機種情報

icon

マジカルハロウィン6

facebook twitter
マジカルハロウィン6(パチスロ)のリール配列

設置店検索

ユーザー評価

2.59
(4件)
ART
メーカー名 コナミアミューズメント
機械割 97.7%〜110.2%
導入開始日 2018/05/21(月)
機種概要 完全新作ストーリー&多数の新キャラとともに、マジハロが帰ってくる。基本的な仕様はこれまでと同様で、ボーナスを契機にARTを目指す流れ。ARTは前作までよりも大幅に強化されており、ストック性能は歴代最強クラス。「おみくじシステム」や「ご先祖カボチャンス」などの新たな要素も数多く加わり、もっと楽しくなった「マジカルハロウィン6」。ARTをロング継続させて最大級の出玉を掴み取ろう。

ボーナス出現率

マジカルハロウィン6(パチスロ)のボーナス出現率

ゲームフロー

マジカルハロウィン6(パチスロ)のゲームフロー

icon

解析情報通常時

その他

キャラクター紹介

エピソードクリアの裏コマンド

【全部クリアで特別なエピソードが開放】

ストーリーが出玉に影響することはないが、すべてのエピソードがクリアされた状態だといきなり特別なエピソードをみてしまう可能性がある。ストーリーもちゃんと楽しみたいプレイヤーは、遊技を始める前にクリアエピソードを消去しておこう。
ちなみに、特定のコマンドを入力することで、エピソードのクリア状況を変化させることもできる。

 

「ドラキュラエピソードクリアコマンド」
上・上・下・下・左・右・左・右・チャンスボタン1回(コナミコマンド)

 

「ウルフエピソードクリアコマンド」
上・下・上・下・上・下・上・下・チャンスボタン1回

 

「フランケンエピソードクリアコマンド」
下・左・上・右・下・左・上・右・チャンスボタン1回

 

ウルフとフランケンがクリアされた状態でドラキュラのクリアコマンドを入れると、ドラキュラのみクリアされウルフとフランケンは未クリアの状態になる。
2キャラのみクリアや3キャラすべてクリアさせるコマンドが存在するので、すべてクリアさせたい場合は注意しておこう。

基本・小役関連

実質ボーナス確率

【同時当選のメインは強チェリーとスイカ】

●実質ボーナス確率(設定差なし)

※チャンス目A…コインハズレ、チャンス目B…小Vリプレイ、コインリプレイ…特定の停止形を取らないため判別が困難

 

●設定差のある同色BIG確率

※同時当選するリプレイは必ず斜めに揃う

弱チェリーのみ、設定差ありとなしの2つのフラグが存在。設定差のある同色BIGは有利区間に移行しないため、通常時に引いた場合限定で判別が可能(BIG後に詠唱チャレンジに移行しない)。

基本解説

通常ステージの示唆内容

【夜の生徒会室はART直撃の大チャンス】
通常と高確の2種類の内部状態があり、滞在ステージで示唆している。
今作は通常時からART直撃の可能性があり、夜の生徒会室への移行は大チャンスだ。

 

「通常ステージ」
賀慕神社

 

あやかし商店街

 

松明花学園

 

市街 上空

高確のチャンス!

 

夜の生徒会室

ART直撃に期待!

ロングフリーズは2種類

【発生時の期待獲得枚数は約1500枚】
『真九尾フリーズ』と『志遠フリーズ(???フリーズ)』の2種類を搭載。

 

「真九尾フリーズ」

通常時だけでなく、ART中にも発生する可能性がある。ボーナスを揃えられるゲームで発生するため、同時当選したボーナスなら次ゲーム以降がフリーズ発生のチャンス。ボーナス開始1G目に発生することもあるようだ。

 

[発生契機]
・赤7同色BIG成立時の一部(中段チェリーやカボチャ揃いとの同時当選はチャンス)

 

[恩恵]
・ご先祖カボチャンスをストック
・おみくじを獲得

 

「志遠フリーズ」

おもに通常時に発生するフリーズ。
紫珠と虹珠を獲得できるため、大量出玉獲得の契機となりえる。

 

[発生契機]
・通常時に高確ポイントが69ptに到達した時

 

[恩恵]
・ART確定
・紫珠獲得
・虹珠獲得(最低99Gの保証ゲーム数あり)

『志遠フリーズ』契機で獲得した虹珠は、99G+αの保証ゲーム数内で引いたボーナスでは消費されないという性質あり。
虹珠のARTは『セット』が終了しないので、開封の儀がおこなわれない。消化中におみくじをたくさん獲得し、珠を重ね掛けした状態で紫珠のART(ループタイプ)に移行できれば、大量出玉に期待できる。

 

「保証ゲーム数の加算抽選」
志遠フリーズで獲得した虹珠は、最低保証の99Gだけでなく、内部的に10Gを90%でループさせたものを足したゲーム数が保証ゲーム数になる。保証が残っている間は、何度ボーナスを引いても虹珠が消えることはない。

小役確率・各種当選期待度

レア役確率

【設定差があるのは弱チェリー確率のみ】
レア役確率は基本的に全設定共通。唯一、設定差のある弱チェリー確率も差が小さいため、設定推測の参考にはなりにくい。
小役では共通コイン確率にも設定差があるが、正確にカウントできるのはART中のみとなっている(通常時に押し順コインを含めてカウントしてもそれなりの差は出る)。

●レア役確率

ボーナス同時当選期待度

【弱チェリー+ボーナスは高設定の期待度アップ】
小役確率と同様に、弱チェリーのみ同時当選期待度に差がある。設定が上がるに連れて、確率、同時当選期待度ともに上がるため、単純に弱チェリーでボーナスが当たるほど高設定の期待が高まる。

 

●同時当選期待度

 

●実質ボーナス確率

弱チェリー+ボーナスは、高設定に期待!

内部状態関連

有利区間移行時の保証ゲーム数抽選

【保証ゲーム数消化後から転落の可能性あり】
有利区間移行時は最低15Gの保証ゲーム数を獲得。保証がある間は有利区間から転落しないのはもちろん、高確A→通常Bなど、状態自体が転落することもない。
保証ゲーム数がなくなり、コインの押し順ナビが出たタイミングで転落抽選をおこなう。

 

●有利区間移行時・保証ゲーム数(通常A滞在時)
通常B…15G
高確A…25G
高確B…35G

有利区間中にレア役を引いた場合、ボーナス当選時を除き保証ゲーム数が6G加算される。
ART後など、通常Aではない状態からそれぞれの状態に移行した場合の保証ゲーム数は、上記と異なる。

 

 

「保証ゲーム数がなくなった後の流れ」
有利区間移行時に獲得した保証がなくなると、最初に成立した押し順コインのナビを出す。このタイミングで非有利区間からの転落抽選をおこない、当選してしまうと転落。抽選に漏れた場合は、さらに上位の有利区間へ移行(引き戻し)する可能性もある(保証ゲーム数は再決定)。

簡単に覚えるなら、1度有利区間に上がった後はコインの押し順ナビが出るまでは転落しない。ナビが出た後も有利区間ランプが点いたままなら有利区間を引き戻したということだ。

 

「ステージ移行での滞在状態示唆」
市街 上空…高確A以上 or ART本前兆の期待度アップ
夜の生徒会室…高確B or ART本前兆の期待度大幅アップ

夜の生徒会室はアツい!

