お知らせ クーポン ヘルプ

パチンコ・パチスロ特集

スマスロ主役は銭形の設定差はこれを見ればOK!AT終了画面・打-WIN LITEの示唆

特集一覧へ
オリンピア『L主役は銭形4』の設定推測ポイントを徹底解説!

更新日: 2024/03/01

 

 

 

 

オリンピア第2弾のスマスロとして登場した『L主役は銭形4』。設定推測要素も続々と判明してきている本機だが、前作よりも出玉面としては躍進を遂げている機種だけに高設定を仕留めたいという方もいるだろう。

 

今回は設定差まとめとして現段階で判明している設定推測ポイントを余すことなくご紹介していこう。

 

 

無料で使えるぱちタウンアプリのDLはこちら

 

 

 パチンコ・パチスロユーザーだからこそ稼げる副業的コンテンツはこちら

 

 

AT確率/機械割

 

 

 

まずはAT初当りと機械割からチェック! AT初当りは全設定で300分の1台となっている。規定ガッツさえ到達してしまえばCZを経由することなくATに突入する仕様なのでATの初当り確率自体はそこそこ高い。また、設定差はあるがそこまで劇的な差とはなっていないのも特徴だ。

 

機械割に関しては設定1だけでなく2でもかなり厳しい数値。設定3から100%を超えてくるが、収支的な面から見れば設定5以上は欲しい。設定6が114.1%なのは最近のAT機の中ではかなり優秀な数値と言えよう。

 

 

AT終了画面

 

 

AT終了画面の示唆
画面 示唆
モニター表示 デフォルト
不二子[ドレス] 設定2以上
ルパン一味&財宝 設定3以上
不二子[着物] 設定4以上
全員集合[花見] 設定5以上
全員集合[劇画調] 設定6

 

スタンプ別の示唆
スタンプの種類 示唆
設定2以上
設定3以上
設定4以上
設定5以上
設定6

 

 

まずはお馴染みのAT終了画面の設定示唆だが上表をご覧の通り。後述する設定示唆ボイスとともにAT終了時の設定示唆要素となるのでサンプル数自体はAT1回あたりの初当りにつき2件分抽選されるということになる。必ず確認しよう。

 

 

AT終了画面のボイス

 

 

AT終了時・ボタンPUSHで発生するセリフ別示唆
セリフ 示唆
どうかこの者に幸あれ デフォルト
地道に進める所存です デフォルト
俺は、目に見えるものしか信じんぞ 奇数設定示唆
この銭形の目は誤魔化せんぞ! 偶数設定示唆
まだ実力を隠しているな 高設定示唆
これぞ無我の境地 今こそ悟りを! 設定2以上
うまい酒が飲めそうだ 設定3以上
これで私も超セレブってわけね! 設定5以上
ヤツはとんでもないモノを盗んでいきました
あなたの心です
設定6

 

 

終了画面と別のAT終了時の設定示唆は獲得枚数が表示されるゲームでPUSHボタンを押下すればボイスが発生するというもの。

 

前作『主役は銭形3』と同じ設定示唆となっている。DMMぱちタウンで採取した設定6実戦時に「うまい酒が~」や「ヤツはとんでもない~」が発生したことから高設定時の選択率は比較的高いものと推察される。

 

 

ICPO24時のセリフ

 

ICPO24時のセリフ別示唆
セリフ 示唆
今日こそルパンを捕まえましょう 先輩! デフォルト
状況は良いです!
今日も一日頑張りましょう!
設定2以上
八咫烏 五郎です!よろしくお願いします! 設定5以上
無線が傍受されています!
チャンネルを変更しましょう!
設定変更示唆
何者かに尾行されています!
スピードを上げてください!
設定アップ示唆
おはようございます!
荒れそうな空模様ですね!
設定3・4否定
間違いないです!
今日の僕は一味違いますよ!
設定4以上
峰不二子を見失いました!注意して下さい! 設定1・2否定
ルパン三世を見失いました!注意して下さい!
設定1・3否定
次元大介を見失いました!注意して下さい! 設定1・4否定
石川五ェ門を見失いました!注意して下さい! 設定1・5否定

 

 

こちらも前作『主役は銭形3』にあった設定示唆演出。時間帯によって発生する内容が変化!? 発生したらどのセリフなのかを必ずチェックしよう。

 

 

打-WIN LITEの示唆

 

隠れ凪のセリフ別示唆
文字色 セリフ内容 示唆
また遊んでくださいね デフォルト
一味違いますね 設定2以上
何やら不思議な気配です! 設定3以上
良い予感がします…! 設定4以上
遊び尽くしちゃいましょう! 設定5以上
お肉~♪お肉~♪ 設定6

 

 

