ヘルプ

パチンコ・パチスロ特集

【これを見ればOK!】ハナビの設定差を完全網羅!

特集一覧へ
『ハナビ』の設定推測要素を完全網羅! これを読めばハナビのすべてがわかる!

更新日: 2021/04/16

 

 

アクロスが誇る人気機種『ハナビ』。

 

打ち慣れたハナビユーザーは復習を兼ねて、これからハナビに挑戦するユーザーは予習としてハナビの設定差に目を通してみよう。

 

 

ボーナス出現率と機械割

 

高設定ほど当たりやすい

 

BIG、REGともに高設定ほど初当りが軽く、設定6だとボーナス合算は1/149.6、機械割が108.5%となる。

 

 

ボーナス出現率&機械割
設定 BIG合算 REG ボーナス合算 機械割
1 1/312.1 1/385.5 1/172.5 98.0%
2 1/303.4 1/368.2 1/166.3 99.9%
5 1/292.6 1/348.6 1/159.1 105.4%
6 1/277.7 1/324.4 1/149.6 108.5%

●各ボーナス払い出し枚数

BIG…344枚を超える払い出しで終了

REG…105枚を超える払い出しで終了

 

 

通常時の各小役確率

 

風鈴・平行氷は要チェック

 

各小役、特殊役A~Cには全て設定差があるものの、カウント必須項目は風鈴・平行氷の2種類だ。

 

 

通常時・RT中の小役確率
設定 風鈴 平行氷 斜め氷 チェリーA
1 1/15.66 1/52.85 1/1638.40 1/19.47
2 1/15.30 1/52.85 1/1638.40 1/19.44
5 1/14.97 1/48.05 1/1489.45 1/19.41
6 1/14.65 1/48.05 1/1489.45 1/19.38

 

設定 チェリーB 特殊役A 特殊役B 特殊役C
1 1/243.63 1/1560.38 1/606.81 1/1927.53
2 1/242.73 1/1524.09 1/579.96 1/1872.46
5 1/240.06 1/1489.45 1/546.13 1/1820.44
6 1/239.18 1/1394.38 1/500.27 1/1771.24

 

 

また、平行氷と斜め氷、チェリーAとチェリーBを合わせてカウントするなど、各個人によってカウント方法は様々あるので、オリジナルのカウント方法を編み出していくのもアリ。

 

ちなみにチェリーA、チェリーBの判別は以下の通り。

 

 

※チェリーA(上)、チェリーB(下)の停止例 

 

 

チェリーAは左リール上段、チェリーBは左リール下段に停止する形になりやすいので、覚えておこう。

 

なお、チェリーBのみボーナス重複の可能性があり、花火の種類で期待度が異なる。

 

 

●チェリーB時のフラッシュ別重複期待度

 

 

 

期待度が高いのは「打ち上げしだれ柳」と「三連花火」。

 

逆に「不発」はハズレ確定。フラッシュしなければボーナスが確定!

 

チェリーB成立後はどのフラッシュが出現するか楽しみに第三停止ボタンを離してみると、一層楽しめるはずだ。

 

 

風鈴出現率と合わせて氷とチェリーの合算も確認!

 

風鈴・氷・チェリー合算
設定 確率
1 1/7.20
2 1/7.12
5 1/6.94
6 1/6.87

 

 

3小役合算値は、試行回転数が多ければ多いほど貴重なサンプルのひとつになる。

 

500ゲーム区切り、1000ゲーム区切りなど、キリのいいところで合算値を確認してみよう。

 

高設定の目安は7分の1以上を基準にするのがベターだ。

 

 

BIG中の小役確率

 

ハズレ出現率は設定差大!

 

BIG中の小役確率
設定 並行風鈴 斜め風鈴 ハズレ
1 1/1.10 1/10.67 1/16384
2 1/1.14 1/8.26 1/16384
5 1/1.11 1/10.67 1/481.88
6 1/1.14 1/8.26 1/481.88

 

 

BIG中の斜め風鈴出現率は設定の偶奇判別の推測要素となる。ただし、設定差はそこまで大きくないため、あくまで参考にする程度で。

 

ハズレは設定1~2と設定5~6では圧倒的な設定差が存在するため、1回出現するだけで設定5以上の可能性が格段に上がると言える。複数回確認できるなら、その日は全ツッパだ。

 

 

データカウンターのBIG獲得枚数でハズレを見抜く

 

 

 

データカウンターでBIG獲得枚数を確認できる場合は、設定判別に役立つので見逃し厳禁。

 

ハズレ出現時は獲得枚数が“309枚”になるので、確認できるホールで朝イチ以外から打つ場合は必ずチェックしよう。

 

ただし、BIG中に14枚役を3回引くとハズレを引かずとも獲得枚数は309枚になるため、その可能性も忘れずに。

 

 

RT中の純ハズレ確率

 

花火GAME中のハズレは特にチェック

 

 

 

花火チャレンジ中、花火GAME中ともにハズレに設定差がある。

 

特に花火GAME中のハズレは設定差が若干大きいため、設定看破のために重要視しているユーザーも多い。

 

両RT中はしっかりとハズレをカウントしておこう。

 

 

単独ボーナス確率

 

単独ボーナスは判別要素としては弱い

 

単独ボーナスは、単独ドンBIG・単独赤7BIG・単独REGの3種類で、いずれも設定差が存在する。

 

しかし分母が大きい上に、特殊役と重複したかどうかを正確に見抜けないため、判別要素からは除外するのがオススメだ。

 

 

 

 

ハナビ設定差まとめ

 

『ハナビ』で特に着目すべき設定推測ポイントは以下となる。

 

  • ボーナス出現率と機械割
  • 通常時の小役確率
  • BIG中の小役確率
  • RT中の純ハズレ確率

※単独ボーナス確率は前述の理由で除外

 

以上のポイントを頭に入れておくと、今後ハナビを打つ際にきっと役に立つはず。

 

設定をしっかり見抜いて、ハナビを存分に楽しもう!

 

この記事の関連情報

関連する機種

このページのトップへ