内部状態は高確ポイントで管理

【有利区間は高確ポイントを1pt以上持った状態】
非有利区間中に高確ポイントを1pt以上獲得すると、有利区間(通常B以上)に移行。0になると非有利区間(通常A)に転落する。
ポイントはレア役やボーナス成立時などに獲得し、有利区間中のレア役成立時に加算されていく。ポイント量が増えるほど、ART抽選が優遇される仕組みだ。

 

「保有ポイント別のART抽選」
・10pt〜29pt or 50pt以上…成立役不問、毎ゲーム1/256でカボチャンスをストック(カボチャンスのストックが0の時はおみくじも獲得)

・30pt〜49pt…成立役不問、毎ゲーム1/32でカボチャンスをストック(カボチャンスのストックが0の時はおみくじも獲得)

・30pt以上保有時のボーナス…カボチャンスをストック

・50pt以上になった時…キンカボをストック

・69pt以上になった時…志遠フリーズ発生

50pt以上獲得時の抽選は少しだけややこしく、まずは50ptに到達した時点でキンカボを1つストック。以降は69ptに到達するまで、毎ゲーム1/256でカボチャンスをストックする。

 

「1度に大量のポイントを獲得した場合の抽選」
31pt保有時に50pt獲得など、50ptを通り越して69ptを超えると、キンカボはストックしない。
50ptを獲得し、キンカボをストックした後に69ptに到達した場合は、先に志遠フリーズによるカボチャンス(虹珠、紫珠付き)を消化した後にキンカボに突入する。

 

●非有利区間(通常A)から有利区間移行時・初期ポイント振り分け

チャンス目は獲得できるポイントが少ない代わりに、有利区間移行率が高め。まずはチャンス目で有利区間に移行させてから、ポイントを加算する流れがメインと言えるだろう。

 

●通常B滞在時・ポイント加算率

 

●高確A滞在時・ポイント加算率

 

●高確B滞在時・ポイント加算率

 

有利区間中の加算率は通常B<高確A<高確Bの順に高く、状態が上がるほど獲得ポイントの量も多くなりやすい。
斜めスイカでポイントが加算されることは少ないが、当選時は一発で50pt獲得。つまり、キンカボ以上の当選が確定する。

 

「ストック消費の順番」
通常時に複数の契機でカボチャンスをストックした場合、フリーズ契機のカボチャンス→キンカボ→通常のカボチャンスの順番で消費。初当り時におみくじを獲得していた場合は優先的に消費されるので、おみくじを持った状態で虹珠のARTを消化できる。

 

 

「ステージ移行での高確ポイント示唆」
・市街地 上空…10pt以上 or 高確A以上 orARTの本前兆

・夜の生徒会室…30pt以上 or 高確B滞在 orARTの本前兆

30pt以上保有時と高確B滞在中のボーナスはART確定なので、夜の生徒会室でのボーナスはARTの超チャンスだ。
ステージと保有ポイントはほぼリンクしているので、上位ステージにいる間はチャンスと考えておいてOK。

 

「演出での高確ポイント示唆」
・レア役を引いていないのに連続演出に発展…10pt以上確定

・『激熱』出現でボーナス非当選…30pt以上 or すでにARTの本前兆中

この2つ以外にも、ポイントの示唆をおこなう演出が数多く存在している。

有利区間への移行率

【もっとも有利区間移行に期待できるのはチャンス目】

●小役別・有利区間移行率

滞在しているRT状態によってチャンス目確率が変化。表内の数値は滞在比率がもっとも高い状態での移行のとなる。チャンス目Bはチャンス目Aに比べて上位の状態へ移行しにくいが、移行時は高確A以上が確定するのが特徴だ。

 

●斜めリプレイ入賞後の有利区間移行率

斜めリプレイ入賞後はRT状態が変化するため、押し順コインのこぼしor並行リプレイが入賞するまで上記の確率で有利区間へ移行。
チャンス目Aが出やすく、チャンス目Bは出にくくなっているので、実質的な有利区間移行率は変わらない。

 

●チャンス目で有利区間当選時・移行先振り分け

 

●有利区間中チャンス目成立時・状態移行率

上位状態への昇格はチャンス目でのみ抽選するため、チャンス目を続けて引くほどよい状態にいる可能性がアップ。
保証ゲーム数がある間は滞在している状態から転落しないので、1度高確Bまで上がってしまえば保証ゲームを消化するまで状態は変化しない。

有利区間からの転落抽選

【保証ゲーム数消化後は有利区間の引き戻しに期待】
有利区間移行時に獲得する保証ゲームを消化すると、複数段階の抽選をおこない、有利区間を引き戻すか非有利区間へ転落するかを決定。
外見上では判別できないため、有利区間移行後に押し順コインのナビが出たら転落する可能性があると覚えておこう。

 

「転落抽選のイメージ」

 

「有利区間引き戻し時のステージ」
通常B(保証3G)…見た目上は変化せず
高確A(保証15G)…市街地 上空にはほぼ移行せず
高確A(保証25G)…市街地 上空に移行しやすい
高確B(保証25G)…夜の生徒会室に移行しやすい

有利区間を引き戻した場合の一部は、ステージ変化で見抜くことができる。

詠唱チャレンジ失敗時の状態移行抽選

【50%で有利区間をキープ】
詠唱チャレンジ失敗時は、当該有利区間を消化したゲーム数によって移行先の振り分けが異なる。

●詠唱チャレンジ失敗時・状態振り分け
[有利区間の消化が512G未満]

 

[有利区間を512G以上消化]
基本的には非有利区間へ転落するが、高確A、高確Bに移行することもある。

 

「詠唱チャレンジ失敗時の特殊な処理」
通常時にARTが当選し、コインのナビが出る前にARTへ移行後、ボーナスを引かずに詠唱チャレンジを失敗した場合、ART突入直前の状態に戻る。

高確ポイント保有を示唆する演出

【演出で高確ポイントを判別!】
ポイント示唆の演出には、特定以上のポイントを持っていれば何度でも発生する演出(演出A)と、保有しているポイント分の回数だけしか発生しない演出(演出B)の2パターンが存在。
何気ない演出にも数多くの示唆が存在するので、ちょっとでも覚えておくとさらに楽しめるはずだ。

 

「演出A概要」
この演出が出たら本前兆確定や10pt以上保有確定など、一発で高確状況が見極められる演出。
例)『激熱』出現はボーナスorART本前兆or30pt以上が確定

 

「演出B概要」
5ptを示唆する演出が2回出たら10pt以上保有確定など、演出のパターンに設定されたポイントと発生回数で保有ポイントを示唆する演出。
14ptしか持っていない状況なら、5ptを示唆する演出は2回までしか発生しない。