打-WIN LITEをスタートすれば、1000G毎にQRを読みこむことで隠れ凪の設定示唆ボイスが発生する。アプリなしで気軽にスタートできるので誰でも簡単に確認することが可能だ。ぜひ活用しよう。

 

 

共通プラム確率

 

 

AT中・共通プラム出現率(実戦値)
データ 出現率
設定1 1/48.9
設定5 1/44.5
設定6-① 1/33.7
設定6-② 1/37.8

※サンプルゲーム数(AT中):設定1・2449G/設定5・1736G/設定6-①・2159G/設定6-②・644G

 

 

AT中限定だが、押し順が発生しない斜めプラムの確率に設定差あり。カウント要素となるので小役カウンターでしっかり数えよう。上表は実戦値となっているが、目安となるのは40分の1以上だ。

 

 

ゼニガタイムの期待度

 

 

特定ガッツごとのゼニガタイム成功期待度
設定 400~499 800~899 1000~1099 1100~1199
1 約20% 約30% 約31% 31.6%
2 約20% 約31% 約32% 32.2%
3 約22% 約38% 約49% 41.7%
4 約24% 約48% 50%以上 48.7%
5 25%以上 50%以上 50%以上 50%以上
6 25%以上 50%以上 50%以上 50%以上

 

 

上表の4つのゾーンは設定差ありだが、特に設定1~3と設定4以上で差が顕著なのは800~899ガッツの期待度だ。頭の片隅に置いておこう。

 

 

ゼニガダッシュ突入率

 

 

ゼニガダッシュ平均当選確率
設定 確率
1 1/98.3
2 1/98.2
3 1/97.9
4 1/97.6
5 1/97.3
6 1/97.0

 

 

内部状態を加味したトータルのゼニガダッシュ当選率となっているが、これに関しては設定差がほぼなく、いずれの設定でも当選率は高いのでゼニガダッシュに関しては気に留めなくてもOKだ。

 

 

AT中の設定別規定G数振り分け

 

 

AT中の規定ゲーム振り分け(到達でデカチャンス)

設定

1G

30G

70G

1

3.0%

19.9%

16.5%

2

3.1%

19.8%

16.5%

3

3.3%

19.6%

16.4%

4

3.7%

19.2%

16.1%

5

4.2%

18.6%

15.7%

6

4.7%

18.1%

15.4%

設定

120G

180G

250G

1

7.1%

30.3%

23.1%

2

7.1%

30.2%

23.3%

3

7.1%

30.1%

23.5%

4

7.1%

29.8%

24.0%

5

7.0%

29.4%

25.0%

6

7.0%

29.1%

25.8%

 

 

AT中の規定ゲーム数にも設定差が存在。到達すればデカチャンス当選となるが、「1G」が選ばれる可能性が高設定ほど高くなっている。体感できるレベルではないが、一応、頭の中に入れておこう。

 

 

デカチャンスのキャラ選択振り分け

 

 

デカチャンスのキャラ選択割合

設定

ルパン

次元

五ェ門

1

30.0%

29.7%

29.7%

2

30.0%

29.6%

29.7%

3

29.9%

29.7%

29.7%

4

29.9%

29.6%

29.6%

5

29.8%

29.5%

29.5%

6

29.7%

29.5%

29.5%

設定

不二子

宇宙

ゼニロボ

1

4.3%

0.5%

5.9%

2

4.4%

0.5%

5.9%

3

4.4%

0.5%

5.9%

4

4.5%

0.5%

5.9%

5

4.6%

0.5%

6.0%

6

4.8%

0.5%

6.0%

 

 

デカチャンスのキャラ選択率にも設定差があるが、こちらは微々たる差。高設定のほうが若干、チャンスパターンが選ばれやすいが設定推測の要とはならない。参考程度に捉えておこう。

 

 

まとめ

 

以上が本機の設定推測要素となるが、通常時からカウントできる要素もなく、AT中のプラムやAT終了時の示唆などで設定推測していくことから、まずはATを引かねば話にならない。

 

となると、ある程度投資が入ることは防ぎようがなく設定推測の即効性はないということをまずは頭に入れておこう。その代わり、低設定でも執念ポイントの存在があるので、運よくそれがトリガーとなり出玉を持つことができることもあるだろう。

 

ただ、千円ベース約32GのAT機。慎重にAT初当り1回毎にもう1周するか否かをしっかりと考えながらプレイすることをオススメする。

 

 

執筆者:石橋ベンゾー

■出生地:広島

■誕生日:11月16日

■ X:@benzo_ishibashi

10年ほどパチスロ雑誌制作に携わった後、パチ・スロメーカーに6年在籍。そこから機種の魅力を伝える側として活躍すべくフリー編集&ライターに舞い戻る。最近は光モノ系機種にご執心。

この記事の関連情報

関連する機種

このページのトップへ