ヘルプ

機種情報/演出・解析情報

どらごんぎゃるそうりゅうのたたかい

ドラゴンギャル〜双龍の闘い〜

facebook twitter
ドラゴンギャル〜双龍の闘い〜の筐体画像
ドラゴンギャル〜双龍の闘い〜(パチスロ)のリール配列

設置店検索 ドラゴンギャル〜双龍の闘い〜の設置店

ユーザー評価

2.15
(7件)
AT 天井
メーカー名 SNKプレイモア(メーカー公式サイト)
SNKプレイモアの掲載機種一覧
機械割 97.6%〜114.3%
導入開始日 2015/05/25(月)
機種概要 『ドラゴンギャル~双龍の闘い~』は4号機の宝玉システムを進化継承した刺激的なゲーム性となっている。通常時に宝玉を6個貯めればCZ「ムイムイチャレンジ」突入、さらに宝玉個数が攻撃回数となるので所持数が多いほどAT期待度が増す。AT中の宝玉は上乗せゾーン「功夫バトル」で使用。宝玉所持時は敗北なし&宝玉所持数分は必ず上乗せが発生する仕組みである。

撤去日カレンダーはこちら

ドラゴンギャル〜双龍の闘い〜設置店舗はこちら

ボーナス出現率

ドラゴンギャル〜双龍の闘い〜(パチスロ)のボーナス出現率

ゲームフロー

ドラゴンギャル〜双龍の闘い〜(パチスロ)のゲームフロー

演出・解析情報

icon

演出情報

プレミアム演出

ポイント

ロングフリーズ・発生率&特典

ロングフリーズの発生率は65536分の1と激レア。それだけに恩恵も大きく、AT4~8セットのいずれかとなる。大量獲得のチャンスだ。

icon

設定判別・推測ポイント

ゾーン関連

双龍チャレンジ・所持宝玉個数別の抽選値

AT当選期待度52%の双龍チャレンジは所持している宝玉数と設定に応じて、毎ゲーム突入抽選が行われる。宝玉を2個以上獲得している際の突入率に設定差が大きく設けられており、基本的に高設定ほど突入率がアップする仕組みだ。設定推測の補足材料として役立てたい。

AT・ART・RT関連

AT初当り

AT終了画面

AT終了画面には複数パターンあり、基本は全員集合画面以外が表示される。全員集合画面が頻繁に表示されれば高設定の期待度がアップ。どの程度の信頼度なのかは調査中だが、念頭においておこう。

ムイムイチャレンジ・天井振り分け

ムイムイチャレンジは最大10回で天井に到達し、天井時は最後の宝玉で必ず勝利へと結びつく。高設定ほど少ない回数の天井が選ばれやすくなっており、特に2回や6回が選ばれれば設定5以上の可能性が劇的にアップする。8回目以降が頻繁に選ばれるようなら低設定の可能性大となるだろう。

AT直撃当選率・各役成立時(リールロックなし)

濃厚パターン

覚醒RUSH・ボタン連打時の上乗せゲーム数抽選

4G継続となる最強の特化ゾーンである覚醒RUSH。毎ゲーム上乗せに期待できるわけだが、注目となるのは3G目のボタン連打上乗せ。ここで特定ゲームの上乗せが表示されれば設定4以上が確定する。

機械割

機械割

●機械割
設定1… 97.6%
設定2… 98.9%
設定3…100.8%
設定4…104.5%
設定5…109.2%
設定6…114.3%

icon

天井・ゾーン・ヤメ時

狙い目ゾーン・天井・ヤメ時

狙い目・ゾーン狙い

天井や宝玉狙いも有効な立ち回りとなるため、空き台には常に目を光らせておきたい。

天井突入条件

1…1616G+前兆。2…ムイムイチャレンジ回数天井(最大10回)