 

「演出Bの演出パターンを一部紹介」
ボーナス、本前兆、30ptを示唆する『激熱』出現以外の演出は、5pt分の示唆。発生するほど多くのポイントを持っている=ARTの期待度が高い。

 

[巫女演出]※以下はすべて5ptを示唆する演出パターン

〈左が御守、右が絵馬〉
→御守選択で高確A以上確定、絵馬選択で5pt示唆

〈左は不問、右が絵馬〉
→ハズレで絵馬を選択

 

[試着演出]
・第2停止で由良が出現or第3停止で碧が出現(ART本前兆の可能性もあり)

 

[掲示物演出]

・アリスの点数が平均点くらい(志遠の名前も近くにある状況)でハズレ

 

[市街地 上空ステージ滞在中]

・アリスが天候を気にする仕草+小役成立
・時計塔の時刻が6時ちょうど+ハズレ

 

[カボフォン通話演出]
・セシル+ハズレ

 

[たまちゃん通過演出]

・怒ったたまちゃん通過+レア役否定
・普通or笑顔のたまちゃん通過でチャンス目

 

[3バカステップアップ演出]

・由良のみ登場時にハズレ

 

[お祈り演出]
・お祈りの内容が日本語+小役成立

 

[セリフ演出]

・リプレイ成立時に強パターンの返答(ボーナスやART本前兆の可能性もあり)

 

〈セリフ演出の小ネタ〉
・チャンス目+弱パターンの返答…ボーナスorART本前兆確定
・非有利区間中のセリフ演出+チャンス目…ボーナスor有利区間移行確定
・松明花学園ステージ中に魔理のセリフ…チャンス目濃厚

非有利区間(通常A)中や発展のあおりでない状態なら、リプレイ成立時にセリフ演出は発生しない。

ボーナス当選関連

単独ボーナス確率

【単独ボーナス確率は全設定共通】

●単独ボーナス確率
鬼ボーナス…1/8192
同色BIG…1/16384
異色BIG…1/16384
単独ボーナス合算…1/4096

REGの単独当選はナシ。単独同色BIGは真九尾フリーズ発生のチャンスだ。
単独とは関係ないが、中段チェリーとカボチャ揃いからのボーナスは同色BIGのみとなっており、こちらも真九尾フリーズ発生に期待できる。

 

単独同色BIG、中段チェリー、カボチャ揃いは真九尾フリーズに期待!

AT・ART・RT関連

通常時・ART当選期待度

【弱スイカでの有利区間移行はチャンス】
通常時はレア役でもART抽選をおこなっており、有利区間への移行契機やどの有利区間に滞在していたかによって当選期待度が変化。通常時からARTが直撃した場合、通常のカボチャンスだけでなく、キンカボ直行やフリーズが発生する可能性もある。

 

●有利区間移行契機別・ART期待度(一例)
[弱スイカ契機]
ART期待度…50%以上
ART当選時のキンカボ期待度…25%以上

 

[強スイカ契機]
ART期待度…20%以上
ART当選時のキンカボ期待度…6.25%以上

 

[強チェリー契機]
ART期待度…10%以上

弱スイカ(斜め揃い)は有利区間に移行しづらいが、移行したらARTの大チャンス!
ART当選時は1/4以上でキンカボからスタートするおまけもついてくる。

ボーナス成立時のART抽選

【ボーナス成立時の当選は複数ストックのチャンス】

「ボーナス成立時にARTが確定する状態」
・高確B滞在中
・高確ポイントを30pt以上保有時

真九尾フリーズなどを除き、ボーナス成立時にARTが確定する状態は2種類。どちらの場合も通常のカボチャンスをストックする。

 

「ストックの個数を決定する抽選」
ボーナス成立時の抽選でARTをストックした場合、基本の1個+50%でループ抽選をおこなった結果がストックの個数となる。高確B滞在中かつ、高確ポイント30pt以上保有時にボーナスを引いた場合、ストック2個+50%のループ抽選を2回おこなうので、複数ストックをしやすい。

ミッションゲーム数の抽選

【REG後は短いミッションが選ばれやすい】
詠唱チャレンジ中のミッションのゲーム数は1G、3G、5G、7G、9Gの5種類があり、ボーナス後かART後かで振り分けが変化。
詠唱チャレンジ突入後は、押し順コインをこぼすまでのリプレイorコイン成立時にミッションゲーム数の増減抽選をおこなっており、ゲーム数が増えるか減るかは、通常時のボーナス成立時に決まるミッションモードを参照して決定する。

 

「ミッションの規定ゲーム数振り分け」

若干ではあるが、ART後よりボーナス後のほうが短いゲーム数が選ばれやすい。

 

「ミッションモードの決定」
通常時の有利区間中にボーナスが当選(ボーナス入賞時に有利区間に移行)した場合に、次回詠唱チャレンジのミッションモードを抽選。モードは加算と減算の2種類があり、ミッションのゲーム数を短くする減算モードが選ばれることに期待したい。
加算モードが選ばれた場合であっても、詠唱チャレンジ中のレア役で減算モードへの移行抽選をおこなっている。

 

●ミッションモードの振り分け

REG後は減算モード選択の期待度がアップするため、ART突入のチャンスだ。
なお、鬼ボーナス後は詠唱チャレンジではなく鬼カボチャレンジに移行するため、ミッションモードの抽選自体をおこなわない。

 

●加算モード中・減算モードへの移行率
斜めスイカ…12.50%
中段スイカ…50.00%
弱チェリー…16.42%
強チェリー…50.00%
チャンス目…12.50%
ボーナス…100%

 

「ミッションゲーム数の増減」
増減の抽選をおこなうのは、詠唱チャレンジ突入から押し順コインをこぼすまでのリプレイorコイン成立時。抽選に受かると、加算モード中ならミッションゲーム数を2G加算し、減算モード中なら2G減算する。

 

●ミッションゲーム数の加算or減算率

共通コインには設定差のあるものと設定差のないものの2種類があり、加算or減算の抽選をおこなうのは設定差がない共通コインのみ。
高設定ほど設定差のある共通コインが成立しやすいので、設定が高いほど、数値が低くなっている。

自力当選ゾーン

詠唱チャレンジと鬼カボチャレンジ

【ART突入のチャンスゾーン】
詠唱チャレンジはおもに通常時のボーナス後やART1セットごとに移行し、ストックがあればナビが出てARTに突入、なければ自力での突入チャレンジとなる。
鬼ボーナス後と鬼カボチャンス後は、鬼カボチャレンジに移行する。

 

「詠唱チャレンジ」

突入リプレイ(斜めリプレイ)の押し順を当てられれば、ARTに突入。押し順はこれまで通りの6択のみではなく、3択になることもある。
ART中にボーナスを引いた場合、直接ARTに復帰するため、詠唱チャレンジへの移行はナシ。

 

[ミッションとEXミッション]

