機種情報

押忍!番長3

facebook twitter
押忍!番長3(パチスロ)のリール配列

設置店検索 押忍!番長3の設置店

ユーザー評価

3.24
(121件)
ART 天井有
メーカー名 大都技研
機械割 98.2%〜119.3%
導入開始日 2017/04/03(月)
機種概要 「押忍!番長3」はベルの規定回数でも対決に発展するなど、ベルが勝利の鍵を握る。出玉増加の肝となるセット数管理型のART「頂JOURNEY」は、1Gの純増約2.0枚。初当りは基本的にARTスタートとなり、通常時の番長ボーナスはART確定だ。
ボーナスやシリーズ機でもおなじみの引き戻しと絶頂も搭載。ベルによる新要素を加え、「漢気ループ」を超えた「漢気アクセル」が、番長をさらなる高みに押し上げる。

ボーナス出現率

押忍!番長3(パチスロ)のボーナス出現率

ゲームフロー

押忍!番長3(パチスロ)のゲームフロー
通常時は5種類のステージが存在、夜に近づくほど高確や対決発展のチャンス! 対決に勝利すれば「番長ボーナス」or「頂JOURNEY」へ。いずれもARTだが、通常時から「番長ボーナス」当選は高設定への期待が高まる。 「頂JOURNEY」中の対決演出勝利は滞在ステージに応じてセット数のストック獲得or「番長ボーナス」当選となる。 「超番長ボーナス」は状態を問わず抽選をしており、当選すれば340枚を超える払い出しとART確定、さらに7揃いのたびにセット数をストックする。

icon

解析情報通常時

対決・特訓

対決中の逆転抽選

「強制逆転抽選」

・ベルとレア役から前兆を経由せずに突入した特訓からの対決

・特訓非経由の対決敗北時

 

上記2つのポイントで、強制逆転抽選をおこなう。

高設定ほど当選しやすいが、そもそも勝利していた対決や対決中の小役で逆転した場合との区別は付かないため、ハッキリと確かめることはできない。

当選時は敗北後に特訓を経由といった形を取らず、必ず当該の対決で勝利が告知される。

 

●強制逆転当選率

 

 

「成立役に応じた抽選」

対決中は成立役に応じて、逆転を抽選。

ベルとレア役がアツい!

 

●ハズレ/リプレイ/MB・逆転期待度

敗北時の最終ゲームでMBを引き、対決に敗北すると約1〜2%で復活抽選をおこなう。

当選すれば、セット数ストックを80%ループで獲得する。

告知は、一旦通常時に戻った後に次回予告が発生するのでわかりやすい。

 

●最終ゲームでMB成立時・逆転当選率

 

●ベル/レア役・逆転期待度
[ノリオ]

調理実習は必ず3G以上継続!

 

[サキ]

バスケットボールのみ、期待度は全ゲーム共通。

 

[チャッピー]

ラグビーは1G目、バドミントン3〜4G目がアツい。

 

[マダラ]

ラグビー対決はベルでも70%以上で逆転!

 

[巌]

期待度は全ゲーム共通。

どちらの対決も、必ず3G以上継続する。

対決期待度

相手と種目の組み合わせによって期待度が変化し、種目やゲーム数等によって期待度が異なる。

ベルを引けば最低でも20%以上で逆転するので、いわゆるガセ対決というものが存在しない点も今作の魅力のひとつといえるだろう。

 

●特訓後・対決期待度

特訓後の対決は、最低でも約30%で勝利。

強対決なら期待度は80%オーバー!

対決敗北時の抽選

通常時の対決敗北時は、ART初当り時に豪遊閣からスタートする抽選をおこなう。

特訓経由時に比べ、非経由時の対決敗北時の方が期待度が高い。

 

●対決敗北時・豪遊閣スタート期待度

敗北するたびに抽選するので、単純にハマっているほどART当選時に豪遊閣からスタートする期待度が高い。

設定6の期待度がもっとも高い。

対決結果の告知

対決は必ず2G以上継続。

対決相手、種目、内部的に決まっている勝敗を参照して継続ゲーム数を抽選。

勝利時は対決勝利での告知か、復活演出で告知かを抽選する。

 

●対決結果の告知タイミング振り分け
[ノリオ]

 

[サキ]

 

[チャッピー]

 

[マダラ]

 

[巌]

レア役での対決発展期待度

通常時は、ベル回数だけでなくレア役でも対決発展を抽選。

高確中は期待度がアップする。

 

●レア役での対決発展期待度
[通常中]

チェリー以外は全設定共通。

 

[高確中]

チェリーの期待度が通常中に比べアップ。

設定差がなくなっているので、注意しておこう。

対決中の演出

【対決不問の法則】

 

「予告音発生」

・ベルとレア役否定で勝利確定

・復活演出時に発生すれば通常時なら複数ストックor番長ボーナス、ART中は複数ストックor絶頂対決確定

 

 

「ベル、レア役成立時のカットイン」

発生するカットインの色で逆転期待度を示唆。

白<赤<紫の順にアツく、紫は勝利確定!

 

●カットイン色別の期待度

白…約25%

赤…約75%

紫…勝利

 

ベルやレア役成立時にカットインも薫のビラも出なければ勝利確定。

復活時にカットインが発生すれば、複数ストックor番長ボーナスor絶頂対決(ART中)が確定する。

 

 

「対決昇格時」

対峙画面で中対決に昇格すると、勝利確定。

 

 

「下パネルの点滅」

対決中に点滅すれば、勝利確定。

 

 

【バドミントン対決中の法則】

 

「チャンスパターン」

・ノリオが攻撃

・VSサキで2G目に決着へ向かう

・ベル成立時に弱攻撃

・3G目が弱攻撃(攻撃するのは轟と相手のどちらでもOK)

・3G連続で轟が攻撃

・4G目まで継続すれば大チャンス

 

 

「勝利確定パターン」

・4G連続で轟が攻撃

・VSチャッピーで4G目まで継続

 

 

【めんこ対決中の法則】

・1G目はベルとレア役での逆転期待度アップ

・敵が先行したら継続以上確定

・薫のめんこは敗北しても特訓突入以上

・特訓経由時の対決とART中の対決で、薫のめんこは勝利確定

 

 

【バスケットボール対決中の法則】

 

「チャンスパターン」

・轟の強攻撃発生

 

 

「勝利確定パターン」

・3G目の相手の攻撃を耐える

 

 

【ラグビー対決中の法則】

・1G目はベルとレア役での逆転期待度アップ

・レア役成立時に舎弟が1人なら…!?