天井恩恵

AT確定。

リセット仕様

リセット時
天井までのゲーム数…再抽選。
宝玉の数…再抽選。
ステージ…龍褄村ステージ。

電源OFF/ON時
天井までのゲーム数…引き継ぐ。
宝玉の数…表示は0個(内部的には保有したまま)。
ステージ…龍褄村ステージ。

天井

ムイムイチャレンジ・天井振り分け

ムイムイチャレンジは最大10回で天井に到達し、天井時は最後の宝玉で必ず勝利へと結びつく。高設定ほど少ない回数の天井が選ばれやすくなっており、特に2回や6回が選ばれれば設定5以上の可能性が劇的にアップする。8回目以降が頻繁に選ばれるようなら低設定の可能性大となるだろう。

icon

打ち方朝イチ

打ち方・小役

打ち方&チャンス役の停止型

※千円(50枚)あたりの消化ゲーム数…約59G

まずは赤7を目安にチェリーをフォロー。左リールの枠内にスイカがスベってきた場合は、中&右にもスイカを狙いたい。チェリーとスイカには強弱があるため、停止型にも注目しよう。

 

■左BAR狙いでもOK

左リールに最初に狙うのは枠内にBAR絵柄でもOK。赤7狙いと同様に枠内にスイカが停止していなければ、中&右リールはフリー打ちで問題ない。赤7とロータリーで狙えば効率アップとなるだろう。

朝イチ・宵越し

朝イチ挙動

宝玉個数抽選・設定変更時

ムイムイチャレンジ・規定ゲーム数抽選(設定変更時)

ムイムイチャレンジ・天井回数抽選(設定変更時)

高確ゲーム数抽選・設定変更時

icon

解析情報通常時

内部状態関連

高確ゲーム数抽選・設定変更時

雲上ステージ移行率&転落率

雲上ステージ・前兆ゲーム数振り分け

基本・小役関連

基本解説

宝玉システム・基本解説

通常時の宝玉はムイムイチャレンジで活躍し、保有している宝玉の数だけAT抽選が行われる。対するAT中は功夫バトルでのゲーム数上乗せで効果を発揮。いずれにせよ、宝玉の数が多いほどゲームを有利に進められる。

小役確率・各種当選期待度

通常時・小役確率

宝玉個数抽選・設定変更時

トータル宝玉出現率

チャンス役出現率

宝玉6個時・所持宝玉種別の昇格抽選

6個目の宝玉を獲得した際は宝玉種別の昇格抽選が行われ、上位の宝玉に変換される可能性がある。

特殊宝玉ナビ・獲得抽選

通常時の押し順ベルおよび左1stベル成立時には特殊宝玉ナビ獲得抽選が行われている。この抽選にパスすると雲上ステージやムイムイチャレンジの準備中特殊宝玉ナビ抽選にナビが発生して宝玉を獲得することが可能となる。

リールロック・成立役別発生率

小役が成立すると、まずはリールロック抽選が行われる。強チェリーは比較的リールロックが発生しやすくなっているため、AT直撃の割合も高まるのである。発生率は低いが左1stベルでリールロック抽選に当選すれば、AT直撃が確定する。

ボーナス当選関連

当選契機

AT直撃当選率・各役成立時(ムイチャレorAT本前兆中)

AT・ART・RT関連

AT当選契機

通常時・抽選内容

通常時のチャンス役はAT直撃抽選やCZムイムイチャレンジ直撃抽選、ムイムイチャレンジまでの規定ゲーム数短縮抽選、宝玉高確率ゾーンである雲上ステージ移行抽選を行っている。ゲーム性の核となっている宝玉大量所持時は席を立たないようにしよう。

当選契機

AT直撃当選率・各役成立時(通常滞在時)

AT直撃当選率・各役成立時(高確滞在時)

自力当選ゾーン

突入契機

ムイムイチャレンジ・規定ゲーム数抽選(設定変更時)

ムイムイチャレンジ・天井回数抽選(設定変更時)

ムイムイチャレンジ・突入率

ムイムイチャレンジの突入契機は上記の4パターンあり、メインは規定ゲーム数消化時に突入する。トータル突入率は偶数設定がやや優遇されているが、さほど設定差はないため推測材料にはならない。

ムイムイチャレンジ・規定ゲーム数抽選

ムイムイチャレンジの規定ゲーム数はムイムイチャレンジ終了時とAT終了時によって振り分けが異なり、前者は若干の設定差が設けられている。いずれにせよ476G以内に必ず1回は突入するため、ヤメ時には注意したい。