ミッション発生から規定ゲーム数(1〜9G)間、転落しなければART確定。成立役によっては、ミッションのゲーム数が短くなることもある。
また、EXミッション中はARTのストック抽選とは別に、1/2でおみくじのストックも抽選している。

 

「鬼カボチャレンジ」

鬼ボーナス後と鬼カボチャンス後に移行する鬼カボチャンス専用のチャンスゾーンで、BARカットイン発生時にBARが揃えば鬼カボチャンスに突入する。鬼カボチャンス後のループ率は約66%。
鬼カボチャンス突入時に獲得していたおみくじなどの効果はループ中もつねに引き継ぐため、ループするほど終了後の大量ストックに期待ができるぞ。

 

[BARカットインの規定回数]
鬼ボーナス終了後…1回
鬼カボチャンス終了後…3回

icon

解析情報ボーナス時

その他

特殊なREG中のキャラ紹介

【設定以外の示唆内容も存在】
基本的に、REG中のキャラ紹介は設定を示唆しているが、一部でARTのストックやボーナス後の状態を示唆するものもある。

 

「7G目にセシル(セシリアリスタ)」

7、8G目がセシルなら、ARTのストック期待度がアップ!

 

「アズキアライ→ドラキュラ→カマイタチ→ウルフ→ヌリカベ→フランケン→キュウビ→魔女アリスの順に紹介」

全キャラが変身していれば、ボーナス終了後にキュウビステージ移行濃厚!

基本・小役関連

基本解説

ART中のコインリプレイ

【おみくじ獲得のメイン契機】
ART中は高確率でコインリプレイが成立しており、押し順で表示するか否かを管理(上段or斜め揃い)。表示されるとおみくじの獲得抽選をおこなう。
キンカボ中はコインリプレイでもストックを抽選するため、確率が上がるほどストック確率もアップする。

キンカボ中の黄珠獲得(コインリプレイ確率アップ)は大チャンス!

ART概要

【ストック性能はシリーズ最強クラス】

基本的なゲーム性は前作までと同様で、ARTのストックを獲得しつつ、ボーナスを絡めることで出玉を増加させていく。
おなじみのキンカボはもちろん、キンカボをストックするご先祖カボチャンスやARTの性能アップに期待できるおみくじ、ストック獲得の特化ゾーンなど、ロング継続に期待できるトリガーが数多く搭載されている。

 

「ART中のボーナスはすぐに告知」
今作のARTは、ボーナスが成立するとすぐに確定画面まで移行するため、終了まで潜伏する可能性はナシ。
ボーナス終了後はセットの頭からではなく、ボーナスを引いたゲーム数からスタートする。

 

「ART基本性能」
継続ゲーム数…1セット30G+α
1Gあたりの純増…約1.0枚

 

「キングカボチャンス」

コインでカボチャンスのストック抽選をおこなう上位ARTで、おもな突入契機は前作と同様にカボチャンス中のカボチャ揃い。
1セット内にカボチャ揃いを2回引けば、最低でも1回はキンカボに突入する。

[おもな突入契機]
カボチャンス中のカボチャ揃い

[消化中のストック契機]
コイン(コインリプレイ含む)成立時に抽選
※当選率は緑珠の獲得数によって変化

 

「ご先祖カボチャンス」

今作から追加された新要素。
基本的な流れはキンカボと同様で、消化中のコインでARTのストック抽選をおこなう。最大の違いはまじかるちゃんすも含めて、獲得するストックがすべてキンカボになるということ。まじかるちゃんすの分割が発生しやすいメリットもあるため、キンカボの大量ストックも夢じゃない!

[おもな突入契機]
・エピソードバトル勝利
・みらくるカボチャスロット

ボーナス概要

【ボーナスは全部で4種類】
BIG(2種類)とREG、それに新要素の鬼ボーナスを加えた4種類。
基本的にはまじかるちゃんすの発生かカボチャ揃いでARTをストックするが、鬼ボーナス中のみチェリー成立時にもARTのストック抽選をおこなっている。

 

「鬼ボーナス」

白7揃いから突入し、『BAR』、『白7』、『カボチャ』のいずれかが揃えば鬼モードへの突入が確定。どの絵柄が揃っても性能は変わらないが、カットインの種類(どの絵柄がナビされるか)で、揃う期待度が変化する。
複数回揃った場合、2回目からは鬼ではなく通常のカボチャンスをストックする。

 

[基本性能]
獲得枚数…約136枚
狙えカットイン…アリ
まじかるちゃんす…ナシ

 

「同色BIG」

赤7揃いから突入するボーナス。
狙えカットインが発生しないぶん、異色BIGよりもまじかるちゃんすの発生率がアップしている。

 

[基本性能]
獲得枚数…256枚
狙えカットイン…ナシ
まじかるちゃんす…アリ

 

「異色BIG」

異色7揃いから突入し、狙えカットインとまじかるちゃんすの両方が発生する可能性アリ。前作のBIGにもっとも近いボーナス。

 

[基本性能]
獲得枚数…176枚
狙えカットイン…アリ
まじかるちゃんす…アリ

 

「REG」

毎ゲーム、まじかるちゃんすの発生抽選をおこなう。
消化中はキャラ紹介の順番や特定キャラの出現などで設定を示唆している。

[基本性能]
獲得枚数…64枚
狙えカットイン…ナシ
まじかるちゃんす…アリ

 

〈みらくるカボチャスロット〉

REGの一部で突入するスペシャルなボーナス!
リールを止めるごとに『カボチャンス』、『キングカボチャンス』、『ご先祖カボチャンス』のいずれかが停止(比率は1:1:1)し、3つ揃えば止まったカボチャンスのストックを獲得する。

 

[ご先祖カボチャンスが2つ停止するとHOLDが発生]

ご先祖が2つ停止して失敗するとテンパイした状態が継続するため、次ゲームは1/3でご先祖カボチャンスを獲得。
最終ゲームでご先祖がテンパイした場合、必ずご先祖カボチャンスが揃う。

ART中の季節

【秋への移行はアツい】

ARTは春夏秋冬4つの季節が存在しており、秋はどこま神社の高確率状態。基本的には春からスタートし、セット継続のたびに季節が移行するチャンスとなる。
春から秋などへ飛んで移行することもあるが、秋は飛ばされない。

 

春、夏、冬にどこま神社の抽選をおこなうのはチェリーのみ。秋は当選率が大幅にアップ(強チェリーは激アツ)しているだけでなく、チャンス目やコインリプレイでも突入のチャンス。
当選率がアップする珠を所持した状態で秋へ移行させるのも、大量ストックへの道のひとつだ。

エピソードバトルとエピソードバトルゾーン

【バトル勝利でストックorボーナス】

「エピソードバトル」

ART中に発生する可能性がある勝利期待度の高いストーリー仕立てのバトル演出。味方側が勝利すればエピソードクリアとなり、ボーナスorキンカボorご先祖カボチャンスが確定する。

 

[対戦カード]
・ドラキュラVSアズキアライ
・ウルフVSカマイタチ
・フランケンVSヌリカベ

バトル勝利のパターンは普通に勝利と復活の2種類が存在。復活パターンは基本的にボーナス対応となっている。
また、普通に勝利すればエピソードクリアだが、復活パターンはエピソードクリア扱いにはならない。

 

「エピソードバトルゾーン」

ARTセット開始時に突入する可能性があるエピソードバトルの高確率状態。前半の『いちび救出』と後半の『キュウビステージ』で構成されている。
アリスがキュウビを追って鬼界穴に入れば、キュウビステージに突入だ(キュウビステージ中もエピソードバトル発生の可能性あり)。

 

[前半:いちび救出]

エピソードバトルに発展するかの分岐演出が3回発生し、発展しなければ最後にキュウビステージ突入のジャッジをおこなう。
消化中のレア役やボーナスは、ARTストック(キンカボやご先祖の可能性もあり)のチャンス!

