ヘルプ

パチンコ・パチスロ特集

【南国育ちの朝イチ情報総まとめ!】リセット・据え置き・有利区間ランプ・出目を徹底網羅!

特集一覧へ
『南国育ち30』の朝イチに必要な立ち回り情報をお届け! リセット時・据え置き時の挙動からモード移行率、そして朝イチ出目に至るまで徹底追求していこう!

更新日: 2021/09/30

 

 

 

優良ホールなら朝イチが魅力的な『南国育ち30』。その理由はなんなのか。朝イチ情報総まとめでお届けしていこう。

 

 

朝イチリセット判別

 

朝イチ判別するためには知識が重要。まずは各種項目を押さえておこう。

 

 

リセット時・電源OFF/ON時の挙動

 

設定変更時・電源OFF/ON時の挙動
項目 設定変更時 電源OFF/ON時
天井までのゲーム数 リセット 引き継ぐ
内部モード 通常モードへ 引き継ぐ
有利区間 非有利区間へ 引き継ぐ

 

 

基本的には設定変更時はそれまでの天井ゲーム数や内部モードはリセットされる。モードは通常A~Eいずれかへ移行。天井ゲーム数は796Gとなる。

 

 

リセット後のモード移行率

 

設定変更時のモード振り分け
モード 振り分け
内部ボーナス成立
(抽選テーブルA)
内部ボーナス非成立
(抽選テーブルB)
通常A 69.92% 41.8%
通常B 4.69% 12.5%
通常C 12.50% 7.8%
通常D 12.50% 7.8%
通常E 0.39% 30.1%

※全設定共通

 

 

本機はリセット後の1G目に内部的にボーナス(ゼロボーナス⇒通称ゼロボ)が成立したか否かによってモード移行率が変わる。ボーナス非成立時のほうが通常E、いわゆる次回天国確定のモード移行に期待できるのである。

 

 

リセット判別方法

 

 

 

本機の有利区間ランプはクレジットの右下にあるドットで表示。これが朝イチに消灯していれば設定変更濃厚となる。ただし、設定変更して数ゲーム回す対策をしているホールもあるので注意が必要だ。

 

つまり、ドット表示が点灯していても据え置きの場合もあれば、設定変更後の場合もあるということ。それを見抜くにはホールのクセを読む必要性があるぞ。

 

 

朝イチ1G目の出目によるゼロボ成立判別

 

設定変更時は以下のようなフローを辿る。

 

 

 

 

設定変更した1G目の停止出目によって参照されるモード移行率が異なり、45%で抽選テーブルA、55%で抽選テーブルBを選択する。

 

なお、これまでに判明しているゼロボ非成立出目は以下の通り。

 

 

 

 

つまり、これらの出目が設定変更後の1G目に出現すれば、1回目のボーナス成立で天国移行に期待できるわけだ。

 

 

カニ歩きでの立ち回りは可能?

 

ここまでご紹介してきた仕組みや数値を理解すれば、設定変更されているホールで朝イチ1G目にゼロボ非成立出目が出現する台だけをカニ歩いていけば期待値はかなり高いと思われる。

 

しかし、導入当初からこの狙い方で立ち回っていたユーザーがいただけに、ホール側も対策をとっている可能性が少なくはない。すでにカニ歩きを禁止しているホールもあるので注意しよう。

 

 

まとめ

 

 

 

パチスロは高設定狙いが立ち回りの王道と言えるが、本機に限っては朝イチ攻略も可能。ただし、この狙い方はライバルも多く、ホール側も対策をしていると思っておいたほうが無難だ。

 

従って、設置してあるホールの対策が緩く、ライバルも少ない優良ホールがあれば狙ってみるといいだろう。足を使ってのオイシイ状況のホールを探し当てられれば、有利に攻めることが可能だ。

 

 

執筆者:いのせんと

■出生地:福岡 ■生年月日:1985年10月30日 ■Twitter:@innocent_hp 21歳でP業界の門を叩き、気づけば業界歴15年目の編集者。東京都在住。社畜生活の合間に年間150日ほど稼働するため、機種知識や業界のトレンドなどへの造詣は深い。「パチ&スロは楽しくて脳汁の出る最高の遊び」をモットーに、勝ちより楽しさを優先することも多いため年間収支は大体トントン。

この記事の関連情報

関連する機種

このページのトップへ