 

 

【大相撲対決中の法則】

 

「チャンスパターン」

・2G目にぶつかり合いが発生(マダラはさらにチャンス)

・3G目に敵が優勢なら大チャンス

 

 

【調理実習対決中の法則】

 

「大チャンスパターン」

・VSマダラで米研ぎ→包丁の順

・VSノリオで包丁→米研ぎの順

対決の昇格

対決の種類は、相手ごとに弱、中、強の3パターン。

さらに、見た目での判別はできないが勝利確定の確定対決も存在する。

前兆中や対決対峙画面のベルとレア役で昇格の可能性あり。

 

「相手ごとの対決の種類」

巌は中対決と強対決の2パターンのみなので、期待度が高い。

 

●前兆中・対決昇格率
[ベル回数による前兆中]

 

[レア役による前兆中]

ベル回数での前兆はベル、レア役での前兆はレア役で昇格を抽選する。

 

●対峙画面・対決昇格率

対峙画面中は前兆中と違い、対決の契機にかかわらず抽選をおこなう。

また、昇格は必ず1段階ずつとなっており、弱対決からいきなり強対決や確定対決に昇格はしない。

対決中の特訓移行抽選

対決中は成立役に応じて逆転を抽選しているが、逆転抽選に漏れると特訓への移行を抽選する。

特訓抽選に受かった後の小役で逆転した場合、もちろん逆転勝利が優先だ。

 

●特訓移行率
[VSノリオ]

 

[VSサキ]

 

[VSチャッピー]

 

[VSマダラ]

 

[VS巌]

対決前兆の有無

対決に当選した役を参照して、前兆の有無を抽選。

基本的には前兆ありが選ばれる。

 

●前兆の有無振り分け

特訓中の演出

「化石落下」

化石が落ちてくるほど、上位の対決に期待できる。

特訓を経由して発展した対決は、特訓非経由に比べて勝利期待度が高い。

 

●化石ごとの対決期待度

恐竜からの弱対決は、勝利期待度90%超!

内部的に勝ちが確定している時の約10%でも、恐竜が落ちてくる。

対決の振り分け

対決の振り分けに設定差はなく、どこで当選したかによって振り分けが決まる。

 

「対決の振り分けを決める区分」

[通常時&ART中のゾーン]

・対決カウンターの○と◎の箇所(60〜64回を除く)

・レア役契機(弁当箱を除く)

 

[通常時&ART中のゾーン外]

・対決カウンターの△と60〜64回

 

[特訓のゾーン]

・対決カウンターの○と◎の箇所(60〜64回を除く)

・レア役契機(弁当箱を除く)

・上記が契機の対決を挟まない特訓

 

[特訓のゾーン外]

・対決カウンターの△と60〜64回

・上記が契機の対決を挟まない特訓

 

[潜伏特訓]

・対決敗北後、前兆を経由して突入する特訓

 

[弁当箱契機の特訓]

・弁当箱で発展

 

「ゾーン早見表」

 

「対決の振り分け」

対決当選時に確定対決か否かを抽選し、確定でない場合は当選したゾーンに応じて各対決に振り分けられる。

基本的に当選しやすいゾーンの対決は勝ちにくく、当選しにくいゾーンなら勝ちやすいといったイメージだ。

 

●確定対決当選率

 

●確定対決当選時の振り分け

どの対決でも、確定対決の可能性あり!

 

●非確定対決時の振り分け
[通常時]

ゾーン外で当選すると、期待度の高い対決が選ばれやすい。

 

[特訓経由]

 

[弁当箱契機]

ゾーンに関係なく、もっとも期待度の高い対決に発展!

 

 

「対決敗北後の即特訓」

対決敗北後のBETで特訓に突入した場合、前回の種目から格上げ抽選をおこなう。

格下げが発生すると勝利確定だ。

対決発生率

●対決発生率

レア役での抽選も加味すれば、設定1でも100Gに1回以上対決が発生する。

小役関連

小役確率

●小役確率

強弁当箱は超番長ボーナス確定!

 

●MB中の小役確率

MB中も超番長ボーナスが成立する可能性あり!

 

共通ベルCとMB中ベルBは、左リールの枠上にBARを狙った際の左リールベル/スイカ/ベル停止からのベル。

対決中の逆転抽選が優遇されているため、対決中も意識して目押しをしていると面白いかもしれない。

対決中のベル

対決中はベルでも逆転抽選をおこなっており、共通ベルCとMB中ベルB(左リールベル/スイカ/ベル停止からのベル)は、その他のベルよりも勝利期待度が優遇されている。

もちろん、目押しをしなくても抽選は受けられているため、フリー打ちでも問題はない。

ベルを引いた際の逆転期待度は20%以上となっているが、この数字に目押しで判別できるベルは含まれていないため、対決中にベルが成立した際の逆転期待度はさらに高い。

モード

モード概要

通常時は、4種類のモードによって対決発展までのベルの規定回数が変化。

モードによってアツい回数が異なり、リール右のカウンターにイナズマが発生している間は期待度が高い。

規定回数到達時に、次回のモードとベル規定回数を決める。

 

「モードと特徴」

[通常A]

・基本的に滞在するモード

・ベルの規定回数は64回

 

[通常B]

・移行先は通常Bのまま or 対決連チャンのどちらか

・ベルの規定回数は64回

 

[チャンス]

・早い対決発展に期待ができるモード

・ベルの規定回数は64回

 

[対決連チャン]

・ベル7回以下での対決発展確定

・ベルの規定回数は7回

 

 

「モード移行イメージ」

通常Aからでも30%以上で対決連チャンへ移行。

通常Bからは、対決連チャンへ移行するまで他のモードに移行しない。

モード移行率

対決発展を契機に次回のモードを抽選。

モードを決定した後に、ベルの規定回数を決定する。

 

●モード移行率
[通常A滞在時]

設定6はほとんど通常Aをループせず、チャンスや対決連チャンへの移行率も高い。

 

[通常B滞在時]

66%以上で対決連チャンへ移行。

通常Aやチャンスへの移行はナシ。

 