 

[後半:キュウビステージ]

おもにいちび救出から突入し、成立役に応じてARTのストックとエピソードバトルを高確率で抽選。
滞在ゲーム数は不定で、平均約20G以上は継続、100G以上滞在する可能性もあるようだ。

秋への移行抽選

【コインリプレイを引くほど秋に移行するチャンス】
有利区間移行時に、秋へ移行するための規定ゲーム数500G(1度秋に突入後は1000G)を設定。毎ゲーム1Gずつ減算されていき、セット開始時に0になっていれば、当該セットが秋になる仕組み。
ゲーム数の消化だけでなく、コインリプレイ成立時にも規定ゲーム数が減算される。

 

●コインリプレイ停止時・規定ゲーム減算振り分け

減算の最大は500G。コインリプレイ一発で秋に移行する可能性も十分にある。

 

[滞在季節での規定ゲーム数示唆]
季節が春や夏に移行すると、規定ゲーム数が500G以下であることが確定。春よりも夏のほうが秋に近い(規定ゲーム数が近い)。

 

「おみくじ開封による秋への移行」
おみくじ開封時は、成立役に関係なく1.5%で秋へ移行。規定ゲームによる抽選とは別軸での移行となるため、おみくじで移行した後は元々いた規定ゲームの流れの季節に戻る。

黄珠の個数別・コインリプレイ確率

【黄珠が多いほどチャンス】
コインリプレイは内部的に1/8で成立しているが、成立=必ず停止するわけではない。成立時におこなわれる抽選に当選することで、初めて停止する仕組みだ。
なお、停止する確率は所持している黄珠の個数で変化する。

 

●黄珠の個数別・コインリプレイ停止確率

コインリプレイはおみくじの抽選やキンカボ中のストック抽選など、さまざまなシーンで活躍する。

AT・ART・RT当選関連

REG中のキャラ紹介シナリオ

【シナリオは全部で50パターン】

REG当選時の状態やARTストックの有無、設定などを参照して、キャラ紹介のシナリオを抽選。ART中はシナリオの設定差が大きくなっているので、しっかりとチェックしておこう。
キンカボはシナリオの途中に書き換えられる形で出現するので、特定のシナリオ等はナシ。出現した場合は、キンカボ以外のキャラからシナリオを推測する必要がある。

 

「設定の奇偶を示唆するパターン」
・8G目に志遠…偶数設定で出やすい
・7、8G目にいちび…奇数設定で出やすい

 

「高設定期待度アップパターン」
・由良スタートで4G目が真空
・ウィッシュハート家+いちび
・アリスからスタート(逆順)
・8G目に魔女アリスorキュウビ
・由良→あずき→碧→真空→フランシス→茜→アリス→魔理の順
・7、8G目に霙…奇数かつ高設定期待度アップ(ART中は奇数設定確定)
・7、8G目に桔梗…偶数かつ高設定期待度アップ(ART中は偶数設定確定)

 

「特定設定確定パターン」
・7、8G目に霙…ART中の出現なら奇数設定確定(設定5の期待度大幅アップ)
・7、8G目に桔梗…ART中の出現なら偶数設定確定(設定6の期待度大幅アップ)
・7G目にセシル、8G目にグレン…ART非当選で偶数設定確定
・7G目にいちび、8G目に真九尾…設定5以上確定
・7G目に霙、8G目に桔梗(逆もOK)…設定5以上確定

7・8G目が変化や、8G目のみ変化するパターンも存在。最初の方だけ見て判断せずに、最後までキッチリと確認することを心がけておこう。

 

●通常時・REG中のシナリオと振り分け(シナリオ1〜21)
[シナリオ1〜7]

 

[シナリオ8〜14]

 

[シナリオ15〜21]

通常時のREGは1〜21のシナリオから選択。
ARTのストックを持っている場合、37.5%でシナリオ22〜29が選択される。

 

●通常時・ARTのストックを持っている場合の37.5%で選択されるシナリオと振り分け(シナリオ22〜29)

シナリオ6と25、7と26は内容が同じなので、見た目ではどちらか判別ができない。
7G目にセシル、8G目にグレン(シナリオ7 or 26)はARTのストックがなかった場合、偶数設定が確定する。

 

●ART中・REG中のシナリオと振り分け(シナリオ30〜51)
[シナリオ30〜43]

 

[シナリオ44〜51]

通常時よりも設定差がくっきりとついているのが特徴。
シナリオ49はキュウビステージへの移行が確定している状況の、37.5%で選択される(設定差はナシ)。

AT・ART・RT中・上乗せ&ボーナス関連

まじかるちゃんす

【画面が最大4分割!】

シリーズおなじみの発生した時点でARTストックが確定する演出。『箱の思い出』はなくなったが、今度のまじかるちゃんすは分割する。
最大4分割され、それぞれがストックの抽選をおこなうため、一度で大量のストックを得ることも可能だ。

 

4分割なら4つ以上をストック!

おみくじ概要

【開封するたびにARTの性能を強化】

ART中の小役やEXミッション(詠唱チャレンジ)で獲得し、開封するたびにARTの性能がアップ。
おみくじを開封した状態で継続率タイプのARTに突入すれば、アップした性能を終了まで維持=超強力な状態がループするため、爆発力を秘めた要素となっている。

 

「おみくじの開封タイミング」
おみくじを開封するタイミングは、獲得後すぐに発動する『即発動』とセット開始時の開封の儀で発動する『後発動』の2種類。
『即発動』はかなりレアで、『後発動』に比べて獲得できる恩恵が大きく優遇されている。

 

[開封の儀]

1Gごとにおみくじを1つ開封し、ボタンPUSHで効果を表示。複数のおみくじを持っている場合、すべてを開封してからセットが始まる。開封の儀中にレア役を引くと1/2以上で追加のおみくじを獲得でき、ボーナスを引けば必ずおみくじを獲得する。
同じ珠が複数個出たら倍率がアップするなど、効果が重なりさらに強力に!

