ヘルプ

パチンコ・パチスロブログ

名波誠

急にスイッチが入るおじいちゃん

記事一覧へ

公開日: 2021/09/12

「パチスロひとり旅Classic」です。

2003年(平成15年)3月下旬、鹿児島県の種子島を訪問しました。

 

 

20210912-1

 

 

滞在したのが3泊4日だけだったのに、奇跡的にロケットの打ち上げに遭遇したり、厳重な検問をノーチェックで正面突破したり、カミソリの刃をグイグイ押し付けられて14ヶ所から出血したり、おみくじで末吉をひいたり。

(´・ω・`)
ラジバンダり

 

↑脳みそのブレーキが効かず他人の金メダルを噛んじゃうタイプ

 

 

息つく暇もないぐらい充実した旅になりました。

って、まだ終わってないんですけどね。

 

 

20210912-2

 

 

今度は屋久島に向かいます。

種子島滞在3日目に「屋久島行きフェリーの乗り場」を発見し、急に決めたことです。

 

           

2003年3月30日(日曜)

2泊したホテルを10:00ギリギリにチェックアウト

5250円×2だった

 

部屋にシャンプーが置いてなかったりするなど、「1泊目」の立派なホテルよりも簡素だったんですけどね。

意外と高かったですね。

 

 

ホテルのロビーに貼ってあった広告マップに屋久島行きフェリーの電話番号が書いてあったのでメモ

予約の電話をかけてみたけど誰も出ない

偶数日は出航が14:45だから

まだ早いんだろーか

 

フェリー乗り場に行く前に

鉄砲館を見学(310円)

 

 

20210912-3

パソコンのフォルダーに残っていた「鉄砲館の写真」

まったく記憶にないんだけどナニコレ?

 

 

種子島の観光施設「鉄砲館」は今(2021年9月)も営業しています。

現在の入館料は大人1名440円。

 

 

もう一回

屋久島行きフェリーに電話してみたら

 

「…はい」

 

なまりのある

ちょっと頼りない感じの

おじいちゃんの声

 

名波「フェリーの予約をしたいんですが…」

 

ガチャン!

 

切られた~

番号を間違えちゃったのかもしれない

うわ~~

 

クルマに積んである道路地図・九州版の巻末のフェリー案内のページに電話番号が載ってたので、そっちのほうにかけてみたら

上屋久町の役場だった

しかし日曜日だからか

役場の警備室につながってしまったようだ

 

ここじゃダメだからと

フェリー担当の電話番号を教えてくれた

 

教えてくれた番号にかけたら

「はい」

おばさんっぽい声だ

 

名波「フェリーの予約をしたいのですが…」

おばさん「おたく様は今どちらにいらっしゃいますか?」

名波「種子島…ですけど」

おばさん「それじゃあ、こちらじゃなく種子島の港のほうに電話してもらえますか」

名波「はいわかりました」

 

おばさんから種子島の港の電話番号を教えてもらった

 

ん?

よくよく見てみたら

これ

一番最初にかけた電話番号と一緒じゃ~~~~ん

やっぱり正しかったのか!

 

ケータイの発信履歴を確かめてみたけど

正しく押していた

わしの間違いではなかった

 

また切られたらどうしよう…

ドキドキしながら電話をかける

 

プルルル

プルルル

 

…「はぇい」

 

(あのおじいちゃんの声だぁ~)

 

名波「あ、あのぉ~、フェリーの予約をしたいんですけど…」

おじいちゃん「おたく、どちらさん?」

名波「え、あ、屋久島行きフェリーの予約は番号違うんですかね?」

おじいちゃん「おたく、どちらさん?」

名波「え?…え~と、名波と言います」

 

おじいちゃん「ナガイさん?」

名波「いえ、ナナミです」

おじいちゃん「ナガイさん?」

名波「ナ・ナ・ミ・です」

 

おじいちゃん「車の長さは?」

名波「4メートル未満です」

おじいちゃん(急にハキハキした声で)「じゃあ、船が出るのは14時45分だから、その30分前までに港で乗船手続きをしてくださいね」

名波「はい分かりました」

ガチャ!

 

おーーいおいおい

やればできるじゃんおじいちゃん!

 

 

鹿児島県の旅は続きます

 

ライター・タレントランキング

このページのトップへ