[チャンス滞在時]

移行率自体は通常Aと共通だが、各ゾーンでの対決発展率が通常Aよりも高い。

 

[対決連チャン滞在時]

奇数かつ高設定ほど、ループ率が高い。

設定4と6は通常Aへ落ちにくいのも特徴。

演出

滞在モード別のベル回数振り分け

規定ベル回数の天井は対決連チャンが7回、それ以外は64回。

モード移行時に、何回目のベルが天井になるかを決める。

 

「モードごとの特徴」

[通常A]

・15の倍数と15の倍数+2回までがチャンス

・ベル32回目までに約50%で対決に発展

 

[通常B]

・通常Aと大きな違いはないが、10の倍数回にも期待できる

・ベル32回目までに約70%で対決に発展

 

[チャンス]

・各ゾーンでの対決発展期待度がアップ

・ベル32回目までに約90%で対決に発展

 

[対決連チャン]

・ベル7回以内に必ず発展

 

[対決発展期待度]

 

[記号の見方]

◎…対決発展の大チャンス

○…対決発展のチャンス

▲…対決に発展しにくいが、発展したら期待度の高い対決が選択されやすい

 

●モード別・規定ベル回数振り分け
[通常A滞在時]

 

[通常B滞在時]

 

[チャンス滞在時]

 

[対決連チャン滞在時]

 ベル32回目を超えるかどうかが、モード推測のポイントのひとつになる。

新キャラ・牡丹

おもにベル成立時に登場する女の子。

ベル否定で対決発展の期待度がアップする。

通常時の演出

「漢気演出」

基本的にはレア役に対応した演出。

ベル成立で対決発展が確定する(非前兆中)。

 

 

「お色気演出」

成立役不問で、対決発展が確定。

基本的にはレア役が成立している(非前兆中)。

 

 

「キャラ登場演出」

キャラ登場時の小役がリプレイかベルなら前兆確定。

 

 

「牡丹悲鳴演出」

前兆中に発生すれば、対決 or 特訓期待度約66%。

 

 

「ステージチェンジ」

チェリーかチャンス目が成立していれば、対決発展確定。

ARTかボーナス直撃のどちらかも濃厚だ。

 

 

「同一キャラの連続」

同一のキャラが連続すると、前兆確定。

さらにもっとも期待度の低い★×2の対決が選ばれない。

 

 

「舎弟引っ張り演出」

 

[前兆確定法則]

・舎弟?でリプレイ or ベル or MB

・舎弟?以外でスイカ

・第1停止時以外でチェリーを告知

・大量の舎弟でレア役を否定(★×2の対決も否定)

 

[その他の法則]

・反撃で薫が登場すれば対決 or 特訓期待度約20%

 

 

「伝令演出」

 

[前兆確定法則]

・第1停止時以外でチェリーを告知

・舎弟?以外でスイカ

前兆の種類

対決や特訓までの前兆は大きく分けて4パターンあり、最大ゲーム数も異なる。

契機となった役からART当選までではなく、対決に発展するまでが前兆。

ベルの規定回数による前兆とレア役による前兆が重複することはなく、必ず片方が終了してから次の前兆が始まる。

 

 

「パターン1」

特訓を経由せず、直接対決へ発展。

前兆が最大の10Gだと超チャンス!

 

 

「パターン2」

最大32Gの前兆後、特訓を経由して対決に発展。

もっとも一般的なパターンであり、ART終了後の引き戻し特訓もパターン2が該当する。

 

 

「パターン3」

対決敗北を契機にスタートする特殊な前兆。

最大ゲーム数は28Gだが、対決後にスタートするため、28Gよりも長く見えることがある。

 

 

「パターン4」

対決敗北後のBETで特訓に突入。

最大前兆は25Gとなっており、17Gを超えるとチャンスだ。

 

 

「特殊な前兆パターン」

前兆パターン1の対決のみ、対決中の小役で逆転しても当該対決で勝利を告知しないケースがある。

特訓を経由せずに対決に発展し、対決中にベルやレア役を引いたが負けてしまった場合は、少なくともそのあとに前兆や特訓が発生しないかを確認してからヤメるようにしよう。

通常時のステージ

滞在ステージによって、内部状態や前兆を示唆。

特訓に突入すれば、対決の本前兆が確定する。

 

「公園/喫茶店」

もっとも滞在頻度の高い基本となるステージ。

 

 

「屋上」

高確に期待できるステージ。

 

 

「商店街(夕)」

対決発展に期待できるステージ。

 

 

「商店街(夜)」

さらに対決発展に期待できるステージ。

高確移行示唆演出

弁当箱成立後に屋上へ移行すると、高確確定。

屋上へ行かなくても、同行している舎弟が動けば高確確定だ。

 

●弁当箱成立後の演出振り分け

 

●弁当箱成立後・10G間を考慮した演出振り分け

弁当箱での高確移行後は、ステージが移行するまで(最大10G間)、上記の数値で演出を抽選。

弁当箱成立後10G経ってもステージが移行しなかった場合は、高確に移行したが10G間ステージ移行なし(75%)を引き続けたか、そもそも高確に移行していなかったかのいずれかとなる。

フリーズ

ロングフリーズ

 

●発生確率…1/65536

 

「恩恵」

・超番長ボーナス

 

「発生タイミング」

・レバーON時

 

「発生契機」

・単独超番長ボーナス当選時

・MB中のベル+超番長ボーナス同時当選時

 

通常時とART中の両方で発生する可能性がある。

その他

ベル回数狙いのシミュレート値

「シミュレート条件1」

・設定1

・時間無制限

・特定回数のベル取得後、前兆終了でヤメ

・ART当選時は終了後、RT状態転落でヤメ

・滞在モードは不問

 

●シミュレート値
[ベル7回狙い]

 

[ベル15回〜17回狙い]

 

[ベル32回狙い]

 

[ベル32回目以降から対決当選まで]

 

 

「シミュレート条件1」

・設定1

・時間無制限

・特定回数のベル取得後、前兆終了でヤメ

・ART当選時は終了後、非前兆状態を48G消化してからヤメ

・滞在モードは不問

 

●シミュレート値
[ベル7回狙い]

 

[ベル15回〜17回狙い]

 

[ベル32回狙い]

 