 

[開封の儀で得られる効果]
・黄珠…コインリプレイ確率がアップ(最大2段階)
・緑珠…ストック獲得率や特化ゾーン確率などが優遇(最大3段階)
・赤珠…ストック獲得数が増加(×2なら2倍)
・虹珠…次回ボーナスまでART継続、即ボーナスなら継続の可能性あり
・ゲーム数上乗せ(10G以上)
・キングカボチャンス
・季節が秋へ

開封の儀では、珠の獲得がメイン。珠以外には、キンカボや秋へ移行などの効果がある。

 

[即発動時の効果]
・ゲーム数上乗せ
・紫珠を獲得しARTが継続率タイプに変化
・ゲーム数上乗せ+虹珠獲得

即発動の場合、効果は上記の3つから選択される。即発動でのゲーム数上乗せは100G以上にも十分期待できる。

開封の儀以外でのおみくじ開封はアツい!

おみくじで得られる珠の詳細

【5種類の珠でARTを強化】
黄、緑、赤、紫、虹があり、獲得する珠によってさまざまな効果が得られる。
黄珠、緑珠、赤珠はセット終了で効果がなくなるが、紫珠は継続抽選に漏れるまで、虹珠はボーナス成立まで継続(一部例外を除く)する。
また、紫珠と虹珠はおみくじのほかに、ロングフリーズでも獲得できる可能性がある。
なお、開封の儀で得られた珠の効果は、次のセットから有効。

 

「珠の種類と効果」
・黄珠…コインリプレイ確率がアップ(最大2段階)
・緑珠…ストック獲得率や特化ゾーン確率などが優遇(最大3段階)
・赤珠…ストック獲得数が増加(×2なら2倍)
・紫珠…ARTが継続率タイプ(66%継続)に変化
・虹珠…次回ボーナスまでART継続、即ボーナスなら継続の可能性あり

 

「黄珠の効果」

コインリプレイ確率がアップ。獲得するたびに、なし→化珠(3倍)→換珠(5倍)と効果が高まっていく。
おみくじ獲得のメイン契機がコインリプレイなので、確率が上がれば獲得期待度もアップ。キンカボ中やご先祖中は通常のコインと同様のストック抽選もおこなう。

 

[獲得タイミング]
・開封の儀でのおみくじ開封

 

「緑珠の効果」

なし→上珠(1.5倍)→特珠(2倍)→極珠(3倍)の順にART中のさまざまな当選率がアップ。

 

[獲得タイミング]
・開封の儀でのおみくじ開封

 

〈当選率がアップするものの例〉
・まじかるちゃんす当選率
・カボチャ揃い時のキンカボ当選率
・どこま神社当選率
・どこま神社中のまじかるちゃんす当選率
・キンカボ中のコイン成立時のストック当選率

 

「赤珠の効果」

開封の儀以外で獲得したストックやゲーム数に、赤珠の倍率を掛けたものを獲得できる。
倍率は、なし→倍珠(2倍)→三珠(3倍)→四珠(4倍)→五珠(5倍)→超珠(6倍〜)と変化。超珠以降、赤珠を獲得しても見た目は変化しないが内部的には7倍、8倍…と増えていく(255倍の上限があるが、ここまで行くことはまずない)。

 

[獲得タイミング]
・開封の儀でのおみくじ開封

 

〈赤珠保有時の例〉
・倍珠(2倍)保有時に10G上乗せ…20G上乗せに変化

・三珠(3倍)保有時にストックを1つ獲得…ストックを3つ獲得

 

「紫珠の効果」

獲得したセットからARTが66%の継続率タイプに変化し、継続率に漏れるまで珠の効果がなくならない。
継続抽選はセット開始時におこなわれ、継続時は一旦消えた紫珠を再び獲得といった形で告知される。

 

[獲得タイミング]
・ART中の即おみくじ
・鬼モード(鬼ボーナス〜鬼カボチャレンジ終了)中のボーナス
・ロングフリーズ

 

〈紫珠保有時のおみくじ獲得〉
本来はセット終了で珠の効果はなくなるが、紫珠での継続中は獲得した珠が重ね掛けされるため、継続する限りストックの期待度がアップしていく。

 

「虹珠の効果」

次回のボーナスまで継続する無限ARTに変化。基本的にはボーナス当選で終了だが、早いゲーム数でボーナスを引いた場合は虹珠復活の可能性もあり!

 

[獲得タイミング]
・開封の儀でのおみくじ
・カボチャンス中の即おみくじ
・ロングフリーズ

 

〈虹珠の保証ゲーム〉
・フリーズで獲得した虹珠は99G以内のボーナスでは消費されない

・虹珠獲得セットの残りゲームでボーナスを引いたら、継続のチャンス

 

「珠の重ね掛け」
例えば換珠、極珠、倍珠を持っていた場合、コインリプレイ確率5倍、おみくじ当選率3倍、獲得個数は2倍という状態のため、コインリプレイによるおみくじ獲得期待度は珠なし状態に比べると30倍ほどになる。

 

「効果のない珠を獲得した場合の抽選」
黄珠の3つ目以降、緑珠の4つ目以降など、効果のない珠を内部的に獲得した場合は、ゲーム数上乗せに変換。珠の効果が強い状態のARTゲーム数が伸びるので、単純な上乗せ以上の効果がある。

鬼モード

【継続率約66%のループ型ART】

鬼ボーナス当選から鬼カボチャレンジと鬼カボチャンスのループ中を鬼モードと呼び、鬼モードはボーナス当選で終了する代わりに必ず紫珠を獲得。
例外として紫珠のART消化中に鬼ボーナスを引き、鬼モードに突入させたうえでボーナスを引くと残ることもある。

 

「鬼カボチャンスの特徴」
キンカボ中に鬼モードへ移行した場合、鬼キングカボチャンスに突入。『鬼』突入時の特徴を引き継いでループするため、鬼モードに突入するタイミング次第では超大量ストックにも期待が持てる。

『鬼ご先祖カボチャンス』なら、継続する限りコイン(コインリプレイ)でキンカボをストックする強力な状態が続く。

ストック特化ゾーン紹介

【2種類の特化ゾーンで大量ストックを獲得】

「どこま神社」

毎ゲーム成立役に関係なく、高確率でまじかるちゃんすを抽選。レア役成立時は追加でストック抽選をおこない、追加分は最終ゲームでまとめて告知される。
ART中の季節が秋なら突入のチャンスだ。

 

[継続ゲーム数]
1セット10G固定

 

[突入すれば最低でもストックを1つ獲得]

最終ゲームは必ずまじかるちゃんすが発生するため、突入した時点で1セット以上のストックが確定。
キンカボ中なら金箱、ご先祖中なら王冠が出現…つまり、どのタイミングで突入するかもかなり重要といえる。

 

「キュウビステージ」

エピソードバトルとARTのストックを高確率で抽選。アリスとキュウビが激突する『迎撃演出』で、アリスが攻撃を受けてしまうと終了する。

 

