ブログ

名波誠

ななめリプのハナシ

記事一覧へ

公開日: 2018/05/15

 

5号機・ニューシオサイ30は、リプレイが「ななめライン」で揃ったらボーナスとの重複に期待してヨシ。

 

20180515-1

 

3月に初打ちしたときは、31回出現した「ななめリプレイ」のうち、ボーナスと重複していたのが17回だったので重複率は54.8%でした。

 

現在発売中の『別パニ』に掲載されている漫画『パチスロひとり旅』には、こんなくだりが…

 

20180515-2

来た
ナナメリプ!

 

 

20180515-4

ボーナスとの重複率は
ボクの実戦値的には50%

 

 

 

↑この漫画の〆切日の時点では、たしかに実戦値的に、ほぼ50%だったんですよ。

 

ところがすっとこハム太郎。

 

 

その後、14連続でスカったり、34回出現して3回しか重複していなかったりで、どう考えても50%は無いぞ、ってことになっておりまして。

現時点では重複率の実戦値が、だいたい20%ぐらいになっています。

 

 

そういえば9年前に打った5号機・シオサイ30の「ナナメリプとボーナスの重複率」が約25%だったのを思い出しました。

※4号機・シオサイ30じゃないですよ。4号機・シオサイ30の一部のバージョンは違った意味でリプレイがアツかったのですが、その話は割愛。

 

 

↓2010年発行『パチスロひとり旅』単行本・第11巻より

20180515-6

20180515-8

ナナメリ揃いリプレイの場合
およそ1/4でボーナス重複の期待ができる

 

1/4ということは25%です。

5号機・シオサイ30の後継機となる5号機・ニューシオサイ30も、おそらく25%前後の重複率を踏襲していると考えるのが普通でしょうね。

 

というわけで、若干の訂正というか、追記みたいなものでした。よろしくドーゾ。

 

 

          

だん吉!エバの!

  おまけコ~ナ~~

 

2009年頃によく打った5号機・シオサイ30のことを思い出すために単行本の第11巻を読み返していたら、気づいてしまいました。

 

走ったりジャンプしたり、名波さんの動きが妙~に軽快だ

ということに。

 

 

 

 

20180515-21

 

30㎝ぐらい浮いてますね

 

 

 

 

 

 

20180515-23

 

こっちも浮いてますが、両方の腕をまっすぐ下げたまま浮くのは、皆さんが思ってるよりも難易度の高い動作です。

 

 

 

 

 

20180515-30

 

長ゼリフをともなっての浮上。かなりの滞空時間だと思いますよ。今のボクには無理かもしれません。

 

 

 

 

20180533

 

これはセリフの内容と動きが合っていませんね。どうして普通に出たり入ったりできないのか。

 

 

 

 

 

 

とにかく動きが軽快です

 

20180515-36

 

20180515-37

 

 

 

今でこそ全国的に「入場時、店内を走らないように」というルールやマナーが当たり前になっていますが、まだ、そこらへんがテキトーだった時代です。

 

20180515-40

 

20180515-41

九州地方・熊本県、シオサイ30を80台設置していた大型店での1シーン。ほぼ実際の光景です。「入場者を10人ずつ区切って少しずつ順番に」なんてことは行われていませんでした。

それにしてもシオサイ人気の高いこと!

 

 

 

20180515-50

 

顔を押さえこんだり、服を掴んだり。

この時代の描写としては、ちょっと大げさかもしれません。が、20年ぐらい前であれば、間違いなくいましたよ。こういう人も。

 

 

 

まあ、体力の衰えってのもありますけど。

もしも今、こんなに軽快に店内で動くやつがいたら

超ウザいっすよね。

(´・ω・`)

 

icon

この記事の関連情報

icon

関連する機種

ライター・タレントランキング

このページのトップへ