[ベル32回目以降から対決当選まで]

カギとなるのはベル

今作はレア役はもちろん、ベルでも対決を抽選。

対決中もベルで逆転抽選をおこない、勝利すればARTやボーナスに当選する。

 

「対決カウンターには天井が存在」

リール右のカウンターでベル回数をカウントしており、イナズマが発生するとチャンス。

滞在しているモードによって、規定回数が異なる。

内部状態関連

内部状態移行率

内部状態は通常と高確2種類あり、高確中はレア役での対決当選率がアップ。

弁当箱成立時に高確への移行抽選をおこなう。

 

●弁当箱成立時・高確移行率

偶数かつ高設定ほど、高確に移行しやすい。

 

●高確移行時のゲーム数振り分け

高確中に再び当選した場合、高確のゲーム数を上乗せ。

獲得したゲーム数をすべて消化すると、通常へ転落する。

icon

解析情報ボーナス時

対決

対決最終ゲームのMBによる逆転(ART中)

ART中も、通常時と同様に対決最終ゲームのMBで逆転した場合、強力な恩恵を得られる。

 

「最終ゲームのMBによる逆転時の恩恵」

[通常の対決]

・80%のループストックを獲得

 

[轟大寺中の対決]

・絶頂対決を獲得

 

轟大寺中だけでなく、内部的に勝てばボーナスとなる対決を最終ゲームのMBで逆転した場合は、絶頂対決を獲得する。

 

●最終ゲームでMB成立時・逆転当選率

レア役での対決発展率

●対決発展率
[通常滞在時]

発展率は通常時とほぼ同じ。

 

[高確滞在時]

※MB中チェリーはART準備中とRT状態から転落中のみ成立の可能性あり

対決勝利時のループ率振り分け

ART中の対決勝利時は0%、25%、50%、80%の4つからループ率を決定し、ストック数を抽選。

対戦相手によって振り分けに特徴がある。

 

●ART中対決勝利時・ループ率振り分け

初当り時は25%以上のループ率を獲得するので、複数ストックのチャンス。

ストックを獲得しても告知が発生しないパターンもあり。

ART中の対決振り分け

●ART中の対決振り分け

弁当箱が契機の対決の振り分けは、通常時と共通。

 

「対決の振り分けを決める区分」

[ゾーン]

・対決カウンターの○と◎の箇所(ベル60〜64回を除く)

・レア役契機(弁当箱を除く)

 

[ゾーン外]

・対決カウンターの△とベル60〜64回

 

[ボーナス時]

・勝利すればボーナスとなる対決

 

対決相手と勝利時の特徴

「勝利時の特徴」

サキ…ループストックを獲得しやすい

チャッピー…ループストック獲得率は低いが獲得時は50%以上

ノリオ…サキとチャッピーの中間程度のバランス

マダラ…ループストックを獲得しやすく振り分けも優遇

巌…ループ率0%が選択されない

 

巌は勝利期待度が高いうえに、勝利時はループストックが確定するため、ARTを複数ストックするチャンス。

出現した際はきっちりと勝ち、ストックを獲得しておきたい。

 

●おおまかな勝利期待度

特化ゾーン/絶頂対決

絶頂対決概要

ART中のボーナス当選時の一部で突入。

鏡との対決に勝ち続ける限り、ストックを獲得する。

 

「種目は3種類」

食堂<卓球<ドッジボールの順にチャンス。

期待度は種目ごとに異なるが、振り分けは均等なのでヒキが重要だ。

 

 

「逆転抽選」

ハズレを含む全役で逆転を抽選。

通常の対決と同様、ベルやレア役を引けば期待度アップだ。

 

 

「終了後はボーナスへ」

絶頂対決中の抽選

2つの保証があるので、3戦目から対決の種類と小役に応じた逆転抽選をおこなう。

保証中に小役での逆転抽選に当選した場合、約13%で保証を持ち越す。

 

●絶頂対決中・逆転当選率
[食堂対決中]

ベルは1G目の期待度が高い。

レア役成立で逆転確定!

 

[卓球対決中]

毎ゲーム、約20%以上で逆転する。

 

[ドッジボール対決中]

もっとも期待度の高い対決。

何も引けなくても33%以上で逆転する。

種目の昇格抽選

種目の振り分けはすべて共通だが、対峙画面でベルやレア役を引くと昇格抽選をおこなう。

 

●対峙画面中・昇格率

昇格は必ず1段階ずつ。

対決結果の告知タイミング

●絶頂対決中・告知発生タイミング

基本的に3G以上継続。

4G目まで勝負を持ち越せば激アツ!

裏モード

裏モード概要

「裏モードとは?」

・対決勝利期待度が大幅にアップ

・勝利時のループ率振り分けが優遇

・対決の勝敗にかかわらず70%でループ

 

 

「裏モード中の対決逆転抽選」

通常の対決と同様、ベルやレア役での逆転抽選をおこなう。

さらに、対決中の毎ゲームのレバーON時に40%で逆転を抽選する。

 

●裏モード突入率
ART中の対決で、ベルやレア役を引いて敗北した場合の0.78%。

 

実質の突入率は約1/6361.1(設定1)と狭き門だが、1度入ってしまえば大量ストックに期待ができる。

小役確率が異なるので設定ごとに多少の差は出るが、微差程度。

 

●裏モード継続率…対決の勝敗不問で70%

 

●裏モード中・対決勝利時のループ率振り分け
25%…49.61%
50%…50.00%
80%…0.39%

 

設定や対戦相手不問で25%以上が選ばれる。

裏モード滞在に期待できる演出

「対峙画面が裏返る」

対峙画面でPUSHボタンを押し、画面が裏返ると裏モード滞在確定。

 

 

「旗演出」

基本的にMB示唆だが、否定すると対決潜伏が確定。

頻発すると裏モードの期待大、押し順ベルが成立していると裏モード滞在濃厚。

 

 

「押し順ナビの色」

裏モード中は白ナビや黒ナビの発生率が大幅にアップする。

 

裏モード中は対決の前兆として上記の演出発生頻度がアップしているが、前兆のうち約20%は通常の前兆が選択される。

そのため、1度裏モード濃厚演出が出て次の対決が通常の前兆だった場合でも、まだ裏モードにいる可能性は十分にある。

ART/頂JOURNEY

ART中の演出

「ART準備中のビラ」

敵キャラのビラが出現すると、対決が潜伏している期待度アップ。

 