[通常時から突入するケースも!]
通常時の鬼ボーナスでも、キュウビステージに突入する可能性がある。
BARなどを揃え、鬼カボチャンスに移行させられれば鬼キュウビ状態になり、大量ストックの期待度がかなりアップする。

 

[基本性能]
おもな突入契機…ART中のスイカ、いちび救出、通常時に引いた鬼ボーナスの一部
平均継続ゲーム数…約20G以上
平均上乗せ個数…3.5個
キングカボチャンス獲得率…50%

 

[エピソードバトル]

バトルはドラキュラVSアズキアライ、ウルフVSカマイタチ、フランケンVSヌリカベの3種類。いずれも味方側が勝利すれば、ボーナスorARTのストックを獲得できる。

 

[迎撃演出]

アリスが迎撃に成功すればボーナスorARTストック獲得。失敗するとキュウビステージ終了。

『痛絵』出現はART濃厚

【ART当選時の一部で出現するプレミアム演出】

最近カメラにハマっているグレン(アリスの父親)が撮りためたお宝コレクション。
メニュー画面のグレンコレクションでは、当日に出た『痛絵』をもう1度確認できる。

秋状態でのどこま神社当選率

【秋の強チェリーはどこま神社当選濃厚!】

 

●秋状態中・どこま神社当選率

ボーナス当選時はどこま神社の抽選をおこなわないので、強チェリー成立時はARTのストックに期待するという意味ではボーナス非当選の方がお得!?

詠唱チャレンジ中のARTストック抽選

【EXミッションはアツい】

「詠唱チャレンジ中」

カボチャンス後に突入した詠唱チャレンジ中のボーナス成立時は、『カボチャンス』のストックが0なら『カボチャンス』をストックする。
『カボチャンス』のストックが0ならOKなので、『キンカボ』や『ご先祖』はいくつあってもOK。紫珠での継続中であっても、もちろん有効となる。

 

「EXミッション中」

同色BIGの一部を除き、レア役とボーナスは『カボチャンス』を1個ストック。さらに、毎ゲーム『カボチャンス』と『おみくじ』をそれぞれ約1/2でストックする。
EXミッション中の同色BIGでストックを獲得しなかった場合、設定1を否定かつ、高設定の期待度がアップ。

 

●EXミッション中・同色BIG成立時のストック当選率

かなり限定的な状況ではあるが、1度でも確認できれば設定2以上が確定する。

開封の儀中のおみくじストック抽選

【レア役成立でストックの大チャンス】
おみくじ開封中は、レア役成立時に追加のおみくじストック抽選をおこなう。

 

●開封の儀中・ストック当選率

レア役成立時は最低でも50%で獲得できるので、開封中のヒキもロング継続には重要!
ボーナス同時当選時はボーナスとして抽選するため、レア役とダブルでの当選はナシ。

まじかるちゃんす発生率と発生時の振り分け

【まじかるちゃんす発生でストック確定】

通常時よりもART中の方が発生しやすく、ART中は状態や当選したボーナスの種類、所持している緑珠の個数で発生率が変化する。
当選時は、3種類のループ率とキンカボストックのいずれかに振り分けられ、ループ率は内部的に継続した分だけカボチャンスのストックを獲得。キンカボは固定で1個獲得する。

 

●通常時・まじかるちゃんす発生率

REGは少し特殊で、スイカと同時当選したBIG後の詠唱チャレンジでREGを引いた場合、通常時に引いたREGに比べてまじかるちゃんす発生率がアップする。

 

●ART中・まじかるちゃんす発生率

 

●まじかるちゃんす発生時・振り分け

 

●まじかるちゃんす発生時・分割数
[通常時・通常A or 通常B/スイカ契機以外]
4分割…100%

 

[通常時・高確A or 高確B/スイカ契機以外]
分割なし…97.37%
2分割…1.97%
4分割…0.66%

 

[通常時・通常A or 通常B/スイカと同時当選のBIG]
分割なし…99.12%
2分割…0.88%

 

[通常時・高確A or 高確B/スイカと同時当選のBIG]
分割なし…95.83%
2分割…2.08%
3分割…1.04%
4分割…1.04%

 

[カボチャンス中]
分割なし…98.81%
2分割…0.40%
3分割…0.40%
4分割…0.40%

 

[キンカボ中]
分割なし…98.41%
2分割…1.19%
4分割…0.40%

 

[ご先祖カボチャンス中]
分割なし…74.60%
2分割…12.70%
3分割…6.35%
4分割…6.35%

通常時の通常A or 通常B中に発生した分割は4分割確定!

 

●平均獲得個数(分割込)

エピソードバトルゾーン突入抽選

【中段スイカはエピソードバトルゾーン突入のチャンス】

セット消化中は、内部的に存在する『いちび救出カウンタ』の数値でセット終了時のエピソードバトルゾーンへの突入を管理。
前半のいちび救出と後半のキュウビステージは、ストック当選率などがすべて同じ状態なので、キュウビステージまで続いたほうが大量ストックの期待度が高い。
キュウビステージまで続くかどうかは、獲得した『いちび救出カウンタ』のポイント数で決まる。

 

●『いちび救出カウンタ』の数値加算率(エピソードバトルゾーン移行率)

1度に3pt獲得できなくても、同じセット内で3pt獲得できればキュウビステージへ移行する。
強チェリーの加算率は低いが、当選時は3pt確定!

 

「1pt獲得した場合」
保証10Gを獲得し、いちび救出へ突入。
ストックまでは確定していない(エピソードバトル非発生or発生しても敗北)ので、消化中にストックできるかが勝負。
ストックやボーナスに当選すると、エピソードバトルを勝利に書き換える形で告知。バトルへの分岐を過ぎた後にストックを獲得した場合、告知非発生で次セット開始時にいきなりキンカボやご先祖カボチャンスへ突入する。

 

「2pt獲得した場合」
保証10Gを獲得し、いちび救出へ突入。
突入した時点でキンカボを1個(赤珠を持っていれば倍率分)獲得しており、消化中はストックを抽選。ストック獲得時は、おもにエピソードバトル勝利の形で告知される。

 

「3pt獲得した場合」
保証30Gを獲得し、いちび救出を経由してキュウビステージへ突入。
いちび救出〜キュウビステージ消化中は、同じ数値でストックの抽選をおこなう。

エピソードバトルゾーン中のストック&保証ゲーム数加算抽選

【レア役成立でストックのチャンス】
キュウビステージに突入するかどうかは『いちび救出カウンタ』のポイント数で変化。いちび救出からキュウビステージまで、レア役やボーナス当選によるストック当選率はすべて同じとなっている。

 

●レア役成立時・ストック当選率

中段チェリーとボーナス非当選の特殊役は、ご先祖カボチャンスのストックが確定。
中段チェリーはボーナス確定のため、ボーナスによるキンカボorご先祖カボチャンスのストックも確定する。

ストック当選時は、エピソードバトル勝利やキュウビの攻撃を防ぐ形で告知。

 

●ストック当選時の振り分け

 

