ヘルプ

パチンコ・パチスロ特集

慶次シリーズ初のミドルST「琉」を最速特集!!

特集一覧へ
喧嘩に戦…最高峰の出玉性能で罷り通る!

更新日: 2015/06/02

圧倒的な連チャン力と出玉性能でMAXタイプ人気の火付け役となった『花の慶次』がシリーズ初のミドルSTで新登場。
ミドルタイプだが右打ち時の大当りの80%が出玉約2000発と破壊力はMAXにも劣らず、慶次の魅力はそのままに、ST100回転「喧嘩モード」はこれまでと違う興奮を堪能できる仕様だ。
演出面ではお馴染みの武将達が活躍する「日ノ本」に加え、新たな舞台「琉球」と可愛らしい「SDキャラ」を新搭載。

それでは、琉球首里城での喧嘩に向けての旅支度をしていこう。

 

首里城を舞台に強者達と闘う電サポ付き確変の「喧嘩モード」は大当りすれば8割が16R確変(電チュー経由)と爆発力は抜群。
右打ち時の大当りは2種類あり、基本的には慶次や捨丸、岩兵衛など仲間達が勝利すれば16R確変、リーチハズレ後のボタン演出で「大ふへん者」が出現すれば2R確変となる。

喧嘩で勝利を収め続ければ感動のエンディングが待つ!

先読みや回転中の様々な演出を経由してカットイン演出からのテンパイがリーチ発展のメインルート。赤系などチャンスパターンが発生すればリーチ発展率は大幅に上昇する。
リーチは2系統あり、慶次と親方の死闘が展開する毛虎親方リーチは松風が攻撃を仕掛ければチャンス。また、竜獄編突入時は相手が竜獄親方に変化し、注目すべき展開も異なるため、一味違う興奮を楽しめるだろう。
敵兵に囲まれる琉球ノ兵リーチは捨丸&岩兵衛または慶次が登場し、突破することができれば大当りだ。

 

通常時の図柄揃い大当り後はかならず昇格演出が発生。演出に成功すれば電サポ付き確変を獲得、失敗時は4R分の出玉獲得後に船上モードに突入する。
演出は滞在しているモードで変化し、いずれもボタンPUSHで成否を決める。
失敗時も逆転パターンやラウンド中の昇格も存在するぞ。

昇格演出失敗後は潜確となり、船上モード、難破モード、回想モードの順にモードは移行する。残り回転数は液晶右上に表示され、100回転終了後は通常状態となる。
船上モードでは専用の演出が発生し、与次郎を中心とした新演出も豊富に存在。滞在中のリーチは最終部の煽り時にボタン演出が発生し、それぞれボタンPUSHのパターンは異なる。「一撃」の雌雄決着リーチは大チャンス。

 

激アツの新演出は数多く存在し、慶次の代名詞ともいえるキセル演出は装いが「琉球キセル」に変化。信頼度を一気に上昇させる「最強カットイン演出」はリーチ終盤で発生する。さらに、慶次が華麗に舞う「あの日の茶会演出」や利沙のもとに旅立つ「慶次出立演出」など原作の名シーンを再現した演出が満載。シリーズのファンにも新しい興奮を与えてくれるだろう。

ミドルSTでも傾く様に変わりはなく、爆裂仕様から出玉獲得の導線まで利沙を助け出すための喧嘩の準備はできただろうか?
紹介している以外にも圧倒的スケールの演出は数多く存在するため、導入の日を心待ちにしてほしい。

喧嘩、後は恋…傾奇者の意地をご覧あれ!

 

 

※内容はすべて独自調査によるものです。

(C)隆慶一郎・原哲夫・麻生未央/NSP 1990, 版権許諾証YCL-205

この記事の関連情報

関連する機種

このページのトップへ