ヘルプ

機種情報/演出・解析情報

はなまんかい

CR甦りぱちんこ〜花満開〜M

facebook twitter
CR甦りぱちんこ〜花満開〜Mの筐体画像

設置店検索 CR甦りぱちんこ〜花満開〜Mの設置店

ユーザー評価

3.20
(5件)
ライトミドル 潜伏確変
メーカー名 西陣(メーカー公式サイト)
西陣の掲載機種一覧
大当り確率 1/225.21(通常時) 1/39.99(高確率時)
ラウンド数 16R×9カウント
確変突入率 52%
賞球数 3&2&6&10
大当り出玉 約1440個
電サポ回転数 30回転or次回まで
導入開始日 2015/04/20(月)
機種概要 本機最大の特徴が「甦り」で、導入開始時の『花満開』『麻王』に加え、数週間ごとに『花鳥風月』『球界王』といった名機演出が次々に甦る。
さらに各機種演出には当時の演出を再現したクラシックモードに加え、予告モードと告知モードを搭載。往年の西陣ファンには堪らない一台だ。

撤去日カレンダーはこちら

大当り詳細

(ヘソ)
16R確変…17%
16R確変(電サポ30回転)…26%
突確(出玉なし16R確変)…9%
16R通常(時短30回転)…48%

(電チュー)
16R確変…50%
16R確変(電サポ30回転)…2%
16R通常(時短30回転)…48%

演出・解析情報

icon

ボーダー情報

ボーダー

ボーダー

●一回交換(回/千円)
2.5円…32.8
3.03円…27.1
3.33円…24.6
3.57円…23.0
4.0円…20.5

●無制限(回/千円)
2.5円…23.8
3.03円…22.4
3.33円…21.8
3.57円…21.3
4.0円…20.5

初当り1回あたりの期待出玉

初当り1回あたりの期待出玉

約2740個

ボーダー

ボーダー

●一回交換(回/千円)
2.5円…32.8
3.03円…27.1
3.33円…24.6
3.57円…23.0
4.0円…20.5

●無制限(回/千円)
2.5円…23.8
3.03円…22.4
3.33円…21.8
3.57円…21.3
4.0円…20.5

icon

演出情報

通常時

基本解説

選択モード・基本解説

往年の名機4機種から演出を選べる本機は、予告演出一切ナシという、本家さながらのクラシックモードはもちろん、上記2種類のモードを搭載。

予告

通常時・注目予告のポイント

予告モードを選択した場合には保留変化やチャンス目、ロゴドラム、エフェクトなど多彩な予告が発生。『花満開』には降り物、『球界王』にはランナー出塁という専用予告もあるので注目だ。

通常時・クラシック&告知モードで発生する主なアクション

効果音とともに液晶上の扇が光る花満フラッシュなど、発生すれば大当り濃厚となる一発告知アクションも複数搭載。

リーチ

通常時・各モードの注目リーチ

通常時・リーチのポイント

リーチは各機種・モード共通でノーマル+1種類のスーパーというシンプルな構成。どの機種でもスーパーに発展しさえすれば大チャンスとなる。なお、『花満開』に限り「3・7図柄テンパイは他図柄よりも高信頼度」という、初代を打っていた当時の興奮を思い起こさせてくれる嬉しい特徴があるので覚えておこう。

その他

新装システムで搭載された機種の初代の特徴

3・7図柄で大当りすると2回ループの確変に突入。さらに、大当り後には保1連チャンの可能性もあったため、爆発力は極めて高かった。

 

2色7セグが特徴的な保留玉連チャン機。保1連チャン率は約32%と高かったが、その分、初当り発生率は約323分の1という低さだった。

 

西陣の液晶デジパチの中でも最初期の1台。いわゆる保留玉連チャン機で、単発打ちによる連チャン促進打法が非常に有効だった。

 

野球をモチーフとした西陣の初期CR機を代表する1台。当時の主流スペックよりも確変突入・継続率が低く、大当り確率が高めだった。

体験モード・基本解説

確変・ST中

その他

確変状態時・連チャン期待度

大当り後のモードは確変&次回まで電サポのラッキーチャンスモードと、電サポ30回転のチャレンジモードの2種類。後者は電サポ抜け潜確の可能性がある。

シリーズ機種
CR甦りぱちんこ〜花満開〜M

一覧へ

この機種の関連情報
CR甦りぱちんこ〜花満開〜M

特集

このページのトップへ