 

「ステージチェンジ演出」

3G連続でシャッターの煽りが出現すれば、ステージアップ確定。

 

 

「仏堂演出」

対決発展でマダラ以上のチャンス。

ノリオ、サキ、チャッピーなら勝利期待度がアップ。

 

 

「温泉ステージ」

お風呂からパンダが出現すれば、絶頂対決潜伏の期待度がアップ。

 

 

「隠しPUSH」

潜伏ループストック獲得時は、第3停止までにPUSHボタンを押すと1/2でコパンダランプが点灯する。

 

[コパンダランプ]

隠しPUSH時を含め、コパンダランプの告知は通常よりも点滅が長いと80%ループでのストック中が確定。

ストック獲得時のレバーONで点灯した場合も80%ループ確定だ。

 

 

【対決確定演出】

・旗演出でMBを否定

・演出なしでMBが成立

・ボーナス後に対決カウンターの漢気の文字が赤い

・竹藪パンダ演出の第3停止でベル(当該ベルでの当選も含む)

・屋形船演出でリプレイ

・座禅演出でリプレイを否定

 

 

「発展までのゲーム数」

ART中の対決前兆は最大5G。

レア役から5G後に発展すれば、勝利確定。

 

 

「同行キャラ」

同行キャラが、舎弟ではなく薫なら対決本前兆の期待度がアップ。

ART中の楽曲変化

ART中の楽曲が変化すると、継続以上濃厚。

楽曲の種類では、複数セットや絶頂対決を示唆するパターンもある。

 

「楽曲と示唆内容」

[またあした!!]

・継続確定

 

[轟けDREAM 〜操Ver.〜]

・最低2セット継続

・5セット以上潜伏している場合は2セット潜伏時よりも2倍以上変化しやすい

 

[エンブレム ~操Ver.~]

・5セット以上潜伏+ループ率獲得時の一部(流れ始めたら連続ストックのチャンス)

・対決勝利の次ゲームから流れるのが基本だが、内部的に対決をおこなうシークレット対決が存在するので、いきなりストックが告知され楽曲が変化することもある

 

[『押忍!番長2』の河BGM]

・ボーナス本前兆確定(ART再開時に変化抽選)

 

[『押忍!番長2』の山頂BGM]

・轟大寺に移行(ボーナス本前兆確定)

・河BGM中に轟大寺に移行した場合は必ず流れる

・河BGMナシで轟大寺に移行し、山頂BGMが流れると絶頂対決の期待度が約5倍にアップ

ARTストック時の抽選

ARTのストック獲得時は、継続抽選に漏れるまで毎ゲームストック獲得抽選をおこなう。

初当り時は最低25%、セット数上乗せ時は0%(単発)もあるが、どちらも最高継続率は80%となっているため、大量ストックも夢ではない。

終了したとみせかけて裏でストックしていることもあるため、謎連が起きやすい仕様となっている。

 

「ループ率の種類」

初当り時…25%/50%/80%

ART中ストック時…0%/25%/50%/80%

 

[ストック獲得時のロゴ色]

序列は青<黄<赤。

上位のロゴ色ほど、高ループ率の期待度が高まる。

ART中のステージ

ART中のステージでは、対決発展までのベルの天井回数やボーナス当選を示唆している。

セット開始時のストックの有無やBBモードを参照して、ステージを決定する。

 

「番竜門」

ベル天井回数…64回

ART中の基本となるステージ。

 

 

「金剛苑」

ベル天井回数…32回以下

番竜門よりもベル天井回数が少ないチャンスステージ。

 

 

「豪遊閣」

ベル天井回数…7回以下

セット継続が確定しているステージ。

ここでボーナスを引ければ、対決に多く発展!?

 

 

「轟大寺」

対決発展が確定しているステージ。

勝利できればボーナス確定。

 

 

「温泉」

ボーナスが確定しているステージ。

ほかにも秘密が…?

 

轟大寺と温泉は、両サイドに漢気上昇中の文字が流れる。

 

●ステージ振り分け

ART概要

通常時と同様にベルやレア役で対決を抽選し、勝利することでストックを獲得。

押し順ベルのナビが発生するので、通常時よりも対決発展率が高い。

 

「基本性能」

・1Gあたりの純増…約2.0枚

・1セットのゲーム数…40G+α

 

 

「対決勝利でストック or ボーナス確定」

押し順ベルのナビが発生する分、通常時に比べ勝利期待度が高い!

ART1セット目の強制継続抽選

1セット目のベル回数が8回未満だった場合、ストックの有無不問で継続確定(準備中のベルを除く)。

ART開始画面

ARTの開始画面では、ストック数やステージ、設定などを示唆する

操や鋼鉄の画面なら、大量ストックのチャンスだ。

 

「開始画面と示唆内容」

デフォルメキャラ…デフォルト

リアルキャラ…上位ステージに期待

マチコ先生(リアルVer.)…豪遊閣ステージ確定

操…継続確定

鋼鉄…残りストック3つ以上

スウィートVer.パネル…設定6確定

 

[画面パターン]

マチコ先生の開始画面は2種類あり、豪遊閣ステージが確定するのは指示棒を持っているリアルVer.のもの。

もうひとつはデフォルメキャラに比べて上位ステージ移行に期待できる。

操は残りストックが3つ以上、鋼鉄は6つ以上だと出現しやすい。

ART中の小役確率

●ART中・小役確率

 

●MB中・小役確率

継続ジャッジ中の演出

「演出法則」

全員集合の文字が赤い…次回金剛苑以上

轟のカットイン…継続+セットストック2つ

轟がハーレーで登場…継続+セットストック2つ

舎弟が弁当を食べる…残り3セット以上の期待大

操登場…複数ストックに期待

 

●演出別・ストック個数期待度

 

●2G目・演出振り分け

実際にはPUSHボタンの出現など、パターンがいくつかあるため、記載しているのは大まかな期待度となっている。

ベル規定回数短縮抽選

金剛苑ステージのベル規定回数は、最大32回。

 

「1.金剛苑移行時」

金剛苑移行時のベル規定回数を参照して、対決発展までのベル回数を決定する。

 

[移行時の規定回数が32回以上]

