ヘルプ

パチンコ・パチスロ特集

【リンかけ天井狙い】パチスロリングにかけろの天井期待値・狙い目・恩恵・ハイエナ条件を徹底網羅!

特集一覧へ
『PACHISLOT リングにかけろ1 ワールドチャンピオンカーニバル編』の天井発動条件やゲーム数投資枚数などを詳しく解説!

更新日: 2021/07/17

 

 

PACHISLOT リングにかけろ1 ワールドチャンピオンカーニバル編』の天井情報をまとめて紹介。

 

発動条件や恩恵、狙い目、ヤメ時などを見極めて有利に立ち回ろう!

 

 

天井発動条件と恩恵

 

天井到達条件&恩恵
項目 内容
到達条件 有利区間移行後999G消化
恩恵 AT確定+青7選択率が優遇

 

 

 

天井到達時はATに突入&青7揃い期待度がアップする。青7揃いスタートならベース枚数を獲得した状態から開始!

 

 

天井狙い目ゲーム数

 

◇継続率・アイコンはチェック必須!

  

「継続率」と「アイコンの有無」で狙い目ゲーム数が変化するため、打つ前にチェックするのがおすすめ。

 

CZスルー直後(継続率50%・アイコン無し・周期残り50G)を基準にした場合、最低でも530G以上ハマっている台を狙っていこう。

 

 

 

通常画面解説
番号 説明
1 仲間参戦アイコン/パンドラアイコン/真・ギリシアアイコン
2 1周期の残りゲーム数
3 獲得ポイント
4 次回CZでの竜児の勝率

 

 

【ゲーム数不問の狙い目】

 

1:竜児の勝率70%以上

2:仲間参戦アイコンを複数保有

3:パンドラアイコン(次回CZの対戦人数減少)

4:真・ギリシアアイコン(次回CZ勝利で青7揃い)

 

継続率やアイコンをチェックした際、上記の4つのうちいずれかの条件を満たしていた場合は、ゲーム数不問で次回CZまで狙うのもアリ。なお、消化ゲーム数によるゾーンなどは存在しない

 

 

◇天井到達時は最大枚数を獲得できない!?

 

本機の仕様上、天井に到達した時点で有利区間を約1000G消化しているため、残り有利区間は約500G。

 

AT中は純増約3.1枚なので、天井到達からの2400枚獲得は不可能となる。最大獲得枚数はおよそ1500枚弱になるだろう。

 

 

天井到達までの想定投資額・想定時間

 

天井到達までの想定投資枚数&想定時間
打ち始めG数 投資枚数 時間
0G〜 約1000枚 約70分
100G〜 約900枚 約63分
200G〜 約800枚 約56分
300G〜 約700枚 約49分
400G〜 約600枚 約42分
500G〜 約500枚 約35分
600G〜 約400枚 約28分
700G〜 約300枚 約21分
800G〜 約200枚 約14分
900G〜 約100枚 約7分

※50枚あたり50Gで算出
※1分あたり14Gで算出

 

 

天井到達までの投資枚数と想定時間は上記の通り。

 

有利区間完走までの時間を加味すると、閉店2時間以上前からの打ち出しを基準にしよう。

 

 

設定変更時 / 電源OFF→ON時の挙動

 

設定変更時・電源OFF/ON時の挙動
項目 電源OFF/ON リセット時
天井ゲーム数 引き継ぐ リセット
アイコン 非点灯
(内部的に引き継ぐ)
非点灯
竜児勝率 表示は50%
(内部的に引き継ぐ)
50%
内部状態 引き継ぐ 非有利区間へ
有利区間ランプ 引き継ぐ
(通常時は消灯)
消灯

 

◇有利区間ランプでのリセット判別は不可

  

設定変更時は非有利区間へ移行し、ゲーム数・アイコン・竜児勝率がすべてリセット。電源OFF→ON時は見た目上の表示はリセットされているが、内部的に各状態を引き継ぐ形となる。

 

また、有利区間ランプは基本的に消灯しているため、見た目上でのリセット判別ができないことを覚えておこう。

 

ちなみに、設定変更時・電源OFF→ON時ともに、滞在ステージは「大村ボクシングクラブ~屋外~」になる。

 

 

ヤメ時

 

 

 

AT終了後、有利区間ランプ消灯でヤメでOK。「継続率・アイコン狙い」の際は、CZ当選まで狙うようにしよう。

 

 

リングにかけろ 天井まとめ

 

PACHISLOT リングにかけろ1 ワールドチャンピオンカーニバル編』における天井は、

 

・有利区間移行後999G消化で発動

・恩恵はAT+青7選択率が優遇される

 

というもの。

 

恩恵が強力とは言い難く、最大獲得枚数も約1500枚程度となってしまうため、天井狙いとしては辛めの機種に分類されるだろう。

 

継続率やアイコンの状況によっても変わってくるが、天井を狙う場合は最低水準以上(530G~)のハマり台を推奨したい。

 

ヤメ時である「AT終了後の有利区間ランプ消灯」をしっかりと守りつつ、少しでもプラス収支につながるように心がけてほしい。

 

この記事の関連情報

関連する機種

このページのトップへ