖パラ2

小冊子の4ページ目。「右下がりライン揃いのREGは高モードに期待」という内容のことが書いてあります。

 

 

で、このREGボーナスを消化したあと、7回転目に

BIGボーナス!

よっしゃぁ!

たぶん一発ツモ!!

 

 

前作の沖ロピ(←意地でもこれで通す)では、これでもかというほどBIGが引けず、開幕戦から12連敗するなど苦労しましたけどね。

でも、今作を「沖ラダ」とは言わないよ
(´・ω・`)

 

今作の沖パラは、とりあえず初打ちから1勝させてくれるっぽいです。もしかしたら、ヤレる機種なのか!?

 

ここからギューンとV字に上向きに!

 

 

194 REG 投3k
__7 BIG
__2 REG
_53 ヤメ

 

 

…ならず。

BIG×1発
REG×2発の3連チャンで終了してしまいました。

32Gでヤメる勇気がなかったので少し深追い。

 

ボーナス1回の獲得枚数が多くない機種ゆえ、手元に残ったコインは142枚…

 

あれっ?

負けてるじゃんよ。投資3000円でツモったのに。

 

 

 

 

沖パラ3

 

 

 

 

 

投資150枚
交換142枚

残念ながらマイナス8枚でした(貯メダル減)。深追いせず32Gでヤメてたら少し浮いてたと思います。

 

 

沖パラ4

これはV字と言わない
(´・ω・`)

 

 

 

この先、マシナスー・ジャポネーズは大丈夫なのかしら。

 

icon

この記事の関連情報

icon

関連する機種

ライター・タレントランキング

このページのトップへ