ムイムイチャレンジ・成立役別減算ゲーム数振り分け

ムイムイチャレンジ・滞在状態ごとの成立役別規定ゲーム数減算抽

ムイムイチャレンジ・各役成立時直撃抽選

ムイムイチャレンジ・一発短縮抽選ゲーム

AT終了後は、まず一発短縮のテーブルを選択。上位のマップが選ばれるほど抽選値が上昇し、規定ゲーム数到達時にムイムイチャレンジに当選しやすくなる仕組みだ(例:マップHが選ばれれば128G目に20%でムイムイチャレンジの一発短縮抽選)。300G時のみ一律で20%が確定するため狙い目となろう。

双龍チャレンジ・所持宝玉個数別の抽選値

AT当選期待度52%の双龍チャレンジは所持している宝玉数と設定に応じて、毎ゲーム突入抽選が行われる。宝玉を2個以上獲得している際の突入率に設定差が大きく設けられており、基本的に高設定ほど突入率がアップする仕組みだ。設定推測の補足材料として役立てたい。

双龍チャレンジ・前兆ゲーム数

ゾーン中当選契機

双龍チャレンジ・基本解説

期待度約50%の双龍チャレンジは、消化中に赤7が揃えばAT確定。

ムイムイチャレンジ・基本解説

ムイムイチャレンジ・宝玉個数別AT期待度

宝玉1個あたりのAT期待度は設定1と6で約2倍の差。設定6の初当りの軽さは、この差から生まれてくるといっても過言ではない。

ムイムイチャレンジ・宝玉バトル中成立役別の勝利抽選

ムイムイチャレンジ・リーレベル詳細数値

ムイムイチャレンジに突入すると、まずは準備状態からスタート。準備状態が長引けば、「リーレベル」のアップ抽選が行われるためコインロスを悔やむことはない。リーレベルは5Gごとに昇格する可能性があり、リーレベルと宝玉使用時の残り宝玉に応じてリーが登場するか否かを決定。リー登場時は宝玉D以上が確定するため、宝玉1個あたり40%以上のAT期待度を誇る。なお、リー出現以降は全てリーとなる。

ムイムイチャレンジ・使用宝玉種別ごとのAT当選率

バトル中に宝玉を使用する際はAからEXのいずれかが選択され、勝利抽選が行われる。通常時に宝玉(赤)を獲得した際は、上位ランクの宝玉を獲得した可能性が高いため、必ずムイムイチャレンジに突入するまで打ち続けたい。

ムイムイチャレンジ・天井振り分け

ムイムイチャレンジは最大10回で天井に到達し、天井時は最後の宝玉で必ず勝利へと結びつく。高設定ほど少ない回数の天井が選ばれやすくなっており、特に2回や6回が選ばれれば設定5以上の可能性が劇的にアップする。8回目以降が頻繁に選ばれるようなら低設定の可能性大となるだろう。

ムイムイチャレンジ・回数別対戦キャラ振り分け

宝玉・獲得時の種別抽選

宝玉のランクは所持している宝玉数と設定が影響し、基本的に高設定ほど宝玉B以上の選択率がアップしていく。設定6はその特徴が顕著で、宝玉B以上を獲得する割合が9割近くを占めるため、トータル的にATの初当りも優遇されるというわけだ。

ムイムイチャレンジ・使用宝玉種別ごとのAT抽選

宝玉には内部的にAからEXまでの7段階があり、上位の宝玉を獲得するほどムイムイチャレンジでの勝率がアップ。

宝玉・設定変更時の種別抽選

icon

解析情報ボーナス時

基本・小役関連

基本解説

AT「双龍乱舞」・基本解説

1Gあたり純増2.5枚、1セット最低50G継続のAT・双龍乱舞のロングランで大量出玉を狙うマシン。AT中はチャンス役による直乗せの他、功夫バトル抽選。さらにカットイン発生時に赤七が揃えばセット数上乗せとなる。AT終了時の引き戻しもあるので常に気が抜けない。

強制レア小役システム・基本解説

強制レア小役システムはチャンス役間で特定ゲーム間ハマると発動。強制レア小役発動時に内部的にチャンス役が成立することもあり、その際は2度の抽選を受けることができる。背景の色にも要注目だ。