[コインリプレイ停止でのストック抽選]
コインリプレイ停止時もストック獲得が確定。黄珠が多いほど停止しやすいので、キュウビステージ中は黄珠の個数がストック当選率に直結する。
ただし、キュウビステージ中はコインリプレイを停止させる抽選に受かった場合でも、揃わない押し順ナビが出るので、見た目上でコインリプレイの停止を認識することはできない。

 

●ボーナス成立時・ストック振り分け
[キュウビステージ中orキュウビステージ突入確定中]

キュウビステージが確定していない状況でのボーナスは、確定でキンカボを1つストックする。

 

「キュウビステージのゲーム数加算抽選」
キュウビステージ消化中は、保証ゲーム数が6G以上残っている場合、ARTのストックを獲得すると保証ゲーム数を5G加算。
同じく、終了までの保証ゲーム数が6G以上残っていると、コインリプレイ成立時の37.5%で保証ゲーム数を加算する。ストックを獲得し続けて、コインリプレイを多く引くほど、キュウビステージが長く継続しやすい。

 

●コインリプレイ成立での加算時・ゲーム数振り分け
1G…66.7%
2G…25.0%
5G…8.3%

上乗せ&当選関連

どこま神社突入抽選

【秋移行でどこま神社のチャンス】
ART中はおもにチェリーで、どこま神社への移行を抽選。秋は当選率が高く、冬は突入抽選をおこなっていない。
同一の季節内であっても、当選率は所持している緑珠の個数で変化する。

 

●どこま神社当選率
[春or夏]

[秋]

秋はチェリー成立時のどこま神社当選率が大幅にアップ。
チャンス目とコインリプレイでも抽選をおこなう。

どこま神社中の抽選

【毎ゲーム抽選+レア役でもチャンス】
緑珠の保有数に応じて、毎ゲーム成立役不問でまじかるちゃんすの発生を抽選。
毎ゲームの抽選とは別に、レア役成立時もストックの抽選をおこなう。

 

●どこま神社中・まじかるちゃんす発生率

 

●どこま神社中レア役成立時・ストック当選率

特珠か極珠を持っていればレア役成立で必ずストックをゲット!

ART中の各種ストック抽選

【レア役成立でストックのチャンス】

 

●小役別・トータルストック当選率

上記の数値でストックに当選すると、『おみくじ』、『キンカボのストック』、『エピソードバトルゾーン(いちび救出)』のいずれかに振り分けられる。『おみくじ』が選ばれた場合は、さらに即発動か後発動かを決定する。

 

●ストック当選時・恩恵振り分け

スイカは当選率が低いぶん、当選時はキンカボorいちび救出確定。
どの小役も、緑珠が多いほど当選率が高い。

 

●おみくじ当選時・発動タイミング振り分け

 

●即発動時・恩恵割合

カボチャンス中のおみくじでゲーム数が出てきたら、1/4で虹珠もついてくる!
即発動でのゲーム数上乗せは10G×90%ループでゲーム数を決定するので、大量上乗せの期待度が高い。

おみくじ開封時の振り分け

【成立役不問で開封ごとに振り分け】

●開封の儀でのおみくじ開封時・振り分け

黄珠、緑珠、赤珠の3つが約93%を占めており、おみくじ開封時の基本的な恩恵となる。同一セット内では獲得のたびに効果が上書きされていくが、黄珠と緑珠の2つは上限まで獲得するとゲーム数上乗せに切り替わる。

 

●即発動時・恩恵振り分け

即発動は振り分けが低いぶん恩恵は豪華で、ゲーム数上乗せなら1/4で虹珠もついてくる!
即発動時は10G×90%ループでゲーム数を決定するので、大量上乗せの期待度が高い。

icon

設定推測ポイント

ボーナス関連

弱チェリー確率&弱チェリー+ボーナス確率

【弱チェリー+ボーナスを要チェック】

●弱チェリー関連確率

確率、同時当選期待度ともに高設定ほど高いため、実質ボーナス確率も2倍近い差がある。
しっかりとチェックしておけば、設定推測の役に立つだろう。

弱チェリーorリプレイ+同色BIG確率

【詠唱チャレンジ移行の有無で判別】
設定差のある同色BIGを非有利区間中に引いた場合、終了後に詠唱チャレンジへ移行しない。
設定1は設定差のあるボーナスに当選しないため、詠唱チャレンジに移行しない同色BIGを確認した時点で設定2以上が確定となるわけだ。

 

●設定差のある同色BIG確率

同時当選するリプレイは必ず斜めに揃うが、特定の停止形をとらないコインリプレイとの判別が難しい。
設定差のある弱チェリー+同色BIGも設定1では出現せず、設定2と6では6倍以上の大きな差が存在するが、ART中は判別できないので、弱チェリー+同色BIGを合算して推測しよう。

 

●弱チェリー+同色BIG確率合算

設定差のある弱チェリー+同色BIGはART中だと見極められないので、設定差のない同色BIGと合算してチェックしよう。
1度の出現では設定1の可能性を否定できないが、複数回確認できれば高設定の期待度がアップする。

ボーナス確定画面と終了画面

【キャラ紹介には多数のパターンが存在】
ボーナスの確定画面も重要な設定推測ポイントのひとつ。しっかりとチェックしておこう。

 

「鬼退治」
確定画面に出現…偶数設定の期待度アップ
終了画面に出現…高設定期待度アップ
1度のボーナスで両方に出現…設定5以上確定

 

[鬼退治・確定画面]

 

[鬼退治・終了画面]

 

「霙&桔梗」
確定画面に出現…設定6or1G目にフリーズ発生
終了画面のみ出現…設定6確定(確定画面が霙&桔梗の場合を除く)

 

[霙&桔梗・確定画面]

 

[霙&桔梗・終了画面]

icon

打ち方朝イチ

打ち方・小役

打ち方とレア役の停止形

【スイカ停止時は要目押し】

「左リール上段付近にBARを狙う」

 

「BAR下段停止時」

基本的な停止形。
中・右リールはフリー打ちでOK。

 

「チェリー停止時」

中・右リールフリー打ちで強弱を判別。
3連チェリーなら強チェリー。

 

「スイカ停止時」

中リールにスイカを狙い、右リールをフリー打ち。スイカは中段までスベる可能性もある。
右リールは赤7がスイカの代用となるため、取りこぼしはない。
BARを枠上に押してしまうと強弱の判別ができなくなるので、少しだけ注意が必要となる。

 

「おもなレア役の停止形」

 

[ボーナス当選期待度]
弱チェリー<チャンスリプレイ<スイカ<強チェリー<特殊役<中段チェリー

特殊役はボーナスorART確定。中段チェリーはボーナス確定!?

ユーザー評価詳細

一覧へ

  • 有利区間があるせいかシリーズで1番上乗せ性能が良くそこそこ完走します。 今作はモード移行やゲーム数高確が無さそうなので、低設定はレグ連でくたばる恐れがあります。

    3.50

    あんこもち

シリーズ機種

一覧へ

この機種の関連情報

ブログ

このページのトップへ