ヘルプ

パチンコ・パチスロ特集

業界初! ホール独自開発のPBスロット6号機『パチスロ ミクちゃん』発表会レポート!

特集一覧へ
「ミクちゃん」でしか打てない、遊びやすさ重視のパチスロ6号機が登場

更新日: 2018/12/12

兵庫県・大阪府・山口県にて「ミクちゃんガイア」「ミクちゃんアリーナ」32店舗を展開する株式会社タツミコーポレーション。そんな同社が業界初となる、自社キャラクターを前面に押し出した6号機プライベートブランドスロット『パチスロ ミクちゃん』のプレス発表会を去る12月6日(木)に開催した。

 

 

ということで今回、DMMぱちタウンの専属タレントであります私「もやし」がお伺い! はじめての発表会の模様をお伝えしてまいります。


ちなみに僕は、芸能人の中で重盛さ〇みさんが1番好きです。

 

もうホント、1番好きです! 

 

 

それはさておき、発表会の舞台となったのは、JR新神戸駅直結の「ANAクラウンプラザホテル神戸」

天を衝かんばかりの厳かな建物内に迷い込んだ仔羊、もとい仔もやし

 

天下の全日空さんの高級ホテルとあって、通路ひとつとってもおキレイ。僕はいつも安ビジホ☆

 

発表会の会場を発見! 会場はもうすぐそこです。

 

 

受付の隣にあったミクちゃんのポスターとまずは駆けつけ1枚をパシャリ。

 

 

そして受付を済ませて、発表会の会場へ。えー・・・案内の方に促されるがまま到着した1室では、見渡す限りに黒ずくめの方々がズラリ。すなわち皆さんどフォーマルな正装の中、完全に場違いなナリの私です。

 

(着席後、発表会の最中などは帽子は取りましたので、叩かないでください)

 

発表会の予定時刻まで時間があるので、椅子におとなしく座って待ちます。肩身がセマイ

 

 

さて、キョロキョロしている間に、待ちに待った発表会が始まりました!

 

 

まずは、先ごろ就任された李 煥辰 代表取締役社長がご登壇。なんでも、この『パチスロ ミクちゃん』はユーザーの満足度を最大限に追求することを目標に、李社長自らがプロジェクトを推し進めたそう。否が応にも期待が高まりますね!

 

そして、気になる『パチスロ ミクちゃん』のお披露目です!

 

会場には、ミクちゃんも駆けつけてくれました! 思ったよりでかい!可愛い!

 

 

なお、機種のスペック紹介はアミューズメント事業本部の塩川部長から。機種資料や実機を交えつつ、分かりやすい説明をありがとうございます。 

 

 

 

スペックは6号機、完全告知のAタイプ。

設定はミクちゃんになぞらえて「設定3」「設定9」の2段階というオンリーワン仕様。

「ミク」へのこだわりが半端ないですね。

 


 

獲得枚数はBIGが200枚、REGは80枚。各設定ごとに異なる特徴を有しており「設定3」はBIG偏向型「設定9」はBIGとREGが1対1という分かりやすいスペック。

また、機械割は両設定とも同数値となっており、小役完全奪取で約104%フリー打ちでもなんと約100%といつでも誰でも遊びやすいスペックなのが嬉しいところです。

 

 

先告知と後告知の基本となるランプ告知に加え、多彩なプレミア告知も搭載。

10秒間のフリーズ演出など、ビックリする上にBIG濃厚と2度嬉しいプレミアです。

 

そして!

 

100G以内のBIG3連時にはCMでお馴染み「ミクちゃん」のオリジナルスペシャルソングが流れ、プレイヤーを祝福してくれます。関西のユーザーならご存知の、ハッピーチュー・ミクミクチューなあの歌です! 僕が1番好きな芸能人である、あの方が歌っているあの曲です。さらにBIG4連やBIG5連でまた別の曲が流れるそうなので、そちらも気になるところ。

僕は重盛さ〇み様の曲だけで大丈夫なんで、3連で大満足ですけどね!

 

 

さらに、発表会の後は試打もさせていただきました!

 

 

そして、早速ミクミクランプ点灯からの・・・

 


ドヤBIG!

 


並び順での試打だったのですが、楽しくてかなり長い時間打ってしまいました。後ろに並ばれていた皆さま、本当にごめんなさい!

 

というわけで、自身初となる新機種プレス発表会は幕を閉じました。自宅の近くにも「ミクちゃん」グループの系列店がありますので、導入された際はぜひ打ちに行きます!

 

なお、気になる導入は2019年1月予定「ミクちゃんガイア」「ミクちゃんアリーナ」全32店舗にて稼働予定となっています。兵庫・大阪・山口エリアのユーザーはもちろん、近くに来られることがあれば他府県の皆さんにも、この楽しさ&遊びやすさを体感していただきたいですね!

 

そして!

ぜひともホールで聴きましょう、ラブDEミクラルンルン♪

 

 

 

©2018 TATSUMI CORPORATION

このページのトップへ