チャンス役成立時の抽選

AT中のチャンス役はゲーム数の直乗せ抽選が行われるほか、上乗せ特化ゾーンである「功夫バトル」の突入抽選も行われる。もちろん、その両方に当選する可能性もアリだ。

引き戻しゾーン・基本解説

AT終了時は2回ベルを取りこぼすと通常ゲームへと移行するのだが、1回目と2回目のベルこぼし時にはAT復帰のチャンスが残されている。

小役確率・各種当選期待度

赤7揃い確率

AT中に赤7が揃うとセット数上乗せが確定。カットインが発生したら逆押しで赤7を狙っていこう。フラグは赤7のシングル(斜め)、ダブル、中段からのシングルの3種類。

ナビ高確・ゲーム数抽選

強制レア小役システム・詳細数値

※規定ゲーム数消化後のリプレイ成立後に発動

強制レア小役システムは、まずAT突入時に何ゲームで発動するかを振り分け。途中でチャンス役や黄金龍同行モードに突入すると、発動ゲーム数が再設定される。強制レア小役システムが発動した際は、強役の振り分けが高いため恩恵は大きい。

AT・ART・RT当選関連

継続バトル・AT当選率

AT後は終了準備中のベル時(2回発生でAT終了)に継続バトルの抽選が行われ、突入時と消化中にAT抽選されている。

AT・ART・RT中・内部状態関連

ステージ・基本解説

AT中は高低の状態があり、高確滞在中にチャンス役が成立すれば功夫バトル突入のチャンス。また、天ステージ中は宝玉の高確率状態となっており、一気に複数個の宝玉を獲得することも珍しくはない。

天ステージ・移行抽選&滞在ゲーム数振り分け

AT中のチャンス役は上乗せや功夫バトルだけでなく、宝玉獲得の高確率ゾーンである天ステージへの移行抽選も行われる。

AT・ART・RT中・上乗せ&ボーナス関連

功夫バトル・基本解説

功夫バトルは継続率で管理されており、挑発に成功したり攻撃がヒットするたびにゲーム数を上乗せ。最終的に味方キャラが敗北すれば終了となるのだが、終了時は覚醒RUSHの突入抽選も行われる。

黄金龍同行・ポイント解説

黄金龍バトル・基本解説

■黄金龍バトルは天ステージ中のみ発生する可能性がある
■黄金龍を倒すことができれば「黄金龍同行中」状態へ

黄金龍同行・基本解説

黄金龍同行時はチャンス役や赤7揃い確率がアップするほか、チャンス役成立時の直乗せ当選率が100%になるなど特典が満載。また、最低2回の功夫バトルへと発展するため、大量ATゲーム数を獲得するチャンスとなる。

覚醒RUSH・基本解説

4G継続で平均200Gの獲得に期待できる本機最強の上乗せ特化ゾーン。

黄金龍バトル・成立役別勝利抽選

様々な特典を受けることができる黄金龍同行モードは、雲上ステージ中のチャンス役が鍵を握る。バトルに発展した際は、消化中の成立役に応じて勝利抽選が行われる仕組みだ。バトル中に共通宝玉や確定役を引き当てることができれば、その時点で勝利が確定する。

黄金龍同行中・チャンス役時の上乗せゲーム数振り分け

まず、黄金龍同行モードに移行した時点で功夫バトルへの突入が確定。さらにチャンス役成立時の直乗せ当選率が100%となる。この他にもセット数上乗せが確定する赤七揃い確率や強制レア小役システムの発動率が大幅にアップする。

天ステージ・黄金龍バトル発生抽選

天ステージ滞在中にさらなるチャンス役が成立すれば、黄金龍バトルへの発展に期待。10G消化ごとのバトル当選率が20%あるのも魅力的だ。

直乗せ当選率・チャンス役成立時

チャンス役での直乗せはあくまでおまけ的な要素で、目指す目標となるのは上乗せ特化ゾーンである「功夫バトル」だ。むろん、レアなチャンス役ほど当選率はアップしていく。

覚醒RUSH・ボタン連打時の上乗せゲーム数抽選

4G継続となる最強の特化ゾーンである覚醒RUSH。毎ゲーム上乗せに期待できるわけだが、注目となるのは3G目のボタン連打上乗せ。ここで特定ゲームの上乗せが表示されれば設定4以上が確定する。継続率は97.3%となるため、一気に大量ゲーム数を上乗せするチャンスでもある。

シリーズ機種
ドラゴンギャル〜双龍の闘い〜

一覧へ

この機種の関連情報
ドラゴンギャル〜双龍の闘い〜

特集

ブログ

このページのトップへ