・ステージ移行後、ベル4回以内に対決に発展

 

[移行時の規定回数が32回未満]

・元々の規定回数で対決に発展

 

[移行時のベル回数が32回未満かつ、規定回数が32回以上]

・規定回数を32回に書き換え

 

 

「2.金剛苑内で対決発展後の抽選」

金剛苑内で対決に発展した後は、移行先の対決カウンターモードにかかわらず、ベル規定回数を7回、17回、32回のいずれかから決定。

 

●ベル天井回数振り分け

金剛苑移行時は1と2の抽選を両方おこない、少ないほうが規定回数になる。

特殊ステージ移行率

各セット開始時に、滞在BBモードを参照して轟大寺や温泉ステージへの移行抽選をおこなう。

BBカウンターにイナズマが発生していないセットで轟大寺に移行すると、チャンスモード滞在が濃厚だ。

 

●特殊ステージ移行率

まれに轟大寺にも温泉にも移行せず、ボーナスを告知することがある。

ART初当り時のループ率

ART初当り時は25%、50%、80%の中からループ率を決定し、ストックを抽選。

ループ率に漏れるまで毎ゲームストック獲得のチャンスとなっており、何気ない演出でもいきなりPUSHボタンが出現してストックを獲得といったパターンも存在する。

 

●初当り時・ストックループ率振り分け

設定5は80%の振り分けが多く、設定6は50%の振り分けが多い。

 

●初当り時・複数ストック期待度

豪遊閣スタートなど、特殊な継続パターンも含んだ期待度。

1セット目に発展した対決での勝利などは含んでいない。

 

「ループ率の決定タイミング」

[確定対決or設定変更時の特殊抽選による対決勝利時]

・本前兆が開始するゲームのレバーON時

 

[対決に特訓を挟まず勝利時]

・勝利が決定したタイミング

 

レア役と共通ベルので勝利時はそのレバーON時、押し順ベルでの勝利時は第3停止時に決定する。

 

[特訓を経由した対決に勝利時]

・特訓後の対決導入ゲームのレバーON時

 

[強制逆転抽選当選時]

・対決敗北ゲームの第3停止時

 

[通常時のボーナス当選時]

・ボーナス当選ゲーム

 

[ART中の対決勝利時]

・勝利したゲームのレバーON時(役不問)

 

[超番長ボーナス当選時]

・超番長ボーナス開始時

ストック獲得時の背景色

ストック獲得時は、ロゴの背景の色でループ率を示唆している。

 

「色ごとの示唆内容」

青…デフォルト

黄…ループ率ありの期待度アップ

赤…ループ率ありかつ、ループによるストック獲得も確定

赤(特殊)…50%以上のループ率ありかつ、ループによるストック獲得も確定

虹…ループ率80%確定

※赤(特殊)…告知時のパンチがロングver.

 

●ループ率ごとの背景色振り分け

ループ率を持つストックを獲得した場合でも、裏(告知なし)でストックを獲得し続けるパターンがあり、この場合は50%で青背景が選ばれる。

青と黄色の場合でもループストックを獲得している可能性は十分にあり、裏でループしている場合は赤以上が出現しない。

継続ジャッジ中の上乗せ

継続ジャッジ中は、レア役でストックの獲得を抽選。

当選時は必ずコパンダランプでの告知が発生する。

 

●継続ジャッジ中・ストック当選率

ART終了後の引き戻し

ART終了時に対決の引き戻しを抽選。

当選時の一部で、対決が確定対決になる。

 

●ART終了時・対決引き戻し当選率

偶数かつ、高設定ほど対決を引き戻しやすい。

 

●引き戻し時の振り分け

前兆、特訓、対決中は通常通り小役で逆転抽選をおこなう。

 

●トータル引き戻し期待度

ART引き戻し時は特訓を経由して告知。

基本的に、BETでの即特訓ではなく、前兆→特訓→勝利となるケースが多い。

 

「引き戻し時の種目振り分け」

ART終了後のステージ

特訓移行の有無などを参照して、ステージを決める。

 

●ART終了時・ステージ振り分け

商店街は夕方なら特訓以上のチャンス。

夜ならART復帰確定だ。

ART中の対決発生率

●ART中・対決発生率

ART中は押し順ベルのナビが発生するので、カウンターがたまりやすい。

発生率は通常時の約2倍!

ボーナス

BBモード概要

ART中は滞在しているBBモードに応じて、ボーナス期待度の高いセット数が変化。

セット数はリール左の○日目で表示されており、ボーナス当選で1日目に戻る。

 

「BBモードの種類」

通常…ART中の基本となるモード

チャンス…ゾーンが強く早いボーナス当選に期待できる

天国…1日目でボーナス確定

 

 

「日付ごとの期待度」

モード共通で1、3、6日目と10日目以降はチャンス。

ボーナス当選でモードが再抽選される。

 

 

[イナズマに注目]

BBカウンターにイナズマが発生すると、ボーナス期待度の高いセット。

ボーナス中の演出

【楽曲変化】

ボーナス中の楽曲が下記に変化すると、次回天国確定!

 

轟ボーナス中…轟けDREAM

薫ボーナス中…漢の花道

操ボーナス中…DISTANCE

 

【轟ボーナス中】

「小役告知演出」

 

[7揃いに期待できるパターン]

・ダブルナビで右側が選ばれる

・小サイズのチェリー(期待度50%超)

・左右のナビが同じ(期待度90%超)

・小ナビ時の対応役矛盾(期待度50%超)

 

[出現方向別・対応役]

左から…リプレイ/共通ベルC/MB中ベルB

右から…MB/共通ベルA、B/MB中ベルA/弁当箱

 

[7揃い確定パターン]

・チャンス目が小さい(どちらも)

・ドデカ弁当箱

・ドデカベルで共通ベルC or MB中ベルB成立

・左チェリー、右ベル

・左ベル、右弁当箱

・左弁当箱、右ベルでベルが揃う

 

 

「股のぞき演出」

[7揃いに期待できるパターン]

・ベルが成立

 

[7揃い確定パターン]

・リプレイが成立

・第2停止で小役を告知

 

 

「パンダ対決演出」

順押しナビ…大チャンス

順押しナビ+コパンダ…7揃い確定

 

※7揃いはARTストック獲得

 

