お知らせ クーポン ヘルプ

来店レポート

icon

オーギヤ磐田店の来店レポート

店舗詳細
オーギヤ磐田店

実施店舗:オーギヤ磐田店

実施日:2024/02/10 09:00〜22:00

全国バラエティ

 

 

『Type レイ』では+4万超&
+2万超が複数と好調台連発


暖かい気温の日が増えている今日この頃、今回は「オーギヤ磐田店」の「ぱちタウンBOOST」によるデータ調査、2月2回目の模様をお送りする。

 

同店での当調査は、今月を終えれば満1年となる。データを蓄積する上で判明した、大きな特徴がこの2つ。

 

・「0のつく日」「5のつく日」はパチスロ・パチンコどちらも稼働が他日より抜けて高い

・上記該当日に、機種トータルをプラスで終える率or突出して多い出玉の台を複数生み出す、主力マシンがパチスロ・パチンコ共に複数控えている

 

前回は、20スロ全体ではプラス・4パチではマイナスとなり、一進一退の攻防となった。今回はどちらも勝利を目指したい。

 

ここからは、当日の優秀台詳細を振り返っていこう。

2機種が合計5桁のプラス

 

最初は20スロからチェック。

 

同店の主軸となるのがこの6機種。ジャグラーシリーズでは『ファンキージャグラー2』『アイムジャグラーEX』『ゴーゴージャグラー3』『マイジャグラーⅤ』、スマスロでは『スマスロ北斗の拳』、6.5号機では『パチスロ甲鉄城のカバネリ』だ。

 

まずはジャグラーを見ていく。前回に続いて、4つ全てがトータルプラスを果たした。

 

 

今回シリーズ4機種の中で唯一5桁を超える合計ptを残したのが『ファンジャグ』20台。全体の65%となる13台がプラス・1,000overは7台、+3千超が1台だったが、+2千を超える台がなかったことで少し伸び悩んだか。

 

 

同店最多設置の『アイムジャグ』40台トータルは惜しくも+1万目前に留まった。プラス台は20台と全体の半数ピッタリ、4桁プラスは10台・+2千超が4台と中々のハイレベルにあったが、それ以上に飛び抜けた台があればなお良かった。

 

 

『ゴージャグ』20台は『アイムジャグ』に迫る合計ptとなったが、台数が少ない分平均ptでは上回った。プラス率は70%(14台)と上2機種より高く、1,000overは6台、+3千超&+2千超が1台ずつとなったが、こちらでも抜きん出た差枚数の台がなく、いつもと比較するともう一歩の感が強かった。

 

 

『マイジャグ』20台はトータルをプラスで結ぶことができた。こちらでは10台と全体の半数がプレイヤーの勝利となり、1,000overは6台、コーナートップの864番台が+3千9百超を叩き出した他にも+3千超が2台とこの日一番の盛況を迎えたものの、マイナス台の負債総計が大きかったことが全体にも響いた。メリハリのある状況だったか。

 

 

前回6機種で最も多い合計ptを達成した『スマスロ北斗』20台。今回はそれには届かなかったが+1万7千超で今回も首位に輝いた。プラスは12台と全体の6割に達しジャグラーシリーズに匹敵、1,000overは8台となった。

 

またシマ一番となる309番台が+6千9百超を弾き出し、さらに+5千3百弱が2台&+4千1百超・+4千超・+3千8百超が1台ずつと、ハイスコア台が数々生まれる好況となった。しかしながら、こちらでもマイナス台の凹みは大きく、『マイジャグ』と同じく高低差の激しい状態にあったと推測される。

 

 

『カバネリ』14台は機種全体ではプラスを逸した。プラスが5台と全体の3割超であったことがその原因だろう。一方1,000overは上表の4台で、最も出ていた1021番台が+4千6百弱、1028番台が+2千8百超と、勝機が秘められていたことが伝わってくる。

 

これまで取り上げた以外の好成績台としては、『パチスロ からくりサーカス』では781番台が+1万4千超のビッグヒット&784番台が+9千9百超&782番台が+6千4百超、『スマスロモンキーターンⅤ』746番台が+9千超、『L009 RE:CYBORG』727番台が+8千4百弱、『スマスロキン肉マン~7人の悪魔超人編~』732番台が+7千2百弱、『スマスロバジリスク~甲賀忍法帖~絆2 天膳 BLACK EDITION』282番台が+6千8百超、『回胴式遊技機 グランベルム』1010番台が+6千2百と、多くのスマスロ陣が高い数値を見せつけた。

エヴァシリーズ2機種に+4万超!

 

続いては4パチにスポットを当てる。

 

連日高い着席率と大量出玉台を連発しているのが5つの機種。『ぱちんこ シン・エヴァンゲリオン Type レイ』『P大海物語4スペシャル』『P大海物語5 ブラック』『P大海物語5』『新世紀エヴァンゲリオン~未来への咆哮~』だ。

 

今回、トータルプラスとなったのは2つと、些か寂しい数に終わった。

 

 

今回+9万5千超と5機種で最大の合計ptを見せたのが『Type レイ』20台。12台と全体の6割でプレイヤーの勝利、5桁プラスは8台、最優秀の173番台が+4万オーバーをマークした他、+2万超が3台と、この日のパチンコでは最大の盛り上がりとなった。

 

 

『大海4 SP』20台も+3万1千超の数値で勝利に成功。プラスは9台と全体の半数には届かなかったが、5桁のプラス差玉となったのは7台と高水準、うち+2万超が2台と、勝負に値するコーナーだったと言える。

 

 

最後は上記5機種によるトップ5について。機種合計ではプラスを逸した『エヴァ15』だったが、195番台が+4万3千超で一矢報いた。

 

ここまで以外の好出玉としては、『e Re:ゼロから始める異世界生活 season2』では261番台が+8万5千超とホームラン級&265番台が+2万9千超、『Pフィーバー炎炎ノ消防隊』では448番台が+4万8千超&445番台が+3万7千弱、『P真・一騎当千~桃園の誓い~』529番台が+4万7千超、『Pフィーバー機動戦士ガンダムSEED』498番台が+4万4千弱、『P 百花繚乱』461番台&『P弾球黙示録カイジ沼5』506番台が共に+4万1千弱、『Pフィーバーかぐや様は告らせたい』558番台が+3万5千超、『P世紀末・天才バカボン〜神SPEC 凱旋〜』460番台が+3万4千弱、『P CYBORG009 RULE OF SACRIFICE』では215&213番台が共に+3万弱と、メイン機以外に多くの精鋭マシンが躍進した。

総括

 

オーギヤ磐田店の「ぱちタウンBOOST」、今回は2月2回目のレポートをお届けした。

 

締め括りは20スロ・4パチの合算データでまとめる。

 

20スロ全401台は勝率約42%と前回2月5日より約2%と下がったものの、その合計は+5千2百超と、枚数自体はダウンしたがプラスを守り抜いた。

 

また、4パチ374台では勝率約46%と前回より約13%と大幅アップ、前回まで連敗だったがそれを断ち切り、+11万1千超の快勝を収めた。

 

20スロ・4パチ全体でも見事な数字を記録した上に、各台のデータも上々となれば、今回の「0の日」もハイクオリティな1日だったと言えるだろう。

 

2月の調査報告はあと3回。毎回ハイクラスの結果となっているが、今月の残りもその調子をキープすることを願いたい。

 

このレポートの関連情報

関連する店舗

icon

このレポート店舗の関連情報

特集

このページのトップへ