 

【薫ボーナス中】

 

「(超)あッちッちタイム」

おもにレア役後に突入し7G間継続。

カットイン発生で7揃い確定だ。

 

●7揃い期待度
あッちッちタイム…約20%

超あッちッちタイム…約80%

ベルで超あッちッちタイム…7揃い確定

 

ボーナスの残りが8G以上ある状態でチャンス目を引き、あッちッちタイム非突入なら7揃い確定。

 

※7揃いはARTストック獲得

 

 

【操ボーナス中】

最終ゲームのルーレットでストックの当否を告知。

カードの配置パターンで期待度を示唆する。

 

[ルーレットの配置パターン]

 

[パターン別の示唆内容]

番長ボーナス概要

通常時、ART中ともに当選する可能性がある擬似ボーナスで、通常時に引いた場合はARTも確定。

3種類の告知タイプから選択でき、演出成功でARTのストックを獲得する。

ボーナス中のベルは、ART中のベル回数にカウントされる。

 

 

「基本性能」

継続ゲーム数…50G

1Gあたりの純増…約2.0枚

 

 

【轟ボーナス】

パンダ登場時に7が揃えばストックを獲得するチャンス告知タイプ。

小役ナビの種類や大きさなどで、期待度を示唆する。

 

 

【薫ボーナス】

告知発生でストックが確定する完全告知タイプ。

(超)あッちッちタイム突入でチャンス!

 

 

【操ボーナス】

最終ゲームのルーレットでストックを告知する最終告知タイプ。

カードの配置で期待度を示唆する。

超番長ボーナス概要

フリーズや強弁当箱が契機となるプレミアムボーナス。

7揃いの高確率状態となっており、大量ストックに期待できる。

通常時に引いた場合は、ART突入確定だ。

 

 

「基本性能」

獲得枚数…最大245枚

 

 

「カットイン」

青<赤<紫の順に7揃いに期待。

 

 

「終了後のモードは天国確定」

超番長ボーナス終了後はARTに突入。

必ず天国からスタートするので、1セット目で番長ボーナスに当選する。

超番長ボーナス中の小役確率

●小役確率(全設定共通)

赤7揃いはARTのストックを1つ獲得。

青7揃いは2つストック+次回天国が確定だ。

ボーナスの振り分け

●ボーナス振り分け
[昇格を含まない]

 

[昇格を含む]

 

青7が出現するほど設定6の期待度が高まるが、ボーナス準備中のベルやレア役で昇格する可能性があることを頭に入れておこう。

裏番長ボーナス

通常時に引いた番長ボーナスは、1/256で裏番長ボーナスになる。

強力な恩恵があるが、見た目での判別はできない。

 

「裏番長ボーナスの恩恵」

・内部的に80%のループストックを2つ持った状態からARTがスタート

 

もちろん、ART初当り時の25%以上のループストック抽選もおこなわれる。

見た目で判別できないので確証は持てないが、通常時の番長ボーナス後のARTが極端に長く続いていれば、もしかしたら裏番長ボーナスに当選していたかもしれない。

BBモードの振り分け

●ART初当り時・BBモード振り分け

設定5が最も天国に期待できる。

 

●ART中ボーナス後・BBモード振り分け
[通常 or チャンス滞在時]

 

[天国滞在時]

設定5は約33%で天国をループ。

天国後のチャンスモード移行は偶数設定が優遇されている。

ボーナス中の7揃い

ボーナス中は、成立役に応じて7揃いを抽選。

7が揃えばARTのストックを獲得する。

 

●ボーナス中・7揃い期待度
[赤7ボーナス中]

 

[青7ボーナス中]

青7中は7揃い期待度がアップ。

チャンスチェリーは青7揃いが確定する。

ボーナス準備中の抽選

ボーナス準備中は、青7への昇格抽選をおこなう。

ベルでも昇格のチャンスがあり、レア役なら昇格に期待できる。

 

●ボーナス準備中・青7昇格期待度

絶頂対決当選率

おもにART中のボーナス当選時に、絶頂対決を抽選する。

 

●ART中ボーナス当選時・絶頂対決当選率

設定5のみ、当選率が25%と高い。

早い段階で複数回当選すれば、設定5を意識してもいいかもしれない。

 

「ボーナス当選時以外にも当選の可能性あり」

[ART初当り時]

・通常時の対決勝利時やARTを告知したゲームの第3停止時に抽選

 

[ART中]

・セット継続時の轟がバスに乗り込むゲームに抽選

 

ちなみに、次セットのステージも轟がバスに乗り込んだタイミングで決まる。

AT・ART・RT中・モード関連

ART中の対決カウンターモード移行率

●ART中・モード移行率

通常時と同様に、ART中の対決カウンターモードも対決を契機に移行を抽選。

ART中は全設定共通となっている。

icon

設定推測ポイント

画面系

ART終了画面

「パターン別・示唆内容」

轟の後ろ姿…デフォルト

お寺…設定2以上確定

操と牡丹…設定4以上確定

集合写真…設定5濃厚

操と雫…設定6確定

 

[画面一覧]

 

●終了画面出現割合

 

●デフォルト以外の出現割合

ARTセット開始画面

セット開始画面にスウィートVer.パネルが表示されると設定6確定。

出現割合は設定6の0.2%と低いが、セット継続のたびに表示される可能性がある。

 

●スウィートVer.パネル出現割合…セット継続時の0.2%(設定6のみ)

その他

前兆パターン

「前兆イメージ」

4種類の前兆のパターンのうち、パターン1とパターン2で勝利すると高設定の期待度が高まる。

対決の強制逆転抽選

ベルとレア役から直接突入した特訓からの対決と、特訓非経由での対決敗北時に強制逆転抽選をおこなう。

当選時は敗北後に特訓を経由といった形を取らず、必ず当該の対決で勝利が告知される。

 

●強制逆転抽選当選率

高設定ほど当選しやすいが、そもそも勝利していた対決や対決中の小役で逆転した場合との区別は付かないため、ハッキリと確かめることはできない。

小役確率関連

設定差のある小役確率

設定差があるのは共通ベルとチャンスチェリー確率。

共通ベルCは通常時もカウント可能だが、共通ベルAとBはART中しか判別できない。

 

●共通ベル確率

※共通ベルC…左リールベル/弁当箱/ベルからのベル

 

●チャンスチェリー確率

AT・ART・RT関連

通常時の番長ボーナス確率

●通常時・番長ボーナス確率

当選契機は通常時のハズレ。

設定差が大きいので、当選したら粘ってみたい。

絶頂対決当選率

●ART中ボーナス当選時・絶頂対決当選率

設定5のみ、当選率が25%と高い。

複数回確認できれば、設定5に期待できる!

ストックのループ率

●初当り時・ストックループ率振り分け

設定5は80%の振り分けが多く、設定6は50%の振り分けが多い。

ART中のBBモード移行率

ART初当り時のBBモードの振り分けに大きな差はないが、天国移行後のループ率は設定5がもっとも高い。

 

●ART初当り時・BBモード振り分け

設定5が最も天国に期待できる。

 

●ART中ボーナス後・BBモード振り分け
[通常 or チャンス滞在時]

 

[天国滞在時]

設定5は約33%で天国をループするので、天国が続けば設定5に期待できるぞ。

天国後のチャンスモード移行は偶数設定が優遇されている。

icon

天井ゾーン止め時

狙い目ゾーン・天井・止め時

天井突入条件

通常時に規定回数のベルを獲得(最大200回)。

天井恩恵

ARTに突入。

リセット仕様

設定変更時はベルの天井回数が128回に短縮。 設定変更時の10%で初回対決勝利かつ、80%ループと25%ループがそれぞれ1:1で選択される。

ヤメ時・狙い目

ゲーム数・モード・内部状態

期待収支シミュレート値

ベル回数狙いの期待収支

ベル回数狙いの期待収支

ベル回数狙いの期待収支

ベル回数狙いの期待収支

icon

打ち方朝イチ

朝イチ・宵越し

設定変更時の抽選

「設定変更時の恩恵」

・ベル天井回数が128回に短縮

・約10%で初回の対決で勝利

・上記の抽選で勝利時の50%でARTストックを80%ループで獲得

 

約10%の抽選に受かっていれば、1回目の対決はベル回数とレア役のどちらの場合でも勝利確定。

この勝利は対決(敗北)→特訓→対決(勝利)といった流れとはならず、最初の対決で必ず勝つため、朝イチ1回目の対決で勝った場合は80%ループに期待できる。

ちなみに、80%ループ非当選の場合は、25%ループでARTストックを獲得する。

 

 

「設定変更時の内部状態とモード」

内部状態は低確確定。

モードは4種類の中から均等に(25%ずつで)選ばれる。

 

[50%でベルの規定回数を再抽選]

設定変更時は、50%でモードとベルの規定回数を再抽選。

残りの50%は前日を引き継ぐ。

 

前日のモードとベルの規定回数を前日から引き継いでいた場合でも、前日がゾーン内だった場合などは対決に発展する可能性があり、この場合は設定変更か否かの見極めは困難。

逆に、前日を引き継いだ場合は対決に発展しないことが多いため、発展しなくても設定変更の可能性が0になるわけではない。

打ち方・小役

通常時の打ち方

「最初に狙う絵柄」

左リール枠上〜上段付近にBARを狙う。

チェリー停止時は、中右リールに2連7を狙うことでチャンスチェリーを判別できる。

スイカ停止時は、中右リールにもスイカを狙おう。

 

 

「BAR中段停止時」

BAR狙い時の基本となる停止形。

中右リールはフリー打ちでOKだ。

 

 

「チェリー停止時」

成立役はチェリーorチャンスチェリー。

チェリー上段停止時は中右リールはフリー打ちでも損をすることはないが、2連7を狙えばチャンスチェリーを判別できる。

 

 

「弁当箱停止時」

成立役はベルor弁当箱or強弁当箱orチャンス目。
中右リールに弁当箱を狙う。

 

 

「小役の停止例」

本機はMBを搭載しており、MB停止時はリールの枠が白く発光。

MB後の1Gはベル、チャンス目、チェリーのいずれかが成立する(ベルとチャンス目は10枚、チェリーは1枚の払い出し)。

共通ベルの見分け方

左リール枠上付近にBARを狙っていれば、ベルの種類を判別可能。

ただし、左リールベル/弁当箱/ベルからのベル(共通ベルC、MB中ベルB)は、BARを枠上よりも上で押していないと見分けられない。

 

 

「共通ベルA:右上がりor下段揃い」

中段BAR停止から右上がりor下段に揃う。

ただし、下段揃いは押し順ベルの可能性もある。

 

 

「共通ベルB:中段揃い」

上段BARからの中段揃いが共通ベルB。

共通ベルAと同様に、押し順ベルの可能性もある。

 

 

「共通ベルC:ベル/弁当箱/ベル停止」

対決中に引けば勝利期待度アップ。

 

 

「MB中ベルA:斜め or小V or 小山型」

 

 

「MB中ベルB:ベル/弁当箱/ベル停止」

共通ベルCと同様に、対決中に引けば勝利期待度がアップする。

ユーザー評価詳細

一覧へ

  • 津波に乗ったらホントに止まらない。打ってて怖くなるほど出る。設定を疑う時は入ってないと思って平気。

    4.50

    プレミア

  • 朝から打って!脅威の爆発してました。 超番長2回番長24回絶頂4回頂J108回万枚オーバー

    4.67

    番長

  • なかなかビッグボーナスつかないけど、対決のドキドキが面白い

    4.33

    猫パンチ

  • 爆発したら面白い

    3.83

    Jeans

  • 演出も好きだし、爆発力もあると思う。 ただ高設定じゃなきゃ絶対勝てない。

    3.67

    聖闘士政宗

  • 引き弱の負け犬の遠吠えばっかりで草

    3.33

    たたた

  • そこそこ面白いです。

    3.50

    松松

  • 65536引きました

    3.83

    マートン

  • ハッキリ言ってなかなか勝てない台です 高設定掴んでもベル引けないと話しにならない でも演出は最高w

    3.50

    八神紫苑

  • 全設定共通で、単発ショボ連ハマりは地獄ですが、爆発力はありますし、演出も出来が良いし、新基準機で考えるとかなり良い出来の台。メーカーさんよく作ったね!

    4.17

    にゃると

シリーズ機種

一覧へ

この機種の関連情報

特集

動画

ブログ

このページのトップへ